CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年09月 | Main | 2016年11月 »
<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
2016年10月29日付 岳陽新聞[2016年10月29日(Sat)]
岳陽新聞さんより。
2016年10月29日 岳陽新聞.jpg

「タイトル」
大富士中柔道部員に「チャレンジする勇気」メッセージを贈る
パラリンピックに4大会連続出場の廣瀬誠選手がNPO法人ヴィレッジネーションを通じ

「本文」
NPO法人ヴィレッジネーション(村松広貴代表理事)は21日に、大富士中柔道場で「大富士中柔道部から廣瀬選手へのお礼」と題して、10月10日開催の市NPO等市民活動促進事業「ひとにやさしい未来づくり・富士宮学習会」に参加できなかった大富士中柔道部に寄せられた手紙の伝達と披露を行った。

10日の「ひとにやさしい未来づくり・富士宮学習会」には、会場が大富士中であったにもかかわらず同校の11日からの試験と重なり、根南中や宮一中の柔道部からは過半数の部員が参加したものの、同校からは2年生の若林直希さんだけの参加となった。

自分の学校の柔道場が会場であったにもかかわらず、1名のみの参加とアウェーな感じの中、積極的に学習会に参加た若林さんや試験前で参加できなかった大富士中の柔道部の部員には、廣瀬選手が伝えたい「感謝とチャレンジすることの大切さ」を綴った手紙が届けられ、21日に大富士中柔道部員に手渡された。

大富士中柔道部の若林直希さんが廣瀬選手との対戦で心を動かしたことを綴った一文と、廣瀬選手が大富士中柔道部員に綴った「チャレンジする勇気」の一文を紹介します。


「貴重な体験ありがとう」
〜報告会を終えて〜
静岡県富士宮市立大富士中学校柔道部2年
若林直希

廣瀬さん、10月10日は講演会に大富士中まで来てくださりありがとうございました。
廣瀬さんは高校で視力を失って、それでも好きだった柔道をやめずに、続ける精神力がすごかったです。そしてパラリンピックに4大会連続出場という記録もすばらしいことだと思いました。
廣瀬さんと対戦をした時に、力が強くて、他の人とは全く違って、振り回されてしまい、ずっと柔道着をつかんでばっかりで疲れて、体力もすごく必要だと思いました。
リオパラリンピックで活躍した廣瀬さんのお話を聞くことができて、これからの生活にためになるようなお話がいっぱいあって、楽しかったです。
そして、自分も柔道をこれからもずっと続けられるようにしたいと思いました。貴重な体験ができてうれしかったです。ありがとうございました。


廣瀬選手の手紙
「様々なことにチャレンジする勇気を」
リオデジャネイロパラリンピック柔道男子60キログラム以下級
廣瀬誠

大富士中学校柔道部のみなさんへ
リオデジャネイロパラリンピックでは応援ありがとうございました。今回、私は銀メダルをとることができましたが、これは決して一人ではとることができなかったと思います。柔道の仲間、家族の支え、多くのみなさんの応援があればこそのメダルです。
私以外の柔道選手もその応援の中で最後まで全力で戦うことができました。視覚障害者柔道選手を代表してお礼をいいたいと思います。
先日、富士宮市でNPO法人ヴィレッジネーション主催の学習会に大会報告も兼ねて参加させていただきました。大富士中学校柔道部の若林君がかけつけてくれました。それだけでなく、実技のコーナーでは率先して私との乱取りに名乗りをあげ、会を盛り上げてくれました。他の中学校の柔道部が何人もいるアウェイな状況でのチャレンジでした。大勢の中で一人、名乗りをあげるのは勇気のいることだと思います。その勇気とかチャレンジする心をこれからも大切にして欲しいと思います。
私は高校生の時、病気で視覚障害になりました。当時はやりたいことを「そのうちやればいいや」と思っていました。しかし、視覚障害になり、そのうちのいくつかはやりたくてもできなくなりました。そんな経験から今は失敗する怖さや恥ずかしさよりも「どうせだったら楽しもう」という思いでいろいろなことにチャレンジしています。

みなさん、ご存じのように柔道には「精力善用・自他共栄」という理念があります。柔道を通してこの理念を体現すべく、様々なことにチャレンジしてくれると嬉しいなあと思います。今まで出会った人、これから出会う人との縁を大切にしてみなさんの人生がより豊かになることを祈っています。(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 09:18 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
BS日テレ「ストロングポイント」放送されます(パラリンピアンSP4)[2016年10月20日(Thu)]
毎週土曜日17時30分から18時まで放送されている「ストロングポイント
今週は、パラリンピアン大集結SPとして池崎 大輔(ウィルチェアラグビー)、上地 結衣(車いすテニス)、辻 沙絵(陸上)、廣瀬 順子(柔道)、廣瀬 悠(柔道)、廣瀬 誠(柔道)、正木 健人(柔道)、山本 篤(陸上)選手が出演します。
民放BS初のレギュラー障害者スポーツ番組です。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 12:00 | オリンピック・パラリンピック | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年10月14日付 毎日新聞[2016年10月14日(Fri)]
毎日新聞さんより。
2016年10月14日 毎日新聞.jpg

「タイトル」
メールするショートメールメールする
チャレンジする心

「本文」
パラリンピック柔道(視覚障害)に4大会連続出場し、リオデジャネイロで2度目の銀メダルに輝いた広瀬誠さん(39)=愛知県=を取材した。広瀬さんは10日、富士宮市で開かれた学習会と、認定こども園の運動会に出席し、日本チームの応援に対する感謝の言葉を述べた。
学習会では「チャレンジする心」を話し「金メダルは一つ。努力しても夢がかなうとは限りませんが、努力しないとかなうことはありません。一生懸命に取り組む中で得られるものがあります」と語りかけた。
引き締まった体と機敏な動きから、長年の鍛錬が伝わった。だが、印象的だったのは優しい言葉遣いと謙虚な姿勢。児童にサインを渡す時は、畳に膝をついた。

広瀬さんは、現役引退を表明。来場者の惜しむ声に答え「悔いのない大会でした」と振り返った上で▽子どもとの時間を作りたい▽視覚障害者柔道の普及発展をサポートしたい▽英会話を勉強してコミュニケーションに生かしたい、と理由を語った。
会場には妻里美さん(35)、長女優宇ちゃん(6)ら娘3人と訪れ、運動会のイベントに楽しそうに参加した。里美さんは「子どもたちはお父さんが大好き。『練習に行かないで』と泣いたことも。引退するかどうかは本人次第です」と話した。
広瀬さんは、現役を離れても新たな挑戦が続く。声援を送りたい。【高橋秀郎】(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 17:58 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
BS日テレ「ストロングポイント」放送されます(パラリンピアンSP3)[2016年10月13日(Thu)]
毎週土曜日17時30分から18時まで放送されている「ストロングポイント
今週は、パラリンピアン大集結SPとして池崎 大輔(ウィルチェアラグビー)、上地 結衣(車いすテニス)、辻 沙絵(陸上)、廣瀬 順子(柔道)、廣瀬 悠(柔道)、廣瀬 誠(柔道)、正木 健人(柔道)、山本 篤(陸上)選手が出演します。
民放BS初のレギュラー障害者スポーツ番組です。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 12:00 | オリンピック・パラリンピック | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年10月13日付 静岡新聞[2016年10月13日(Thu)]
静岡新聞さんより。
2016年10月13日 静岡新聞.jpg

「タイトル」
「人との出会い大切に」
リオパラ柔道銀の広瀬選手 挑戦の道のり語る 富士宮

「本文」
障害者支援に取り組む富士宮市のNPO法人ヴィレッジネーションは10日、「人にやさしい未来づくり・富士宮学習会」(市・市教委共催、静岡新聞社・静岡放送後援)を同市立大富士中学校で開いた。今夏のリオデジャネイロ・パラリンピック柔道男子60`級で銀メダルに輝いた広瀬誠選手(39)=愛知県=が講演し、視覚障害を乗り越える挑戦の道のりを振り返った。

広瀬さんは、2004年から4大会連続でパラリンピックに出場。04年のアテネ大会銀以来のメダル獲得につなげた今大会について「できる限りの練習をして臨んだ結果。悔いのない試合だった」と語った。動画や写真を交え、試合会場や選手村の様子を紹介した。
市民ら約70人が聴講した。地元小中学生がアイマスクで目を隠し、前転や寝技などを体験。試合形式で広瀬さんに挑戦し、互いに組んだ状態から始まる障害者柔道の特徴を学んだ。

リオを最後に国際舞台から退き、引退の意向を示している広瀬さん。今後は後進の育成や障害者柔道の普及活動などに取り組むという。「視覚障害は不便だが不幸ではない。柔道を通じて多くの人と出会うことができ、感謝している」と柔道人生を振り返った。「いろいろなことにチャレンジし、人との出会いを大切にしてほしい」と呼び掛けた。(富士宮市局・白柳一樹)(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 09:58 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年10月12日付 岳陽新聞[2016年10月12日(Wed)]
岳陽新聞さんより。
2016年10月12日 岳陽新聞.jpg

「タイトル」
2016年「人にやさしい未来づくり・富士宮学習会」
リオデジャネイロパラリンピック柔道日本代表
廣瀬誠氏銀メダル獲得を報告
「好きな柔道通し、世界広がった」

「本文」
平成28年度富士宮NPO等市民活動促進事業「2016年人にやさしい未来づくり・富士宮学習会」が10日、私立大富士中学校体育館で開催された。

この取り組みは、東日本大震災直後から宮城県南三陸町で被災地支援を行い、視覚障害者支援からパラリンピック柔道日本代表選手と市内中学生および幼稚園との交流を重ねてきたNPO法人ヴィレッジネーション(村松広貴代表)が富士宮市及び市教委と共催し、この夏日本中を沸かせたリオデジャネイロパラリンピック銀メダリスト柔道日本代表の廣瀬誠氏を招いて講演会を開いたもの。
講演は子どもたちや市民に障がいは人それぞれの個性で、お互いに認め合う心を育みために行われたもので、先着順で参加した市民約70人は真剣なまなざしで聴講していた。

愛知県出身で現在名古屋市在住の廣瀬選手(39)は高校時代、突然の病で2.0あった視力がたった2か月後には0.01まで低下した経験を持つ。廣瀬選手は視力を失ってからも好きな柔道で研纘を積み、絶望のふちから這い上がり、1995年から全日本視覚障害者柔道60s階級で、14年連続1位を獲得してきた。2008年から66s階級にランクを上げて再挑戦し、2004年アテネパラリンピックでは銀メダルを獲得、北京、ロンドン大会に連続出場となった今大会も銀メダル獲得で、日本中に感動をもたらした。

開会後、村松代表はこれまでの経緯や廣瀬選手の輝かしい経歴にふれながら、銀メダリストと交流する貴重な機会で勇気を感じてほしいと挨拶を行った。
講演で廣瀬選手は、「聞く見る体験する」をテーマに、ロンドン大会から4年間の道のりや大会参加者しかわからない選手村内の様子、大会状況などを説明し、世界初の音の出るメダルを披露した。
続いて大会柔道着に着替え、健常者時柔道と視覚障がい者柔道の違いを説明し、実際に得意技や大会での決め技などを披露して子どもたちとの柔道体験を交えながら話を進め、実演後は来場者との写真撮影に気さくに応じた。

さらに廣瀬選手は「自他共栄を重んじる柔道を通して、人のために貢献したいと考えるようになり、社会に対する大きな視野を獲得することができました」と話し、「好きなことをやり続けることと、目が見え、耳が聞こえ、ご飯が食べられることなど当たり前のことに感謝することを伝えたいですね」と次世代を担う子どもたちにメッセージを送った。

参加者は、視覚障害がいがあるにもかかわらず、世界に挑み続けてきた廣瀬選手の姿と、自分自身で心の壁を取り払った強さを示す言葉に心を震わせていた。(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 23:41 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ふじキンダー学園の運動会の様子が新聞に掲載されました[2016年10月12日(Wed)]
先日10日に廣瀬誠さんが参加したふじキンダー学園さんの運動会の様子が岳南朝日新聞さんに掲載されました。

8日に予定されていた運動会が順延になり、10日に開催。
リオデジャネイロパラリンピック柔道銀メダリストの廣瀬さんから応援してくれた園児たちに感謝と応援の言葉をかけてくれました。

ふじキンダー学園さんの運動会.jpg
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 23:08 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年10月12日付 岳南朝日新聞[2016年10月12日(Wed)]
岳南朝日新聞さんより。
2016年10月12日 岳南朝日.jpg

「タイトル」
「夢に向かって努力を」
リオパラリンピック柔道銀メダリスト廣瀬さんが講演
中学生らと試合などで交流も

「本文」
NPO法人ヴィレッジネーション主催、富士宮市NPO等市民活動促進事業「2016年 人にやさしい未来づくり・富士宮学習会」が10日、同市立大富士中学校体育館で行われた。同日はリオデジャネイロ・パラリンピック柔道60`級に出場し、銀メダルを獲得した廣瀬誠さん(39)が講師となり、オリンピックや視覚障害者柔道について語った。
廣瀬さんは高校入学後とともに柔道を始めたが、同時に病気のため視力が著しく低下。そのため、盲学校へ編入し、寄宿舎生活を送りながら柔道を続けた。その後、名古屋盲学校の教員として働きながら、アテネ、北京、ロンドンのパラリンピックに出場。アテネでも銀メダルを獲得している。

今回の催しを主催したヴィレッジネーションは障害者や自然災害の被災地支援に取り組んでおり、東日本大震災の被災地支援をする中で、2012年に障害者柔道の日本代表選手と出会い、支援活動に取り組み始めた。今回のリオ・パラリンピック開催前には、大富士中学校柔道部員をはじめ、市民に呼びかけ、柔道日本代表選手を応援する旗を制作し、選手たちに送っている。
同日は廣瀬さんと家族が来宮。市内の中学校柔道部員や廣瀬さんを応援していたという市民が駆けつける中、日本代表のユニフォームやジャージを着た廣瀬さんがパラリンピックでの思い出や試合に取り組んでいた時の思いを語った。

廣瀬さんは今回、「年齢的に日本代表になれるかも分からなかったが、出場を目指して頑張った」と、不安を持ちながらもパラリンピックに向けて練習を取り組んできたことを明かし、視覚障害者柔道の難しさや、パラリンピックで対戦した相手が20代で若さもスピードもあったことを語った。また、同大会最初のメダリストとなり、表彰式後の囲み取材の際に子供の写真とメダルを並べたことについて、「ロンドン大会からしたかったこと。12年ぶりにメダルを取り、やっと実現できた」と笑顔を見せた。

さらに、この大会で選手生活を終わらせたが、今後は家族との時間を大切にしながらも、後進の指導と柔道普及に尽力していくことを誓った。その上で、訪れていた子供たちに「大会に出場した選手はたくさん努力して金メダルが欲しいと夢見たが、金メダルは世界に1人だけにしか与えられない。努力してもかなえられない夢もある。けれど、努力しなければ夢も見られない。自分は柔道を続けてきたことでいろいろな人に出会い、銀メダルだったけれど試合内容も頑張ってきたことにとも悔いはないし、障害があっても不幸な人生を送っていない。みんなもそんな人生を送ってほしい」とメッセージを送った。

講演のほか、リオでの試合を再現したり、富士宮一中柔道部2年の保坂太郎さんをはじめ参加者がアイマスクを着けて、床に寝た廣瀬さんを返す「寝技」に挑戦したりと、日本代表の青い柔道着を着た廣瀬さんと交流。大富士中2年の若林直希さんは視覚障害者柔道のルールに従い、互いに組みながら技をかけていく試合に挑戦。廣瀬さんに振り回されながらも最後に投げることができ、「世界で戦う人は違う。力が強くて振り回されてしまった。良い経験ができた」と感想を話していた。(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 21:54 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年10月12日付 中日新聞[2016年10月12日(Wed)]
中日新聞さんより。
2016年10月12日 中日新聞.jpg

「タイトル」
障害あることがふこうではない
リオパラリンピック柔道「銀」の広瀬さん
富士宮 大富士中学校で講演

「本文」
リオデジャネイロ・パラリンピック柔道(視覚障害)男子60`級で銀メダルを獲得した愛知県立名古屋盲学校教員の広瀬誠さん(三九)が十日、富士宮市の大富士中学校で講演し、七十人が耳を傾けた。
広瀬さんはリオ大会でモンゴルとルーマニアの選手に一本勝ちし決勝に進出。ウズベキスタンの選手に敗れたが、同じ銀メダルだったアテネ大会から三大会ぶりのメダルを手にした。

決勝戦について「組んだ瞬間にすごく強い相手だと分かった。できる環境でできることをしてとった銀メダルで、悔いはない」と振り返った。リオ大会を最後に現役引退を表明しており、「柔道を通して友人や家族と出会うことができ、障害があることが不幸ではないと思えた。引退後もいろいろなことに挑戦したい」と語った。

視覚障害者柔道の選手と交流するNPO法人ヴィレッジネーション(富士宮市)が主催した「人にやさしい未来づくり・富士宮学習会」(中日新聞東海本社など後援)に広瀬さんを招いた。リオ大会で決めた払い巻き込みなどの技の実演や、来場者が視覚障害者柔道を体験する時間もあった。(小佐野慧太)(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 21:24 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年10月12日付 毎日新聞[2016年10月12日(Wed)]
毎日新聞さんより。
2016年10月12日 毎日新聞.jpg

「タイトル」
リオ・パラリンピック柔道で銀
広瀬さんが実技指導
富士宮 園児、中学生と交流


「本文」
リオデジャネイロ・パラリンピック柔道(視覚障害)男子60`級で銀メダルを獲得した広瀬誠さん(39)=愛知県立名古屋盲学校=が10日、富士宮市の市立大富士中学校で開かれた学習会(ヴィレッジネーション主催)で講演と実技指導を行った。市内の認定こども園「ふじキンダー学園」(園児309人)の運動会にも飛び入り参加し、交流を深めた。【高橋秀郎】

同中柔道部員と園児はそれぞれ大会前、日本柔道チームを応援する国旗などを制作し寄贈。国旗は現地の選手村に掲げられた。広瀬さんは学習会で、相手と組んでから始まる視覚障害者柔道のルールについて「普通の柔道より握力やスタミナが必要。5分の試合時間が10分にも20分にも感じる」と解説。試合を振り返り「決勝のウズベキスタン選手は力があり、動きも早かった。最高のメダル。本当に悔いのない大会だった」と報告した。
畳にうつぶせになってアイマスクの子どもたちにひっくり返されたり、立ち技で中学生らの練習相手になったりするなど、来場者約70人を楽しませた。

運動会で広瀬さんは「みなさんの応援のおかげで銀メダルを取ることができました。お礼のため、応援をしに来ました」とあいさつし、園児たちの歓声に包まれた。応援合戦や風船を使ったイベントなどに参加し、音が鳴る銀メダルを子供たちに触らせた。ふじキンダー学園の鳴海淑子園長(64)は「広瀬さんの参加で、思い出深い運動会になりました。子どもたちの大きな財産になります」と話した。(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 18:19 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ヴィレッジネーションさんの画像
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/index2_0.xml