CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2014年03月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント

メタボ対策! (04/23) 有田 孝行
チャレンジデー結果報告 (06/01) ♡雪うさぎ♡
支援物資〜発送 (03/30) ooe
「1,2,3で、施設商品!2010」参加します (11/01) Chai森田
美食倶楽部『龍ちゃん』集合! (08/07) マーブル・チョコ・レオ・マロン・ミカン
ペットのおやつ工場を始めます (02/15) Pink
今日の風景の答え (01/27) わかふじ寮 桑原
明日、全国の授産品のセレクトショップ「真心絶品」がオープン (12/11) 日本財団伊藤
明日、全国の授産品のセレクトショップ「真心絶品」がオープン (12/10) わかふじ寮
全道ろうあ者フロアカーリング交流会 (11/14)
日産キャラバン [2014年03月13日(Thu)]
2月18日の記事でご紹介したパン号に続き、
日本財団様より車両助成を受けたバンが納車されました。



日本財団様仕様ぴかぴか(新しい)
P1020055.JPG
な日産キャラバン


日常的な車両不足に悩まされていた商品の搬送業務が、これで大分緩和されるはず手(グー)




と言うわけで、早速任務に就くキャラバン
P1020059.JPG



授産施設に配置された運命。その名の通り北海道全域をキャラバンする事に
なるでしょう。
時には道外なんて事もあるかもしれません。

職員の皆さん、くれぐれも安全運転で大事に大事に使いましょうね。


日本財団様ありがとうございました。






Posted by わかふじ寮 at 14:00
新得町が手話言語条例を制定 [2014年03月06日(Thu)]
以前の屈足わかふじ園のブログでもお伝えしていますが、3月5日の新得町議会で「新得町手話に関する基本条例」が可決され、4月1日から試行されます。

5.JPG

条例制定のきっかけとなったのが、昨年新得町で37年ぶりに開催された第54回全道ろうあ者大会です。
大会の際に、北海道ろうあ連盟蠣崎理事長から、聴覚障害者の支援を中心に行っている厚生協会がある新得町で、ぜひ手話言語条例を制定してほしいとの話しを浜田町長にされたのが始まりです。
さらに、全国初となる手話言語条例鳥取県で昨年10月に可決され、北海道の石狩市でも4月から施行されるなど全国的に大きな動きのある時期で、厚生協会わかふじ寮が発足して60年の節目の年でもあったのも、きっかけの一つです。

これらの動きの背景にあるのが、2006年に国連で制定された「障害者権利条約」です。
この中で「言語とは、音声言語及び手話その他の携帯の非音声言語をいう」とあり、手話は言語と認定されました。
続いて、2011年の「障害者基本法改正」の中で、「全て障害者は、可能な限り、言語(手話を含む)その他の意思疎通のための手段についての選択の機会の拡大が図られること。」という条文があり、「言語」に手話を含むことがはっきり明記されました。
これらの流れが、鳥取県石狩市、今回の新得町の動きにつながっています。
今後は、国がどのような形でいつ手話言語法をつくっていくのかが注目されるところです。

新得町でも今回の条例の策定に当たり、広く当事者や関係者の声を反映しようという事で、社会福祉法人厚生協会から3名、当事者である十勝聴力障害者協会から3名、その他町内の手話サークル障害者関係の事業所等の福祉関係者教育委員会商工会など各方面のメンバーが集まり、昨年11月8日に「新得町手話に関する基本条例の制定に係る研究会」がスタートしました。
会長には新得町自立支援協議会の会長で屈足わかふじ園の施設長でもある桑原隆俊が就任し、計5回の研究会を開催して議論を重ね、新得町らしい条例案の検討を行ってきました。
研究会では、手話を使う町民が暮らしやすい町を実現するため以下の点を中心に検討を行いました。
 @条例を新設する理由と意義
 A町の責務・町民の責務・ろう者を支援している福祉事業者の責務
 B手話を使い安心して暮らすことのできる環境整備

 この3点を柱として「新得町手話に関する基本条例」案をまとめ、2月14日に浜田町長に報告し、3月5日の町議会で提案され可決されました。

全国の町村では全国初となる手話条例の制定です。

報告書には、条例を作った後の具体的な施策の提言も含まれており、今後は手話を使う町民が暮らしやすい町を実現するためどう具体的に施策を進めていくかが重要になります。
また、町民への普及活動等が始まり、職場や団体、町内会等で手話教室を開く予定がありましたら、講師の派遣を行いますので、遠慮なくお問い合わせください。
研究会は、今後も継続して開催し、施策の提案や変更・評価を行っていく予定です。

1.JPG
■まず浜田町長から、平成26年度の調整執行方針の説明がありました。この中でも手話条例の制定について説明がありました。

2.JPG

■続いて議案の審議に入りいよいよ「手話に関する基本条例」が提案されました。
提案説明は、渡辺保健福祉課長です。何と全部手話を使い提案説明をしました。
練習の成果もあり100点満点の手話での説明でした

3.JPG

■傍聴席の様子です。条例の制定にあたった研究会のメンバーを始め、北海道ろうあ連盟の副理事長さんや、旭川や帯広の聴覚障害者団体の方からも傍聴に駆けつけました

4.JPG

■いよいよ採決。満場一致で無事採択されました

6.JPG

■終了後、新聞の取材を受ける十勝聴力障害者協会川口会長

7.JPG

■NHKの取材を受ける、北海道ろうあ連盟佐藤副理事長
Posted by わかふじ寮 at 10:06
耳の日ゲーム大会 [2014年03月03日(Mon)]
3月3日は耳の日。

わかふじ寮では
耳の日の行事として
毎年、自治会主催のゲーム大会が開催されています。

トランプ、麻雀、囲碁、花札、将棋
各々の得意なもので、景品を狙います手(グー)わーい(嬉しい顔)
2.jpg
こちら「神経衰弱」。Wさん、すでに神経衰弱しているようで、、、

1.jpg
通所休憩室。この日は「雀荘」に早変り〜 真剣勝負exclamation

3.jpg
食堂では「囲碁&将棋」。こちらは、のどかな雰囲気で晴れ

4.jpg
見事勝利を手にした利用者さんたちへ
豪華景品が贈呈されましたぴかぴか(新しい) 皆さん嬉しそうに記念撮影かわいいかわいい
6.jpg

大健闘のH君は
カピパラか、大ナマコのような
抱き枕をもらって大喜びハートたち(複数ハート)
7.jpg

残念だった利用者さんたちも
参加賞をもらって、また
来年リベンジexclamation

Posted by わかふじ寮 at 23:03
プロフィール

わかふじ寮さんの画像
わかふじ寮
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/wakafuji/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/wakafuji/index2_0.xml
月別アーカイブ