CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年04月 | Main
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
2017年5月18日付 毎日新聞[2017年05月18日(Thu)]
毎日新聞さんより。
2017年5月18日 毎日新聞.jpg

「タイトル」
「友情の証し」空高く
富士宮のこども園 南三陸の園児と交流

「本文」
東日本大震災で被災した宮城県南三陸町の私立あさひ幼稚園(小島孝尋園長)から、震災後に交流を続ける富士宮市の認定こども園ふじキンダー学園(鳴海淑子園長)にこいのぼりが届き、17日に掲げられた。あさひ幼稚園の本園舎再建を機に作られた金色の1匹と自分たちで作った1匹。こいのぼりは「友情の証し」として、海と山のまちをつないでいる。

あさひ幼稚園は、旧園舎が津波で流失し、仮園舎を転々としてきた。被災地支援に取り組む富士宮市内のNPO法人ヴィレッジネーション(村松広貴代表)の橋渡しで、キンダー学園との交流を2013年に開始。藤枝市出身のプロサッカー選手、長谷部誠さんも支援し、昨年11月に本園舎が再建された。

キンダー学園は13年から毎春、両園の子供たちが描いた自分の似顔絵をウロコにし、4匹(全長3メートル)作り、うち2匹をあさひ幼稚園に贈ってきた。今年はキンダー学園4匹、あさひ幼稚園が1匹を制作。両園で計121人の子供たちが似顔絵作りなどに関わった。5匹は今月16日、再建された本園舎の敷地に掲げられた。

この日、キンダー学園ではあさひ幼稚園が作った1匹と、持ち帰った1匹を掲げた。子供たちが金色と緑色の2匹をするすると掲げると、富士山麓の風を受けてふわりと浮かんだ。
5年間で、両園で計600人以上が参加した。鳴海園長は「子供たちは防災についても身近に感じ、一生懸命に取り組んでくれます。思い出を大切にしてほしい」、村松代表は「園児はみんな震災後に生まれた世代。交流を通じ教訓を伝えていきたい」と話した。【高橋秀郎】(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 23:34 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年3月18日付 岳南朝日新聞[2017年05月18日(Thu)]
岳南朝日新聞さんより。2017年5月18日 岳南朝日.jpg
2017年5月18日  岳南朝日.jpg


「タイトル」
恩返しこいのぼりを掲揚
被災地の幼稚園との交流深め

「本文」
富士宮市万野原新田の認定こども園ふじキンダー学園(鳴海淑子園長)は17日、東日本大震災被災地・宮城県南三陸町のあさひ幼稚園との交流事業「恩返しこいのぼり掲揚式」を同園で行った。両園の園児の似顔絵や名前などを「うろこ」として飾り着けた2匹のこいのぼりがキンダー学園のグランドに高々と掲げられ、大空を元気に泳いでいる。

あさひ幼稚園は大震災の津波で園舎が流失したが、プロサッカー選手・長谷部誠さんや日本ユニセフ協会の支援などを受けて昨年11月に新園舎が完成している。
両園の交流は、被災地支援活動に継続的に取り組んでいる富士宮市のNPO法人ヴィレッジネーション(村松広貴代表理事)の橋渡しにより2013年4月からスタート。こいのぼりを通じた交流だけでなく、運動会や卒園式などさまざまな機会にメッセージを交わすなど親交を深めている。

今月15日、鳴海園長と村松代表理事があさひ幼稚園を訪問。キンダー学園の年長園児85人が制作したこいのぼりと合わせて5匹が新園舎で掲げられた。翌日、鳴海園長らがあさひ幼稚園で制作したこいのぼりの2匹を持ち帰った。

式では年長児が、あさひ幼稚園で掲揚された5匹のこいのぼり、新園舎の様子などの映像を鑑賞。あさひ幼稚園で制作したこいのぼりを間近で見た後、グランドに移動し、2匹を掲げた。園児はこいのぼりに向かって「頑張れ」とエールを送ったほか、童謡『こいのぼり』を歌った。
こいのぼりは今月末など掲げられ、6月には両園で制作したこいのぼりを返却し合うという。

鳴海園長は、「新園舎が完成したことで、あさひ幼稚園の園児たちがやっと落ち着いて生活できることに安堵(あんど)している。キンダー学園の園児たちは震災を身近に感じ、防災訓練などにも真剣に取り組んでいる。震災の記憶を風化させず、子供たちにとっても思い出深い交流になるよう、今後も交流を継続していきたい」と話した。(全文)

※新聞表記では今月15日にあさひ幼稚園を訪問とありますが、正しくは16日です。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 22:59 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年5月18日付 三陸新報[2017年05月18日(Thu)]
三陸新報さんより。
2017年5月18日 三陸新報.jpg

「タイトル」
五月晴れにこいのぼり
あさひ幼稚園 静岡の園児と共同制作
南三陸町

「本文」
南三陸町のあさひ幼稚園で16日、東日本大震災後から交流している静岡県の園児と共に作ったこいのぼりが掲げられた。新園舎に移転して初めてのこいのぼりで、五月晴れの中で悠々と泳ぐ姿に園児たちは大喜びだ。

南三陸町の子供たちをこいのぼりで元気付けようと、被災地支援NPO法人「ヴィレッジネーション」の村松広貴代表が橋渡し役となり、2013年から静岡県富士宮市の市立ふじキンダー学園と交流がスタートした。今年で5年目。

こいのぼりは5匹で、あさひ幼稚園36人と、ふじキンダー学園の園児たち88人が共同で作った。体調は約3メートル。胴体には子供たち一人一人の名前と顔が描かれ、うろこも縫い付けてある。
子供たちは静岡の園児たちのビデオレターを見て、「こいのぼり」を合唱。園庭に掲げられると「すごい」などと歓声が上がった。年長組の高橋羚鳳君は「こいのぼりが大きくて、かっこよかった。自分の顔を見つけてうれしかった」と笑顔をみせた。

あさひ幼稚園の小島孝尋園長は「毎年、子供たちはこいのぼりと静岡の子供たちに会えることを楽しみにしている」と感謝。ふじキンダー学園の鳴海淑子園長も「子供たちの笑顔を見ることができ、とてもうれしい。これからも交流を続けていきたい」と話した。(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 12:35 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ヴィレッジネーションさんの画像
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/index2_0.xml