CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«名古屋市NPOアドバイザー2019年11月以降の予定 | Main | NPOマネジメントスクール「実践編・税務の部」に参加しました»
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
日別アーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
最新トラックバック
つなぎの学び舎・基礎編第4回「まちづくり現場を訪問して学ぶ」に参加しました [2019年10月17日(Thu)]
こんにちは。研修生の安井です。

10月17日(木)の10時30分から刈谷市民交流センターと小垣江市民館にて、つなぎの学び舎・基礎編第4回「まちづくり現場を訪問して学ぶ」が行われました。

つなぎの学び舎・基礎編第4回「まちづくり現場を訪問して学ぶ」
日 時:2019年10月17日(木)10:30〜15:00
場 所:刈谷市民交流センター・小垣江市民館
訪問先:刈谷市国際交流協会ボランティア(KIFAV)・小垣江公民館運営委員会
参加者:7名
運営受託:NPO法人ボランタリーネイバーズ

午前中は刈谷市民交流センターで刈谷市国際交流協会ボランティア(KIFAV)さんのお話を、午後からは小垣江市民館で小垣江公民館運営委員会さんのお話しを伺いました。

刈谷市国際交流協会ボランティア(KIFAV)さんは、刈谷市に住む外国人が支障なく暮らせるようにと1996年に発足した日本語支援グループです。当時から学習者のニーズを考慮し、学習方法を模索していったようでした。現在は日本語学校スタイルの教室を土曜日と日曜日に、学習者の暮らしに必要な日本語を支援する教室を木曜日に開催しています。

本日は木曜日の日本語教室を見学させていただきました。生徒1〜3人に対して、先生1人が教える個人レッスンでした。生徒は30人程度で、どのグループも先生とのコミュニケーションを楽みながら、日本語を学んでいました。

教室に参加する外国人にとっては日本語を学ぶだけの場所でなく、先生や他の外国人との交流を楽しむ場所のようでした。もし私が外国人で刈谷市に移り住んできたならば、ぜひ参加したいと感じました。

小垣江公民館運営委員会さんからは、小垣江地区の活動について説明していただきました。地域の季節毎の行事、防災、交通安全などの活動だけでなく、小垣江山車保存会、小垣江町郷土の歴史研究会やほたるの会といった小垣江地区特有の活動についてもお話しを伺いました。

昨今では地域のつながりが希薄になっているとよく聞き、私もそれを感じておりました。しかし、小垣江地区では住民が積極的に活動に参加されているようで驚きました。活動内容の改善、組織作り、人員の勧誘といった継続の工夫をされているようでした。

刈谷市国際交流協会ボランティア(KIFAV)さんと小垣江公民館運営委員会さんのお話しを聞き、継続される活動とは、時代の変化に伴い活動内容を変化させ、主催者も参加者も楽しんできた活動であると感じました。参加者のニーズに合致した活動を通して、地域のつながりがより強固になる未来が実現してほしいです。

情報発信チーム安井
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント