CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 日記 | Main | ニュース»

2011年10月11日(Tue)

認定NPO法人(動画)

認定NPO法人制度の解説の動画を作成しました


資料は、認定NPO法人(パワポ)よりダウンロードください




第1章  認定NPO制度とは






第2章 パブリックサポートテスト





第3章 その他の要件





第4章 認定NPO法人を目指す道






  ブログパーツ


2011年10月09日(Sun)

認定NPO法人(パワポ)

認定NPO法人の制度が大きく変わりましたが、改正後の認定NPO法人制度をまとめたパワーポイントの資料を作りました


早わかり認定NPO法人制度(パワーポイント)





早わかり認定NPO法人制度(PDF)





  ブログパーツ


2011年09月22日(Thu)

仮認定制度

2週間くらい前から右目が痛くなり、眼医者に行きました


ずっと長いことコンタクトをしているのですが、やっぱりコンタクトはよくないみたいで、それも原因になるのかと思い、メガネにすることにしました


まだ慣れないので、たぶん会う方も私も違和感があると思いますが、よろしくお願いします



6月15日にNPO法が改正され、来年の4月1日以降、仮認定制度が導入されることになりました。


この仮認定の制度、なかなかわかりにくい部分もあるので、今日は、仮認定制度について解説します


続きを読む・・・

2011年08月03日(Wed)

絶対値PST

 認定NPO法人に新たに絶対値PST(パブリックサポートテスト)が導入され、6月30日からこの新しい基準で申請が出来ることになっています


 この絶対値PST、かなり反応がいい。特に、今まで認定とは縁遠かった事業型のNPO法人の反応がいいな、と感じています。


 絶対値PSTがどのようなものなのか、解説したいと思います


続きを読む・・・

2011年07月25日(Mon)

なでしこJAPANと寄付税制

なでしこJAPAN。盛り上がっていますね


うちの5歳の娘が、「なでしこJAPAN」が盛んに連呼されているので、「なでしこやるから見て?」と言って、頭をなでて、おしっこのまねをするので、「なにそれ?」と聞くと、「なで(お)しっこ」と言って笑って大うけでした

なかなかセンスあるなあとちょっと親バカです


さて、今日のある番組で、なでしこJAPANの中心選手の宮間選手が所属する、なでしこリーグの岡山湯郷ベルクラブのことが紹介されていました


このクラブ、「NPO法人岡山湯郷Belleクラブ」というNPO法人が運営主体で、番組では収支報告も紹介されていました


コーナーの最後に、司会の人が、「こういうクラブに税金が投入されるのであれば、僕は文句はない」というようなことを発言されていました


6月に導入された新寄付税制は、このような、行政などが支援先を決め、税金を投入するという発想を変え、市民一人一人が支援する先を決定していくという動きを加速させるためのものです。


今、大きく変わろうとしている支え合いの考え方を、なでしこリーグの話から見ていきたい
と思います


あくまでも個人的な意見ですので、ご了承ください



続きを読む・・・

2011年07月01日(Fri)

3K×100 昨日から申請可能に

新寄付税制の目玉は3つの新しいルールです


新ルール1

「3K×100」で認定NPO法人へ


新ルール2

寄付した金額の最大半分が帰る税額控除制度


新ルール3

仮認定制度の導入


このうち、新ルール3の「仮認定制度の導入」は来年の4月以降ですが、新ルール1と2は、何と早くも昨日(6月30日)から法律が施行になり、申請が出来ることになりました


「3K×100」とは、認定NPO法人になるための新しいPSTで、「3,000円以上の寄付者を年平均で100人以上集めていたら認定NPO法人になれる」というもの。


この新ルールを、電子雑誌で、きたろうさんが「ついに国会で可決、NPO界に衝撃の新ルール、「3K×100」が実現!」(Kはキロの意味でしょうね)と、とてもわかりやすい記事で取り上げてもらいました


早速、昨日から国税庁のHPで早くも様式も出ました

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/denshi-sonota/npo/tebiki/yoshiki/02.htm


詳細ニュースは下記の通りです

http://www.npoweb.jp/modules/news1/article.php?storyid=3487


また、新寄付税制の条文は下記から見ることができます

官報

http://kanpou.npb.go.jp/20110630/20110630g00142/20110630g001420000f.html

 ブログパーツ

2011年05月12日(Thu)

認定NPO法人の指定寄付金

昨日、4月27日に成立した震災特例税制に盛り込まれた認定NPO法人向け指定寄付金制度について、シーズ主催、財務省や国税庁の方をお呼びしてのセミナーに参加してきました


認定NPO法人向け指定寄付金制度は、認定NPO法人が、東日本大震災の被災者に対する救援や生活再建の支援を行う活動に充てるために募集する寄付金について、一定の要件を満たしていれば、指定寄付金として指定しようというものです


指定寄付金になると、


@ 個人が支出する寄付金について、従来の所得控除方式の寄付金控除以外に、選択により、税額控除方式の寄付金控除を受けられる(寄付金額から2千円を控除した金額の40%を所得税から控除する。ただし、所得税額の25%が限度)


A 個人が支出する寄付金の寄付金控除の控除可能限度枠が、総所得金額の80%までとなる


B 法人が支出する寄付金が全額損金算入の対象になる



という特典があるものです


ただし、指定寄付金となるためには、認定NPO法人が、国税局長に申請をして、確認を受けなければいけません


今日のセミナーは、この指定寄付金となる寄付金はどのような寄付金であり、指定を受けるためにはどのような手続きが必要なのか、詳しい説明がありました


そこで、この記事でも

1. 指定寄付金となる寄付金はどのようなものか

2. 指定を受けるための具体的な手続きは


という順で、今日のセミナーの内容を受けて書きたいと思います


続きを読む・・・

2011年01月28日(Fri)

特定寄付信託(プランドギビング)

先週、日経新聞と朝日新聞に立て続けに特定寄付信託(日本版プランドギビング。朝日新聞では「計画的寄付信託」)の記事が一面に載りました


この特定寄付信託、NPOに対する寄付を活性化させるために、アメリカではとっても有効に機能している制度だそうです


今回、日本で実現しそうな特定寄付信託の税制優遇制度は、アメリカに比べればまだ全然しょぼいものだそうですが、それでも、第一歩が踏み出されたことはとっても意義があることだと思います


今日は、この「特定寄付信託」について、新聞記事を参照しながら、どんな制度で、NPO、あるいは寄付者にとってどんな意味があるのかを書いてみたいと思います


続きを読む・・・

2010年12月21日(Tue)

税制改正大綱と市民公益税制(動画)

この前、シーズの池本事務局長と話していたら、「NPOの会計税務のインタープリターを目指してください」と言われました。


「インタープリター?ん?翻訳者?」と思って、何か言葉が引っかかって、後でWEBで調べたら、「自然解説を行う人」として定着した言葉だそうです。


インタープリターについて、あるHPでは、「自然と人との橋渡し役。ある場所、その場の自然が発するメッセージをわかりやすく皆さんに伝える専門家です。皆さんが身の周りの自然とお近づきになるきっかけづくりをしています」とありました。


環境系NPO出身の彼女はきっとその意味で言ったんだろうなと解釈して、「なんかそれいいかも」と思ってしまいした。


NPOで活動する方々と、会計、税務という、一見無機質で、近寄りがたいものの橋渡し役。


会計や税務を、その背景から理解してもらい、その意味するメッセージを分かりやすく伝える専門家。


NPOの方々が会計や税務を理解し、活動に生かすきっかけづくりをしています



おお!なんか自分の目指しているものにピッタリかも。




インタープリターとしての最初の仕事として、税制改正大綱の市民公益税制部分を解説した動画を作成しました




税制改正大綱と市民公益税制(パワーポイント)

続きを読む・・・

2010年12月19日(Sun)

税制改正大綱と市民公益税制

16日に税制改正大綱が発表され、認定NPO法人制度、寄付税制が抜本的に改正されることになりました!!









この税制改正大綱の市民公益税制の内容のポイントをパワポにまとめました


税制改正大綱と市民公益税制





けっこう凄い内容ですので、ご覧ください


動画の発信もしようかと思っています


ブログパーツ
| 次へ