CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年10月 | Main | 2018年12月»
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
日別アーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
最新トラックバック
11月28日(水)ジビエ試食&商談会 [2018年11月28日(Wed)]
こんにちは。
研修生の岩田です。

11月28日(水)、名古屋観光ホテル(名古屋市中区)の1Fレストラン「エスコフィエ」にて、
全日本司厨士協会東海地方本部主催の「ジビエ試食&商談会」に参加してきました!!
約40名の方にご参加いただきました。

事業の内容としては、若手の料理人さんやお店の経営者の方にジビエについて知ってもらい、実際にお店の料理としてジビエを使っていただくことです。
まずは、ジビエ普及の支援をしているボランタリーネイバーズや愛知県農林水産部農業振興課の職員の方から、「そもそもジビエとは?」や愛知県のジビエ消費拡大事業について説明を受けました。
その後、「エスコフィエ」のシェフによるジビエを使ったコース料理が振る舞われ、
最後に、「猪鹿工房 山恵」からジビエ商品紹介がありました。
(山恵リンク:http://inosisi-yamakei.com/
1 219.JPG
そもそもジビエとは、狩りで捕獲したイノシシや鹿などの野生動物ことで、これらを用いた料理をジビエ料理といいます。
イノシシや鹿は栄養価が高く、健康的な食べ物です。
より多くの方にジビエを食べていただくために、直接ご家庭でジビエを食すのはハードルが高いと思うので、多くのお店でジビエ料理が食べられる機会が増えることが大切だと思いました!

ジビエのコース料理は、非常に美味しそうでした。(私は皆様が食べているのを眺めているだけ・・・)
ジビエ料理を食べてみたい方は、12月15日までジビエフェア(リンク:http://www.aichi-gibier.com/
が開催中ですので、是非行ってみてください。
1 215.JPG
情報発信チーム 岩田
11月21日(水)第2回夢ファンド部会 [2018年11月26日(Mon)]
こんにちは。
研修生の奥田です。

11月21日(水)13時半から、刈谷市役所にて第2回夢ファンド部会に参加させていただきました。

参加者は地域団体、教育機関等、市民、NPO法人からなる夢ファンド部会員7名、刈谷市5名、当法人より3名の計15名が出席でした。かりや夢ファンドとは、刈谷市民が刈谷のまちをよりよくしていくことを、自ら自主的に行う活動の誕生・発展を応援し、市民主体で解決する力を育んでいくことを目的として行われています。募集区分は、NPO法人設立支援事業、まちづくり活動支援事業、まちづくりびと支援事業があり、意欲ある団体からたくさんの応募がありました。
今回は公開審査会(12/15(土))に向けて申請応募団体の事業内容やプレゼン順についての話し合い及び当日の流れや審査についての説明がありました。活発な意見も出ており、事前に話し合うことで細かいチェックまででき、当日の流れや修正点がみえるのでとても大切な時間だと感じました。

DSC05127.JPG

また、この制度は、市民・事業者・行政など様々な人達が活動を応援しています。刈谷のまちをよりよくしていけるようこれから頑張って行ってください!

以上報告でした。

情報発信チーム 奥田

11月20日(火)大口町 NPO支援事業&愛知県産ジビエ [2018年11月26日(Mon)]
こんにちは。
研修生の奥田です。

11月20日(火)、10時頃から、大口町にてNPO事務支援事業(対象:大口町NPO団体(大口町で継続してまちづくり(NPO)活動を行っている団体) 相談内容:NPOの会計・労務・法人成立などを行う事業です。)として大口町さんと中尾さゆりさんと共に3団体の方にお会いしました。

主に会計ソフトの確認というかたちで、法律や税金のチェック、徐々に回数を少なくすることで支援していこうというものでした。この機会に他の相談ごともあり、どのようにしたらよりよいかなどのアドバイスをされていました。今回会計用語など耳慣れない言葉がたくさんありましたが、どの数字が合わなくてはいけない、未収金、未払金、預かり金の関係などを知ることができ、とても勉強になりました。また、町への登録など支援制度やサポートが手厚くとても充実していると感じました。委託を受けている団体も受けていない団体も手厚く相談できる環境にありました。そして、皆さんの表情がとても輝いていました!

基調な体験をさせていただき、ありがとうございました。


大口町からの帰りに今名古屋駅周辺で開催されている愛知県産ジビエとボジョレーヌーボーのコラボ(リンク:http://www.aichi-gibier.com/)に行って来ました。鹿ハムと猪ハムのピンチョスをチョイス!食べ比べてきました。どちらも食べやすく硬さや臭み等は一切なかったです。とても美味しくいただくことができました!12月15日まで愛知県産ジビエフェアをいくつかの店舗でやっているのでお近くに寄られた際はぜひ食べてみてくださいね!

1542701640490.jpg

情報発信チーム 奥田
11月17日(土)「第6回つながりたい! 相手へのアプローチの仕方を考える」開催 [2018年11月21日(Wed)]
こんにちは。
研修生の奥田です。

11月17日(土)、13時半から、刈谷市民ボランティア活動センターにて「第6回つながりたい! 相手へのアプローチの仕方を考える」が開催され、私もスタッフの一員として参加させていただきました。こちらの講座は、市民のまちづくりコーディネーターを育成する「つなぎの学び舎実践編」となる連続講座です。

今回講師として特定非営利活動法人ぼらみみより情報局 織田 元樹(おだ もとき)代表よりご講義いただきました。
つながりたい!相手へのアプローチの仕方を考えるという題目で広報とはどういうものなのか。相手や活動の目的などを明確にし、アプローチしていくことが大切である。繰り返すことで継続は力となり、人を巻き込むことで結果的に早く広範囲へ伝わっていくという内容でお話されていました。私は、今回初めて参加させていただきましたが、初めてでも分かり易い内容であり、とても勉強になりました。また、受講生の企画への呼びかけ方について一人一人にアドバイスをいただき、更に発展したい人もヒントが得られました。誰が聞いても勉強になる講義だったと思います。私もこれからの生活に活かしていけるようにしたいと思いました。

IMG_8425.JPG

講座は続きますが、これまでの講義を活かしこれからも頑張って行って下さい!

基調な体験をさせていただき、ありがとうございました。

情報発信チーム 奥田
【1/14(月・祝)午後@ウインクあいち】『評価』を活かした 組織づくりを考えよう 非営利組織のための『グッドガバナンス認証」制度説明会 [2018年11月20日(Tue)]
『評価』を活かした 組織づくりを考えよう 非営利組織のための『グッドガバナンス認証」制度説明会

自己評価を通じて自団体の 運営状況を知り、組織基盤の 強化に活用したい
委託事業や寄付金など資金の 獲得にむけた、信頼性の証しにしたい

日 時:2019年1月14日(月祝) 14:00~16:00
会 場:ウインクあいち・会議室 1007(名古屋市中村区名駅4丁目4-38)
対 象:NPO法人、一般社団法人、一般財団法人の方、行政、市民活動センター、NPOの支援機関、専門家、企業CSR、プロボノ等の支援者の方
参加費:無料
定 員:40名
内 容:
「評価する」
認証制度の概要について、これまで 行われてきた評価の制度との違いをふまえて、評価が求められる背景と現状をご説明します。

「評価を受ける」
実際に申請を経験した団体から、
申請に至った経緯や評価が役に 立ったこと、申請時のご苦労も交えてご紹介いただきます。

「評価を後押しする」
自己評価の結果をうけて、自団体だ けでは克服できなかったことが、専門家の支援により改善につながった事例、評価員の活動をご紹介します。

グッドガバナンス 認証は 「非営利組織の信頼の証「ベーシック評価」「アドバンス評価」の
2種類の評価基準を満たし、認証さ れた団体に認証マークが付与されます。

講 師:山田泰久氏(一財)非営利組織評価センター業務執行理事
事例講師(評価実践者)
NPO法人MOVE理事岩原吉治さん/2017年ベーシック評価
NPO法人フロンティア西尾 副理事長兼 愛知こどもの国 所長 小野田一男さん/2017年ベーシック評価

申込方法
下記のフォームに必要事項を記載して送信してください。
https://goo.gl/forms/1CwwOCYHoZeVyr963

もしくは、所属、参加者名、電話/E-mail をご記入の上、下記までお申込みください。

申込問合せ
特定非営利活動法人ボランリーネイバーズ(担当:中尾・遠山)
電話:052-979-6446  FAX:052-979-6448
Email: vns@vns.or.jp

※申込締切 1/9(水)または、定員になり次第締め切ります

主催
NPO法人ボランリーネイバーズ
一般財団法人非営利組織評価センター(JCNE)

協力
一般財団法人中部圏地域創造ファンド
190114_hierisoshikihyoka.jpg
11月16日(金)NPO法人が知っておきたい税のしくみ [2018年11月19日(Mon)]
こんにちは。
研修生の伊藤です。

11月16日(金)、14時から、名古屋市市民活動推進センターにてNPO法人に向けた講座が開催され、私もオブザーバーとして参加させていただきました!講師として税理士の橋本俊也様にお越しいただき、15名の受講者に向けてご講義いただきました。

20181116(1).JPG


今回の講座のテーマは「NPO法人が知っておきたい税のしくみ」。
NPO法人の特徴的な税務全般について説明いただき、収益事業の考え方(法人税の納税義務)、源泉徴収票・支払調書の作成やマイナンバーなど、多くの団体に関わる税務の手続きを学びました。

まずは、税金を納める方法とNPO法人における給与や報酬の支払いに伴う税金(所得税)について教えていただきました。
理事や職員等の方に給与や退職金を支払う場合だけではなく、講演を依頼した税理士の報酬・料金・講演料を支払う場合には、源泉徴収義務者として、支払いの際に、所定の所得税を源泉徴収して納付する必要があるとのことでした。講師の方に講演料を払うにも税金がかかるんですね。

次に、収益事業を行ったときの税金について。
NPOを運営していく上で、その活動が収益事業に該当すれば法人税がかかります。収益事業かどうかは
@政令で定める事業(34事業)
A継続して行われるもの
B事業場を設けて行われるもの
の3要件で決まっています。講師の方も、この3要件について繰り返しで説明していたので、とても印象に残りました。
収益事業の対象とならない事業としては
@無償の事業
A障害者等を1/2以上雇用している事業(法人税法施行令5条2項)
B実費弁済で行う事業
C事業廃止や相当期間保有していた固定資産の処分損益(法人税法基本通達15-2-10)
の4要件がありました。

講義中に適宜質問があり、個人的に気になった質問を記載します。
Q。収益事業の対象外事業とされる障害者等を1/2以上雇用してますが、年度の途中に1人辞めてしまい、1/2以上の要件を満たさなくなります。この場合は、収益事業の対象として扱われてしまうのでしょうか。
A.一時的なら仕方ないと思われます。今後のこの状態が続くのではあれば、収益事業として扱われるかもしれません。(法人税法施行令5条2項)

収益事業として扱われる事業要件は決まっていますが、現状に応じてどう判断していくかは相談してみないと、なかなか分からないという印象でした。

20181116(2).JPG

私はこれまで、NPO法人と税金とは無関係なものだと思っていたのですが、NPO法人が多数設立されて、社会的にも重要な立場になっていく中で、無知ではいられないと感じました。
また、講演が終わった後も、参加者の方が個別に質問されており、講師の方が真摯に回答し、納得して帰られる光景を見て、専門家が相談にのる機会を設けられるのは素晴らしいことだと感じました。

貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました!

情報発信チーム 伊藤
11月12日(月) あいちモリコロ基金終了フォーラム [2018年11月16日(Fri)]
こんにちは。
研修生の伊藤です。

11月12日(月)、18時半から、ウインクあいちにて「あいちモリコロ基金終了記念フォーラム」が開催され、私もスタッフの一員として参加させていただきました!主催者含め150名の方に会場へお越しいただきました!

さて、改めて紹介させていただきますが、あいちモリコロ基金は、愛・地球博の剰余金を原資に2007年に創設され、中部地方における市民の社会貢献活動を支援し、1603事業、10.8億円の助成が行われてきました。フォーラムでは、これまでの10年間の成果を評価し、これからの市民活動への支援を考えていきます。
IMG_8356.JPG

本フォーラムは、あいちモリコロ基金運営委員会委員長の藤田氏のご挨拶で開会し、基金の成果をあいちモリコロ基金運営委員会副委員長の後藤氏に説明していただきました。パネル討論はパネリストの方に各テーマを討論・分析していただき、モリコロ基金への評価をしていただきました。

私個人としては、今後、モリコロ基金の成果・課題を活かした助成制度が設立されたら良いなと思いました!
また、モリコロ基金の助成を受けた団体さんが活動を継続し、さらなる広がりをもって成長していけるように応援していきたいです。

貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました!

情報発信チーム 伊藤
11/15‐@チカマチラウンジジビエフェア開催(愛知産ジビエとボジョレーヌーヴォーのコラボ) [2018年11月13日(Tue)]
11月15日(木)〜名駅のチカマチラウンジでジビエフェアが開催されます。
https://www.chikamachi.com/topics/gibie_nouveau2018/

ボランタリーネイバーズは(社)愛知ジビエ振興協議会設立準備委員会の事務局を担っていえるということでご案内させていただきます。
ホームページはこちらhttp://www.aichi-gibier.com/

◆愛知産ジビエ&ヌーヴォーフェア 

 日時:11月15日(木)〜12月15日(土) *ランチ&ディナータイム
 会場:チカマチラウンジ(クロスコートタワーB1;名古屋市中村区名駅4-4-10)6店舗と
    周辺(地上;名駅4-10-22 琥珀ビル2F)の1店舗(ZENZERO)、計7店舗にて。
 主催:愛知県/
 共催:「(社)愛知ジビエ振興協議会」設立準備委員会 

店舗&メニュー紹介

●Beer Bar Ma Maison(ビアバル・マメゾン)
鹿ハムと猪ハムのピンチョス 530円(税別)
猪の一口水餃子 290円(税別)

●Cafè&Bar il Bamboccio
猪のスペアリブの窯焼き&グリル 2,200円(税別)

●和食 竜むら
足助産猪鍋:1人前 1,400円(税別)
※足助産猪鍋は、2人前からのご注文受付となります

●天ぷら酒場 NAKASHO
鹿ロースの天ぷら 1,000円(税別)

●小料理酒場 板バ酒バ魚
日本酒の猪しゃぶ:1人前〜 1,300円(税別)
※お肉・野菜 追加注文可

●海鮮料理 まるは食堂
猪肉と野菜スティック タルタルソース添え 600円(税込)

以上6店舗は、チカマチラウンジ内。
以下の1店舗は、地上に出て。

●伊太利食房ZenZero
「奥三河産鹿肉のローストバルサミコ醤油ソース 1580円
「奥三河産燻製鹿肉のタリアータ」 1000円


◆(社)愛知ジビエ振興協議会設立準備委員会のホームページはこちら
http://www.aichi-gibier.com/

・NPO法人ボランタリーネイバーズは、準備委員会事務局です。
【NPO訪問記】あいちかすがいっこさん [2018年11月06日(Tue)]
こんにちは。
研修生の筧です。

11月6日、
「NPO法人あいちかすがいっこ」さんを訪ね、お話を伺ってきました!!

「あいち防災プロジェクト」という子供を守るママたちのネットワークづくり事業について詳しくお伺いしました。

活動の内容だけではなく、
『活動をした結果、どのような形で広がっているのか』
を聞くことでき、とても貴重な体験になりました。

自分が一番印象に残ったことは、事業を生活に落とし込んで考えるということです。

『防災というと地球や科学的規模の話になり、現実味が薄れてしまうことも少なくないと思います。
しかし、「地震が起きた時に、子供はこういうケガするんだ。」と考えることで、
身近な問題として感じることができますし、みんな同じ方向を向いて活動ができる。』

ママ目線で身近に思えるからこそSNS等でも広がっていくのだと思います!

また、子供を基準に考えることで、
防災イベントを家族行事として考えることができるというのも印象的でした。

防災に意識をもつママさんたちの輪が今後も広がっていくといいなと思います!

今回はママ目線の貴重なお話を聞かせて頂きありがとうございました!

※「あいち防災プロジェクト」の詳細についてはこちらになります!

情報発信チーム 筧
11月2日 刈谷市 共存・協働のまちづくり推進委員会(第1回) [2018年11月05日(Mon)]
こんにちは。
研修生の梶野です。

11月2日に、刈谷市役所にて開催されました
"第1回 刈谷市 共存・協働のまちづくり推進委員会“に参加させていただきました。

内容は、共存・協働のまちづくりを支援する6つの重点課題のうち、
1:人材育成 にあたるコーディネーター部会について
4:財政支援 にあたる夢ファンド部会について        の2本立てです。

本日は今年度第1回目の委員会ということで、まず新しい委員さんの紹介がされた後、各部会での協議の報告と検討事項の話し合いが行われました。主な検討事項は、まちづくりコーディネーターの新たな活動についてと夢ファンド補助金の申請についてです。

委員会長である名城大学 昇秀樹教授の議事進行のもと、委員の皆さんがそれぞれの立場からより良いまちづくりの為に熱い意見交換を行っている姿が印象的でした。
181102_第1回推進委員会 (1).JPG

今回議題にあがっていた「まちづくりコーディネーター」とは、刈谷の市民誰もがいきいきと輝いて暮らせるまちにしていくためのお世話役として独自に位置づけられているものです。まちづくりのための市民活動のなかで何か課題が生じた際、現場に来て一緒に考えてくれる強力な助っ人が既に何人も市にいらっしゃるということに驚きました。そんなまちづくりコーディネーターが検討を経てどのように活躍の場を広げていくのか、大変興味深いです。


委員会の後は、お隣にある刈谷市 市民ボランティア活動センターにお邪魔しました。

ボランティア活動のための場としても、相談できる場としても、情報のやりとりの場としても便利であり、『まさにコンビニだなぁ』と納得の施設です。夢ファンドの紹介コーナーと寄付金箱も見つけました。

181102かりやボラセン ファンドの紹介 (2).JPG

個人的には、情報スペースのロッカーや団体活動ファイルからいくつかの個性的な活動を発見できたことが楽しかったです。自分が普段働いている市町ではどんな団体さんがどんな活動をしているのか、改めて知りたくなりました。所属に戻ったらさっそく調べてみようと思います!


以上、報告でした。

情報発信チーム 梶野