CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
日別アーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
最新トラックバック
NPO事業承継センター 開設しました
http://blog.canpan.info/vns/archive/797

9月申請〆切助成金情報& 「社会的インパクト評価」を活用した『助成申請相談会』 [2020年01月31日(Fri)]
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
9月申請〆切助成金情報&
「社会的インパクト評価」を活用した『助成申請相談会』
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

秋は次年度実施事業に関する助成金申請の申請締切が多いシーズンです。

休眠預金を活用したNPO等への助成をはじめ、
小規模助成から全国規模助成まで様々な助成申請に対応する個別相談会を開催します。

申請を検討しているNPOの皆さん、ぜひ募集中の助成金情報を収集・分析して、申請相談をしてみませんか?

□事業や組織の現状に合った助成金をどう選ぶ?
□事業計画など、申請書はどこから書き始めればいいの?
□助成事業の「成果」や「効果」って、何を書けばいいの?
…など助成金申請に関する様々な相談に応じます。

現在募集中の助成金情報はこちら
●助成金情報(公開用)190827.xlsx


■三河地域第1回 豊田会場 【定員4団体程度】
相談日:9月29日(日)@13時〜14時、A14時〜15時、B15時〜16時、C16時〜17時
内 容:主に小規模助成に関する相談会
会 場:とよた市民活動センター活動室1(豊田市若宮町1丁目57番地1 
    A館T-FACE9階 [松坂屋上階])
    http://www.toyota-shiminkatsudo.net/contents/guide/facilities.html

■三河地域第2回 刈谷会場 【定員10団体】【相談会4団体まで】
相談日:11月3日(日)13:00〜16:30〔講演〕13:05〜14:25
〔相談会〕@14時30分〜15時30分,A15時30分〜16時30分(各2団体)

内 容:「地域の助成金から全国枠助成金へステップアップするために
    知っておきたいこと」をテーマにNPO法人CANPANセンター
    代表理事の山田泰久氏による講演(80分)の後、希望者を対象
    に大規模助成の相談会 
会 場:刈谷市民ボランティア活動センター 談話室CD(刈谷市東陽町1丁目32番地1 刈谷市民交流センター1階)
http://kcv109box.jp/access/

■三河地域第3回 安城会場 【定員4団体程度】
相談日:11月23日(土)@14時〜15時、A15時〜16時
内 容:主に小規模助成に関する相談会
会 場:安城市民活動センター 活動室(安城市大東町11番3号)
    http://wakuwakucenter.jp/access/

●申込方法
希望する相談日程
相談者氏名
団体名
連絡先(メール・電話)
相談内容【@助成金名(決まっていれば)、A申請予定の事業内容】
★第2回刈谷会場は、講演のみの参加の場合はその旨を記載してメール(vns@vns.or.jp)又はFAX(052-979-6448)でお申込みください。

※各回開催日の3日前までに先着順で受け付けますので、申込状況によってはご希望に沿えない場合があります。あらかじめご了承ください

主催:愛知県
企画運営(愛知県からの受託事業者):特定非営利活動法人ボランタリーネイバーズ
住   所 名古屋市東区東桜2-18-3,702
電話番号 052-979-6446(平日午前10時〜午後6時)
FAX番号 052-979-6448
メールアドレス vns@vns.or.jp
Webページ  http://www.vns.or.jp/
つなぎの学び舎・基礎編第4回「まちづくり現場を訪問して学ぶ」に参加しました [2019年10月17日(Thu)]
こんにちは。研修生の安井です。

10月17日(木)の10時30分から刈谷市民交流センターと小垣江市民館にて、つなぎの学び舎・基礎編第4回「まちづくり現場を訪問して学ぶ」が行われました。

つなぎの学び舎・基礎編第4回「まちづくり現場を訪問して学ぶ」
日 時:2019年10月17日(木)10:30〜15:00
場 所:刈谷市民交流センター・小垣江市民館
訪問先:刈谷市国際交流協会ボランティア(KIFAV)・小垣江公民館運営委員会
参加者:7名
運営受託:NPO法人ボランタリーネイバーズ

午前中は刈谷市民交流センターで刈谷市国際交流協会ボランティア(KIFAV)さんのお話を、午後からは小垣江市民館で小垣江公民館運営委員会さんのお話しを伺いました。

刈谷市国際交流協会ボランティア(KIFAV)さんは、刈谷市に住む外国人が支障なく暮らせるようにと1996年に発足した日本語支援グループです。当時から学習者のニーズを考慮し、学習方法を模索していったようでした。現在は日本語学校スタイルの教室を土曜日と日曜日に、学習者の暮らしに必要な日本語を支援する教室を木曜日に開催しています。

本日は木曜日の日本語教室を見学させていただきました。生徒1〜3人に対して、先生1人が教える個人レッスンでした。生徒は30人程度で、どのグループも先生とのコミュニケーションを楽みながら、日本語を学んでいました。

教室に参加する外国人にとっては日本語を学ぶだけの場所でなく、先生や他の外国人との交流を楽しむ場所のようでした。もし私が外国人で刈谷市に移り住んできたならば、ぜひ参加したいと感じました。

小垣江公民館運営委員会さんからは、小垣江地区の活動について説明していただきました。地域の季節毎の行事、防災、交通安全などの活動だけでなく、小垣江山車保存会、小垣江町郷土の歴史研究会やほたるの会といった小垣江地区特有の活動についてもお話しを伺いました。

昨今では地域のつながりが希薄になっているとよく聞き、私もそれを感じておりました。しかし、小垣江地区では住民が積極的に活動に参加されているようで驚きました。活動内容の改善、組織作り、人員の勧誘といった継続の工夫をされているようでした。

刈谷市国際交流協会ボランティア(KIFAV)さんと小垣江公民館運営委員会さんのお話しを聞き、継続される活動とは、時代の変化に伴い活動内容を変化させ、主催者も参加者も楽しんできた活動であると感じました。参加者のニーズに合致した活動を通して、地域のつながりがより強固になる未来が実現してほしいです。

情報発信チーム安井
名古屋市NPOアドバイザー2019年11月以降の予定 [2019年10月11日(Fri)]
名古屋市NPOアドバイザー2019年11月以降の予定

詳細は下記からご確認ください。
●neighbors_soudan_2019_kouki_al.pdf

◆NPOアドバイザーによる個別相談会・専門講座
(1)NPOアドバイザーによる個別相談会
名古屋市内で活動するNPOの団体運営や事業運営、会計・税務・労務・法務に関するあらゆるご相談に、活動経験の豊富なアドバイザーが質問・疑問にお応えします。

●相談枠:1団体1時間 
●会場:いずれも名古屋市市民活動推進センター
●申込:要予約
 電話もしくは窓口にて、団体名、相談者名、電話番号、希望日時、相談内容の概要をお伝えください。
※すでにご予約が入っている時間帯もございますので、ご了承ください。

◇10月(受付中)
  10月 18日(金)(1)13:00〜 (2)14:30〜
    ・相談内容:設立・運営
    ・アドバイザー:織田 元樹さん

  10月 23日(水)(1)16:00〜 (2)17:30〜
    ・相談内容:会計・税務
    ・アドバイザー:足立 勝彦さん(税理士)

  10月 29日(火)(1)15:30〜 (2)17:00〜
    ・相談内容:会計・税務
    ・アドバイザー:中尾 さゆりさん(税理士) 

◇11月(受付中)  
  11月 7日(木)(1)15:00〜 (2)16:30〜
   ・相談内容:労務
  ・アドバイザー:加古 朗さん(社会保険労務士・行政書士)

  11月 15日(金)(1)15:30〜、(2)17:00〜
   ・相談内容:会計・税務
   ・アドバイザー:堀尾 博樹さん(税理士・行政書士)

 11月 20日(水)17:00〜
    ・相談内容:設立・運営
    ・アドバイザー:織田 元樹さん

 11月 22日(金)17:00〜
    ・相談内容:設立・運営
    ・アドバイザー:織田 元樹さん

 11月 26日(火)17:00〜
    ・相談内容:設立・運営
    ・アドバイザー:織田 元樹さん

 11月 27日(水)17:00〜
    ・相談内容:設立・運営
    ・アドバイザー:織田 元樹さん

◇12月(受付中)
12月 3日(火)(1)10:00〜 (2)11:30〜 
     ・相談内容:法務
     ・アドバイザー:藤田 哲さん(弁護士)  

  12月 3日(火)(1)13:00〜 (2)14:30〜
    ・相談内容:会計・税務
    ・アドバイザー:中尾 さゆりさん(税理士)

  12月 13日(金)(1)13:00〜 (2)14:30〜 (3)16:00〜 (4)17:30〜
    ・相談内容:設立・運営
    ・アドバイザー:間宮 基文

  12月 20日(金)(1)10:00〜 (2)11:30〜 (3)14:00〜 (4)15:30〜
    ・相談内容:会計・税務
    ・アドバイザー:橋本 俊也さん(税理士)

◇1月(受付:11月1日〜)
  1月 23日(木)(1)13:00〜 (2)14:30〜 
     ・相談内容:労務
  ・アドバイザー:加古 朗さん(社会保険労務士・行政書士)  

  1月 29日(水)(1)15:30〜 (2)17:00〜
    ・相談内容:会計・税務
    ・アドバイザー:足立 勝彦さん(税理士)

●チラシ・詳細:下記URLよりご覧ください
 http://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/npoinfo/2019ad2.html

--------------------------------------------------------------------
 (2)NPOのための専門講座
 NPO法人に必要な「会計・税務・運営」に関する講座を開催します。
 単発参加も可能ですので、関心のある分野・テーマでご参加ください。

●日時:
※第1回〜第6回は終了しました。
 第7回 10月29日 (火)13:00〜15:00
    ・テーマ:想いと“財産”を引き継ぐNPO法人の“終活・承継”
    ・講師:中尾 さゆりさん

 第8回 11月15日 (金)13:00〜15:00
    ・テーマ:NPO法人になったら納める税金の種類と手続き
    ・講師:堀尾 博樹さん

 第9回 1月29日 (水)13:00〜15:00
    ・テーマ:NPO法人の会計報告チェックポイント
    ・講師:足立 勝彦さん

 第10回 3月18日 (水)10:00〜12:00
    ・テーマ:NPO法人の理事・監事の役割
    ・講師:黒田 朱里さん

●会場:いずれも名古屋市市民活動推進センター
●定員:各回20名(先着順)
●申込:要予約
 下記URLに掲載しているチラシ裏面の申込用紙の記載内容をFAXまたはメールにてご送付ください。
●参加費:1,000円(当日、窓口でお支払いください)
●チラシ:下記URLよりご覧ください
 http://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/npoinfo/2019ad1.html

20191003名古屋市NPOアドバイザーA.jpg

201910-03名古屋市NPOアドバイザー.jpg
刈谷市 令和元年度 第1回 コーディネーター部会 [2019年09月30日(Mon)]
こんにちは。研修生の相模です。

本日、刈谷市役所にて開催された「令和元年度 第1回 コーディネーター部会」に参加させていただきました。
今年度第1回目ということで新しい委員の方が紹介された後、議題である「まちづくりコーディネーターについて」、「今年度の活動について」、「つなぎの学び舎構成再編について」を協議しました。

DSC07032.JPG

部会長である愛知教育大学 大村恵 副学長の議事進行のもと、委員の皆さんがそれぞれの立場からより良いまちづくりの為に熱い意見交換を行っている姿がとても印象的でした。

今回議題にあがっていた「まちづくりコーディネーター」とは、刈谷の市民誰もがいきいきと輝いて暮らせるまちにしていくためのお世話役としての登録制度。その対象となるための方法の1つに「つなぎの学び舎」に参加し修了する必要があります。
まちづくりコーディネーター・つなぎの学び舎

大変貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました!

以上、ご報告でした。

情報発信チーム 相模
8月31日 社会的インパクト評価を活用した 助成申請 相談会  キックオフセミナー「社会的インパクト評価」に参加しました! [2019年09月11日(Wed)]
こんにちは。研修生の橋です。

 8月31日にあいちNPO交流プラザにて、『社会的インパクト評価を活用した 助成申請 相談会
キックオフセミナー「社会的インパクト評価」基礎』に私も運営スタッフとして参加させていただきました。今回の説明会の概要については以下のとおりです。

【社会的インパクト評価を活用した助成相談会 キックオフセミナー】
講 師:今田 克司さん(一般財団法人CSOネットワーク 常務理事)
日 時:2019年8月31日(土)13:30〜17:00
場 所:あいちNPO交流プラザ(愛知県女性総合センター2階)
主 催:愛知県
協 力:社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ(SIMI)
    一般財団法人社会的投資推進財団

 NPOの関係者の方々を中心に約50名が会場に集まり、「社会的インパクト評価」について学び、様々な相談をされていました。

 まず講師の一般財団法人CSOネットワークの今田克司さんより社会的インパクト評価の概要を説明していただきました。
 「社会的インパクト評価」とは事業や取組の社会的な効果や価値に関する情報を可視化する評価で、事業の設計や実施プロセスの妥当性、成果等に関する検証を行うものです。
 この「社会的インパクト評価」を上手く活用することで、様々なステークホルダー(利害関係者)へ活動の「価値」を説明できるため、様々な助成申請に役立たせることができます。

 説明会の後は、公開相談会を行いました。3つの団体がそれぞれの活動における課題や事業の展開方法について相談をもちより、「社会的インパクト評価」の視点から今田さんからどのようにすればよいのかアドバイスをしていただきました。
 それぞれの団体に対して参加者から質問も出て、活発に議論が交わされました。

DSC06408.JPG

 終了後には、相談を受ける側になる行政の職員や税理士の方などが集まって、今後の対応について議論が交わされ、より行政との連携も行っていく必要があることなど多くの意見が出ました。

 今回の説明会において相談をする側とされる側、両方の話をたくさん聞くことができました。

 難しい内容で中々実感の湧きにくいところもありましたが、多くの人たちがどのような思いで活動をしているのか聞くことができ、貴重な体験をさせていただきました。

 ありがとうございました。

情報発信チーム 橋
9月8日 刈谷市「つなぎの学び舎」第3回『魅力的な企画をすすめる力』に参加しました! [2019年09月09日(Mon)]
 こんにちは。研修生の松原です。

 9月8日に刈谷市民ボランティア活動センターにて開催された
第5期つなぎの学び舎【基礎編】第3回「魅力的な企画をすすめる力を学ぶ」に
参加させて頂きました!

 今回の講義のねらいは以下の3つとなっています。
・まちづくり活動における企画の必要性を理解する。
・企画書づくりの基本的な手法・共感を生む企画のポイントを学ぶ。
・自分が取り組んでみたい活動を考え、企画書を作成してみる。

 以上のねらいに向けてまずは、地域問題研究所の池田哲也さんに
パワーポイントを用いて講義をして頂きました。講義の主な内容は以下のとおりです。
・企画とは(具体的な内容、プロセス)
・まちの課題とは?
・ケーススタディ
・企画書づくり
・企画書のステップアップ

190908ikedasan.jpg

講義では企画書で抑えるべきポイントを何,いつ,誰,どんな等の視点で具体的に示して頂き、何をどうするかがまったくわかっていない私にとって参考になりました。
また、講義ラストに立派を目指さない。頑張りすぎないといった言葉を紹介頂き、いいものをつくらなければならないと思っていたので少し気楽になれた気がします。
 
講義のあとはグループに分かれ、各個人で実際に企画書を作成しました。
実際に「ひと」や「まち」の現状や課題を選んで、何をどうするか案にするのですが、私はなかなかイメージが形にならず苦戦しました。しかし先ほどの立派を目指さないという気持ちで暮らしの現状に目を向け、多文化共生をテーマに案をつくることができたのでよかったです。

190908ws.jpg

 その後はグループ内でそれぞれプレゼン&フィードバックを行いました。
みなさんのプレゼンを見ていると、同じテーマでも切り口が違ったり、着眼点が違ったりしてなかなか参考になりました。発表後はグループのメンバーから質問や指摘を受け案をブラッシュアップできました。
「まちづくり」という単語からはどうしても地域の再生など整備的なイメージがあったのですが、子育てや防災などいろいろなテーマがあり、これまでのまちづくりのイメージが変わりました。

 グループワークの後は各自で本日の振り返りとなるまとめシートを作成し、池田さんとの質疑応答をへて終了となりました。あっという間の講座で充実した内容でした。

 本日は研修生として貴重な体験をさせて頂きありがとうございました。
今回は講義およびグループワークを通じ、何かを企画するということを学べたので今後業務において何かを構想する、企画するといった場面で生かしていければと思います。

情報発信チーム 松原和平
8月28日「NPO法人が知っておきたい消費税のしくみ」に参加しました! [2019年08月28日(Wed)]
こんにちは。研修生の小アです。

 8月28日(水)名古屋市市民活動推進センターにて「NPOのための相談と講座」が開催され、私もスタッフとして参加させていただきました。

 こちらの講座の内容は「NPO法人が知っておきたい消費税のしくみ」ということで、講師として税理士の鳥居 翼(とりい つばさ)さんにお越しいただき、13名の受講者の方とともに2019年10月から実施される消費税率10%への引き上げ及び「軽減税率制度」についてどのような変更があり、どのような対策が必要なのか、消費税のしくみの基礎と、改正点のポイントについて学びました。
190828NPO法人が知っておきたい消費税のしくみ (4).JPG

 講義の中では、軽減税率の対象について、コンビニでの商品の購入についてイートインで食べると通常税率の10%だけど持ち帰りの場合軽減税率が適用され8%まま購入できるが、会計時に持ち帰りを選択したがイートインで食べてしまう消費者がいた場合どうするのか?差額を請求するのか?といった実際にイメージのしやすい事例を交えながらお話していただきました。

 また、軽減税率制度に対応した価格表示や制度導入に伴う請求書等の記載事項の追加など事業者の方向けの話もあり、うなずきながら講座を受けている参加者の方みえました。

 上記のとおり、講座では事業者目線、消費者目線と両方の話を聞くことができました。

 今回の講座で学んだことを今後の仕事のみならず、実生活でも活かしていきたいと思いました。
 貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました。


情報発信チーム 小ア
名古屋市NPOアドバイザー9−10月のご案内 [2019年08月24日(Sat)]
名古屋市NPOのためのアドバイザー 9〜10月のご案内です。

今回は、アドバイザー初メニューで「NPOの終活・承継」を取り上げます。
担当講師としては、企画書はノリノリで書いていたが、えらいこと引き受けちゃったなー
というところです。が、日々の相談や雑談の中での教訓をお伝えできるようにまとめていきます。

●NPOのためのアドバイザー相談と講座9-10.pdf

NPOアドバイザー9−10月-001.jpg

NPOアドバイザー9−10月-002.jpg
8月23日「いまさら聞けないNPOの広報」に参加しました! [2019年08月23日(Fri)]
こんにちは。研修生の野代と會田です。

 本日、名古屋市市民活動推進センターにて「名古屋市NPOアドバイザー講座」が開催されました!
 主催は名古屋市さんで、私たちボランタリーネイバーズが委託を受けて実施しております。今回開催された講座の概要については以下のとおりです。

【名古屋市NPOアドバイザー講座】
テーマ:いまさら聞けないNPOの広報
講 師:織田 元樹さん(特定非営利活動法人ボラみみより情報局代表)
日 時:2019年8月23日(金)13:00〜15:00
場 所:名古屋市市民活動推進センター集会室
参加者:12名

 講師の織田先生からは、まず「広報」の意味についてご講義していただきました。
 皆さん、「広報」と似た言葉で「広告」という言葉がありますが、違いは分かるでしょうか?
 「広告」とは新聞や雑誌などの広告枠を買って商品や企業の宣伝を行うことで、「Buy me(買って!)」という意味です。一方、「広報」は新聞や雑誌などの媒体に記事として取り上げてもらい、様々な関係者に活動内容を理解してもらうこと、「Love me(好きになって!)」という意味だそうです。つまり、広報するということは、私たちの団体を好きになって!ということになります。そう考えると、広報ってそんなに難しいものではないんだなと思いました。

190823いまさら聞けないNPOの広報 (8).JPG

 続いて、実際、広報する際のポイントについてご講義いただきました。
 広報する際に重要なポイントとして、@誰から伝えるのか、A誰に伝えるのか、B伝え方、Cどんな時に伝えるのか、Dどんな方法で伝えるのか、E繰り返すこと、F人を巻き込むの7つあり、それぞれのポイントについて丁寧にお話がありました。
 また、今まで実際に使われたチラシやパンフレットも見させていただきました。その中には、チラシを開くと飛び出す仕掛けがあるものなど、これは何だろう!と興味をそそられる仕掛けが施されているものが多くあり、こうした工夫はとても大事だなと感じました。

 講義の中で最も印象に残っているのは、広報は私たちの団体を好きになって!ということであり、つまり広報物はラブレターですとおっしゃっていたことです。ラブレターは伝えたい相手のことを思って書きますよね。広報も同じで、具体的に伝えたい相手を思い浮かべて広報物(ラブレター)を作ることで、それが周りの人に広がり、多くの人に知ってもらえるようになるという事でした。今後、広報をする機会が多くあると思うので、活かしていきたいなと思いました。(會田)

 伝える相手によって伝え方を変える、というところがとても印象的でした。受け手が変われば、響くポイントも変わる。相手の価値観や大切だと思うところに焦点を当てることも、「伝わる」広報の重要なファクターなんだと感じました。相手の立場になって、どう伝えればより分かってもらえるのかを考えて、今日学んだことを今後の仕事に活かしていきたいと思います。(野代)

 以上、ご報告でした。


情報発信チーム 野代、會田
NPO事業承継センター開設のお知らせ【再掲】 [2019年08月22日(Thu)]
NPO事業承継センター開設のお知らせ

内閣府の「特定非営利活動法人における世代交代とサービスの継続性への影響に関する調査」においても、承継等についての相談やサポートのしくみの重要性が指摘されていますが、
ボランタリーネイバーズではじつは2019年2月からNPO事業承継センターを開設しています。
https://www.npo-homepage.go.jp/toukei/sonota-chousa/2019research-impact-on-generational-change

が、「事業承継」というキーワードでひっかかるというよりも、
運営相談や経営相談、ひとや組織の問題というお話の中で、
それって「承継問題」としてとらえたらいいんじゃない?ということが多いです。

承継問題じゃないかもしれなくても、お気軽にご相談ください。
連絡先:sodan@vns.or.jp

2019NPOsyokei_vns.pdf2019NPOsyokei_vns.pdf

2019NPOsyokei_vns-001.jpg


2019NPOsyokei_vns-002.jpg
| 次へ