CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2016年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
もっと自由に!絵本の読み方 一龍齋春水先生と絵本を読めば・・?[2016年05月03日(Tue)]
こんにちは。高橋です。

4/20に有隣堂トレアージュ白旗店で行われた『第五回一龍斎春水先生と絵本を読む会』に行ってきました。
実はわたくし、宇宙戦艦ヤマトの大ファンでありまして、森雪を演じた春水様は、殿上人のような存在。期待に胸膨らませて会場へ。


有隣堂トレアージュ白旗店は本と文具と藤沢グッズの販売のほかに、ゆったりしたリビングルームのような作りの一角があって、それだけでも非日常感がいっぱいです。

大人の参加する読書会には行ったことがあるものの、親子参加の読み聞かせは初体験でした。
30分も前に店内に入ってしまい、雑誌や漫画をチェックしながら店内をウロウロ。
そんな私の耳に入ってくる、打ち合わせ中の春水様の声。美しい〜。

さて、読書会が始まりました。
まずは美しいフルートの演奏でリラックス。
そして春水様の朗読が始まりました。
絵本のタイトルは「おまえ うまそうだな」
生まれてすぐ迷子になった恐竜の子供と、ホントはその子供をご飯にしたいオジサン恐竜との出会いと別れの物語・・・

春水様の朗読は、シーンの説明や登場人物のセリフが加えられたり、お子さんが理解できているかの問いかけがあったりして、ゆっくりと進みます。
そのうえなんと、フルートと打楽器および人の声で物語の効果音もあるのです。
この多次元な読み聞かせは、さながら講談やアニメの世界です。
「なんか、読み聞かせというのを堅苦しく考えていたな、こういう表現もあるんだ」と目からうろこの気分に。
さすが春水様の世界観構築スキル。
(会場の写真でもあれば )

さて、二回目はご参加の親子3組と数人の大人を交えて、みんなで一冊の本を読み進めていきます。
みなさん、次がポイントです。凄いです。
呼びかけるセリフは遠くに飛ばすように、次の展開につながるところには溜めを・・そう、春水様の演技指導付きです!
もし、ここで春水様から褒められちゃったりしたら、声のお仕事を夢見ちゃうかも・・(笑)

こんな贅沢な時間が身近にあったんですね。

読んでみたい本のリクエストも受け付けていただけるみたいなので、読み聞かせ初心者のお父さん・お母さん・おじいちゃん・おばあちゃん、声の表現を追求されている皆さん、なんか面白そうと思った皆さん、気軽に参加してみませんか?
次は5/25(水)に開催だそうです。

あー、それにしても春水様の声、美しい〜

(サポーター・高橋)
仲間がいるって、素敵なこと[2016年03月27日(Sun)]
みなさん、こんにちは。高橋です。

私は昨日、私と同じテーマを持つ女性のグループのミーティングに参加してきました。
そのメンバーとは昨年の終わりごろに初めて会って、連絡先を交換することもなくサヨナラしてしまい、大変残念に思っていたのですが、今回ひょんなことから再会の運びとなったのです。

DSCF1978 - コピー.JPG

一人のメンバーから、開口一番に「あ〜!会いたかったよ!」と言ってもらって、本当に嬉しく思いました。
また、自分の気持ちをオープンに口に出来る彼女はとても素敵だな、とも感じました。


テーマを共有している、つまり同じ興味を持つ人との集まりはとても有意義です。

その場での情報交換は、未知の新しい扉を開いてくれることもあります。
自分が既に手にしていたものに気づかせてくれることもあります。
お互いがそれぞれの発言を尊重し合える空気が、その場にはあります。

こういう気持ちが持てる場所ってとても大切なんだなぁと思います。
自分が誰かの役に立っていたり、活き活きしているなと実感することができます。


先日、ある場所で、今でも夕方になると自宅から会社があった新橋まで飲みに行く、団塊世代のリタイアビジネスマンがいるという話を聞きました。
わざわざ一時間もかけて・・・
でも、いきつけの飲み屋さんが新橋にある彼らは、まだ幸せなのかもしれません。


大勢の人が、自分の居場所を探しているような気がします。

自分が本当に知りたかったことや、オープンな気持ちで話すことが出来る場所、
みんなで笑ったり憤慨したり悲しんだり出来る場所。


ボランティアのグループで、そういう場所や仲間ができたら、それはお金では買えない、大切な宝物になるのではないかと思います。
さまざまな世代の人が、同じテーマで集まれる、そんな場所があるって素敵ですね。



私も観ました! 「映画で触れる社会問題」から[2016年03月18日(Fri)]
こんにちは。高橋です。

私は映画が好きで、最近は映画館にも月に3.4回は行っているのですが、どうしても自分の興味があるジャンルが偏ってしまうので新しい分野にチャレンジすることを今年の目標に掲げていました。

そんなこともあり、VOLUNTEERS 2016年春号に紹介されていた
「ありあまるごちそう」と「フラガール」を観てみることにしました!

お話のあらすじはVOLUNTEERS 2016年春号でご紹介がありますし、話題の作品なのでご存知の方も多いと思いますので省きますが・・・

まずは「フラガール」から。

reTBIBJ-7170.jpg

福島県いわき市は、当時は炭鉱の町だった とか
フラガールたちはその炭鉱で働く人々の家族や関係者から集められた とか
オープン前も、施設宣伝のために出張公演をしていた とか
知らない事がたくさんありました。

そういう設立当時のエピソードも興味深いのですが、
私はフラガールたちや先生、そして炭鉱の人々の仕事への関わり方に感じる事がたくさんありました。

みんな、自分のしていることに自信満々ではありません。
周囲の無理解や時代の移り変わりに翻弄されながら、ただ一生懸命生きているだけ。
本当は、もう炭鉱の仕事ではだめなんだ、新しい時代が来ているんだと判っていても変われない人々だっている。

50年前も今も大して変わりないですね。

私がいいな〜と思ったのは、フラガールの母親が言った、
「仕事と言うのは辛くて、苦しいことだと思っていたが、これからは笑顔でお客さんに楽しんでもらって働ける新しい時代がくる」
というせりふ。

まだまだ、仕事というのは辛くて苦しい事、というイメージは払拭しきれていません。
真面目と言われる日本人の気質と結びついて、仕事を楽しむということができずに苦しんでいる人もたくさんいると思います。

楽しく生きるということは、決して不真面目な態度ではないと私は思っています。
真面目に「笑って生きるにはどうすればいいか」を考える時が来ているのではないでしょうか。

オマケですが・・
松雪泰子さんの衣装もおしゃれで素敵でした。
60年代後半だから、サイケ調ということになるのかな?
洋服が好きな方にもおススメの映画です。


そして「ありあまるごちそう」・・・

KKDS-640ありあまるごちそう.jpg

現代の日本に暮らしていると、
遠い外国でヤギの赤ちゃんと母ヤギの乳を取り合わなければならない状況の人間の赤ちゃんがいることなど、想像するのも難しいです。
ルーマニアには自動車が通り抜ける道路の横を、現代でも馬車で作物を運ぶ人々がいます。
スペインのビニールハウスの空撮は、SF映画で描かれる他の惑星のようです。

この作品はオーストリアの監督のドキュメンタリー作品ですので、扱われているのはヨーロッパの農業問題です。
ただ、遠いヨーロッパや南米の話とはいえ、日本も無関係ではありません。
食べ物は、廉価品も高級品も世界各国からやってきます。
生産国の経済状況や輸送手段や取り扱う企業の規模など、さまざまな要因があり、私たちの生活の中に遠い国々の食べ物があります。

でも、その食べ物の背景や生産国の人々のことを考える機会はあまり多くはありません。

輸出大国といわれながらその生産物を口にすることもできない国民、
人間であれば水無しでは生きられないのに、危険な水しか口にできない人々は、
本当に彼らの努力が足りないから、今の生活は当然なんでしょうか?
全世界の経済状況では120億人が養えるのに、地球上の8億4200万人が栄養失調状態(作品中の解説より)だというのは何故なんでしょうか?

私も以前は「人は努力次第でなんとかなる」と思っていました。
今でも、たいがいのことはそのとおりだと思います。
でも、どうにもならないこともあります。

生まれる国や時代は選べません。
そして、生まれながらの不遇や教育の不足から、不幸な生き方をしなければならない人々が生まれ、彼らは不満や無知からテロや犯罪に加担してしまう。そしてその被害は全世界に及びます。


せめて、人間としての最低ラインの安全や健康や教育の機会を得てもらうこと、それはいやらしい言い方かもしれませんが、地球上の全員の利益に繋がることなのではないでしょうか。
でも、そのために私ができることは何なのでしょう・・・

少し前までは、外国のコトといえばアメリカとヨーロッパの事だったように思います
それがあっという間にアジア・南米から中東の問題まで身近になりました。

遠い国々の問題、それも食べ物というトピックが、現代という時代を明確にする考えさせられる作品でした。


(サポーター・高橋)
東日本大震災から5年[2016年03月11日(Fri)]
みなさん、こんにちは。たかはしです。

今年も3月11日がやってきましたね。
みなさんの感覚では もう5年?まだ5年?

私はあの日、新国立美術館で絵画鑑賞をしていました。
会場に入り、作品リストを手に取ったその瞬間、揺れが襲ってきました。
パニック映画のワンシーンのようでした。

『ずいぶん大きな地震だな』とは感じたものの、そこは非日常の空間、その異常さには気が付きませんでした。
『どうせ電車もしばらく動かないだろう』と思い、余震が続く中、展覧会は堪能し、『さて帰ろう』となったときに「関東一円の電車が止まっている」と駅員さんから説明を受けました。

電車が動き出すのを待って、乃木坂から原宿、代々木、と歩いて移動。
新宿にあったテレビのモニターで津波が街を襲うところを見て、何が起こったかを知りました。

あの日私が、自分の目で見た新宿や中野のバス停の行列、一杯やってひと休みしようと居酒屋に入っていった前を歩いていた女性二人組、謝恩会帰りで袴姿で花束を抱え私に中野駅までの道を聞いた女子大生、休憩所を提供していた道路沿いの店舗など、ひとつひとつのシーンは鮮明に覚えているものの、それは遠い昔のような気もします。

無題.png
VOLUNTEERS 春号には、南三陸町を訪れた藤沢市の高校生のレポートが掲載されています。
当時はまだ子どもだった高校生たちにとって、『5年間』とはどのような時間なんでしょう?

そして、実際に南三陸町に立ち、そこに暮らしている人々の話を直接聞いた彼ら・彼女らは
何を感じて、どうこれからに活かしていくのでしょうか?

まだまだ、瓦礫が片付いていない地域もあると聞きます。
仮設住宅暮らしの方々もまだたくさんいらっしゃる。

復興が進まない状況に、苛立ちを感じる日もありますね。

そんな悲しい状況の中から、悲しみや恐怖に押しつぶされるのではなく、
使命感や未来への希望を見出したお二人のレポートを、ぜひお読み下さい。

(たかはし)



自己紹介★サポーター高橋[2016年03月10日(Thu)]
はじめまして。
このたびボランティアーズに参加させていただくことになった高橋と申します。
12825627_974791609270466_982187776_n.jpg

私は昨年の5月末に東京都品川区から辻堂に引っ越してきました。
なんで辻堂に転居したの?とよく聞かれるのですが
若いころから湘南の海の近くに住みたいなーとは、思っていたのですが、
今回、仕事を辞めるなどのチャンスが重なり、転居を決意しました。

とはいえ、辻堂になったのは「たまたま」なんです。
茅ヶ崎と辻堂でいい物件があれば、と探していたんですが・・・

実際に辻堂に住んでみて、辻堂は落ち着きがあって、広々としていて、大満足。
藤沢は地元愛にあふれる方がたくさんいらっしゃって、活き活きと活動されている。
そんな皆さんに触発されて、日々、元気をいただいています。

私も藤沢が地元です、と言えるようになりたい!
そんな思いからこのたび地域活動であるボランティアーズに入りました。

海外の映画・ドラマや絵を鑑賞が趣味です。
最近はイギリスの俳優が注目されていますよね。
私も数年前からイギリス人俳優には目をつけていたので、時代が私についてきたわ、とほくそ笑んでいます。
昨日は、ベネディクト・カンバーバッチとマーティン・フリーマン主演の
『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』を観てきました!

鑑賞日記なんかもブログに書いて行きたいのでお付き合いください。
仕事は今、探しているところですが、私はキャリアカウンセラーの資格を持っていまして、
これからは女性の就労支援などをやっていきたいな〜と思っています。
皆さんからも、お知恵を拝借したいので、どうぞよろしくお願いします。

高橋
VOLUNTEERS 2016年春号ができました。[2016年03月04日(Fri)]
こんにちは。初めてブログを書きます。たかはしです。

日に日に温かくなり、梅は満開、
もうすぐ桜の季節もやってきます。
毎年春になれば花が咲き出すってすごいことですよね。
美しいお花は心の栄養。
自然の贈り物をありがたく楽しみたいものです。

さて、VOLUNTEERS 2016年春号ができました。
20160304.png
http://npocafe.f-npon.jp/volunteers/

今号には女性の活動が二つ紹介されています。

一つは
「趣味や経験を活かして「何か」ができる場を作りたい」と
「ワークショップラボ湘南」を立ち上げた加藤葉子さん。

20160304katosan.png

これからは、
学校や職場、ご近所以外に自分の居場所があることがとても大切です。

新しい考え方を学べる場所、
普段とは違う自分、隠している自分を解放できるところ、
(ちょっと悲しいけど)何かから逃げたい時の避難場所、
そんな居場所をいくつも持っていることが、
どの世代のひとにも必要なこととなりました。

でも、そんな場所はどこでみつけたらいいの?
と思っている人も多いのではないでしょうか。
そんなとき、身近で開催されているワークショップがあれば、気軽に参加できますね。

最初は
「なじめるかしら?」「どんな人が来てるのかな?」って心配になるけれど
勇気を持って一歩を踏み出せば、そこには広い世界が待っています。
実は迎えるほうも「楽しかったかな?」「また来てくれるかな?」
なんて心配してたりもするんですよね。

そこはお互い様。
楽しい時間や知識を共有して、
みんなが助け合える世の中になれば素敵ですね。



もう一つは、
「子どもたちが自分の食物アレルギーについて周りの人に伝えられる」カードを制作・普及している(N)ALサインプロジェクトの皆さん。

20160304alsign.png

食物アレルギーは、
誤食・誤飲があれば重大なことにつながってしまう怖いもの。
しかし、小さい子どもにアレルゲンを文字で説明する、させるのは難しい。
絵であれば理解もしやすいですね。

また、海外でも使える英語ツールの開発も考えていらっしゃるとのこと。
たしかに、食物アレルギーがある場合、海外に行くのは不安です。
でも、希望を持っている人が広い世界に羽ばたいていくのを諦めて欲しくない。
これから、たくさんの人がそのツールに助けられるだろうな、と思いませんか?


こんな風に、身の回りの問題意識からこつこつと活動を重ねている女性達。
その活動がたくさんのひとを助けていくのでしょう。
私はそんな皆さんを心の底から応援したいな、と思いました。

(たかはし)
取材に行ってきました!〜NPO法人市民農園を拡げる会〜[2015年05月17日(Sun)]
こんにちは、学生スタッフの小山です。

先日、NPO法人市民農園を拡げる会さんへ取材に行ってきました。
取材当日は雲ひとつないお天気!
そんな気持ちの良いお天気の中、代表の岩田さんに農園を案内していただきました。

★_DSC0303.JPG

初めて農園に行ったのですが、その広さにびっくり! また、育てている野菜の種類も様々で、色々なお野菜を見せてもらうことができました。

★_DSC0276 - コピー.JPG

★_DSC0291 - コピー.JPG

★_DSC0304 - コピー.JPG

取材当日は、8名のスタッフさんがおそろいのユニフォームを着用して活動されていて、みなさん楽しそうに農業に精を出す姿が印象的でした。

★_DSC0289 - コピー.JPG

最後には取材の記念に写真撮影も(^^)

★DSC_2416~2.jpg

取材の様子は7月1日発行予定のVOLUNTEERS夏号に掲載予定ですので、ぜひチェックしてみてくださいね!
(学生スタッフ・こやま)
「シネコヤ」へ行ってきました![2015年05月02日(Sat)]
鵠沼の住宅街にひっそり佇むIVY HOUSEというコミュニティスペースで、
毎月4日間だけ「シネコヤ」主催の上映会が開かれています。
_DSC6624.JPG

_DSC6672.JPG

ボランティアも募集中ということで、代表の竹中さんにいろいろとインタビューしてまいりました!
_DSC6676.JPG

その様子は7月1日発行のVOLUNTEERS2015夏号にて!

(職員・宮本)
一緒に情報誌を作りませんか?〜インターンの募集を開始します!〜[2015年05月02日(Sat)]
ボランティア情報誌VOLUNTEERS( http://npocafe.f-npon.jp/volunteers/ )の企画・制作について、インターン(有償)の受入を開始します!

こんな人を募集
・神奈川県内に在住or在学の学生(高校生・専門学校生・大学生・大学院生)
・情報誌制作に興味のある方
・Eメール・LINEなどWEB上でのコミュニケーションに難がない方
・製作期間繁忙期(8−10月前半、12−1月)に、
 週10時間程度活動できる方(テスト時期などは応相談)
★↓あればなお良し↓★
・Excel、PowerPoint等PCスキルのある方、又は身につけたい方
・Adobe社のIllustrator、InDesignを扱える方、又は身につけたい方
・文章を書くことが苦手ではない方
・細かい作業が苦にならない方
・アイディア豊富な方

条件
・活動期間:2015年6月〜2016年1月
・活動奨励金最大8万円支給!

活動内容
・誌面の企画
・市民活動推進センターに集まるボランティア情報の収集と整理
・制作実務(アポとり・取材・記事執筆・写真撮影・デザイン等のうち、従事可能な部分)
・発送実務(冊子の配送準備、店舗・駅等への配布、配布先開拓など)
・学生ボランティアメンバーへの連絡調整
・情報誌制作の進捗管理

応募するには
下記URLより、「地域でつながるワカモノ×NPOインターンシッププログラム」にエントリーして下さい!
当団体以外にも約30の団体がインターンをお待ちしています!
http://f-npon.jp/270
「VOLUNTEERS 2015春号」できました![2015年03月01日(Sun)]
こんにちは!VOLUNTEERS編集部のみやもとです。
ついに!
通算13号目となる、
ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
VOLUNTEERS 2015春号が完成しました!
ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

ew2015spring_cover.jpg

PDFバージョンはコチラから!

今回も、センターに集まった38のボランティア募集情報を掲載。
そして、3月発行ということもあり、東日本大震災を振り返り、
「いまできること」を改めて考えるという特集を組みました。

22.png

他にも、藤沢をより良くする「かっこいいNPO」のご紹介・第1弾として、
NPO法人青少年サポート協会「森の仔じゆうがっこう」さんを紹介。
他にもインタビューやコラムなど盛りだくさんの内容です!

市内公共施設やセブンイレブン、駅、
そしてもちろん藤沢市市民活動推進センター湘南台市民活動プラザにもおいています。
ぜひ、手に取ってご覧くださいね。
WEBからもご覧いただけますのでぜひ^^

--------VOLUNTEERS2015春号-------

■Side【A】
・あなたを変える出会いが、ここにある
 ボランティア募集情報全38件
   ― PICK UP 1 NPO法人湘南にドッグランを作る会
   ― PICK UP 2 湘南の散歩道をきれいにする会
・VOLUNTEERS SPECIAL INTERVIEW
   ― Team Aid for Japan 〜 しょうなん茅ヶ崎災害ボランティア 久我真さん
   ― 藤沢地区BBS会 山本義光さん
・求!VOLUNTEERS SUPPORT!
・ボランティア相談のお申込み方法

■Side【B】
特集
・東日本大震災から4年 あの日から ―止まったままの時間、進みゆく時間―
・「なんとかしたい」をカタチにするNPOがカッコイイ

----------------------------------------

(スタッフ・宮本)
| 次へ
検索
検索語句
プロフィール

藤沢市民活動推進機構さんの画像
藤沢市民活動推進機構
プロフィール
ブログ