CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2015年12月 | Main | 2016年02月 »
<< 2016年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
2016年元旦のご挨拶[2016年01月01日(Fri)]
全世界の皆さん、あけましておめでとうございます。

乙旺里(ウランリ)海水浴場周辺.jpg
(仁川国際空港近く。元旦の夕日とロサンゼルスから帰国のコリアンエア)

現在、日本が承認している世界の国の数196か国
昨年よりニウエ(2015年5月15日)が加わり1つ増えました。
日本時間2016年1月1日11:00に「Happy New Year」と連絡をくれたブラジルの親友
人が住む、全ての国がたった今、2016年を迎えることができました。
今更ながら、地球って広いんですね。
1992年日本人初宇宙飛行士、毛利衛さんは帰還直後、言いました。
「宇宙からは国境線がみえなかった」
当時の私にとって印象的な言葉でした。
なぜならその一年前に、湾岸戦争や現在も続くソマリア内戦をTVから見ていたからです。
世界で紛争や戦争が起きていて、それが戦争映画の様に見えて…
平和で暮らす日本が不思議に見えたことを今でも覚えています。

私は今、韓国にいます。
韓国と私の国には、寄り添っていくことの出来ない、過去の歴史があります。
私は、戦争時代を経験したわけでは無いので、歴史的事実はよくわかりせん。
正直、頭のいい方ではないので今でもよく理解していません。
私が韓国に居ることに、批判的な意見や金銭的苦労も多数あるのも事実。
しかし、私は確かにこの韓国で子供たちと一緒に、片言の言葉や言語にたよらないコミュニケーションを用い、笑いあい、世界地図を眺めながら世界は一つと信じ、寄り添っています。
だからいつも、思う「One World」
新年あけましておめでとうございます。

特定非営利活動法人 ヴィレッジネーション
代表理事 村松広貴

私を呼ぶ韓国の子供たち.jpg
(富川市での塾での様子)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 20:00 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ヴィレッジネーションさんの画像
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/index2_0.xml