CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
『NPO法人 ヴィレッジネーション』

障害者や子供たちのチャレンジや夢を応援しています

「出来る人が出来ることをできるだけする」

ただそれだけですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)



2017年11月19日付 岳南朝日新聞[2017年11月19日(Sun)]
岳南朝日新聞さんより。
2017年11月19日 岳南朝日新聞.jpg

「タイトル」
26日に「夢ステージ」富士宮市役所前で
舞台発表中心に触れ合いも

「本文」
障害者週間(12月3日〜9日)に合わせ、富士宮市内の障害者にスポットを当てる「夢ステージ2017」が、26日午前9時30分から富士宮市役所前広場で開かれる。今回はステージ発表を中心に、ちびっこ広場や福祉・防災機器展、模擬店などを展開し、多くの人が触れ合う場を提供する。

障害者がスポーツや分化なさまざまな活動にチャレンジしている中で、一人一人にスポットライトを当て、取り組んでいる成果や障碍者の本当の姿を知ってもらおうと2002年から開かれている。これまでに会場を富士宮市総合福祉会館、同市民文化会館、山宮スポーツ広場とし、文化的な発表やスポーツを通した交流などを行ってきたが、今年は初めて富士宮市役所前広場を利用した。

ステージでは、市内特別支援学級に通う生徒の合唱や障害者グループの和太鼓演奏、太極拳の披露などを展開。午後1時20分からは6回目となる仮装大会が行われ、さまざまな”コスプレ”をした市民が登場する。

模擬店では、同支援学級の生徒が制作した『福ろうカレンダー』や福祉施設利用者制作の製品ほか、焼きそばやうどん・そば、コロッケ、とん汁を販売。東日本大震災被災地復興支援のため、南三陸町の製品も販売する。ちびっこ広場では、毎回子供たちに大人気の段ボールで作った滑り台などを特設。福祉・防災機器展では、介護ショップ・オギ、(株)マクルウ、ジャンボエンチョーなどがお勧めするグッズを紹介する。このほか、1年後の自分に手紙が届く「未来郵便」(先着30人)、福引大会なども行う。参加費無料。希望者は直接、会場へ。(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 09:15 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年11月15日 韓国地震[2017年11月16日(Thu)]
昨日(15日)午後2時29分頃の韓国南東部地方で、M5.4 、韓国史上2番目の地震が起きました。
20171115포항지진(浦項地震).jpg

約280キロほど離れたソウル市内でも揺れを感じ、震源地付近では、全壊3棟を含む1100棟の住宅と100校以上が被害を受け、建物の外壁が破損するなどし、57人が負傷、1500人以上が避難したと発表。(16日付発表)
わずか10秒ほどの地震でしたが、外壁が崩れ落ち、歩道に煉瓦が崩れ落ちています。
20171115포항지진(浦項地震) (2).jpg

ピロティ建築(1階が駐車場で、2階以上が居住スペース)の弱点
20171115포항지진(浦項地震) (3).jpg

アパート(日本でいうマンションが傾いています)
20171115포항지진(浦項地震) (4).jpg

この地震を受け、韓国富川市にある塾(그림나라)の園長先生から地震の学習をしたいと相談を受けました。早速、子どもたちが美術と防災をコラボした学習を行ったと報告を受けました。
子どもたちは、私が訪韓している間に受けた防災訓練を思い出し、自分が行う行動とそれに纏わる絵を描き発表しました。
그림나라 방재훈련(グリンナラ防災訓練).jpg

그림나라 방재훈련(グリンナラ防災訓練) (2).jpg

그림나라 방재훈련(グリンナラ防災訓練) (3).jpg

그림나라 방재훈련(グリンナラ防災訓練) (4).jpg

그림나라 방재훈련(グリンナラ防災訓練) (5).jpg

1番正しい形です。防災頭巾を被り、両手で対角線上の机の脚をもっています。
그림나라 방재훈련(グリンナラ防災訓練) (6).jpg

役に立つような地震が来るのは困るけど、必ず助かる諦めない心が育まれているようで安心しました。韓国のニュースで見る地震対策では、まだまだ間違えた知識が多いようです。間違えた地震対策をニュースで流すと間違えた教育になってしまい、助かることが出来そうもありません。

片手で脚を持っても、大地震では机を支えきれません。机の外から手を回すと危険です。
20171115포항지진뉴스(浦項地震ニュース).png

頭上の棚から物が落ちてくる危険があります。手に頭巾?座布団?を持っていても意味がありません。
20171115포항지진뉴스(浦項地震ニュース) (2).png

今年の冬休みも、助かる防災教育を実践しましょうか?
まずは「自分が助かる」自分が助からなければ、ほかの命を救うことはできません。
防災は理想やきれいごとでは済まされません。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 23:25 | 韓国 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年11月11日はイオン幸せの黄色いレシートキャンペーン☆[2017年11月11日(Sat)]
2017年11月11日

黄色いレシートキャンペーン.jpg

毎月11日は、イオンの幸せの黄色いレシートキャンペーン実施中。
「イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」は、お客さまがレジ精算時に受け取った黄色いレシートを、地域のボランティア団体名が書かれた店内備え付けのBOXへ投函していただき、レシートのお買い上げ金額合計の1%をそれぞれの団体に還元するというシステムです。
※ 専門店での白いレシートでも受け付けております。

弊法人実施場所
イオン富士宮店
マックスバリュ富士宮朝日町店
弊法人は、子供の健全育成・障害者支援・被災支援を行っております。
ご理解・御協力をお願い致します。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 08:27 | 寄付のお知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
夢ステージ2017 in富士宮[2017年11月01日(Wed)]
障害者の日 記念イベント
「夢ステージ2017」
夢ステージ2017 in富士宮.pdf

■平成29年11月26日(日)
■富士宮市役所前広場&ロータリー駐車場(富士宮市弓沢町150)
■9:30〜15:00

弊法人代表理事の村松広貴は、実行委員長として活躍。
夢ステージは、障害者週間(12月3日-9日)にあわせ、障害を持ちながらも日々の研鑽に励む姿にスポットライトをあててステージで披露することができないだろうかいう思いから「夢ステージ」は2002年に誕生しました。
(2015年夢ステージ)
夢ステージ2015.jpg


NPO法人ヴィレッジネーションは、「夢ステージ」に賛同。
模擬店ブースとして2010年「村松屋」2011年「うどんの広貴」2012年「村松広貴の母とお友達」2013年より法人格「ヴィレッジネーション」として参加。

現在、2011年東日本大震災からの繋がりがある東北復興支援の一環として宮城県南三陸町応援・福島県南相馬市の福祉事業所のグッズ販売や、小さな東北支援の写真展を実施。
2014年より、防災教育を行っている韓国のお土産人気品を販売。
また、2015年より畑で栽培しているとれたて野菜やそれらを使った豚汁を販売しています。
今年もリピーターが満足できる品をご用意いたします。
ベージュ色のテントを探してください。
夢ステージ2014 ヴィレッジネーションブース.jpg

フェイスブックイベントページ
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 23:19 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
富士市立高校の東日本大震災から6年半の歩み [2017年10月22日(Sun)]
富士市中央図書館(富士市永田北町3−7)で行わている、
富士市市立高校の生徒が「東日本大震災被災地で取り組んだ支援活動」を紹介しるパネル展示を見学してきました。
富士市中央図書館(富士市立高校の被災地支援).jpg

富士市中央図書館(富士市立高校の被災地支援) (2).jpg

「宮城県石巻市大川小学校」
児童74名教職員10名が死亡。4名の児童と教職員1名が生き延びた。

パネル展示から人災だったことが分かります。
過小評価されたハザードマップ。
地震発生から51分。警報発令から45分。校長先生が不在の中、教職員は、校庭で焚火の準備をし、子どもたちの声を聴かず、点呼するなどし待機指示をしていた。
ラジオや迎えに来た保護者からも「津波が来る」と時間・情報ともあるなか、避難を開始したのは津波到達1分前。移動距離180m。
子どもたちの声はかき消され、大人によって殺された…
富士市中央図書館(富士市立高校の被災地支援) (3).jpg

富士市中央図書館(富士市立高校の被災地支援) (4).jpg

富士市中央図書館(富士市立高校の被災地支援) (5).jpg

富士市中央図書館(富士市立高校の被災地支援) (6).jpg

富士市中央図書館(富士市立高校の被災地支援) (7).jpg

関心薄れつつある被災地の状況や、防災管理について改めて学べる場になっています。
災害時の判断がマニュアルを超えて、決断する勇気が必要だと感じました。

図書館で危機管理について勉強していると、iphoneが教えてくれました。
22日15時富士宮市全域に避難勧告が発令。
それと同時に富士宮市内の37カ所の避難所が開設されました。
避難準備情報・避難勧告・避難指示.gif

2017年台風21号 富士宮市避難勧告.png

富士の図書館を出る時には、雨も風も吹いているわけではありませんでしたが、備えるために富士宮へ帰路。
超大型で非常に強い台風21号が、猛威を振るい日本列島にやってきている。
23日未明から早朝かけて静岡に上陸する見込み。今夜は備えます。
「自分の身は自分で守る」
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 18:56 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年10月15日付 富士ニュース[2017年10月15日(Sun)]
富士ニュースさんより。
2017年10月15日 富士ニュース.jpg
「タイトル」
東北の園児から応援の横断幕
キンダー学園運動会

「本文」
富士宮市万野原新田の認定こども園ふじキンダー学園の運動会が、このほど大富士小グランドで開かれ、宮城県南三陸町のあさひ幼稚園から寄せられた応援横断幕が披露された、

東日本大震災の被災地と富士宮市の園児が絆を深める活動。市内のNPO法人ヴィレッジネーションが橋渡しをしており、平成25年度からさまざまな交流を進めている。
あさひ幼稚園では横断幕に「フレー!フレー!ふじキンダー学園」の文字や楽しいキャラクターとともに、園児らの応援の言葉、既に実施した運動会の写真などを入れた。ふじキンダー学園ではグランドの目立つ場所に掲出し、約700キロの距離を超えた応援で競技を盛り上げた。

同NPOでは「震災後から7年目を迎え、両園は震災後に生まれた子供たちになっているが、OBが築き上げてきた交流の意味や遠くの友達を思いやる気持ちを絶やさないようにしたい」としている。(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 17:53 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
季節外れの気温27℃[2017年10月12日(Thu)]
10月中旬だというのに富士宮市は日中の気温が27℃まで上がりました。
静岡市では30℃越えもあったとか・・・
日差しは暑いですが、風は秋の風で吹いた一日でした。

畑の野菜たちも暑そう・・・
大根
大根.jpg

芽キャベツ
芽キャベツ.jpg

九条葱
九条葱.jpg

ベビーキャロットとほうれん草
ベビーキャロットとほうれん草.jpg

イチゴのあきひめ
ちょっと元気がないかも・・・?
あきひめ.jpg

ショウガ
ショウガ.jpg

明日の天気は雨の予報。
恵みの雨でありますように。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 16:58 | 畑事業 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年10月12日付 岳陽新聞[2017年10月12日(Thu)]
岳陽新聞さんより。
2017年10月12日 岳陽新聞.jpg
「タイトル」
快晴の秋空
園児たちが大活躍
ふじキンダー学園と青木リズム

「本文」
快晴の8日、市内各幼稚園は秋の大運動会を開催した。ふじキンダー学園は市内大富士小学校でかけっこからスタート、少年中児が懸命な走りを見せ、年長児が今話題のブルゾンダンスを披露した。また未満児クラスの親子ダンスや年少年長児が「ドラムマーチ」と鼓隊による「明日はきっといい日になる」を披露、応援合戦をはさんで年長児が「どちらがはやい」で年長園児らしい見事な走りを見せた。
会場内には震災後に交流を開始した宮城県南三陸町のあさひ幼稚園から送られた応援メッセージ入りの横断幕が展示され、約700km離れた被災地への想いをつなげた。

認定こども園青きリズムでは2歳児から5歳児までの園児たちが「走れ走れリズムの子」を披露してスタート、年長児が威風堂々に合わせて組み体操に挑戦し、会場からは大きな拍手が沸き上がった。年少児から年長児によるサーキット種目に続いて祖父母や来賓参加の「はさんで運んでコーイドン!」を楽しみ、鼓隊演奏では年長児が「オスマントルコ」「80日間世界一周」「凱旋行進曲」を元気によく演奏した。
昼食後は、保護者を交えた参加種目で交流を楽しみ、玉入れや綱引きに続いて年長児がクラス対抗リレーで年長児らしい走りを見せた。(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 11:23 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年10月11日付 岳南朝日新聞[2017年10月11日(Wed)]
岳南朝日新聞さんより。
2017年10月11日 岳南朝日新聞.jpg

「タイトル」
認定こども園 ふじキンダー学園
海にちなんだ競技で園児ら大ハッスル

「本文」
認定こども園ふじキンダー学園(富士宮市万野原新田・鳴海淑子園長)の大運動会が8日、大富士小学校グランドで開かれた。今回のテーマは「海〜夢と冒険の世界」とし、海にちなんだ競技で園児たちが大ハッスル。トラックを囲んだ父母や祖父母らに1年の成長を披露した。晴天となった同日は夏のような日差しが降りそそいだが、園児たちは元気いっぱい。『エビカニクス』で準備運動を終えると、年少、年中のかけっこで競技をスタート。

年長は『ブルゾンダンスwithキンダー学園』の演技で会場を沸かせた。競技やダンスには『エビバディゴー運動会』や『海の世界へしゅっぱーつ』『目指せ!竜宮城』『アンダー・ザ・シー』などユニークなタイトルが付けられ、園児たちは日頃の練習の成果を発揮。父母らはカメラやビデオに収めていた。
定番の競技となった『大玉ころゴロ』では、年少児と年長児が参加し、身長ほどもある大玉を2人で力を合わせて転がした。前が見えずに方向を間違えるシーンもあったが、会場からは「かわいい」という声が漏れていた。

会場にはNPO法人ヴィレッジネーションの仲立ちで交流をしている宮城県南三陸町のあさひ幼稚園から贈られた応援横断幕が飾られた。(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 20:03 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年10月11日はイオン幸せの黄色いレシートキャンペーン☆[2017年10月11日(Wed)]
2017年10月11日

黄色いレシートキャンペーン.jpg

毎月11日は、イオンの幸せの黄色いレシートキャンペーン実施中。
「イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」は、お客さまがレジ精算時に受け取った黄色いレシートを、地域のボランティア団体名が書かれた店内備え付けのBOXへ投函していただき、レシートのお買い上げ金額合計の1%をそれぞれの団体に還元するというシステムです。
※ 専門店での白いレシートでも受け付けております。

弊法人実施場所
イオン富士宮店
マックスバリュ富士宮朝日町店
弊法人は、子供の健全育成・障害者支援・被災支援を行っております。
ご理解・御協力をお願い致します。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 08:18 | 寄付のお知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ヴィレッジネーションさんの画像
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/index2_0.xml