CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«寄付金控除の領収書発行の時期 | Main | 会計監査の実施日»

2019年02月12日(Tue)

NPO法人の業務チェックリスト
私が代表をしているNPO会計税務専門家ネットワークでは、「NPO法人の業務チェックリスト」を作成し、ホームページ上で公開しています。

http://www.npoatpro.org/potal/modules/tinyd0/index.php?id=60

NPO法人の理事として正しい運営をしていくにはどのような点に注意したらいいのか、監事に就任した場合に、どのような点をチェックしていったらいいのか、と悩む人にとって、とっても参考になるものだと思います。

たくさんの方に利用していただきたいです。

PDFでダウンロードもできますし、印刷された冊子はNPO会計支援センターから頒布しています。

下記に、業務チェックリストの「はじめに」から、どのような趣旨で作成されたのかを掲載します、




<業務チェックリスト はじめに より>


このチェックリストは、私たちNPO会計税務専門家ネットワークの初代理事長故赤塚和俊氏がNPO法人の監事が監査を行う際に使用するために作成した、「NPO法人の監事の監査チェックリスト」をもとにしています。


2010年7月のNPO法人会計基準の公表、2012年4月のNPO法改正に伴い、赤塚氏が作成した「監事の監査チェックリスト」の改訂が必要になりました。


その際、監事のチェック項目は、実際の業務執行にあたる理事のチェック項目と同じであるという二面性から、単に監事のためのチェックリストではなく、理事長(理事)、監事の双方がチェックするためのものとして、名称も「NPO法人のための業務チェックリスト」に改めることとしました。

このチェックリストは、まず、理事長や、事業を担当する理事が、NPO法をはじめとする各種法令や定款の違反が行われていないかどうかを自らでチェックします。

監事は、理事長(理事)のチェックが、きちんとなされているかどうかを再チェックし、必要な場合は別の角度からのチェックを行う、という形で構成されています。

NPO法人の不祥事などが新聞紙上を賑わすなど、NPO法人の信頼性が問われるケースが増えています。認定NPO法人制度では、NPO法人が法令に違反した運営をしていないかどうかが、認定される際の大きなポイントになってきています。今まで以上に法令に則った運営が求められています。

 今回、2016年のNPO法の改正や2017年12月のNPO法人会計基準の改正に対応するため、NPO支援東京会議の協力を得て改訂版を作成し、要望が多かった経理規程例を最終章に追加しました。

なお、2018年10月から開始される貸借対照表の公告については、移行期間にあたっていますのでご注意ください。また、NPO法人の活動を取り巻くすべての法律を網羅している訳ではありません。

このチェックリストを多くのNPO法人の理事や監事の方に使用していただき、正しい法人運営の一助になれば幸いです。

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1426783

コメントする
コメント