CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«活動対象に関する基準D | Main | 運営組織に関する基準A(役員親族要件)»

2019年09月19日(Thu)

運営組織に関する基準@(概要)
認定NPO法人制度について、解説をしています。

今回から、認定NPO法人の8つ要件の3つ目の要件(3号基準)である「運営組織及び経理に関する基準」を見ていきたいと思います。


1.3号基準の趣旨

3号基準は、「運営組織に関する基準」と「経理に関する基準」の2つから構成されています。

「運営組織に関する基準」は、特定の家族や特定の会社等に支払いされていないか、などを問う基準です。

認定NPO法人は、公益性の高い法人ですので、特定の親族や組織の影響力が強い法人は、ふさわしくないと考えています。

「経理に関する基準」は、会計の信頼性に関する基準です。

帳簿組織が適切か、不適切な経理処理がされていないかなどが問われています。


2.運営組織に関する基準の内容

運営組織に関する基準は、具体的には、以下の要件になります。

イ 役員の総数のうちに次の者の数の占める割合がそれぞれ3分の1以下であること

⑴ 役員及びその親族等

⑵ 特定の法人の役員又は使用人である者及びこれらの者の親族等

ロ 各社員の表決権が平等であること


3.経理に関する基準

経理に関する基準は、具体的には以下の要件になります。

ハ 会計について公認会計士又は監査法人の監査を受けていること、又は帳簿書類の備付け、取引の記 録及び帳簿書類の保存について青色申告法人に準じて行われていること

ニ 支出した金銭の費途が明らかでないものがある等の不適正な経理が行われていないこと


次回から3号基準を詳しく見ていきます。


トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント