CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« オリンピック・パラリンピック | Main | 韓国 »
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
第35回 うんどうかい[2016年10月10日(Mon)]
平成28年度 認定こども園ふじキンダー学園運動会が開催されました。
雨で順延になり開催が10日で当法人のイベントを終えた廣瀬誠選手が駆けつけてくれました。
リオデジャネイロパラリンピックで応援してくれた園児たちを今度は廣瀬選手がエールを送りました。
応援合戦にて。
エールを送る廣瀬さん.jpg

エールに応える園児たち。
運動会.jpg

園児にメダルも触らせてあげました。
メダルを触る園児.jpg

一日頑張った園児たちに廣瀬選手からメダルの贈呈です。
廣瀬選手からメダルの贈呈.jpg

園児と廣瀬選手
園児と廣瀬選手.jpg

先生方と廣瀬選手
先生方と廣瀬選手.jpg

村松も廣瀬選手たちとの今までのつながりがあったので一層喜びを分かちあい、日本チームのジャージを着させていただくことができました。マスコットのトム君も持たせてもらいました。
獲得したメダルと同じ色の限定トム君です。
リオ.jpg

廣瀬さん、富士宮に来てくれてありがとうございました!
またお待ちしています!!!
廣瀬さんご家族.jpg
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 19:30 | 子供 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「身近に感じよう視覚障害者」[2016年08月26日(Fri)]
8月15日に東京港区の地下鉄ホームで盲導犬を連れた視覚障害の男性が線路に転落して死亡した事故や、まもなく開催されるパラリンピックなどの予習学習として夏休み最終日に、静岡県富士宮市にある大富士児童クラブに通う小学1年生〜5年生の55人(男29人女26人)が、視覚障害者の体験学習を行いました。
富士宮市内在住の、視覚障害者の万年滋さんを講師として引率、6つのブースをスタンプラリー形式で1グループ7人程度で回れるようにしました。

■万年さんに自己紹介をして、点字の名刺を作ってもらおうコーナー
■万年さんに一人一文字づつ点字を打って、お礼の手紙を書こうコーナー
■アイマスクをして言われたお金を出してみようコーナー
■アイマスクをして箱の中に何があるか?当ててみようコーナー
■障害者を助ける犬の働きを学ぼうDVDコーナー
■ユニバーサルデザインしたグッズ紹介コーナーとアイマスクをして水を飲んでみようコーナー

点字の名刺を作ってもらおうコーナー
自己紹介をしよう.jpg

点字で手紙を打ってみようコーナー
点字を打ってみよう.jpg

アイマスクをしてお金を出してみようコーナー
お金を出してみよう.jpg

箱の中に何があるコーナー
物あてクイズ.JPG

DVDコーナー
DVDコーナー.JPG

水を飲んでみようコーナー
水を飲んでみよう.jpg

最後に、子ども達を代表して4年生の女の子が、万年さんへプレゼント。
「今日は、目の見えない人の事をいっぱい教えてくれて、ありがとうございました。目がみえない人たちは、大変なんだなと思いました。私は、点字があるということを、今日初めて知りました。またどこかでお会いできたら、声をかけます。今日はほんとうにありがとうございました。
これは、記念の手紙です。みんなで一生懸命打ちました。どうぞ。」
と言うと、一人一文字づつ打った点字の手紙を渡しました。
みんなでお礼.JPG

家庭や学校では教えてくれない体験を通じて、驚きや発見があり心を動かされたという言葉を子ども達から頂きました。(一部抜粋)
1年生(男)
みえないのにじぶんでコップで水をのめてふしぎだった。
2年(女)
お金コーナーがあって目をかくして先生が、600円とかいってさがしてむずかしかった。
2年生(女)
てんじが、じをあらわしていたことをしりました。
2年生(女)
目がみえないのに、てんじをうつことができるのがすごい。
3年生(女)
めがみねないときはどうすればいいかわかりました。たいけんできてうれしかったです!!
3年生(女)
アイマスクをしたたいけんとき、たいへんだったことがわかりました。
5年生(男)
アイマスクをしたりして目がみえなくなってしまい目のしょうがいしゃの人たちはとてもたいへんな生活をしているんだなと感じました。重さや大きさがにていて十円などをさがすのはとても大変でした。

家庭や学校では教えてくれない体験を通じて、驚きや発見など心を動かされた体験を提供することが出来て本当によい夏休み体験になったと思います。
普段、視覚障害者と接する機会がないと思いますが、シャンプーのギザギザを触っていたり、テレビのリモコンなどにも突起するボタンがあったり、牛乳パックに半円の切り込みや、サランラップの両端にあるエンボスマークに触れていたりと子ども達でも普段から使用しているものにたくさん視覚障害者の方に便利なものがあります。それらは視覚障害者の方にも便利ですが、ふとした時には健常者にも便利に使えるようになっています。知ると楽しい。
本日は、ありがとうございました。
保護者へも伝えよう.jpg
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 19:12 | 子供 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
4年目の交流「友情こいのぼり」スタート[2016年04月22日(Fri)]
東日本大震災後からのご縁つながり。
静岡県富士宮市にある「ふじキンダー学園」年長園児96人
宮城県南三陸町にある「あさひ幼稚園」年中15人年長10人
が共同で制作している「とどけみんなの想いこいのぼり」が今年もスタートしました。
4年目の交流もヴィレッジネーションが責任を持って、橋渡しさせて頂きます。
どうぞよろしくお願い致します。
友情こいのぼり.JPG

昨日の大雨が嘘のような静かな日。
ふじキンダー学園さんの年長園児96人に見守られ、園長先生をはじめとした年長先生と、一緒に空を見上げながら「泳げ」「泳げ」応援しながら掲げました。
時よりなびく風を掴んだ4匹のこいのぼりが自由に泳ぎはじめると、園児達は大きな歓声を上げて喜んでいました。
うち2匹は、5月中旬にあさひ幼稚園さんに、園児のメッセージを入れたビデオレターとともに届けます。あさひ幼稚園のみんなもう少し、待っていて下さい。
友情こいのぼり (2).jpg


東日本大震災から5年。今を生きるこの子ども達にとっては、この世界が当たり前。
4年を振り返ってみると1年目は、共に応援。2年目は、復興の追い風を南三陸町へ。3年目は、遠くにいるお友達を思う。4年目の今年は、将来の日本を明るくします。でしょうか?
「子ども達の繋ぐ笑顔が未来を繋ぐ」
そう信じて、4年間をふじキンダー学園さんとあさひ幼稚園さんの園児と先生方と共に過ごしてきました。
友情こいのぼり (3).jpg
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 21:15 | 子供 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
第34回 うんどうかい[2015年10月10日(Sat)]
平成27年度 ふじキンダー学園さんの運動会。

今年は市内にある大富士小学校のグランドをお借りして始まりました。
日頃の成果を十分に発揮するために、園児も保護者も熱い1日でした。

プログラム.jpg

大玉転がし.jpg

幼稚園児の運動会ですが、卒園した園児たちが参加できる競技があるところが、なんとも粋です。

卒園児の競技「お久ぶり」.JPG

それと会場には、交流を続けている宮城県南三陸町の「あさひ幼稚園」さんからの応援横断幕も掲げられています。
今年で3年目の交流です。年少園児から年長園児の、誰でも知っているあさひ幼稚園。
笑いあり、悔し涙ありの大運動会でした。

あさひ幼稚園の横断幕.JPG

キンダー学園のみんなも頑張って.jpg

あさひ幼稚園の大運動会は10月17日に行われる予定です。
頑張れキンダー学園!!
頑張れあさひ幼稚園!!
この思い届け!!
風船あげ.jpg
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 23:53 | 子供 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
南三陸町にこいのぼり泳ぐ!?[2015年05月09日(Sat)]
2ヶ月ぶりの南三陸町

今年度も南三陸町「あさひ幼稚園」さんと交流事業スタートです。
ふじキンダー学園さん(富士宮市)
あさひ幼稚園さん(南三陸町)
両園のご理解・ご協力を得て、橋渡し。
震災後からの繋がりで、今回で3年目の交流となりました。
3年と言うと、年少園児だった子どもが年長園児になり、伝統となりつつあります。
現在のあさひ幼稚園は、以前あったベイサイドアリーナ付近からまた、小さな仮園舎に移動しています。更に小さくなった仮園舎は、園庭がなく、駐車場が園庭です。

現在のあさひ幼稚園さん.JPG

今年こそは、ベランダに吊るすこいのぼりではなく、ポールに掲げ、泳ぐこいのぼりを!!
あさひ幼稚園の先生方が配慮してくださり、フェンスにポールを括り付けて待っていてくれました。

お部屋で、ふじキンダー学園の年長園児96人制作してくれた、紹介DVDを見ながら、あさひ幼稚園全園児40人で映像にあわせて歌ったり、笑ったり楽しい交流スタート。

届けたメッセージDVD.JPG

DVDを見ています.JPG

メッセージDVDに元気で答えています.JPG

赤と青のこいのぼりを受け取ってもらって、お外でこいのぼりを泳がせました。
海まで見渡せる高台のためか?こいのぼりが元気に泳いでくれました。
このこいのぼりは、富士山を見て泳ぎ、三陸の海を見て泳ぎ、本当に幸せそうでした。
殺風景な南三陸町が少し鮮やかになりました。

自分の名前を探しています.JPG

4年ぶりのこいのぼりが泳ぎます.JPG

記念撮影.JPG

こいのぼりを掲げたら、おなかすいちゃったね。
鳴海園長先生が持ってきた富士山の形をしたクッキーでおやつタイム。

富士山クッキーを一緒に食べました.JPG

震災後に生まれた年少園児は、津波という言葉はテレビから聞いた言葉であり、実際を知らない。泳ぐこいのぼりも、今日が初めてだったと言う。
園庭もなく、駐車場が園庭。狭くて危なくて、かわいそうと思うのは、大・人・だ・け・
子供たちは、環境に適用して上手に遊んでいます。
この写真が、1番印象的でした。

日常風景.jpg
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 18:55 | 子供 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
大富士中学校の「第5回人生アドバイザーと語る会」[2015年01月18日(Sun)]
2015年1月17日に富士宮市大富士中学校で行われた
「第5回人生アドバイザーと語る会」に参加させて頂きました。

人生アドバイザー.jpg

今年で5回目となる人生アドバイザー。
「教育の日」として保護者や度父母・地域住民の市内一斉型授業参観日として行われてきました。
当法人の参加は、今回で3回目。

ドキドキしながら、受付時間の少し過ぎに学校に行ってみると、生徒の皆さんや先生方が笑顔で元気よく「こんにちは!!」と声をかけてくれました。
挨拶をするのはやっぱり大事な事ですし、気持ちがいいものです。

市内で活躍されている方が多く参加されているので、知っている方も多数いらしていました。
開会式を終え、生徒の皆さんが各教室へ案内してくれました。
教室が近づくにつれ、私の心臓はバクバク。
なにせ、人前で話す経験がほとんどなく、苦手な私・・・
久しぶりの教室に入ると、何だか昔に戻ったようでした。

私のクラスは3年2組の男女各3名の皆さん。
自己紹介をし、夢を持っているかな?とか、なにか先の将来を考えているのかな?と思い、夢を聞いてみました。
当時、将来を考えていなかった私は、生徒さんの意見を聞いて驚きました。
「○○になりたい」という子もいたけど、「なんとなくだけど・・・」とか、「はっきりしていないけど・・・」言いながらもしっかりと自分が行く方向性をしっかり持っていました。
受験の時期、というのもあるけど、自分が「こうなりたい!」とか「こうしたい!」という夢を、自信を持って人に話せる生徒さんのたくましさと若さを羨ましくおもいました。

私は、ヴィレッジネーションに携われていること、そこから多くの方たちとの出会い、経験してきたことについてお話しをさせていただきました。

私の話を真剣に聞いてくれる子供たちからの目はとても輝き、まっすぐな目をしていました。
途中、大丈夫かな?伝わっているかな?と思う部分もありましたが、終わった後の生徒の皆さんから頂いた手紙を見てみると「将来に向けての不安もあるけど、精一杯頑張りたい」や「高校生になり、大人になり出会うつながりを大切にしたい」、「災害やボランティアについても考えたい」などのメッセージが紙いっぱいに書いてありました。

私がアドバイザーとしてお話をしたのに、生徒の皆さんからは元気と忘れてしまっていたものを学びました。
このような機会を与えてくださった大富士中学校の先生方、及び関係者の皆様ありがとうございました。

生徒さんからお礼の手紙を頂きました
ありがとうございました.jpg
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 23:48 | 子供 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
南三陸町にこいのぼり泳ぐ!?[2014年05月18日(Sun)]
2ヶ月ぶりの南三陸町

暑い…暑すぎる…
本日の気温「30度」…
東京より暑い…

昨年度に引き続き、今年度も南三陸町「あさひ幼稚園」さんと交流事業スタートです。
ふじキンダー学園さん(富士宮市)
あさひ幼稚園さん(南三陸町)
両園のご理解・ご協力を得て、橋渡し。
あさひ幼稚園の小さな仮園舎は手狭。大きなこいのぼりを掲げる場所が今はまだありません。
昨年(No.1No.2)に続き、
2014年度、第一弾は「こいのぼり」で交流。
こいのぼり到着!!.jpg

こいのぼりの「鱗」の部分を両園児たちが作成。
関わった園児は、
ふじキンダー学園が年長児97人
・あさひ幼稚園が全園児42人
合計139人

4月下旬から、両園の「鱗」が縫い付けられた、こいのぼり4匹(赤・青・緑・黄色)が富士山をバックに雄大に泳いでいます。
5月14日にあさひ幼稚園に2匹を里帰りさせました。

あさひ幼稚園入り口で出迎えてくれたのは、工事中の看板…
あさひ幼稚園入口.jpg
宅地造成工事中(2014年6月30日まで8:00〜17:00)

園舎奥では、工事車両が造成工事中。
園庭と工事現場.jpg

園児にあまり良い環境とは言えませんが、数か所を移動してこの場所へやってきたあさひ幼稚園だから、この場所でもまだいいのかもしれません。
転々とする方が、園児の記憶の居場所がなくなってしまうのかもしれませんね。

去年からお世話になっている園児もすっかり、お兄さんとお姉さんに変身。
子どもの成長は本当に早い。
あさひ幼稚園のみんな.jpg

そして、去年よりグレードアップした、ふじキンダー学園からのビデオレター。
ビデオメッセージに喜ぶあさひ幼稚園のみんな.jpg
「おともだちになってね」「いちねんかんよろしくおねがいいたします」とメッセージとともに、こいのぼりのお歌を披露。ビデオにあわせて、あさひ幼稚園児も一緒に合唱♪

2匹の鯉のぼりは、園の小さなバルコニーに結んできました。
はしゃぐ子供たちとこいのぼり.jpg

当法人としては、
子どもの健全育成の一環として、両園を結ぶ活動に、今後も力を注いでいくつもりです。
偉そうなことを言うつもりはありませんが、頂いたご縁を大切にしたいとまず思い、その思いを次世代を担う子どもたちに伝えたい。ただそれだけです。
園児も大変喜んでくれましたが、先生方も喜んで頂けて本当に良かった。
あと、壁には「みんなで応援しているよ」長谷部誠選手に向けて応援メッセージを発見。
長谷部選手を横断幕で応援.jpg

長谷部選手と交流.jpg
世の中、みんなで応援されながら生きているんだ!!ってことを実感しました。

振り向くと、こいのぼりが泳いでいた。
小さなバルコニーで泳ぐ大きなこいのぼり.jpg
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 10:28 | 子供 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ヴィレッジネーション × ふじキンダー学園 × あさひ幼稚園[2014年05月01日(Thu)]
震災から3年1ヶ月が経ち、今でも「繋がる
忘れないことも大事ですが、更に「一歩先へ

被災地支援を通じた子供の健全育成を図る事業の一環として、
・ふじキンダー学園(静岡県富士宮市)
・あさひ幼稚園(宮城県南三陸町)
のご理解の基、本年度も両園の交流事業を行っています。

第1弾は、「こいのぼり
今年度も、協同で鯉のぼりを掲げることが出来ました。
4匹の鯉のぼりの鱗の部分に両園児の似顔絵や名前を描いています。
キンダー学園にてこいのぼりを泳がせます!
こいのぼり気持ちよく泳いでます.jpg

4匹のこいのぼり.jpg

子どもたちの手でこいのぼりを揚げます。
子供たちの手でこいのぼりを揚げます.jpg

こいのぼりも見守る中、元気よく遊び回る子どもたち。
こいのぼりの前で遊ぶ子供たち.jpg

5月にはどこそこで当たり前に掲げられる「鯉のぼり」も、手狭な仮園舎だったり、仮設住宅で掲げることが出来ない南三陸町。
富士山をバックに泳ぐ「鯉のぼり」をあさひ幼稚園のみんなにも見てもらいたい!!
GW明けの5月14日(水)にあさひ幼稚園のみんなにこの「こいのぼり」を見せに行きます!!
村松の話を聞く子どもたち.jpg
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 18:09 | 子供 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
第32回 ふじキンダー学園 卒園式に参加させて頂きました。[2014年03月21日(Fri)]
昨日の大雨が、うそのような晴天。
まさに卒園に相応しい2014年3月21日

「第32回 ふじキンダー学園の卒園式」
平成25年度第32回卒園式.jpg

はじめに園児を初め、父母の皆様
「ご卒園おめでとうございます」
卒園おめでとう.jpg

当法人は、1年を通じて、子供達に新しい出会いを提供して参りました。
本年は、当法人に感謝状の贈呈があるということで、来賓としてご招待頂きました。


本年卒園116名の園児が入場すると、どの子達も知っている子ばかり。
すっかり、お兄さん・お姉さんの顔になっていました。
一人ひとりに修了証書が授与され、父母のもとへ証書を持っていきます。
涙腺うるうるです。

皆勤賞・精勤賞は13名!!
1日も休まず、幼稚園で学ぶことが出来ました。
健康管理や家族のご協力の証ですね。

祝辞では、南三陸町からオクトパス君・ロンドンパラリンピック柔道日本代表監督の遠藤義安氏からも頂くことが出来ました。
お祝いのメッセージ.jpg
(オクトパス君の右側の祝辞が遠藤義安氏からの祝辞です)

オクトパス君からは「この間はみんなと遊べて楽しかったでチュー」
遠藤さんからは、夢はみるためにあるのではなく、叶えるためにあるのです。どこにいても、みんなと仲良くして一生懸命頑張れば、夢は叶えられます。それでは、夢の途中でまた会いましょう。
(抜粋)
素敵なメッセージを頂けたと鳴海園長先生も、大変喜んでいました。
どうやら、卒園児にコピーして全員に、持たせたようですよお!!

今年も1年を通じて、遠藤義安さんには大変お世話になりました。
園児達に、素敵な出会いを提供できたのは、遠藤さんのおかげです。
「遠藤義安さん、いつもありがとうございます」
そんな支えや出会いがあったから、私が活動出来たのです。

そんな人に支えられている私ですが、感謝状を頂きました。
なんと、手書きの世界に一つしかない貴重な感謝状です。(自慢です!!)
全て手書きの世界にひとつだけの感謝状.jpg

「感謝状」
NPO法人ヴィレッジネーション
代表理事 村松広貴 様

あなたは、当園一期生として二年間過ごした園生活を忘れず次代を担う子供達に自身の活動を通じて頑張っている人を互いに応援し合おうと言う夢のあるプロジェクトを提案して下さいました。

平成二十四年度のロンドンパラリンピック日本柔道の応援とその後の交流では金メダルを下げた大きなサンタクロース正木健人選手と楽しいおもちつきの思い出を作り平成二十五年度では南三陸あさひ幼稚園やオクトパス君との交流で遠く離れたまだ見ぬ友への友情や夢を持つことの大切さを学びました。

あなたの相手のために自分の出来ることを精一杯の姿勢に感銘しそのご尽甚なる感謝の意を表します。

平成二十六年三月二十一日
ふじキンダー学園
園長 鳴海淑子
(全文)

みなさん、卒園おめでとうございます。南三陸町のオクトパス君やあさひ幼稚園のみんなと友達になってくれてありがとうございました。まだ見ぬ友を思い、小学校に進んでも一緒に過ごしたこのふじキンダー学園の学びを忘れないで下さい。
卒園児としてまた、一人の「人間」として、新しい出会いや「夢」の大切さ「頑張る人を互いに応援する」ことが子供達を通じて、保護者の皆様方にも伝わり、本当にうれしく思っております。
ありがとうございました。4月からは小学生。大きなランドセルに夢をのせて歩いてほしい。

卒園式.jpg
(涙腺うるうる園長と緊張でカチコチの村松代表!!いい思い出です)

NPO法人 ヴィレッジネーションc
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 23:18 | 子供 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
オクトパス君が南三陸町へ帰ってきた。[2014年03月14日(Fri)]
2014年3月11日。宮城県南三陸町。

あの日から3年…

オクトパス君と南三陸町へ帰ってきました。
皆さんが描いてくれた、オリジナル絵馬と共に…

オクトパス君が祀られている、「入谷八幡神社」にやってきました。
描いてくれた、絵馬を御祈願してきました。
無事に届けられて良かった。
入谷神社に祭られた絵馬.jpg

オクトパス君、製造工場でもある、
YES工房さんにご報告とオクトパス君文鎮を大量購入。
富士宮でのオクトパス君の様子などをお話してきました。
YES工房.jpg

それから、「あさひ幼稚園」さんに、1年の報告とプレゼント。
ふじキンダー学園さんとの交流の橋渡しをさせて頂きました。
プレゼントは、ふじキンダー学園(鳴海園長)から子供達、全員分の交通安全のお守りと、年長先生からの卒園メッセージ。
キンダーからの贈り物

卒園式の練習中でしたが、少しお話もさせて頂きました!!
元気な園児たちに、ホッとしました!!と言いたいところですが…

園の外を見てみると、山が削られ、園の出入り口付近まで立ち入り禁止…
あさひ幼稚園の奥では山を崩しています.jpg

先日、あさひ幼稚園の園長先生ともお話を伺っていたのですが…
裏山に道路と復興住宅が建つため、移転しなければならないと言ってきましたが…
移転先の場所はまだ、未定だそうです。
しかし、移転日は4月26日だそうです…
引っ越しの日は決まっていても、行く先もわからないまま…
これも、報道されない、震災の現状ですね…
子供達に未来をとりあげてしまってよいのだろうか…
あさひ幼稚園の裏山だったところ.jpg

せっかく慣れてきた園舎ともお別れ…
来年度入ってくる、入園児は12人。
今年度卒園する半分の人数…
3月を機に、南三陸を離れる家族も多いという…

しかし、先生方がおっしゃっていました。
子どもたちは本当にたくましかった。あの時も誰も泣かなかった。
とっても、頑張った。大人よりもしっかりしていたと。
そんな勇気ある子供達が成長していくのが楽しみだと言っていた。
いつか、静岡の友だちと、一緒に何か出来たらいいのになぁ

つづく…
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 14:23 | 子供 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ヴィレッジネーションさんの画像
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/index2_0.xml