CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ワンパクな子ども
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
秋の収穫体験 落花生ほりに行きました[2019年09月23日(Mon)]
9月22日 あそびむし探検隊の子どもたちは 秋の収穫体験として「落花生ほり」を楽しみました。普段、畑の作物に触れる機会の少ない子どもたちに、土に触れて自分の手で収穫をすることを通して、自然の恵みへの感謝、農家の方への感謝を感じてもらいたいと、毎年実施しています。
川崎市麻生区の畑へ向かいます。
駅から落花生畑までの途中にも色々な作物や果物が栽培されています。「これなんだ?」「かぼちゃ〜!」「じゃあこれは?」と次々も出会う作物の姿を確認しながら青空の下、たくさん歩きました。
P9226183.JPG

ようやく落花生畑に到着!! まずは抜き方を教えてもらいさっそくやってみましょう。「う〜〜ん!」と引っ張ってみると、ゴロゴロ落花生が出てきました。やった〜!
P9226215.JPG

P9226244.JPG

その次は一粒一粒、実をはずしていきます。根気のいる作業ですが、誰一人イヤになってしまう子はなく、やはり自分たちで採った落花生だ。という意識があったようです。
P9226255.JPG

お弁当を食べた後は、さっそく採れたての落花生を茹でます。羽釜で落花生を茹でましたが、ゆでるために、一人一人が薪をくべる体験をしました。「もう1回やりたい!!」ということで一人4〜5回薪くべ体験をしました。
P9226308.JPG

落花生を茹でるのに40〜50分かかります。出来上がるまでの時間は農作物のクイズをしたり、畑の近くで見つけた「カラスウリ」の中はどうなっているのか、みんなで見てみました。
たくさんの種が入っていましたが、その種の形が面白い! 新しい発見がありました。
P9226333.JPG

今日のおやつはゆでたての落花生。
パカッと殻を割る方法を教わり、さっそく自分たちも殻を割って、食べてみるとほくほくおいしい!次から次へと殻を割って、食べ続ける子どもたち。落花生のおやつに大満足でした。
P9226345.JPG

雨予報だったのに、全く雨にもあたることもなく、たくさんの農作物を見て、自分たちでも収穫を体験し、たくさん採れた落花生は家族へのお土産となりました。楽しい秋の1日をすごすことができました。
Posted by miyoshi at 11:30 | 活動日記 | この記事のURL | コメント(0)
3泊4日のカウボーイキャンプ 3日目が終了しました!![2019年08月28日(Wed)]
8月25日から28日までで御殿場のビッグマウンテンランチで
カウボーイキャンプ2が実施されています。23日から25日までは2泊3日コースが
実施されました。
27日はキャンプ3日目、馬小屋の清掃やえさ作りの作業にも慣れてきて、
子ども同士が協力し、少しずつ自主的に作業ができるようになりました。
乗馬も5回目となり、より遠くの外乗りにでかけ、全員がトロット(小走り)が
できるようになりました。乗馬班3班ではより速い駆け足にチャレンジする子どももいます。

P8275208.jpg

P8275246.jpg

P8275232.jpg

富士山の頂上が少し見えました

P8275253.jpg

P8275255.jpg

P8275273.jpg


夕食ではお米をマキで炊きました。食事作りもよりスムーズになっています。

P8275305.jpg

明日28日最終日の天候がつよう雨予報なので、6回目の乗馬も27日に実施しました。

明日は最終日、最後の馬のお世話をしてキャンプを終了します。
Posted by miyoshi at 06:20 | 活動日記 | この記事のURL | コメント(0)
チャレンジキャンプ キャンプ最終日[2019年08月22日(Thu)]
チャレンジキャンプも大島から帰る日となりました。
テントを畳んで、シートも畳んで、片づけていきます。誰も何も言わないでもお手伝いをしていきます。
DSCN1568.JPG

DSCN1607.JPG

前日に大島に来ていた社会人カウンセラーが大島出航の際にお見送りをしてくれました。どんどん船が離れていきます。感動的な風景です。
DSCN1650.JPG

DSCN1654.JPG

船の中で、この5日間を振り返って修了式を行いました。自分が感じたこと、思ったことをみんなの前で発表します。
DSCN1698.JPG

竹芝桟橋にはたくさんの保護者の皆様がお迎えに来てくれていました。最後に全員で「ワンパクの歌」を大合唱。とても良い解散式となりました。
P8213863.JPG

電気もガスもない不便な生活を体験し、色々なことにチャレンジした5日間。みんな本当によく頑張りました。ご参加ありがとうございました。
Posted by miyoshi at 20:37 | 活動日記 | この記事のURL | コメント(0)
アドベンチャーキャンプ サヨナラ大島![2019年08月22日(Thu)]
アドベンチャーキャンプ最後の朝食。今日もさわやかに目覚めて食欲もりもり!いよいよ今日は大島から帰る日となりました。
P8213708.JPG

テントを撤収し、アドベン村の看板も片付けます。
P8213716.JPG

P8213768.JPG

前日から大島に来ていた社会人カウンセラーが見送ってくれました。テープの別れです。感動して涙する人もいたとか・・・
P8213789.JPG

遠くなっていく、大島をじっと見つづける子どもたち。
P8213812.JPG

船内で修了式を終えて、みんなで作成した「ビーイングマップ」(目標やふりかえりを記入する布です)をもう1度見つめなおして、長かったキャンプの成果を考えました。
P8213833.JPG

竹芝桟橋には、たくさんの保護者のみなさんのお出迎え。最後に「ワンパクの歌」を全員で歌って、「またね〜」のあいさつ。名残惜しいのか、最後に一緒に写真を撮ったり、なかなか帰途に就くことができない親子もいらっしゃいました。いろんな出来事がありました。面白いこともたくさんありました。是非、また会いましょう。
P8213865.JPG

2019年アドベンチャーキャンプ、事故もなく、元気いっぱい終了しました。ご参加ありがとうございました。
Posted by miyoshi at 20:14 | 活動日記 | この記事のURL | コメント(0)
アドベンチャーキャンプ 大島最後の海 飛び込みに挑戦[2019年08月21日(Wed)]
アドベンチャーキャンプのみんなが最後のスノーケリングとして選んだ場所は「秋の浜」
ここは大きな石がゴロゴロしているゴロタの浜です。スキューバーダイビングでも人気の場所で、タンクを背負った方も多い、大変魅力的な海です。
P8203489_original.JPG

P8203500_original.JPG

秋の浜の魅力はそれだけではない。海に突き出た1本の飛び込み台。アドベンチャーキャンプの子どもたちは、ここから飛び込むのが恒例となっています。
P8203605_original.JPG

P8203578_original.JPG
葛藤中?
P8203599_original.JPG

最後の海を楽しんだ後は、温泉につかりました。そして最後の夜はチャレンジキャンプのメンバーと一緒に、キャンプファイヤーです。歌い、踊り、最後の夜を楽しみました。
P8203644_original.JPG

P8203650_original.JPG
Posted by miyoshi at 11:08 | 活動日記 | この記事のURL | コメント(0)
チャレンジキャンプ 海を満喫[2019年08月21日(Wed)]
チャレンジキャンプは大島の南端に位置する「トウシキ海岸」に行き、海を思いっきり楽しみました。トウシキ海岸は溶岩の流れでできた、自然のタイトプールがあります。そこには色とりどりの魚がたっくさんいます。
前の日に練習をしたので、深い海でも無理なく泳ぐことができました。透明度も高く、魚もいっぱいです。DSCN1361_original.JPG

DSCN1322_original.JPG

トウシキ海岸には、クマノミが棲みついています。子どもたちもしっかりと見ることができます。
DSCN1295_original.JPG

トウシキ海岸のお楽しみは飛び込み。岩の上から海に飛び込みます。飛び込み高さは自己申請。勇気を出して飛び込みます。最初は怖いけれど、たいていの子は「もう1回やりたい!」と言います。
DSCN1406_original.JPG

大島でいただく最後の夕食は「トビウオのホイル焼き」。トビウオを自分たちでさばいて調理していきます。トビウオは大きなむなびれが特徴です。大島近海でよく採れます。
DSCN1489_original.JPG

おいしそう!
P8203642_original.JPG

夜は、アドベンチャーキャンプの子どもたちと一緒にキャンプファイヤー。歌い、踊りおおいに盛り上がり、大島最後の夜を楽しみました。
P8203644_original.JPG
Posted by miyoshi at 10:52 | 活動日記 | この記事のURL | コメント(0)
チャレンジキャンプ スノーケリングにチャレンジ[2019年08月20日(Tue)]
チャレンジキャンプ 大島2日目
さわやかに目覚め、朝食も作り、食欲全開。今日も1日頑張ろう。
DSCN1069_original.JPG
DSCN1113_original.JPG

待望の海。スノーケリングです。大島の北に位置する日の出浜で、大島初のスノーケリングを楽しみます。はじめてスノーケリングを体験する子もいたので、ゆっくり 丁寧に指導していきます。
DSCN1131_original.JPG
S__3588140_original.jpg

そして、午後には全員が、足がつかない深い海でも落ち着いて魚を見られるまで上達しました。
S__3588149_original.jpg

おなかぺこぺこ。夕食には伊豆諸島名産の「くさや」を食べてみました。その独特の香りがたまりません。
DSCN1165_original.JPG

夕食後はキャンプ場から出て、夜散歩。
地面に寝転がって星空観察です。まるでプラネタリウムのような空。流れ星は見えたかな?
DSCN1206_original.JPG
Posted by miyoshi at 18:06 | 活動日記 | この記事のURL | コメント(0)
アドベンチャーキャンプ 明日葉畑で収穫体験[2019年08月20日(Tue)]
アドベンチャキャンプの子どもたちは、大島の南に位置する波浮(はぶ)の港の近くにある「明日葉(あしたば)」畑に行きました。
ここでは、畑の草むしりのお手伝いをさせていただいた後、収穫体験です。
P8193367_original.JPG
P8193365_original.JPG

「明日葉」は今日、摘んでも明日には新しい葉が出てくると言われてほど精力的な植物ということでこの名がついています。伊豆諸島の名産品で、体に良い成分がたくさん入っているので健康食品としても有名です。ほんのり苦みがありますが、とてもおいしい野菜です。
P8193406_original.JPG

大きなクワガタにも出会いました。
P8193336_original.JPG

波浮の港は、丸い形をした港です。その昔は、なんと火山の火口でした。その形を利用して港として使えるように工事をしました。江戸時代、明治時代には、江戸への物資を船で運ぶ際の船の中継地点として、多くの船が立ち寄ることで、大変な賑わいだったそうです。
P8193413_original.JPG

今でも、明治時代の古い建物が立ち並んでいます。全国から集まった船の乗組員が泊まる旅館もあり、当時の様子を再現されています。小説で有名な「伊豆の踊り子」はもともと波浮にいた踊り子さんだったそうです。
P8193437_original.JPG

夕食は、摘みたての明日葉のおしたしを食べました。ワンパク煮込みもおいしくいただきました。
明日に備えて、もりもり食べよう!
P8193457_original.JPG

Posted by miyoshi at 09:34 | 活動日記 | この記事のURL | コメント(0)
アドベンチャーキャンプ トウシキ海岸は最高!!![2019年08月19日(Mon)]
早いもので、7泊8日のアドベンチャーキャンプも後半に入りました。
薪も少なくなってきたので、再度森の中から集めてきます。
P8183133_original.JPG

朝食とお弁当を作ることにも慣れてきました。
P8183132_original.JPG

大島の最南端に位置する「トウシキ海岸」で泳ぎます。ここは、溶岩で形成された、自然のタイトプールがあり、なんと、いつでも「クマノミ」が見られる海です。台風10号が南の海上にいた時はずっと遊泳禁止になっていましたが、台風が過ぎて、穏やかな海になりました。
P8183162_original.JPG

みてください。この透明度!! 人気のウツボとも遭遇。
P8183151_original.JPG

P8183184_original.JPG

そして、トウシキ海岸恒例の飛び込みです。華麗に舞いながら、ジャポ〜ン!!
P8183227_original.JPG

夕食はワンパク大学オリジナルメニュー「ツワブキハンバーグ」!
トウシキ海岸に生えている、大きなツワブキの葉っぱを採取し、葉っぱの中に、ハンバーグのタネを入れて焼きます。ほんのりツワフキの香りのする、おいしい一品。大島ならではのメニューです。
P8183240_original.JPG

大島の海を堪能した夜は、本日がお誕生日の参加者がいて、みんなでお祝いをしました。
ハッピーバースディ!!
Posted by miyoshi at 13:05 | 活動日記 | この記事のURL | コメント(0)
チャレンジキャンプ 大島に到着! 森での生活が始まった。[2019年08月19日(Mon)]
伊豆大島チャレンジキャンプは8月17日の夜、竹芝桟橋を出発し、18日の早朝に無事、伊豆大島に到着。さっそく森の中へ。この森で21日まですごします。
DSCN0950_original.JPG

電気、ガスはありません。唯一あるのは水道。生活に必要な水はタンクに入れて運びます。DSCN0941_original.JPG

ここが、キッチン。どんどん生活の場が出来上がっていきます。
DSCN0938_original.JPG

調理に必要な燃料はすべて、森の中から拾ってきた「木の枝」です。全員分のご飯を作るのだから、たくさんの「薪」が必要なのです。力を合わせてたくさんの薪を集めなくてはなりません。
DSCN0996_original.JPG

次は、火つけの練習。今回の参加者のなかには、テント泊も野外炊事をすることも初めてという子どもが数人混じっています。丁寧に練習していきます。
DSCN1015_original.JPG

夕食メニューは定番の「カレーライス」無事に出来上がりました。
DSCN1032_original.JPG

DSCN1042_original.JPG

おうちでの生活と比べると不便なことだらけ。けれど、その不便を体験することでお友達との協力が必要であることや、災害時にも役に立つ生活のための技術を身につけていくことができます。
最終日までには、きっと子どもたちの変化が見られるはず。がんばろう。
Posted by miyoshi at 11:16 | 活動日記 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ
プロフィール

野外教育事業所ワンパク大学さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/wanpaku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/wanpaku/index2_0.xml