CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 寄付のお知らせ | Main | メディア情報 »
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
2017年3月「プレミアムフライデー」[2017年03月31日(Fri)]
プレミアムフライデーとは、日本国政府と経済界が提唱する、新たな個人消費喚起キャンペーン。働き方改革への好影響も期待されている。

月末金曜は、少し早めに仕事を終えて、ちょっと豊かな週末を楽しみませんか?
仕事を早めに切り上げて、普段できないことに挑戦したり、なかなか会えない友達や家族と話したり。明るい街を散歩してみたり、仲間とスポーツを楽しむのも気持ちいい。夕方からゆっくり食事を楽しむのも、ちょっと遠くの街へ2.5日旅へ出かけるのも素敵。

さあ、日本中でいろんな豊かさが、始まります。
「プレミアムフライデー、スタート。」
ヴィレッジネーションも賛同企業として応援しています。
ファイル 2017-03-31 9 07 51.jpeg
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 16:00 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
静岡県東部地震から6年(富士宮地震)[2017年03月15日(Wed)]
3.15 私は忘れていない。
東日本大震災から、4日後の22時30頃に発生したM6.4。
富士宮市内で、震度6強に見舞われた地震。
東日本大震災に比べるのは、失礼だが、富士宮市内でも停電、断水、建物の半壊、重軽傷者が多数でました。
すっかり忘れ去られた6年後。
「覚えている人いるだろうか?」
数年も経ってしまえばどこまで意識に残るか、記憶も摩耗しつつあることを考えると、人の記憶とは恐ろしい。
20110315富士宮地震.jpg

東日本大震災の時に購入したパンの賞味期限が近づき、このパンがきっかけで、韓国で防災教育をするとは想像していなかった2014年3月15日。
韓国へ防災教育を行うきっかけになったパン.jpg
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 22:40 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年2月25日付 毎日新聞[2017年02月25日(Sat)]
毎日新聞さんより。
2017年2月25日付 毎日新聞.jpg

「タイトル」
宮城・福島の学校に本寄贈
富士市の庄司さん きょう被災地訪問
「6年後の今写す」写真教室も

「本文」
東日本大震災被災地の支援を続ける富士市の写真家で非営利団体「ワールドチルドレンフォトプロジェクト」代表、庄司博彦さん(72)が25日から1週間、宮城、福島両県を訪問。津波被害や福島第1原発事故に見舞われた学校などに本を寄贈するほか、震災後に開いた写真教室の生徒たちと再会し、「6年後の今を写す」写真教室を開く。

本は、動物学者の吉村卓三さん(故人)の著者を中心に6冊。賛同した出版社3社から寄せられた。宮城県石巻市と南三陸町、福島県南相馬市の小中学校や幼稚園など20カ所に計120冊を贈る。吉村さんは、庄司さんと一昨年、石巻市の学校などを訪れて本を寄贈し、命の大切について講演した。昨年12月、病気のため80歳で亡くなるまで現地の子どもたちを気にかけ、再開を楽しみにしていたという。庄司さんは「吉村さんの思いを届けたい」と話す。

写真展は石巻市で震災後3年間、写真を通じて心を癒す「フォトセラピー」を目的に開いた。当時中学生だった5人を訪ね、震災から6年を経た今の気持ちを写真で表現してもらうという。津波で母(当時35歳)を失った佐々木真揮さん(18)は3月1日に高校の卒業式を迎え、地元の製紙会社に就職するという。
庄司さんは「今の思いをどう伝えてくれるか、楽しみ。新しい目標に向かう子どもたちの背中をもう一押ししたい」と語る。【高橋秀郎】

被災地支援で当法人と交流のある庄司博彦さんの記事が掲載されていました。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 22:24 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
阪神淡路大震災から22年…[2017年01月17日(Tue)]
22年前の平成7年(1995年)1月17日午前5時46分に震度7の地震が阪神淡路を襲いました。
この直下型地震により、6千人以上の方がなくなりました。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

当時、電気は2時間ほどで点いたそうですが、水道は半年後、ガスは8か月通らなかったところもあるそうです。電車も8か月通らず、代替えのバスなどで通勤しストレスが溜まったかたも多くはないそうです。
震災後140万人以上のボランティアが集まり、支援し続けました。
その後、中越沖地震や東日本大震災、熊本地震など日本は大小様々な地震が発生しました。
そのたびに人は人を助けあい、絆がうまれました。

何十年たっても忘れられない日ですが、教訓を生かし、震災を経験していない世代へ伝え続けることが大切だと思います。
自助・共助・公助。
今、自分にできること、しなければいけないことを改めて考えたいと思います。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 09:15 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
活動紹介のお知らせ[2017年01月05日(Thu)]
現在、富士市立中央図書館にて富士市NPO協議会主催のNPO活動展示会を行っています。
NPO活動紹介.jpg

当法人も参加させていただきます。
1月5日〜8日まで富士市立中央図書館1階において展示しています。
最寄りの際はぜひご覧ください。
パンフレットもありますのでご自由にお持ちください。
ヴィレッジネーション.jpg

活動報告実施中です。
場所:富士市中央図書館1階(富士市永田北町3-7)
日時:2017年1月5日(木)〜8日(日)
どうぞ、ヴィレッジネーションをよろしくお願い致します。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 09:37 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
12月15日[2016年12月15日(Thu)]
今日は私的なことを載せてみようと思います。
15590196_908534259281916_6656291519619683917_n.jpg

私の人生を大きく変えた今日、12月15日。
西日が眩しく空全体が薄暗くなってきたこの位の時間でした。
もう、14年も前になるだろうか?
クリスマスシーズンに浮かれ、静岡市内で買物を終え、帰り道に国道一号線で派手に追突されて、そのまま救急車で病院行き…。安全運転のゆっくり救急車で運ばれ、病院に着いた途端、記憶がない。

検査入院のつもりが、そのまま寝たきりの生活を4ヶ月経験し、転院しながらリクライニングの車椅子で病院生活を1年経験。
車椅子の生活をしていたら、友達だと思っていた奴らが次々に去り、交通事故の相手が弁護士を代理にたて戦う羽目に…
リハビリ終了まで、実に3年を費やし、完全復活。

社会復帰してからの自分はだいぶ変わった。
ボランティアに汗を流し、災害があれば日本中どこにでも駆けつけた。
仲間が増え、協力者も増え、会社を設立。
災害での知識がかわれ、2014年4月のセウォル号転覆事故から、韓国で防災教育をしている。
まさか交通事故がきっかけで、意識が変わりそのご縁で韓国にいるとは想像もしていなかった未来がここにある。
今から韓国に行ってきます。
Departure

村松広貴
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 16:55 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
夢ステージ2016 終えて…[2016年12月03日(Sat)]
ご報告「夢ステージ2016」無事終了致しました。

当法人ヴィレッジネーションブースにご来場頂き、誠にありがとうございました。
明日は「防災の日」と言うことや先日、福島沖を震源とした津波が発生したり、震災から6年を前に「宮城県南三陸町」と「福島県南相馬市」の復興応援グッズを販売致しました。
食べて応援!!買って応援!!知って応援!!共感して応援!!
今回は初の試みとして、2014年4月に起こった韓国セウォル号の転覆事故を受けて、防災教育を行っているお隣の国「韓国」からの2016年1番を集めました。
また、畑で作っている野菜をふんだんに使った豚汁も販売させて頂きました。
当法人へのご理解・ご協力ありがとうございました。
夢ステージ ヴィレッジネーション.JPG

ただ単に、「おいしいから・かわいいから・辛いから!!」と買って頂けた物は、全て社会貢献に繋がっております。社会貢献と言うと大げさのように聞こえますが、決して大げさではありません。
それらは、東北応援だったり、障害者の賃金・子どもたちの健全育成に直接つながっていますし、知ると意識がそこに向きます。波及効果は無限大です。

また弊法人の為に、遠方から駆けつけて頂いた方々や、代表である村松を訪ねて頂けたり温かいお言葉、本当に感謝申し上げます。
富士宮に居ながらにして、「見て・知って・買って(食べて)」東北応援と障害者応援・世界支援が同時に出来きるこの取り組みを多数の方に知ってほしく考えております。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。

特定非営利活動法人 ヴィレッジネーション
代表理事 村松広貴


さてさて、ブースの様子ですが…
■宮城県南三陸町からは、オクトパス君グッズやホタテ飯。
今年は台風の影響で活ホタテ焼きはできなかったのですが、サイズはバラバラでしたがたくさんのホタテを入れたホタテ飯を70個限定で販売しましたが、お昼前には完売。
「後でまた来るよ」っておっしゃっていたお客さんごめんなさい。
ヴィレッジネーション 南三陸町.jpg

■福島県南相馬市からは、「南相馬ファクトリー」さん。
アーティストくるみちゃんがデザインしたグッズや、授産所グッズがたくさん。一点物は、早い者勝ちで、売れ行き好調でした。
ヴィレッジネーション 南相馬ファクトリー.jpg

■お隣韓国からは、韓国で1番辛いラーメン「틈새라면 빨계떡 」や、2016年1番人気のラーメン「진짬뽕」、2016年お土産1番人気のハニーバターアーモンド「허니버터아몬드」を販売。すべて完売することが出来ました。ありがとうございます。
ヴィレッジネーション 韓国ブース.JPG

■畑で採れた野菜たくさんの豚汁。肌寒いお昼前にたくさん売れました。
ヴィレッジネーション 畑ブース.jpg

一方、ステージなどでは多数の発表が行われていました。
夢ステージ2016 ステージ.JPG

夢ステージ2016.JPG

夢ステージ ブース.JPG

夢ステージ舞台.JPG

夢ステージ球技場.JPG
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 17:42 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ふじキンダー学園の運動会の様子が新聞に掲載されました[2016年10月12日(Wed)]
先日10日に廣瀬誠さんが参加したふじキンダー学園さんの運動会の様子が岳南朝日新聞さんに掲載されました。

8日に予定されていた運動会が順延になり、10日に開催。
リオデジャネイロパラリンピック柔道銀メダリストの廣瀬さんから応援してくれた園児たちに感謝と応援の言葉をかけてくれました。

ふじキンダー学園さんの運動会.jpg
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 23:08 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年リオデジャネイロパラリンピック柔道チーム帰国[2016年09月14日(Wed)]
2016年リオデジャネイロパラリンピック開催中ですが、一足先に柔道チームが帰国をします。
試合風景を見て、みんなで応援しました。
柔道競技では、銀メダル1・銅メダル3個を獲得。
メダルの有無に関係なく「頑張る人が帰ってきたらお疲れ様でした」そう言ってあげたいとの園児たちの気持ちが、「労いメダル」「お手紙」作成に繋がりました。
その気持ちを届けに、選手団が帰国する成田国際空港まで行ってきます。
パラリンピック自体はまだまだ開催中ですので、引き続き応援しています。
今から、行ってきます!!
お帰りなさい柔道チーム.jpg

選手への手紙.jpg

代表園児と出発式.jpg

地域の方々へ報告.jpg
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 10:19 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2016リオデジャネイロパラリンピック柔道日本代表 66キロ級藤本聰選手から頂いた写真[2016年09月09日(Fri)]
パラリンピック柔道、藤本聰選手から頂いた写真です。
まずは誰よりも先に、銅メダル獲得おめでとうございます。
興奮と涙が止まらない日になりました。


リオパラリンピック会場周辺(9月6日)
後ろが選手村.jpg

パラリンピック会場周辺.jpg


メディアも入ることが出来ない選手村のお部屋。チャレンジした人しかわからない場所。お部屋で調整する風景も、もう解禁でいいでしょう?(9月6日)
選手宿舎.jpg

大会へ向けて調整中(9月6日).jpg


大富士中学校柔道部と富士宮市民と県民で作った応援国旗もお部屋に飾ってくれています。嬉しいです。(9月6日)
宿舎内に飾られている応援国旗.jpg


共にずっとライバルだった廣瀬誠選手。階級をかえ、リオにチャレンジ。藤本選手からの「ついに廣瀬に結果を超えられた。よくやった廣瀬」と言える繋がりや物語が深さを表している。
共におめでとうございます。(9月9日大会終了直後)
リオメダリスト、廣瀬誠選手と藤本聰選手.jpg


そして、銅メダルのリボンをリオのシンボルマークするところが、イキです。おめでとうございます。メダルの音、聴き比べたいです。(9月9日宿舎のベッドに置かれた銅メダル)
藤本聰選手の銅メダル.jpg

藤本聰選手の銅メダル (2).jpg

大会はまもなく3日目。
ニッポンに追い風吹け!!
講道館にてヴィレッジネーション.jpg
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 11:24 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ヴィレッジネーションさんの画像
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/index2_0.xml