CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年03月 | Main | 2019年05月 »
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
2019年4月の福島県[2019年04月30日(Tue)]
7か月ぶりの福島県の訪問。

南相馬市原町区にある自立研修所「えんどう豆」
さをり降りや、缶バッチづくりをしている、就労支援B型。
2011年の東日本大震災そして福島第一原発事故により、避難。
利用者は避難先に馴染めずに、3か月で再開させた。
当法人は2014年より、静岡の防災に役立てたいと交流を開始しています。

自立支援研修所「えんどう豆」
音楽を披露して歓迎してくれました。
さをり織りや木工作業を、見学させてもらいました。
自立研修所「えんどう豆」南相馬.JPG

自立研修所「えんどう豆」南相馬 (2).JPG

自立研修所「えんどう豆」南相馬 (3).JPG

自立研修所「えんどう豆」南相馬 (4).JPG

自立研修所「えんどう豆」南相馬 (5).JPG

自立研修所「えんどう豆」南相馬 (6).jpg


2016年に再開された小高駅周辺。
まだまだ閑散としていますが、時々、人や車が通るようになってきました。
復興するにはまだまだ時間がかかりそうです。
20190430小高駅.JPG

20190430小高駅 (2).JPG

20190430小高駅 (3).JPG

20190430小高駅 (4).JPG


小高駅近くにある、公設民営商業施設「小高ストア」(2018年12月オープン)
地元産の野菜やお米の販売が行われている、地元スーパー。
20190430小高ストア.JPG

20190430小高ストア (3).jpg

20190430小高ストア(2).jpg


2019年1月26日にオープンした小高区復興拠点センター「小高交流センター
多世代による地域内外の交流拡大や地域活性化、にぎわい創出、地域コミュニティの再構築など、復興・再生を目的に市が整備を進めてきた施設です。
20190430小高交流センター.jpg

20190430小高交流センター (2).JPG

20190430小高交流センター (3).JPG

20190430小高交流センター (4).JPG


南相馬市原町区萱浜に、復興支援活動に取り組む同市の市民団体「福興浜団」が企画した、昨年の一・五倍の大きさとなる約三百アールの広大な敷地に一粒ずつ種をまき、菜の花の迷路を作りました。
20190430萱浜にある菜の花迷路.JPG

20190430萱浜にある菜の花迷路 (2).JPG


遊休農地を利用した、見渡す限りのソーラーパネル。
沿岸部には、原町火力発電所や風力発電など、エネルギーや環境に先駆け、再生エネルギーの導入とエネルギーの効率利用を推進しています。
20190430ソーラーパネル(福島).JPG

20190430風力発電と植樹(福島).JPG

2019風力発電と原町火力発電所.JPG


田んぼには水が張られ、米作りの準備が行われていました。場所によっては、2018年12月に販売されたロボットトラクタにより労働不足を解消しています。収穫されたお米は、全量全袋検査され出荷されています。
20190430福島の田植え.jpg

20190430福島の田植え (2).JPG


少しづつ、フレコンバックが最終処分場へ移動を始めていました。
20190430フレコン置き場.jpg

20190430フレコン置き場 (2).JPG


福島第一原子力発電所へ近づくと、「自動二輪車 原動機付自転車 軽車両 歩行者は通行できません」「国道6号 双葉町から帰還困難区域(高線量区間を含む」など、日本語表記以外に、英語表記の看板が増えてきます。(英語表記看板は、2018年4月以降に設置された)
20190430ルート6号線沿いの看板.JPG

20190430ルート6号線沿いの看板 (2).JPG

20190430ルート6号線沿いの英語看板.JPG

20190430ルート6号線沿いの英語看板 (2).JPG

20190430ルート6号線沿いの看板 (3).JPG


帰宅困難区域
20190430帰宅困難区域.JPG

20190430帰宅困難区域 (2).JPG

20190430帰宅困難区域 (3).JPG

20190430帰宅困難区域 (4).JPG

20190430帰宅困難区域 (5).JPG

20190430帰宅困難区域 (6).JPG

福島を支える人たちと交流!?飲み会。
現地の人との繋がりがあるから、色々な場所へ行ける「絆」
福島を支える人たち.JPG


東日本大震災から9年目を迎え、年月をかけ少しづつ復旧が進み、ダイナミックに復興が具体化されていると感じました。廃炉、ロボット、エネルギー、リサイクル、農林水産業、生活環境の整備、情報発信などを進めると共に、人材育成や交流人口の拡大していく福島と共に、令和時代を支えていきたいと思った、平成最期の日でした。
家に到着する頃に、平成が終わり、令和時代がやってきました。
今夜は、福島の日本酒「御本陣」とアサヒビールの「アサヒ富士山」で乾杯します。
平成時代が終わり間もなく令和時代.JPG
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 23:55 | 福島県 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
当法人にとっての東日本大震災から9年が経ち…[2019年04月23日(Tue)]
9年前の4月23日(2011年)の南三陸町は冷たい雨でした。

当時のニュースでは、
東日本大震災の被災地では、24日(2011年)の明け方にかけて強い風を伴って、まとまった雨が降る見込みで、気象庁は巨大地震とその後の余震で地盤が緩んでいることから、土砂災害などに警戒するよう呼びかけていました。また、23日午前0時25分ごろには、福島県沖を震源とする地震で福島県広野町で震度5弱の強い揺れを観測しました。余震が起きている地域の外側でも各地で強い揺れを伴う地震が起きていて、気象庁は引き続き、広い範囲で地震に注意するよう呼びかけています。と記録が残っています。
20110423宮城県南三陸町(ヴィレッジネーション).JPG
(2011年4月23日 突然の余震で高台へ死ぬほど走りました)

当時のニュースでは、
(4月23日 4時)宮城県南三陸町では、役場が被災し、支援が必要な人の情報を把握しにくくなっています。中には、震災から40日間にわたって孤立に近い状態になった高齢者もいて、きめ細かな対応が求められています。
宮城県南三陸町では、役場が被災して福祉や医療に関するデータが多く失われ、支援が必要な人の情報を把握しにくくなっています。南三陸町志津川の岩崎惣一さん(69)は、妻のあや子さん(69)の目が不自由なために避難所には行かず、停電や断水が続く自宅で暮らしています。近所の人たちが避難したあと、自宅の周辺では食べ物や水の支給が行われず、2人は、震災からおよそ40日間、孤立に近い状態になりました。岩崎さんは、毎日2回、往復1時間近くかけて町内の避難所まで山道を歩き、2人分の食べ物などを受け取るほか、坂を登り降りして井戸水をくみ生活しているということです。今月中旬になって、仙台市のボランティア、及川博道さん(34)が訪れたことをきっかけに、ようやく数日に1度、野菜などが届くようになりました。及川さんは、2人のことを人づてに聞いたということで、「町内には、まだ孤立した人がいるかもしれない」と話し、仲間と巡回を行って情報の把握に努めています。
20110423 宮城県南三陸町(ヴィレッジネーション).JPG
(初めてお会いした岩崎さんご夫婦)

そんな中、当法人(旧任意団体ヴィレッジネーション)は、宮城県石巻市に3名で向かいました。
3.11震災後に3.15(富士宮地震)が起き、富士宮でも被害あり、東北支援に出遅れていました。
また4月23日は、石巻ボランティアセンターも雨の為、閉鎖。
朝の4時、NHKニュースから流れてきた「南三陸町で目の不自由な人が自宅で孤立している」との報道で居ても立っても居られず、石巻から約2時間かけて南三陸町を訪れることにしたのが今日でした。

初めて訪れる宮城県南三陸町は、冷たい雨が降り薄暗く、見るもの全てが灰色だったことを今でも覚えています。目立つのは3人で着ていった、オレンジ色や黄色のレインコートと色鮮やかなレインカバーで覆われた、リュックサックだけでした。
現地のボランティアをしている及川博道さんと連絡をとる為に、メディアに連絡し場所を教えてもらい半日かけ、歩いて岩崎さん宅を訪れました。出迎えてくれた岩崎さんは薄汚れた見知らぬ私達をそのままの格好で迎え入れてくれました。

あの日から8年が経ちました。岩崎さんとも今日で9年目のお付き合いに突入。
相変わらず、「何もないし、変わらない」が岩崎さんの口癖ですが、あの時の感謝は忘れないよと言われると何だか毎年、照れくさい。
20190309南三陸町(ヴィレッジネーション).JPG
(2019年3月9日)

そんな出会いから、2014年、福島県南相馬市の障害者施設へ支援を開始、同年、セウォル号転覆事故をきっかけに、韓国で防災教室を開始。
2019年3月30日、在大韓民国日本国大使館主催の東日本大震災ドキュメンタリー映画にご招待頂き、駐大韓民国特命全権大使の長嶺安政大使にお会いすることが出来ました。
ヴィレッジネーションは、今でも何か一つを考えて行動しています。

20110422より販売ディズニーリゾートチャリティーリストバンド.jpg
(東日本大震災を受け、東京ディズニーリゾートで4月22日より販売されたチャリティーリストバンド)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 18:39 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
セウォル号沈没事故から5年[2019年04月16日(Tue)]
韓国南西部沖で、2014年4月におきた旅客船セウォル号の沈没事故から丸5年。修学旅行中だった高校生ら299人が死亡し、昨年と変わらず5人が行方不明となっています。

20日付東亜日報によると、
遺族らはセウォル号事故特別捜査団を作り、全面的に再調査し、責任者を処罰するよう求めた。4・16家族協議会のチャン・フン運営委員長は「一度でも『早く脱出しろ』と声をかけていれば、304人全員が助かったはず。国民を保護し、救助すべき国家がそれをせず、むしろ妨害した」と主張した。(一部抜粋)

この事故をきっかけで、ヴィレッジネーショは韓国で防災教育を行うことになりました。
今も、事故の解明は行われず、責任者の処罰を求め、遺族は涙を流しながらデモを繰り返す。
このような事故が、二度と起こらない様に、考え動く市民はいないのだろうか?
非常時に、正常バイアスが脳が支配されないように判断力を養って冷静に対応することが出来なければ、この先の未来は明るくないだろう。
安心安全を軽視した利益至上主義は、長くは続きません。

あれから5年。一体何が変わったのでしょう。
セウォル号(세월호 침몰 사고).jpg
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 20:56 | 韓国 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ボッチャ体験教室[2019年04月13日(Sat)]
ボッチャ体験教室を開催いたします。

「ボッチャ体験教室」
2020年東京パラリンピックまであと、わずか。
障害の有無にかかわらず、誰でも参加できるスポーツ。

NPO法人ヴィレッジネーションと株式会社CAC Holdingsとの協働で障害者スポーツ「ボッチャ」の普及・支援活動開催です。

CAC Holdingsさんは、
主にITサービス・ヘルスケアサービスを展開する持株会社です。社員全員で出来るCSR活動の一環として、216年よりボッチャの普及・支援活動を開始しています。

ボッチャとは、
ヨーロッパで生まれた重度脳性麻痺者もしくは、同程度の四肢重度機能障害者のために考案されたスポーツで、パラリンピックの正式種目です。ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに向けて、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりしていかに多くのボールを近づけるかを競います。障害によりボールを投げることが出来なくても勾配具(ランプ)を使い、自分の意思を介助者に伝えることが出来れば、誰でも参加できます。

当日は、特別シークレットゲストをお招きする予定で進めています。
ご期待下さい。

20190512「ボッチャ体験教室」ヴィレッジネーション.jpg

■2019年05月12日(日)13時30分 〜 16時00分 (開場13時〜)
■無料(予約不要 当日、直接会場へお越しください)
■富士宮市駅前交流センター「きらら」多目的ホール
■動きやすい服装・飲み物
■ボッチャに興味がある方(小さなお子様から参加可能)
 障害のある方(介助が必要な方は、介助者同伴の上お越し下さい)
 腕力のない方でも勾配具(スロープ)を使用できます

ぜひ、ご参加ください。

お問い合わせは、NPO法人ヴィレッジネーションまで。
[TEL]  0544-29-7963
[FAX]  0544-22-0153
[E-mail] info@Villagenation.org

※ 出入り自由です。
  お子様連れ大歓迎。皆様のご理解・ご協力お願い致します。
  メディア取材が行われる場合がございます。
  当日は、(株)CAC Holdingsより当法人にボッチャ用具の寄贈が行われます。

Facebookイベントページ
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 09:43 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ゴールデンウィーク休暇のお知らせ[2019年04月12日(Fri)]
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
弊法人では誠に勝手ながら下記の期間中、業務をお休みさせていただきます。

休業期間:2019年04月27日(土)〜2019年05月06日(月)

5月07日(火)より通常通り営業となります。メール・ウェブサイトからのお問い合わせは通常通りお受け致しますが、緊急の場合を除き、ご返答につきましては2019年5月07日(火)よりとさせて頂きますのであらかじめご了承下さい。
大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解とご協力をうけ賜りますようお願い申し上げます。

特定非営利活動法人 ヴィレッジネーション
村松 広貴
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 18:24 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
エシャレットと、アスパラガスの収穫が始まりました。[2019年04月11日(Thu)]
エシャレットが旬を迎えています。
20190409エシャレット収穫(ヴィレッジネーション).jpg

4年目のアスパラガスを収穫しました。
20190411アスパラガス収穫(ヴィレッジネーション).jpg

里芋を植える場所を準備して、読書をしてうたた寝。
畑で読書もいいものです。
20190411ヴィレッジネーションの畑.jpg

20190411kindle Paperwhite(ヴィレッジネーション).jpg
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 20:33 | 畑事業 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2019年04月11日はイオン幸せの黄色いレシートキャンペーン☆[2019年04月11日(Thu)]
2019年04月11日

イオン黄色いレシート2.jpg

毎月11日は、イオンの幸せの黄色いレシートキャンペーン実施中。
「イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」は、お客さまがレジ精算時に受け取った黄色いレシートを、地域のボランティア団体名が書かれた店内備え付けのBOXへ投函していただき、レシートのお買い上げ金額合計の1%をそれぞれの団体に還元するというシステムです。
※ 専門店での白いレシートでも受け付けております。

イオンの黄色いレシート(ヴィレッジネーション).jpg

弊法人実施場所
イオン富士宮店
マックスバリュ富士宮朝日町店
弊法人は、子供の健全育成・障害者支援・被災支援を行っております。
ご理解・ご協力をお願い致します。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 11:31 | 寄付のお知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イオン 黄色いレシートキャンペーン贈呈式[2019年04月10日(Wed)]
2001年から、イオン 黄色いレシートキャンペーンが開催。
当法人は、2013年より参加し、6年が経ちました。
今年も数ある団体の中より、NPO法人ヴィレッジネーションに、数多くのレシートを投函して頂き誠にありがとうございました。
ヴィレッジネーション「イオン 黄色いレシート」 (2).jpg

本日は、贈呈式に出席させて頂きました。
・災害救援
・福祉の増進(障害者支援)
・子どもの健全育成
上記、活動に使用させて頂きます。
ヴィレッジネーション「イオン 黄色いレシート」贈呈式.jpg

今月は、今日と明日(10.11日)に黄色いレシートを投函することが出来ます。
また、専門店での白いレシートでの投函も大丈夫です。
今年度も、どうぞヴィレッジネーションの応援をよろしくお願い致します。
ヴィレッジネーション「イオン黄色いレシート」.jpg
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 13:12 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2019年4月2日 朝日新聞(宮城県版)[2019年04月02日(Tue)]
朝日新聞さんより。
2019年4月2日 朝日新聞.jpg

「タイトル」
韓国の子 復興応援の横断幕 南三陸

「本文」
韓国の子どもたちが描いた復興応援の横断幕が、静岡県富士宮市のNPO法人「ヴィレッジネーション」を通じて、南三陸町の南三陸病院に贈られた。
横断幕を作ったのは、ソウル郊外にあるプチョン市の幼稚園児から中学1年までの約70人。縦110センチ、横160センチの画用紙に、町名産のタコをモチーフにしたキャラクター「オクトパス君」や津波で被災した町防災対策庁舎などが描かれている。「おうえんしています」「がんばりましょう」の日本語の文字もある。インターネットで町の様子の映像を調べたり、翻訳機で日本語を調べたりして書き込んだ。

受け取った病院の佐藤和則事務長は「震災に関心をもっていただき、うれしい。今後も交流を続けることが大切だ」と喜んだ。
仲介役となったNPOは震災直後から、町の支援を続けている。2014年からプチョン市でも防災安全教育をしており、今回の横断幕寄贈につながった。(佐々木達也)(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 22:38 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ヴィレッジネーションさんの画像
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/index2_0.xml