CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 子供 | Main | 南相馬市 »
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
韓国滞在のお知らせ[2017年04月27日(Thu)]
韓国滞在のお知らせ
2017年04月27日〜2017年05月13日
代表理事の村松広貴は、日本国内不在となります。
※海外情勢により渡航日程を調整する場合がございます。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 00:00 | 韓国 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
東日本大震災から7年を前に、韓国の子どたちが復興を応援!?[2017年03月10日(Fri)]
2014年韓国国内で起こったセウォル号沈没事故から、富川市(プチョンシ)で防災教育を開催している絵を中心とした塾(그림나라)から東日本大震災の被害をうけた日本へ応援メッセージを頂きました。
동일본 대지진.jpg

幼稚園から小学6年生が描いた
「頑張ろう日本!心ひとつに 힘내자!!(頑張ろう)」

東日本大震災の映像を見て、そんな国から防災教育のためにやってきた私や私の国を応援しようと企画。絵を中心とした塾なのでカラフルな絵を交え、携帯電話の翻訳機を使って、描いてくれました。頂いた応援メッセージは、現在開催中の復興写真展内で、9日より展示しております。
동일본 대지진TV.jpg

한국 그림나라.jpg

한국 그림나라 (2).jpg

한국 그림나라 (3).jpg


日時:2017年3月7日 〜 3月21日まで
場所:芝川公民館(静岡県富士宮市貫戸1270-1)
時間:火曜日 〜 日曜日 8時30分 〜 17時00分
(月曜日は休館。ただし祝日に当たる場合は火曜日も休館。) 
料金:無料(どなたでも自由)
「ヴィレッジネーションによる2011年から2017年の復興写真展」6年を振り返る
ヴィレッジネーション東日本大震災写真展.jpg

ヴィレッジネーション東日本大震災写真展 (2).jpg

韓国といえば現在、日本との険悪な状況下。竹島問題(韓国名 独島)、従軍慰安婦やそれを取り巻く大統領の罷免。次の大統領が決まるまで情勢が不安定であり、さらに近隣の北朝鮮や中国などTHIRDミサイル配備問題など様々な問題を抱えていますが、人と人ではこうした繋がりを大切にしています。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 11:29 | 韓国 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
韓国からお便り!?[2017年01月25日(Wed)]
韓国帰国から、2週間が経ち…

予定が合わず、出来なかった「日本の料理教室」
「たこやき=타코야키」
타코야키(たこ焼き).jpg

みんなで楽しくたこ焼きを作っている様子が韓国から送られてきました。(2017年1月20日)
今はインターネットが普及しているためにリアルタイムで情報が得られていい時代です。上手に丸く出来たかな!?
타코야키(たこ焼き) (1).jpg

타코야키(たこ焼き) (2).jpg

타코야키(たこ焼き) (3).jpg

타코야키(たこ焼き) (4).jpg

타코야키(たこ焼き) (5).jpg

타코야키(たこ焼き) (6).jpg

타코야키(たこ焼き) (7).jpg

おいしく出来上がった、たこ焼きは日本語で「いただきます」と言って食べたり、今も冬休み中の子どもたちの日記には「日本の本当のたこ焼きを作ったこと」を嬉しそうに記してあったそうです。

年齢差に厳しい韓国社会ですが、그림나라の塾の子どもたちはお互いを尊重し、楽しく過ごしています。冬休み中、元気な子どもたちは塾でお昼を食べます。
今日(25日)は、いつもよりたくさんのご飯を食べてしまったために、先生のご飯がない…

自己主張が大事な事とされる韓国ですが、塾では人を思う気持ちも大切なことと教えています。そんな流れからなのか?子どもたちが先生のお昼ご飯がないことに気が付き、思い、考え、行動しました。少ないお小遣いを出しあい、おにぎりとコーヒーをプレゼントしてくれたそうです。
선생님의 밥.jpg

今年の旧正月(ソルラル(설날))は1月27日〜1月30日。
子どもたちの冬休みは2月2日頃まで(小学校によって異なる)それから1週間程度、学校に通い、春休みに突入。3月2日から新学期スタートです。
いつの間にか成長した子どもたちにまた、会える日が来ることを楽しみにしています。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 22:58 | 韓国 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年1月22日 ソウル地下鉄2号線の火災「잠실역=蚕室駅」[2017年01月24日(Tue)]
2017年1月22日午前6時28分、ソウル地下鉄2号線の蚕室駅を出発して蚕室セネ駅に入ってきた車両の下部分で火災が発生した。この火災で、機関士と車掌が乗客に待機を指示して確認作業を進めている途中に、乗客らが自ら緊急レバーを操作し車両ドアを開き、スクリーンドア(ホーム側に設置されたドア)まで開けて非常脱出していたことが分かった。2014年4月に起きた旅客船「セウォル号」沈没事故で、乗客が船員による「待機指示」を守ったために脱出が遅れ、多数の犠牲者を出したことから、事故のトラウマが乗客のこのような行動につながったとみられている。
2016年7月の地下鉄1号線内.JPG
(2016年7月の韓国地下鉄1号線内)

2016年8月の地下鉄1号線(富川駅).jpg
(2016年8月の韓国地下鉄1号線富川駅のスクリーンドア)

車掌は車両に停電と発煙などの問題が発生していることに気づき、6時28分に「煙が発生している。確認中なので待機するように」と車内放送を流し、乗客に指示した。
その後、車両を停車させて状況を確認しようとした瞬間、乗客たちは非常コックを操作し、車両のドアと駅のホームドアを開けて車両から外へ飛び出した。
車両の状態を目視確認した車掌は、6時30分に電車内とプラットフォームにいる市民に緊急避難の案内放送を流した。しかしその時点で乗客のほとんどは、すでに車両から脱出していた。

このため一部の乗客は、車掌が乗客をすぐに避難させず「お待ちください」と放送したことについて不満を漏らした。セウォル号沈没事故(2014年4月16日に死者295人、行方不明者9人)当時の船長・船員と同様に、地下鉄を運行するソウル・メトロも乗客を守る義務を怠ったと述べた。
しかしこれに対し、ソウル・メトロは「車両が駅に進入している途中に煙が出たため、走行中の車両の外に乗客を避難させられる状況ではなかった」と釈明した。

 ソウル・メトロはさらに「火災発生直後、煙が発生しているため待機するよう放送したのは確かだが、(セウォル号事故のように)動くなというような指示をしたわけではない」として「(事実関係を確認するまで)待つようにと案内したが、乗客たちは待たずに(ドアを)開けて出てしまった」と説明した。
また「(乗客たちが)非常脱出の方法を誤って線路に出てしまえば、もっと大きな事故が起きかねない。われわれのマニュアルによると、(事故の)確認作業を行った上で非常脱出を誘導することになっているが、乗客たちは焦って自分たちで先に脱出した」として、マニュアルに従った対応だったことを強調した。

今回の事故に、「緊急マニュアルもまともにつくれないのに車掌の言葉なんて信じられるか」、「待っていたらセウォル号事故の時みたいなる」、「韓国は信用できない。わが身は自分で守らなけらばならない」、「誰も信じられないのが大韓民国の現実」など交通機関の安全対策に対して疑心暗鬼になった声が多く寄せられた。

実際に現場に居たわけではないので結論は出ませんが、セウォル号の出来事を知っている国民の気持ちも理解出来ます。しかし、災害時に恐ろしいのはパニック心理。車掌が状況判断している2分の間に勝手に判断した群衆が出口に殺到した状況などを危険だと感じる一方、スクリーンドアを乗客が開けたと記事にある事を考えてみると、電車がプラットフォームへ到着している中では車内待機より、乗客の避難が優先することが出来たようにも感じました。
これは次回、訪韓した時の「避難時の課題」として子どもたちと一緒に考えてみたいと思います。
2016年7月그림나라.JPG
(2016年7月の그림나라塾に通う子ども)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 10:57 | 韓国 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
韓国で、安全・防災教育を行いました(안전 ・ 방재 ・ 교육)[2017年01月11日(Wed)]
2016年11月22日の20時00頃に起こった、塾から400m先での火災。
5階建てのアパート(日本でいうマンション)の地下駐車場から出火。
火事の原因は不明ですが、たばこの不始末などにより出火したと考えられています。この火事で、偶然近くを通った高所作業車が3階までハシゴを伸ばし、住民を救出。早期救出により、幸いにも死亡者は出ませんでした。
화재 안전 교육(火事の現場).JPG

화재 안전 교육(火事の現場) (2).JPG

地震より火災の発生が多く一度、火事になれば大参事になりやすい韓国。
これは、現在の消防法では10階以下の建物はスプリンクラーの設置義務はないことや、外壁が燃えやすい素材で覆われいるため(建物の横と裏面はスチロールにセメントを上塗りした断熱材)この素材は安価なうえに施工が簡単なためよく使われており、簡単に火がついて被害が広まりやすい。住宅を早く安く供給するという名分から、住宅建設基準や附帯施設の設置基準を政府がなくすなどして緩和した結果のようです。
それと、国土面積が少ない為、隣の建物との間が少ないことや、駐車場が足りない韓国では、裏路地の路上駐車が多く、緊急車両が通りにくいことも火事の延焼に繋がる原因だと思います。
화재 안전 교육(火事の現場) (3).jpg
(火事現場の裏路地)

「子どもたちと考える安全な社会」
韓国での、防災訓練?と考えてみると、民防衛訓練?でしょうか?
民防衛訓練とは、敵の軍事的侵略または天災事変による人命及び財産被害を最小限に抑えるため、民間人によって実施される非軍事的防衛行為のことを示し、簡単に言うと軍事避難訓練のこと。
防災訓練などほとんど行われた事がなく、知識が乏しいため簡単な事からはじめてみました。
近隣が火事になった時に助かる方法を、幼稚園児と歩いて見つけてみました。
안전 교육.jpg
(幼稚園生と学ぶ)

안전 교육 (2).jpg

小学生には、普段通う学校から塾周辺を歩いてみて、火事に役に立ちそう物や施設があるか?探して地図に書き込んでみました。見つけるたびに写真を撮って、地図に書き込みました。
안전 교육 (3).jpg

안전 교육 (4).jpg

안전 교육 (5).JPG

안전 교육 (6).jpg

안전 교육 (7).JPG

안전 교육 (8).JPG

自分の住む町にどのようなものがあるのか?調べてみると役にたちそうな学校や幼稚園、公園に広場や田畑、病院や薬局、銀行にコンビニや電話ボックス、消火栓、防犯カメラを探してみました。街の中には、沢山の役にたちそうな物が見つけられました。
CCTV.JPG
(CCTV=防犯カメラ)

전화 상자(電話ボックス).JPG
(電話ボックス)

주유소(ガソリンスタンド).JPG
(ガソリンスタンド)

편의점(コンビニ).JPG
(コンビニエンスストア)

약방(薬局).JPG
(薬局)

마트(マート).JPG
(マート)

금연(禁煙).JPG
(学校周辺は禁煙)

まずは、地域にどんなものがあるか?勉強しました。学校の近くには消火栓がたくさんあったり、学校周辺は、禁煙になって火事が起こりにくい事が解ってきました。
日本の防災訓練と比べてみると程遠いですが、まずは第一歩から。
次に訪韓した時には、この地図を使ってもっともっと面白いことをしてみたいと思いました。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 18:39 | 韓国 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
韓国の塾で料理教室を行いました。[2017年01月10日(Tue)]
大人気教室「日本料理」
子供たち大人気メニュー!!

前回作って人気だった、餃子。
朝から塾で勉強する、総勢15人が参加。

先生が餃子の皮に包む方法を、子どもたちに伝えます。
真剣な眼差しで、見つめられる餃子。それもそのはず。
今回の目標は、自分の分は自分で作ってみる。
チャレンジする心を育みます。一人5個は作ってみる。
再度、先生に聞いてみる子どもや、自分の携帯電話で包み方を調べるところがIT大国、韓国らしいですね。
만두(餃子づくり).JPG

만두(餃子づくり) (2).jpg

만두(餃子づくり) (3).JPG

個性的な餃子がたくさん完成し、焼き上げました。
しかし…
食べない…食べれない…
家族みんなで食べてみたい。
こんなにおいしそうなもの自分ひとりだけじゃ食べれない…
だから、持ってかえりたい。
食べ物は、みんなで共有して食べてる事が当たり前の韓国。
만두(餃子づくり) (4).jpg

お持ち帰りの案が子どもたちから出たため、入れ物を用意しました。
せっかくおいしそうに出来た、餃子。
シンプルな入れ物は何か寂しい。
絵の塾だけに入れ物に絵を描く。
絵と料理の融合です。
保護者も喜ぶでしょう。
그림나라 만두(餃子づくり).JPG

別の日には、おむすびと焼きそばも作りました。
みんなで作って、いただきます。
みんなの作ったものを、見比べて、食べ比べてみんなで食べるとおいしいね。
でも、キムチをのせたらもっとおいしいね。やっぱりね。
주먹밥(おにぎり).jpg

야키소바(焼きそばづくり).jpg

주먹밥 야키소바.jpg

잘 먹겠습니다(いただきます).jpg
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 16:59 | 韓国 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
セウォル号の沈没事故から、1000日が経ち…[2017年01月09日(Mon)]
2014年4月16日に、大韓民国(韓国)で起こった大型客船「セウォル号」の沈没事故から、1000日が経ち…。未だ9名が行方不明。(高校生はうち6名)

乗員乗客476人のうち300人以上の犠牲者・行方不明者のほとんどは、修学旅行中のソウル近郊にある安山市壇園高校(안산시 단원고등학교)2年生と教員。
クラスによっては1名を残し全員死亡するなど、韓国最大級の事故であり未だ、船の引き上げ作業は難航しています。
세월호(セウォル号20140416).jpg

2014年4月16日のまま.jpg

学校が再開され、今は近くにある安山教育センター(안산 교육지원청)の一室が、記憶の教室(기억교실)としてあの時のままを再現しています。
안산 교육지원청(安山市教育センター).jpg

기억교실(セウォル号記憶の教室).jpg

기억교실(セウォル号記憶の教室) (2).jpg

기억교실(セウォル号記憶の教室) (3).jpg

기억교실(セウォル号記憶の教室) (4).jpg

단원고등학교(安山市壇園高校の修学旅行日程表).jpg
(修学旅行の日程表)

9名の先生も亡くなりました。(1名は自殺)
その中で、九州大学に留学経験がある日本語を教える教師の教壇には、日本語が入り混じったメッセージがありました。
写真 2017-01-07 16 40 33.jpg

유니나 선생님(日本語教師のニナ先生).jpg
( 日本語教師の유니나=ユ・ニナ先生)

유니나 선생님(日本語教師のニナ先生) (2).jpg
(日本語教師の 유니나=ユ・ニナ先生へ宛てられたポストイット)

유니나 선생님(日本語教師のニナ先生) (3).jpg


2016年に問題化した、朴槿恵(パククネ)大統領の親友・崔順実(チェ・スンシル)氏が国政への介入や財団の私物化等の問題等で、11週連続でデモ活動が行われています。(2017年1月9日現在)
その中でもセウォル号問題をとりあげられ、事故直後の政府の対応の遅れや、一向に進まない引き揚げ作業に、犠牲者の家族はもとより、一般の市民までもが政府への不信感が強め、デモ活動が行われています。
박근혜 즉각퇴진(光化門).jpg

세월호(セウォル号 光化門).jpg

韓国は1987年に「民主化」され今年で30年。97年のIMF危機から脱出し、アジア地域GDP4位の成長率。デモ活動で死者が出ない・デモ活動の後にゴミ拾うなど、民主化の自国を絶賛し2016年12月9日には自ら選んだ朴槿恵大統領を弾劾し、職務が停止。
毎週行われる光化門広場では、歌手によるコンサートが行われたり、お祭りのような屋台が出たり、その場所にテントを張って住む人や高校生の参加、子連れでも安心して参加出来るなど推奨しデモ活動が行われています。
박근혜 즉각퇴진(朴槿恵即刻退陣).jpg

박근혜 즉각퇴진(朴槿恵即刻退陣) (2).jpg

박근혜 즉각퇴진(朴槿恵即刻退陣) (3).jpg

박근혜 즉각퇴진(朴槿恵即刻退陣) (4).jpg
(박근혜 즉각퇴진=朴槿恵即刻退陣のプラカード)

박근혜 즉각퇴진(朴槿恵即刻退陣) (5).jpg
(デモ活動に参加する高校生)

박근혜 즉각퇴진(朴槿恵即刻退陣) (6).jpg
(警察バスに張られた朴槿恵即刻退陣のステッカーやポスター)

박근혜 즉각퇴진(朴槿恵即刻退陣) (7).jpg
(警察バスに張られた朴槿恵測国退陣のステッカーやポスター デモが終われば市民によってしっかり剥がされる)

国として機能しないまま、北朝鮮への対応THAAD(高硬度防衛ミサイル)配備による米国・中国問題、諸外国との通貨スワップ終了問題、慰安婦少女像問題をめぐる日本問題など外交が停滞。
国内においても、大企業の経済失速、鳥インフルエンザの蔓延でたまごの値段が4.5倍に急上昇。
全てにおいて、朴槿恵大統領が悪いと言って罵り、解決への糸口を探さないなど、国民が国民の首を絞めているように思えます。
これから先をどう生かすか?進まぬ韓国で何ができるか?
子どもたちの笑顔を思い受べながら考えた、2017年1月9日でした。
国内からほとんどのたまごが消え、価格が4.5倍に.jpg
(たまごの値段が4.5倍へ急上昇)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 10:29 | 韓国 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
韓国の福祉事情(脳性まひ編)[2017年01月08日(Sun)]
私が見た韓国の脳性まひを支援するビル。
NARO CENTER.jpg

1階は、カフェ「35cm」名前の由来は、もう少し近く、少しだけ広い心の距離。
2階、3階は、作業所?と言うより仕事場かな?
4階は、社会的貢献企業。
5階は、脳性まひの方に賛同する歯医者。
6階は、カフェなどで扱うフードファクトリー。
7階は、ビルを使う人たちの食堂や事務所、体験スタジオ。
ナロセンター1階にカフェ「35cm」を運営して労働障害者の自由な避難所の提供と脳性麻痺障害者にバリスタの夢と希望を持つように運営しており、特にノァソン麻痺のバリスタ23と非障害者が一団となってきた信頼性と心を尽くして、おいしいコーヒーを作って提供している。カフェ内の会議室は、障害者はもちろん、地域住民の関連団体などの予約が可能である。02-6925-5602

この日はカフェしか営業がしていませんでしたのでカフェ内を紹介します。
35cm cafe.jpg

35cm cafe (2).jpg

35cm cafe (3).jpg

35cm cafe (4).jpg

35cm cafe (5).jpg

隣には、公園内に建つ幼稚園があったり、視覚障害者専用のタクシーも走っている最先端な考えをもつ場所でした。
公園の中にある幼稚園.jpg
(公園の中にある幼稚園)

視覚障害者用タクシー.jpg
(視覚障害者専用タクシー)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 14:01 | 韓国 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
韓国の塾より、「新年あけましておめでとうございます・새해복 많이 받으세요」[2017年01月03日(Tue)]
韓国の塾より、「新年あけましておめでとうございます・새해복 많이 받으세요」
本日より그림나라(塾)スタートです。
새해 복 많이 받으세요(あけましておめでとうございます).JPG

子供たちに、日本のお正月の文化を知ってほしくて、鏡もち、門松、しめ飾りを紹介しました。
日本語を韓国語に翻訳して、掲示。
「아あ 케け 마ま 시し 뗘て 오お 메め 데で 또とぅ 고ご 자ざ 이い 마ま 스す」
카가미모치(鏡餅).jpg

캐드마츠.JPG

새해 복 많이 받으세요(あけましておめでとうございます) (2).jpg

だるま落としに、けん玉遊び。
新品だったけん玉も、今や練習の証しが凄い。
けん玉が欲しくて、インターネットで取り寄せた子どももいるほど大人気。
けん玉の音が鳴り響くと子どもたちが集まり始めます。
異文化を学ぶことに、みんな夢中に過ごしてくれる良い時間になりました。
켄다마(けん玉) (2).jpg

켄다마(けん玉) (3).jpg

켄다마(けん玉).jpg

何かのご縁で繋がったこの韓国。
夢中になる大切さを新年早々、子供たちから学んだ2017年1月4日
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 22:11 | 韓国 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
クリスマス会 in Korea[2016年12月23日(Fri)]
2016年12月23日(金)
韓国の塾でクリスマス会を実施しました。
그림나라 의 크리스마스.jpg

昨年と思考を変えて、クリスマス会を計画しました。
計画のほとんどが、風邪でdownして指示だけ…
今年はサンタクロースは呼ばなかったのですが、いい思い出を作ろうと頑張りました。
トナカイの絵を描いたり、アニメでしか見たことのない、けん玉やだるま落とし、ヨーヨー釣りをして楽しみました。
그림나라 로돌포 (2).jpg

トナカイの絵を描いて、その鼻になる部分を繰り抜いてキャンディーを入れて作品づくり。
日本のアニメで見たことがあるけどやったことがない、けん玉やだるま落とし。
季節外れですが、夏からの要望があったヨーヨー釣り。
그림나라 로돌포.jpg

켄 다마.jpg

달마 떨어.jpg

달마 떨어 (2).jpg

요요 낚시.jpg

그림나라 요요 낚시.jpg

子どもたちの「よろこび感」は想像以上。
韓国の小学生の部屋での遊びと言うと、携帯電話のアプリで通信してするゲームがほとんど…
そんな中、昭和的なアナログゲームに奮闘。
縁日のような?お正月のような?不思議なクリスマス会になりましたが、世界中どこを探しても、クリスマスにヨーヨー釣りをするこんなに楽しいクリスマス会は、きっとここだけだったと思います。

あわてんぼうのちびっこサンタクロースたちはプレゼントを抱え、次の塾へ通ったり家庭へ帰っていきました。
그림나라 의 크리스마스 (2).jpg

本来、塾では学習面の比重を重視しなければなりませんが、그림나라(グリンナラ=絵の国という意味)では家庭や学校では教えてくれない総合学習を全面的にサポート。そのうえで子どもたちの学習意欲の向上を図っています。

塾を終えて、街を歩けば、どこもクリスマス一色でした。
街はクリスマス一色.jpg
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 23:38 | 韓国 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ヴィレッジネーションさんの画像
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/index2_0.xml