CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 事務局日誌 | Main | 押入れの宝箱»
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
日別アーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
最新トラックバック
7月19日(金)「ファンドレイジングってなに?〜NPOの活動資金づくりの考え方〜」に参加しました! [2019年07月22日(Mon)]
こんにちは。研修生の泉と丹羽です。

 本日、名古屋市市民活動推進センターにて「名古屋NPOアドバイザー講座」が開催されました!
 主催は名古屋市さんで、私たちボランタリーネイバーズが委託を受けて実施しております。今回開催された講座の概要については以下のとおりです。

【名古屋市NPOアドバイザー講座】
テーマ:ファンドレイジングってなに?〜NPO活動資金づくりの考え方〜
講 師:水野 真由美さん(特定非営利活動法人ボラみみより情報局理事)
日 時:2019年7月19日(金)10:00〜12:00
場 所:名古屋市市民活動推進センター集会室
参加者:8名

190719ファンドレイジングってなに (5)m.jpg
講義の様子

 講義に入る前に、ウォーミングアップとして受講者同士で「今の活動を通してハッピーだったことや良かったなと思った経験」を1分程度で紹介していただきました。他の受講者がどんな活動をしているのか知ることができ、講義に入る前に受講者同士でコミュニケーションがとれるとても良い時間となりました。
 このウォーミングアップに参加する前までは、団体のお名前だけで実際にはどんな活動をされているかイメージができておりませんでしたが、実際に活動されている方のお話を聞くことで、具体的な活動を聞くことができました。また、今の活動を通して良かったなと思った経験を聞き、活動の目的を果たすことができたという経験が次の活動へつながっていくのだと感じました。

 講師の水野先生からは、まず講義の前半では市民活動の資金についてご講義いただきました。
 市民活動の資金には事業収入、助成金、補助金、業務委託、会費、寄付金などがあり、後者になるほど高い共感度が必要になるということでした。助成金や補助金などは継続期間が決まっているため、会費や寄付金を増やしていくことは必要になります。事業収入に比べ、会費や寄付金は自らの努力で増やすことができるものではありますが、団体の活動が見えづらかったりするなど、複雑な場合では会費や寄付金を増やすことはなかなか難しいです。

 講義の後半では、それぞれの団体の状況整理についてご講義いただきました。
 団体の目的は何か、どんな活動をしているか、何に困っているか、その困りごとを解決するために取り組みたいことなどを、ワークシートを用いて受講者がそれぞれの自団体について整理をしました。その中で水野先生からは、団体のミッションを実現していくにあたり、まず身近な目標を立てることが大切といったお話がありました。近い目標を達成していくことで、団体のミッション実現につながるとのことで、これは資金の運営に限らず何事にも活かせる考え方だと感じました。

190719ファンドレイジングってなに (14).JPG

ワークシート記入時の様子

 講義の中で最も印象に残っているのは、講師の水野先生が「伝えることの重要性」を強調されていたことです。水野先生から、講義のまとめとして「資金づくりは仲間づくり」というお言葉をいただきましたが、仲間づくりには、自団体について多くの方に理解・賛同してもらう必要があり、そのためには、やはり「伝える力」が重要だと感じました。(泉)
 私は初めてこのような講義に参加して、業務委託や寄付金があり簡単に運営ができると思っていましたが、NPO法人の資金運営は非常に難しいということを感じました。まず自団体を見つめ直し、仲間づくりから始めていくことで団体のミッション実現につながっていくと分かり、とても良い機会になりました。(丹羽)

 以上、ご報告でした。


情報発信チーム 泉、丹羽
7/13(土)「2019年度東海自治体学会研究会」に参加してきました! [2019年07月16日(Tue)]
 こんにちは。研修生の加藤です。

 7月13日(土)の13時30分からウインクあいちにて、東海自治体学会主催の2019年度東海自治体学会研究会が行われました。ボランタリーネイバーズも事務局として委託されており、今回私も参加させていただきました。

 公益財団法人地方自治総合研究所の主任研究員である今井照さんを迎え、『2040年の自治体に向けて〜自治体戦略2040構想研究会報告を踏まえて〜』というテーマで、自治体職員や議員など24名の参加者に向けて講演をしていただきました。
DSC06068.JPG
 日本は、子供があまり産まれず人口に対する高齢者の割合が高くなる少子高齢化社会となりました。このまま少子高齢化社会が進むと、人口が減少していき、人口に対する高齢者の割合は2040年頃にピークを迎え、多くの問題が発生すると予想されます。こうした問題へ対処すべく総務省内に発足した自治体戦略2040構想研究会が、平成30年に自治体戦略2040構想研究会報告を発表しました。
 このことを踏まえ、今井さんからは、2040年に自治体がどう変わるかそしてどう変わらないかということが、地域での人口減少の実態や「自治体戦略2040構想」の問題点、「地方分権」の現状といった観点から話がありました。
 講演の後は、名城大学都市情報学部教授で東海自治体学会顧問である昇秀樹さんと今井さんの対談が行われ、「20年前にあった地方分権の熱がなぜ冷めてしまったのか」についてなどが語られ、対談後は参加者との意見交換が行われました。
DSC06073.JPG
 講演の中で私が最も印象に残っているのは、人口が何人になっても住人の生命や安全を確保し、暮らしを維持可能にすることが自治体の使命であるという話です。労働人口が減少すれば、人手不足を補うためにAIが必要になる、などとついつい事務処理のことばかり考えてしまいますが、どういった状態になろうと根本的な使命は変わらないのだということを再認識させられました。

 今回の私の報告では書ききれないことがたくさんありましたので、2040年の自治体がどう変わるかということに興味のある方は、今回講演をしてくださった今井照さんの著書2040年 自治体の未来はこう変わる!が、学陽書房から出版されておりますので、ぜひご覧いただければと思います。

 以上、ご報告でした。

情報発信チーム 加藤
7/11「NPO法人運営(NPO法・会計・税務・労務)」講座を開催しました! [2019年07月11日(Thu)]
本日、名古屋市市民活動推進センターにて「名古屋NPOアドバイザー講座」が開催されました!
主催は名古屋市さんで、私たちボランタリーネイバーズが委託を受けて実施しております。今回開催された講座の概要については以下のとおりです。

【名古屋市NPOアドバイザー講座】
テーマ:NPO法人運営(NPO法・会計・税務・労務)
講 師:橋本俊也さん(税理士)
日 時:2019年7月11日(木)13:00〜15:00
場 所:名古屋市市民活動推進センター 集会室
参加者:11名

DSC06060.JPG

講師の橋本先生からは、まず講義の前半でNPO法人を設立する際に知っておくべきNPO法の条文やその内容についてご講義をいただきました。中でも、NPO法人の役員の定数や「監事」と呼ばれる役員の職務、法人が情報公開すべき書類の内容などについてNPO法で明記されているため、NPO法人を運営して際は多くの遵守すべき事項があるんだということが一番印象に残りました。

講義後半では、経理業務などのより実務に沿った内容について、「NPO法人のための業務チェックリスト」という冊子を用いながら組織を運営していく中での注意点について分かりやすく説明をしていただきました。法律の条文に目を通すだけでは中々イメージしづらい内容についても、チェックリストのようにひと目見て要点が分かるものがあれば、法人の運営に携わる方々にとって非常に助かるツールになるのではないかと感じました。

講義終了後は参加者の方が橋本先生に講義中に感じた疑問点について個別に質問されている姿もあり、とても有意義な講座になったのではないかと思います。

私自身も初めてこのような講座に参加をして、NPO法人の組織運営には想像以上に多くの業務があり、法律から会計分野に関することなど幅広い知識が必要だということを学ぶことができたので、とても良い経験になりました!
ドデスカ勉強会「学会から見たNPOって、ドデスカ?」 [2019年06月26日(Wed)]
踊り場感のある今日の日本のNPO。その現状や今後のあり方を「日本NPO学会」の参加報告を元に考えました。今日の話題提供者は、東大手の会の青木研輔さん(もう一人の学会参加者、中尾さんはネット参加)。7つの分科会等の報告の後、参加者で深めたいテーマを投票し、「NPO支援センターの再定義と新たな役割」について議論しました。愛知県内の支援センターでも、地域に出る=アウトリーチ型支援が論点になっていますが、市民公益活動の形態は多様化している。その上で、地域で多様な主体に出会い支援したことの「成果をどう説明できるか」等を意見交換しました。
dodenpo.jpg
SDGs時代の地域まちづくりと都市マネジメントへ [2019年06月13日(Thu)]
「あいちまちづくりシンポジウム」で村山顕人・東大教授の講演を聞いてきました。話の流れは・・・
1)SDGsという世界共通の目標
2)マルチスケールの空間計画体系と地区スケールでのイノベーション
3)都市のマスタープランとコンパクトシティへの警鐘
4)コンパクトシティ・プラス・ネットワークの様々なカタチ
5)エコな地区をつくる
6)都市・地域とイノベーション

pacchi.jpg従来の枠組みの「コンパクトシティ」では、拡散した現代の生活域を適正に捉え、質を高めることはできない。対して、地区・街区郡が持つ機能を把握して、エリア毎にマッチングし、或いは、ネットワークを構築して、パッチワークのように全体適正が図るボトムアップの手法が紹介されました(@デトロイト)。
また、ミルベールで、「社会的公正」「モビリティ」「水」「食料」「エネルギー」「大気」を指標として、持続的な都市再生に取り組む事例(屋上菜園)も興味深かったです。
都市空間に関わるNPOの役割、見出していかないと・・・ですね。
NPO法人会計基準協議会・総会・拡大世話団体会 [2019年06月13日(Thu)]
NPO法人会計基準協議会・総会・拡大世話団体会

日時:2019年6月13日(木)13:30〜17:00
場所:文京シビックホール3階会議室1

ボランタリーネイバーズはNPO法人会計基準協議会の幹事世話団体をしています。
今回は2018年度の事業報告、決算、2019年度の事業計画、予算など。

また、前年度に苦労して作った「NPO法人会計サポート虎の巻」のご紹介も。
虎の巻では、会計知識だけでは、NPO現場経験だけではやりきれないNPO会計支援のノウハウをできる限り掲載。今後、NPO会計支援に携わる方にはご一読いただきたい内容。ちなみに冊子のデザインは、モリコロ基金の報告書や名古屋市のNPOアドバイザーのチラシもお願いしているデザイナーさんに依頼しました。全国デビューです。

議論の中では、NPO会計支援の導入での「見立て」の重要性について、生活困窮者支援や電話相談などのファーストコンタクトと対比しながら議論されていたのが勉強になりました。

7E60E18D-19F4-4985-BB11-1D2BD8BC2801.jpeg
6/12「はじめてのNPO運営(ヒト・モノ・カネの活かし方)」講座開催しました! [2019年06月12日(Wed)]
【名古屋市NPOアドバイザー講座】
はじめてのNPO運営(ヒト・モノ・カネの活かし方)
講師:織田元樹さん(ボラみみより情報局代表理事)

日時:2019年6月12日(水)15:00〜17:00
場所:名古屋市市民活動推進センター 集会室
参加者:7名

NPOの運営には「ヒト・モノ・カネ」の順で大切です
紹介された3つのテーマに関する数々のトピックス・事例から一部をご紹介します

●ヒト
・ネットワークを広げる
例)NPOにまつわる関係機関は多数。関係構築がこれからの活動の要になる。
ボランティア情報掲載サイト
【なごや★ぼらんぽナビ】(名古屋市による運営)
http://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/dt_bo_kirikae.php
【あいちNPO交流プラザ】(愛知県による運営)
https://www.aichi-npo.jp/
【愛知県社会福祉協議会ボランティアセンター】
http://aichivc.jp/

●モノ
例)名古屋市イーパーツリユースPC寄贈プログラム
名古屋市で活動する団体を対象としたリユースPCの寄贈プログラム。(下記は終了分ですが、今年度も実施予定とのことです。)
http://www.eparts-jp.org/program/2018/08/nagoya-7h.html

※全国を対象に、周辺機器等の寄贈プログラムもあります【NPO法人イーパーツ】
http://www.eparts-jp.org/program/index.html

●カネ
例)ボラみみではボランティア史の発行のためクラウドファンディングに取り組み
1月で100万円を集めることに成功!
※クラウドファンディングを中心的に担った水野真由美さんによる「ファンドレイジング講座」にて詳細をご紹介する予定です。
(日程など詳細は、下記ご参照ください)


190612hajimetenoNPOunei.jpg

会場は、五角形ならぬ「ホームベース型」
質問をしやすい雰囲気をつくってくださった参加者のみなさんにも感謝です。
グループ相談会もいいですね

今回は、NPO運営の「基礎」について、網羅的にお話をいただきました。
これからもアドバイザー事業・講座はつづきます。
可能な日程・関心のあるテーマでご参加ください!

★「雇用」する前に・した後に 専門家による法令チェックがおすすめ 
労務相談会/加古朗社労士
6/19(水)@10:00〜11:00 A11:30〜12:30

■「ヒト」に関して深めるなら
「一緒に活動する仲間づくり そんなことまでボラさんに任せていいんですか!?」
代表理事の労務管理をボランティアの方が担っているボラみみさんのマネジメントから
組織づくりについて考えてみませんか?
6/27(木)13:00〜15:00
織田元樹さん(ボラみみより情報局代表理事)

■「カネ」に関して深めるなら
「ファンドレイジングってなに?NPOの活動資金づくりの考え方」
7/19(金)10:00〜12:00 
水野真由美さん(ボラみみより情報局NPOアドバイザー)

■NPO法人運営の基礎を網羅的に解説
「NPO法人運営(NPO法・会計・税務・労務)」
7/11(木)13:00〜15:00
橋本俊也税理士

★相談/申込・問い合わせ詳細はこちら
http://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/npoinfo/2019ad2.html
※予約制。先着順のため先約のある時間帯もございます。

■講座/申込・問い合わせ詳細はこちらから
http://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/npoinfo/2019ad1.html
研修の成果がカタチに! [2019年06月04日(Tue)]
reshipi.JPG5月23日にレポートした「NPOスタッフ研修」は、
みよし市の市民活動サポートセンターを受託運営する
あいちNPOネットワークセンターで行われたもの。
今日訪問したら、その研修で提案されたアイディア=参加してくれた人にわたせる「朝食野菜ちょい足しレシピ」
ができあがっていました!
あ、これならできそうという生活感覚にフィットしたもの。
研修がこうしてカタチになっていくの、スゴイなと・・・。
6月8日の交流会でもきっと好評のことでしょう♪ 
NPOスタッフ研修をしてきました [2019年05月23日(Thu)]
本日はNPOスタッフ研修。
実際に行う交流会を題材とした学びの機会。

架空の設定より、実際のものだと
いつも以上にに活発なアイディアが出て盛り上がりました^_^
IMG_1214.HEIC

IMG_1210.HEIC
いわゆるNPO法人の「休眠法人」について、内閣府アンケートとりまとめ結果公表 [2019年04月17日(Wed)]
 いわゆるNPO法人の「休眠法人」について、内閣府HPに所轄庁へのアンケート調査結果が取りまとめられていました。

●内閣府NPOホームページ
https://www.npo-homepage.go.jp/kaisei/#housei-4

●毎日新聞(yahooニュース)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00000106-mai-soci

数年前からボランタリーネイバーズでも問題意識をもっており、
今年度の名古屋市NPOアドバイザー事業の中では、講座として取り扱っていく予定です。
| 次へ