CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 活動計算書の作り方 | Main | 一般社団・財団法人»

2012年07月20日(Fri)

質問掲示板のFAQ

このブログ、NPO会計道は2006年10月に初めて、まもなく6年になろうとしていますが、今週、アクセス数がトータルで100万アクセスを超えました!


超ニッチな分野のブログで、始めたときは「誰が読むのかな」と思ったりしましたが、最近は平日はコンスタントに3000アクセスくらいはあり、気が付いてみれば100万アクセスを超えており、これも多くの方に支えられたおかげと思い、今後も無理せず続けていきたいと思っています


この6年間の間の出来事としては、やはりNPO法人会基準の策定が大きかったと思います


今はこの会計基準の普及を行っていますが、その一環として、このブログで、「みんなで使おう!NPO法人会計基準」のHPに寄せられている「質問掲示板」の質問をジャンル分けして、質問内容を要約して、質問掲示板にリンクを貼るということをやってみました


NPO法人会計基準は、民間主導・市民参加型で策定するという理念のもとに進めてきました。


この考え方を、より進めていくためには、個々のNPOの方などから出てきた疑問にしっかりと答えて、そのうち会計基準にとって重要と思われるものをFAQ形式でまとめて、その内容を世の中に還元していく、という仕組みを作る必要があるのではないか、と思っています


その一環で、今回、会計道で、まずは簡単なものを作ってみました


会計道のトップページの真ん中に、質問項目をジャンル分け(このジャンル分けもまったくこの会計道の独断です)した目次を作っていますので、その目次からジャンルを選んでいくと、それに関係した質問(要約したもの)が出てくる仕組みになっています

http://blog.canpan.info/waki/





2012年07月18日(Wed)

その他

NPO法人会計基準質問掲示板
−その12−

<その他>




@「公益法人等は、年間の収入金額の合計額が8,000万円以下の場合を除き、原則として事業年度終了の日の翌日から4月以内に、その事業年度の損益計算書又は収支計算書を、主たる事務所の所在地の所轄税務署長に提出しなければなりません。」という規定がありますが、損益計算書又は収支計算書でなく活動計算書で提出することも可能でしょうか?


A法人税の課税所得金額を算出するために、まず活動計算書から収益事業の損益計算書を作成すると思います。

収入の法人税課非割合で共通経費(≒管理費)を按分するため、経費は、活動計算書記載の金額より少ない金額が収益事業の損益計算書に載ってくると思います

そこで法人税申告書別表15の記載の仕方なのですが、5欄(支出額)には、活動計算書or損益計算書どちらの交際費金額を記載したら良いのでしょうか?



※NPO法人会計基準協議会が運営する「みんなで使おう!NPO法人会計基準」の「みんなで解決!質問掲示板」に寄せられた質問(2012年7月現在)を、NPO会計道で要約し、ジャンル別に分け、質問掲示板へのリンクを貼ったものです



  ブログパーツ

2012年07月18日(Wed)

活動予算書

NPO法人会計基準質問掲示板
−その11−

<活動予算書>



@設立時に「活動予算書」を作成しますが、活動計算書との科目等の相違点を確認したく、ご教示いただければ幸いです。

また、計算書の注記に対応するものを予算書でも作成するのでしょうか。



A「収支計算書」が「活動計算書」になるのであれば、「収支予算書」は「活動予算書」となるのでしょうか?



B施設の修繕費用を積立していきたいのですが、活動予算書の中にはどのような形で、計上すればよいのでしょうか?

また収支計算書では予備費の計上が認められていましたが、活動計算書においては、予備費の計上は認められるのでしょうか。




C収支計算書での「予備費」「長期借入金返済」は、活動予算書ではどこに記入すればよいのでしょうか?



※NPO法人会計基準協議会が運営する「みんなで使おう!NPO法人会計基準」の「みんなで解決!質問掲示板」に寄せられた質問(2012年7月現在)を、NPO会計道で要約し、ジャンル別に分け、質問掲示板へのリンクを貼ったものです



  ブログパーツ

2012年07月18日(Wed)

会計処理 ボランティア・使途指定寄付

NPO法人会計基準質問掲示板
−その10−

<会計処理 ボランティア・使途指定寄付>



@先日、NPO法人を設立し、2ヵ月後にヘルパーステーションを立ち上げようと考えていますが、良い物件が見つからず、自宅の一部を事業所に貸し出そうと思っているのですが、この場合は家賃として計上できるのでしょうか?


A私どもは保育園を運営しており、有償ボランティアの方が数名います。

業務内容は園外保育などで正規の保育士の数が足りない場合に手助けをするといった内容です。

この場合に有償ボランティアの経費をどのように計上したらよいかわかりません




B何々のために使ってください、という寄付金をもらった場合の会計処理方法がよくわからないので教えて下さい 


C使途に制限のある寄付金を指定正味財産で計上することを検討しています。

その際は、必ず特定資産を計上しないといけないのでしょうか。

計上しなければならない場合、固定資産でも流動資産でもどちらでも計上できるとありますが、その元となる資産は預金ではない形での保有でも構わないのでしょうか。



DNPO法人が(税法上の)収益事業で使ってほしい、等の使途を制約されない寄付金をもらいました。

これは収益事業、特定非営利活動に係る事業どちらの収益になるのでしょうか(税務署に提出する、収益事業の決算書に記載するかしないかは、どのように判断するか)

また、法人として助成金を申請し、申請のための予算書も収益事業のみ等ではなく法人全体の予算書を提出しました。

この助成金が交付されたとき、収益事業、特定非営利活動に係る事業どちらの収益になるのでしょうか (税務署に提出する、収益事業の決算書に記載するかしないかは、どのように判断するか)



※NPO法人会計基準協議会が運営する「みんなで使おう!NPO法人会計基準」の「みんなで解決!質問掲示板」に寄せられた質問(2012年7月現在)を、NPO会計道で要約し、ジャンル別に分け、質問掲示板へのリンクを貼ったものです



  ブログパーツ

2012年07月18日(Wed)

会計処理 就労支援事業

NPO法人会計基準質問掲示板
−その9−

<会計処理 就労支援事業>



@現在、就労支援事業では社会福祉法人会計基準の中の就労支援会計で会計処理を行われているところが多いと思いますが、今後NPO法人での就労支援事業の会計基準の見通しを、教えてください。


AB型事業所の運営事業にたいして、訓練等給付費をいただいていますが、これを収益と書かなければならないのでしょうか?



B飲食業務で出るはずの売上の予定は訓練等給付費にプラスして、事業収益の就労継続支援事業収益としていいのでしょうか?
経常費用で材料費の仕入れを入れると、飲食売上収益として別に記載が必要ですか?




※NPO法人会計基準協議会が運営する「みんなで使おう!NPO法人会計基準」の「みんなで解決!質問掲示板」に寄せられた質問(2012年7月現在)を、NPO会計道で要約し、ジャンル別に分け、質問掲示板へのリンクを貼ったものです



  ブログパーツ

2012年07月18日(Wed)

会計処理 過年度分の処理

NPO法人会計基準質問掲示板
−その8−

<会計処理 過年度分処理>




@前年度の決算で入る見込みのない会費を未収金として、また結果的には作成しなかった広報紙などを未払金(適当な見込み額を設定)として決算をしてしまいました。

これを今年度で調整するにはどうしたらいいでしょうか?



A過去の固定資産の計上もれがわかりました。

今期に計上するにはどのような形で計上すればいいのでしょうか?

また、今までは減価償却していませんでしたが、今期から1年目と考えて償却を始めることでよろしいのでしょうか?



B私どものNPOでは、語学を教え、テキストの販売も行っていますが、今までの決算では、販売用のテキストの在庫計上をしておりませんでした。

24年度決算より、NPO法人会計基準を採用したいと考えており、それに備えて、23年度期末に棚卸を行い、在庫表を作成したのですが、23年度の貸借対照表と収支計算書上どのように表記したらよいのでしょうか?




※NPO法人会計基準協議会が運営する「みんなで使おう!NPO法人会計基準」の「みんなで解決!質問掲示板」に寄せられた質問(2012年7月現在)を、NPO会計道で要約し、ジャンル別に分け、質問掲示板へのリンクを貼ったものです



  ブログパーツ

2012年07月18日(Wed)

会計処理 一般的なもの

NPO法人会計基準質問掲示板
−その7−

<会計処理 一般的なもの>



@理事や会員、スタッフで執筆したものを簡単な書籍、冊子として販売する場合に、期末の棚卸等の処理を教えてください



A助成金の交付に伴う会計処理・税務上の扱いについて教えてください。



B200万の車両に対して150万の助成金があります。

助成団体からすでに車両メーカーへ150万円を直接支払うために、法人へは助成金の受け入れがありません。

差額の50万を払うだけなのですが、この場合、どのようにしたらよろしいか?



C現状、諸々の経費をスタッフ・ボランティアの個人負担でまかなっております。

これらの費用を経費として計上したいと考えております。

経費として計上した場合、個人の負担金を収益として計上することは可能でしょうか?

可能であれば、どのような科目で計上すればよいでしょうか?



D障害者とその家族である会員が、余暇支援事業としてバスハイクやボーリング大会を行っています。

その場合、交通費、宿泊費、昼食代、ボーリング場の入場料などは、参加者の自己負担となっています。

これを活動報告書にどこまで反映させるべきでしょうか?


E行政から委託事業を受けていて、残額は返還する義務のある事業を行なっています。

収支計算書では、委託費をそのまま事業収入とし、支出の部に「委託料返還支出」という欄をつくって計上していました。

NPO会計基準では、そのような場合は、実際に使った額を収入として計上し、残額は前受助成金として処理し、注記および貸借対照表に記載する、ということが可能なのでしょうか



F今年度の決算で前年度繰越額のうち190万円を、前年までの運営資金積立預金350万円と合計して、将来の運営資金として積立金とすることになりました。

この場合の仕訳を教えてください


G引越に伴う費用の会計処理はどのようにすればいいのでしょうか?



H当NPOは3階建の1階部分を賃貸しています。この度250万の補助金を貰い2階を改装しました。

この改装代は固定資産になるのでしょうか? 



INPO法人設立にあたってAさんが設立当初の財産として預金に10万円をいれました。

この場合、10万円は資本金になるのでしょうか?





※NPO法人会計基準協議会が運営する「みんなで使おう!NPO法人会計基準」の「みんなで解決!質問掲示板」に寄せられた質問(2012年7月現在)を、NPO会計道で要約し、ジャンル別に分け、質問掲示板へのリンクを貼ったものです



  ブログパーツ

2012年07月18日(Wed)

財務諸表の注記の記載方法

NPO法人会計基準質問掲示板
−その6−

<注記の記載方法>




@「財務諸表の注記」について、様式例を見る限りでは、当法人に該当する項目が全くないのですが、
「1.重要な会計方針 財務諸表の作成は、NPO法人会計基準(2010年7月20日 2011年11月20日一部改正 NPO法人会計基準協議会)によっています。」と「消費税等の会計処理」は必ず記載すべき事項なのでしょうか?




A総会において、財務諸表の注記の「3.固定資産の増減内訳」について、「期首取得価額」は「取得価格」、「期末取得価額」は「前期取得価額」ではないでしょうか

※NPO法人会計基準協議会が運営する「みんなで使おう!NPO法人会計基準」の「みんなで解決!質問掲示板」に寄せられた質問(2012年7月現在)を、NPO会計道で要約し、ジャンル別に分け、質問掲示板へのリンクを貼ったものです



  ブログパーツ

2012年07月18日(Wed)

事業費と管理費

NPO法人会計基準質問掲示板
ーその5−

<事業費と管理費>



@事業費と管理費の判断についてわからないものがあります

また、按分の必要性ですが事業部門と管理部門の共通経費で、管理部門で要した金額が極端に少ない場合(例:水道)按分の必要がないと判断してもよいのでしょうか




A代表の報酬は事業費と管理費に按分することは出来ないのでしょうか


B従来、事業費のなかに広報事業として広報業務に関わった人件費や印刷費などを計上して報告しておりました。

『NPO法人会計基準』では、「明らかに管理部門の経費と特定できる費用」として広報業務が記載しております。

故に今後はすべて管理費として計上しなければならないのでしょうか。



C現在、自立支援法の就労継続支援B型で、4つの事業を行っています。

これに伴い、訓練給付費等が収入となりますが、事業部門で計上するとなると按分も必要かと思いますので、管理部門で計上していくことで考えておりますがいかがでしょうか?




※NPO法人会計基準協議会が運営する「みんなで使おう!NPO法人会計基準」の「みんなで解決!質問掲示板」に寄せられた質問(2012年7月現在)を、NPO会計道で要約し、ジャンル別に分け、質問掲示板へのリンクを貼ったものです



  ブログパーツ

2012年07月18日(Wed)

活動計算書の勘定科目

NPO法人会計基準質問掲示板
−その4−


<活動計算書の勘定科目>



@現物寄付をもらった場合に、会計基準の別表では「○○受贈益」となっていますが、「受贈益」という言葉に違和感があるので他の言葉でもいいでしょうか?


A地域活動支援センターV型として活動しています。

・市よりいただいている委託料は、受取国庫補助金として処理すればよいのでしょうか?

・内職の工賃収入や内職先よりいただいている少額の事務手数料は、受託事業収入にすればよいのでしょうか?

・活動計算書では、この工賃は事業費の人件費として処理をすればよいのでしょうか?それとも事業費のその他の経費として処理すればよいのでしょうか?

・ボランティアさんへ少額の謝礼をすることがありますが、これは、人件費に当たるのでしょうか?



B乳幼児交流会などの参加費(100〜800円)の科目は通常売上になるのでしょうか?

頂いた参加費は、セミナー講師の謝礼や会場費、資料代などに使われています。

物品販売はありません。




CNPO法人がいくつか呼びかけあって「ある社会的問題」についてのフォーラムを実施します。

当団体(会計処理をする団体)も呼びかけ団体の一つです。

お互いに決めた額を出すのですが、このときの勘定科目はなにがいいでしょうか?




D当法人はボランティア活動が中心で、費用としては、工作教室の材料費と、総会等にかかる会議費があるのみで人件費はありません。

「ボランティア評価費用」の項目を立てない場合、「活動計算書」に「人件費」及び「人件費計」の項目を設ける必要はあるのでしょうか?



E私が所属する法人では中小企業退職金共催に入っていて、掛け金を支払っています。

この支払いの勘定科目は「退職給付費用」でよいでしょうか?

なお、中退協の場合は貸借対照表の退職給付引当金は関係ないと考えてよいかということも教えてください。



F法人税や消費税など、事業から生じる税金についてはどの場所に表示すればよいでしょうか? 



※NPO法人会計基準協議会が運営する「みんなで使おう!NPO法人会計基準」の「みんなで解決!質問掲示板」に寄せられた質問(2012年7月現在)を、NPO会計道で要約し、ジャンル別に分け、質問掲示板へのリンクを貼ったものです



  ブログパーツ
| 次へ