CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« Villagenationとは | Main | 南三陸町 »
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
2016年6月11日 東日本大震災から5年3ヶ月が経ち…[2016年06月11日(Sat)]
東日本大震災から5年3か月が経ちました。
一斉捜索が行われ、行方不明者2500人以上の捜索が行われました。

宮城県内では仮設住宅の入居世帯が1割を超える1853世帯が今後の転居先を決められずにいることが河北新報の調べで判明した。
家賃補助が出るところもあるそうですが、期限付きで実施されたり、市営住宅に空きが出来次第移ってもらうなどの計画をしているが、市内の空き物件が減っているそうです。
河北新報より。

また震災で流された宮城県気仙沼市の調査船が5年3か月ぶりに里帰りしたニュースもありました。
黒潮などの影響でハワイ沖やアメリカ西海岸付近まで流れた調査船が見つかったのは先月。沖縄県の宮古島近くから宮城県へ里帰りし、集まった人々は感無量だったとのことでした。(ニュースより)

どれだけ月日が経っても忘れられないあの時の気持ちは変わりません。
ですが、確実に前へ進んでいます。一日も早い復興を願っております。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 23:32 | 2011.3.11 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年5月16日付 KHB東日本放送「Jチャンネル」みやぎ[2016年05月16日(Mon)]
KHB東日本放送「Jチャンネル」みやぎさんより。
スーパーJチャンネルみやぎで放送されました。
18:15〜19:00
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 23:15 | 2011.3.11 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年4月11日 東日本大震災から5年1ヶ月が経ち…[2016年04月11日(Mon)]
東日本大震災から5年1ヶ月が経ちました。
暖かくなったり、寒さが冬に逆戻りしたりと複雑な陽気です。
さて、町中で復興工事が進む中、毎日新聞の高橋さんの記事に歌人の工藤真弓さんが取り上げられていました。
毎日新聞さんより。

工藤さんといえば、当法人も五行歌の皆さんとコラボして写真展を行いました。
2012年9月7日富士五行歌会と、ヴィレッジネーションがコラボの記事より。
あの日の出来事は消えないけれど、体験した震災の教訓を将来に備え、対策を考えなければならないと改めて感じました。
4月に入り、新しい生活環境になった方も多いと思います。
1日も早い復興を心より願っております。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 10:59 | 2011.3.11 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
それぞれの3.11[2016年03月12日(Sat)]
東日本大震災から5年
宮城県南三陸町にいます。
ヴィレッジネーションが見た、南三陸町の人々。
2016年3月11日南三陸町(0).JPG


・仮設住宅で知り合った佐々木さん。
仮設住宅を出て公営住宅に住んでいます。奥さんを津波で亡くし5年。復興が進んでも大切な人を失って寂しい時もあるけれど、仮設住宅で隣だった人とも偶然、今も隣同士。今も時々くる救援物資を隣近所へ配達中でした。
公営住宅.JPG

・4年目の繋がりのあさひ幼稚園さん。
震災後に生まれた子ども達は、日々変わる道や盛土をピラミッドみたいと言う。生まれた時からの風景は、普通の風景。今月、卒園する園児におめでとうを言ってきました。
あさひ幼稚園さん.jpg

・知り合いが生き延びた、防災庁舎。
屋上周辺で生き延びたと話てくれました。今日は、報道陣がたくさんいるから行かないと言っていました。
防災庁舎.JPG

・さんさん商店街の「志のや」さん。
ここ以外では、ごはんを1度も食べたことがありません。腹いっぱい飯食ってけといつも応援してくれます。夢が大きくそれをいつも叶える、魅力いっぱいの店主。
志のやさん.jpg

・さんさん商店街の「わたや」さん。
新しい移転先や家を建てる話をうれしそうに話してくれました。クリーニングやさんですが、応援グッズもたくさんあり、いつも人が多い。2012年9月にプレゼントした表札を今も掲げていてくれています。
わたやさん.jpg

・オクトパス君の「YES工房」さん。
南三陸町を象徴するキャラクターのオクトパス君。園児とコラボレーションしてつくった絵馬に願いを書いた園児も、もうすぐ3年生。
YES工房さん.jpg

・「南三陸病院・総合ケアセンター南三陸」の事務長さん。
志のやさんで知り合った、旧志津川病院の事務長さん。旧志津川病院は、建設費の4割を台湾からの義捐金で支えられてます。敷地内には台湾の皆さんありがとうと記念碑が設置されています。事務長さんとは、呑み友達です。
南三陸病院.jpg

・岩崎さん。
南三陸町へ来るきっかけになった、視覚障害をお持ちのご夫婦。いつもありがとうと何度言われただろうか?一緒に釣りに出掛けた帰り道。地盤沈下によって冠水してずぶ濡れになった頃を笑いあった。
岩崎惣一さんご夫婦.jpg

ヴィレッジネーションとして5年間を南三陸町と共に歩み続けてきました。
TVから流れる、風化だとかまだまだ支援が必要と思わせる風潮がある中、それらを感じさせない人たちに震災5年目の今日出会った。
町の景観の変化と共に、人との繋がりにも変化しています。5年目を節目といいますが、現地では節目はなく、今できることにチャレンジ真っ最中。
復興も人の手で進むように、大切な人を失った人にも、人の心に寄り添うことが大切な支えになっている。同じ日本人として日本の未来を考え、世界に生きる人として「心一つに国民が寄り添っていくことが大切」だと考えています。
2016年3月11日南三陸町.JPG

きりこ.jpg
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 23:28 | 2011.3.11 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年3月11日 東日本大震災から5年が経ち…[2016年03月11日(Fri)]
震災から5年目の「東日本大震災犠牲者南三陸町追悼式」
あの日と同じ金曜日。
海は青く、空も澄み、時よりちらつく春を知らせる雪。
天皇陛下が「国民が心一つに寄り添っていくことが大切」と述べられてました。
南三陸町においては死者620人。未だ行方不明者の数は、212人(南三陸町HPより抜粋)
2016年3月11日東日本大震災南三陸町追悼式.JPG

震災をきっかけに3年目まで、毎月訪れたここ宮城県南三陸町。
さまざまな思いとご縁で、いまここにいます。
震災後、町の景観や繋がり方にも、時間と共に変化してきました。
これからも新しい繋がり方に変化しながら同じ日本を日本人として、世界に生きる人として考えていこうと思いました。
2016年3月11日の南三陸町.JPG

未来をみる南三陸町.JPG
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 23:25 | 2011.3.11 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年2月11日 東日本大震災から4年11ヶ月が経ち…[2016年02月11日(Thu)]
東日本大震災から4年11カ月が経ちました。
最近、頻繁に日本各地で地震が起き、8日には鹿児島県にある桜島が噴火。
近隣諸国では、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)が、「人工衛星打ち上げ用」にも「弾道ミサイル」にも共通する「ロケット」の打ち上げに成功。
6日には、台湾南部で大地震が発生。死者61人行方不明者約60人(2月11日現在)
東日本大震災後、交流が続く南三陸町が、全町一丸となって募金活動を開始した。


来月で東日本大震災から5年。
宮城県南三陸町の広報に追悼式のお知らせがありました。
「東日本大震災 南三陸町追悼式」
平成23年の東日本大震災により犠牲になられた方々のご冥福をお祈りするとともに、復興への誓いを新たにするため、本年も南三陸町主催による追悼式を開催いたします。
震災のご遺族及び関係者の皆様のご参列を、ご案内申し上げます。
日時:3月11日(金)午後2時30分開式(予定)
          (午後1時45分開場)
場所:南三陸町総合体育館ベイサイドアリーナ(志津川字沼田56番地)
※ 詳細については広報みなみさんりく3月号でお知らせいたします。
2015年南三陸町追悼式.jpg
(写真は、昨年行われた南三陸町追悼式の様子)
5年目を迎える来月、南三陸町で手を合わせたいと思います。
一緒に参列される方を募集しています。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 20:33 | 2011.3.11 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年1月11日 東日本大震災から4年10ヶ月が経ち…[2016年01月11日(Mon)]
東日本大震災から4年10カ月が経ちました。
今月も行方不明者の方の集中捜索を各地で行いました。
死者数1万5894人、行方不明者2563人、合わせて1万8457人の手掛かりを遺族の思いを胸に探しました。

今週末は成人の日であり、各地で成人式が行われました。
地元新聞によりますと、中学卒業と震災の記憶が重なる新成人たちは、郷土の復興や町の再建、地震の飛躍を誓ったそうです。(河北新報より)
式では支援の感謝の気持ちを忘れず精一杯生きることの大切さを語りました。
成人の日はひとつの節目の日でもあり、将来を新たに誓う日でもあります。
1日も早い復興を心より願っております。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 10:23 | 2011.3.11 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2015年12月11日 東日本大震災から4年9ヶ月が経ち…[2015年12月11日(Fri)]
東日本大震災から4年9か月が経ちました。
震災、原発事故によりお亡くなりになられた方のご冥福をお祈り申し上げます。
また、仮設住宅で困窮な生活を強いられている被災者の方々の一日も早い再建をお祈りいたします。

全国での死者は15,893人、行方不明者2,565人、関連死では3,331人と警察庁は発表しています。
全国j避難者数は18万7千人です。

南三陸町の復興ライブカメラはこちら
24時間いつでも見ることが出来ます。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 17:00 | 2011.3.11 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2015年11月11日 東日本大震災から4年8ヶ月が経ち…[2015年11月11日(Wed)]
東日本大震災から4年8か月が経ちました。
各地で警察やボランティアの方々が集中捜索を行いました。

町の復興の一環として南三陸町では、南三陸町震災復興計画のエコタウンへの挑戦のため、
バイオガス施設を建て10月16日に竣工式が行われました。(南三陸町ブログ)
バイオガス施設とは、例えば生ごみやし尿、林地残材等捨てられてたものを活用するシステムです。
廃棄物を資源として見直し、エネルギー、人、経済が循環するように建てました。
自然豊かな町だからこそのプランですね。
自然に敬い、自然に共生する町づくりです。
当法人も今年度から畑を始め、大地の恵みや食物を食べるありがたさ、周りの方々への感謝を改めて実感しています。

1000年に一度といわれる東日本大震災から一歩ずつ確実に前へ進んでいます。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 11:40 | 2011.3.11 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2015年10月11日 東日本大震災から4年7ヶ月が経ち…[2015年10月11日(Sun)]
東日本大震災から4年7か月が経ちました。
台風の影響などで大雨になる地域もあり、河川の氾濫なども起こったところもありました。

4年7か月が経った現在、河北新報によりますと宮城県沿岸部の暮らしの変化が起きています。
平野部が多い、仙台市や東松島市などでは災害公営住宅の整備や仮設住宅の解消、防災集団移転促進事業が進んでいます。

塩釜市や南三陸町などでは、防災集団移転促進事業は反面進んでいますが、災害公営住宅の整備や仮設住宅の解消は進んでいません。
石巻市や気仙沼市、女川町などでは住宅再建の遅れが目立ちます。

自然災害からは逃れられませんが、自分たちができる防災、減災を行っていきたいと改めて感じました。
今月、久しぶりに宮城県南三陸町を訪れてみようと計画中です。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 10:37 | 2011.3.11 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ヴィレッジネーションさんの画像
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/index2_0.xml