CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 寄付のお知らせ | Main | メディア情報 »
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
一年間ありがとうございました。[2018年12月28日(Fri)]
皆さま、今年はどのような一年でしたでしょうか?
今年一年、ヴィレッジネーションを応援して下さった方々皆さまに、感謝申し上げます。
来年もご愛顧の程よろしくお願い致します。
ご家族やご友人、大切な人とどうぞ良い新年をお迎えください。
(なお新年は1月7日(月)より通常営業いたします。)
夢ステージ.jpg

特定非営利活動法人 ヴィレッジネーション
村松 広貴
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 17:48 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
夢ステージ2018 ファイナルステージを終えて[2018年12月01日(Sat)]
いつも以上に綺麗な富士山を見ながら、とても暖かい一日を過ごし、無事に夢ステージを終了しました。
夢ステージ開催.jpg

混んでいます.jpg

ステージでは、合唱やダンス演奏、仮装大会などが繰り広げられ、会場を盛り上げました。
ステージの部.jpg

夢ステージ2018.jpg

防災福祉ブースでは、地元企業のジャンボエンチョーさん、渇社マクルウさん、介護ショップオギさんのブースが出展。
ジャンボエンチョー.jpg

潟}クルウ.jpg

ソフトボール場では、中学生のソフトボールの試合が開催されました。
白熱した戦いでした。
ソフトボール対決.jpg

当法人ヴィレッジネーションブースです。
宮城県南三陸町、福島県南相馬市、韓国、パラリンピック、畑のものを展示・販売致します。
ヴィレッジネーションのブース.jpg

宮城県郷土料理の「はらこ飯」
鮭の炊き込みご飯にイクラをのせる。贅沢な一品です。
鮭とイクラは、震災後からのご縁がある、宮城県南三陸町で季節料理を営んでいる「志のや」の店主 高橋修様から送っていただきました。
開店です!.jpg

沢山の知り合いの方が駆けつけて頂きブースはてんてこ舞い。
嬉しい悲鳴です。
商品一つひとつのストーリーを聞き、購入していただきありがとうございました。
ヴィレッジネーションでお買い物.jpg

福島県南相馬市の福祉施設グッズは、リピーターの方々が来店してくださり、た新商品を購入してくれました。

夢ステージ ザ・ファイナルステージ.jpg

その他に、防災教育を行っている韓国のお土産品や、パラリンピックの展示をおこなうことが出来ました。
沢山の方にご協力いただいたおかげで今年も無事に成功しました。
ありがとうございました。
2018年ヴィレッジネーションブースに協賛いただきありがとうございました。
ご協力ありがとうございました。.jpg

そして当法人が夢ステージに参加させていただいてから5年以上。
ご指導、ご鞭撻を賜りありがとうございました。
多くの方々と関われたこと、心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。
ありがとうございました。.jpg
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 17:01 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年10月4日 富士山新報[2018年10月04日(Thu)]
富士山新報さんより。
2018年10月4日 富士山新報.jpg

「タイトル」
秋空の下 元気いっぱい運動会
ふじキンダー学園

「本文」
認定こども園「ふじキンダー学園」(井出千秀園長)は2日、山宮ふじざくら球技場で「第37回認定こども園ふじキンダー学園うんどうかい」を開いた。
園児のはつらつとした入場行進で幕を開けた運動会は、全園児330人が、ジブリメドレーの曲に合わせて体を元気いっぱいに動かすキッズ体操で競技をスタートした。

年少、年中のかけっこ、年長のダンス演技に続いて、乳児クラスが親子でダンスを披露。
どちらがつよいでは、年長園児が綱引きで力を競い合った。続いて、父兄の部も行われ、力自慢のお父さんたちが、園児らの声援を受けて力を競い合いながら交流を深めた。

同園は7年前からが宮城県南三陸町の「あさひ幼稚園」と交流が行われ、今年も応援横断幕が寄せられ会場内に展示された。
また、鼓笛や応援合戦など15種目を展開し、応援合戦に続き年長園児のリレーで熱戦が繰り広げられ、秋晴れの下で歓声と笑顔の輪が広がった。(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 15:19 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
第37回 ふじキンダー学園の運動会[2018年10月02日(Tue)]
2018年10月2日(火)
当初、9月29日(土)に行われる予定でだった、秋の大運動会。
台風の影響で延期されていました。
第37回キンダー学園の運動会 .jpg

会場には、宮城県南三陸町のあさひ幼稚園さんから贈られた応援横断幕が飾られていました。
第37回キンダー学園の運動会  (2).jpg

第37回キンダー学園の運動会  (3).jpg

第37回キンダー学園の運動会  (4).jpg

あさひ幼稚園の運動会は、10月6日(土)です。
ふじキンダー学園さんから贈られた応援横断幕を会場に飾る予定です。
当法人が両園の交流を、橋渡し・サポートしています。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 22:40 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年10月2日 岳南朝日新聞[2018年10月02日(Tue)]
岳南朝日新聞さんより。
2018年10月2日 岳南朝日.jpg

「タイトル」
土と人に触れる
農作業の喜びと楽しさ実感

「本文」
家の前にある小さな菜園で今年の夏から、いくつかの作物を育てている。近所に住む高齢男性に手伝ってもらいながら見よう見まねで続けているのだが、これまでにキュウリやバジル、ゴーヤなどを収穫でき、おいしく味わっている。毎日できるのは朝晩の水やりくらいなのだが、作物の成長を眺めるとうれしくて、菜園の手入れが休日の楽しみになった。
仕事でも生活でも挫折が続き、落ち込む日々を過ごしているが、土や植物に触れると、不思議なほど心が落ち着いてくる。

NPO法人主催の「秋の大収穫祭〜ジャンボ落花生掘り体験」が、同法人で管理する富士宮市内の農園で開かれた。法人の関係者や地域住民ら幅広い世代の参加者たちが落花生の収穫作業などを体験するとともに、ゆでた落花生をその場で味わい、実りの秋を満喫した。
会場では、親子連れ等が地主の男性の指導を受けながら収穫、白菜の植え付けに熱中し、笑顔で語り合い、相互に助け合うなど和やかな雰囲気。取材で訪れた記者も参加者同様に親しく話し掛けてもらい、心安らぐ親睦のひとときを過ごすことができた。

「子供たちの体験や親子のコミュニケーションの場、地域のつながりを育む機会などとして、農園での活動をさらに広げていきたい」と銅法人の代表理事。
考えてみれば、自宅の菜園での作業中、近所の方々が気さくに声を掛けてくれるのも野菜づくりの楽しさ。揺らぎがちな心を穏やかに保つためにも、休日のささやかな農作業を今後も続けていこうと思う。(安江桂介)(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 20:04 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
裏ネタ編「命を救う仲間、家族、そして絆 〜福島県南相馬からの報告〜」高野真至氏[2018年09月13日(Thu)]
学習会終了後、講師を囲んで反省会。
反省会には、日ごろお世話になっている人やお手伝い頂いた方を招待させて頂きました。
学習会では言えなかった話や、原発裏話にゾッとしたりしました。
反省会と言うより、ただの呑兵衛になってしまいました。
さすが東北出身の方です。よく呑まれます。富士宮グループほぼ全滅でした…
2018年9月9日「命を救う仲間、家族、そして絆」番外編.jpg


翌日(9日)は、時より強く雨が降ったり急に晴れたりして不安定な天気。
宿泊いただいたロビーで新聞を見ながら高野先生待っていると、昨日の学習会の様子が新聞に掲載されていました。
2018年9月9日「命を救う仲間、家族、そして絆」番外編 (2).jpg


学習会後の反省会で、高野先生が気にいってくれた「ゆで落花生」
当法人の畑にはジャンボ落花生が収穫時期を迎えているので掘ってもらおうと思ったのですが…天候不良。その代わり、JAが経営している「う宮〜な」に行き、ジャンボ落花生をゲット。
富士山現れず…
2018年9月9日「命を救う仲間、家族、そして絆」番外編 (3).jpg


お宮横丁や、富士山浅間大社、富士山世界遺産センターを見てまわりました。
「本当に水がきれいだ、なぜ富士山が見えない」と何回も言っていました。
こんなに天気が良くなったのに、富士山現れず…富士山周辺だけが雲に覆われ…
2018年9月9日「命を救う仲間、家族、そして絆」番外編 (5).jpg

2018年9月9日「命を救う仲間、家族、そして絆」番外編 (4).jpg


最後は、富士宮やきそばとお好み焼きを食べ、富士宮焼きそばをお土産に買って富士宮駅へ。
2018年9月9日「命を救う仲間、家族、そして絆」番外編 (6).jpg

電車到着1分前に富士宮駅滑り込みセーフ。
慌てていて、写真撮ることも忘れていました…
はっきりいって、ご挨拶する暇もなく、さようなら。
高野真至先生、富士宮までお越し頂きありがとうございました。

このパターン、9月5日に福島に視察にいった時と同じでした…
あの時も、南相馬周辺を色々と案内をして頂き、常磐道通行止め区間があるために浪江ICを19時までに入らないといけなくて帰り際、「9日にまた会いましょう…」みたいな感じでした。
(写真は9月5日の浪江町)
2018年9月5日 福島県浪江町.jpg

PS:福島に帰った高野先生から、笑い話が届きました。
身延線のどこかの駅で、「次の駅ではすべてのドアが開きます」と案内があり、右も左もすべてのドアが開くってどんなホームなんだろうって緊張したってお話がありました。言われてみれば、確かにww。すべてのドアが開くって…さぞ怖かっただろうに。
これで「命を救う仲間、家族、そして絆 〜福島県南相馬からの報告〜」を終わりたいと思います。ありがとうございました。
2018年9月8日「命を救う仲間、家族、そして絆」ヴィレッジネーション (15).JPG
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 14:24 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「命を救う仲間、家族、そして絆 〜福島県南相馬からの報告〜」高野真至氏[2018年09月10日(Mon)]
8日に無事に開催することが出来ました。
来場いただき誠にありがとうございました。

講師の高野真至先生が到着し、リハーサル完了しました。
2018年9月8日「命を救う仲間、家族、そして絆」ヴィレッジネーション.JPG

会場の掲示物です。当時を映し出す貴重な写真や、お便り。
韓国からも応援してくれています。
2018年9月8日「命を救う仲間、家族、そして絆」ヴィレッジネーション (2).JPG

2018年9月8日「命を救う仲間、家族、そして絆」ヴィレッジネーション (3).jpg


13時30分に開場しました。
開場1時間前以上前から、会場にたくさんの方々がお並び頂きました。
お陰様で開場10分で、定員の30名に達し、開場15分で会場定員の45名に達し、開催予定時刻10分前から開催することが出来ました。
2018年9月8日「命を救う仲間、家族、そして絆」ヴィレッジネーション (4).jpg

アルファ米は、富士宮市危機管理局さまから提供頂きました。
今回は、お水で60分かけてつくり、試食して頂きます。
お水のほかに、お茶と炭酸水をご用意しました。
お茶でつくるとほんのりお茶の香りが残り、おこわが上品な味になります。
また、炭酸水でつくると、お米がもっちりします。
炭酸水でチャレンジしてくれる人がたくさんいらっしゃいました。
ありがとうございます。
2018年9月8日「命を救う仲間、家族、そして絆」ヴィレッジネーション (5).jpg

2018年9月8日「命を救う仲間、家族、そして絆」ヴィレッジネーション (6).jpg


いよいよ、宮城県南相馬から7年半、最前線で携わり続ける高野真至先生の学習会スタートです。
2018年9月8日「命を救う仲間、家族、そして絆」ヴィレッジネーション (7).jpg

2018年9月8日「命を救う仲間、家族、そして絆」ヴィレッジネーション (8).JPG

2018年9月8日「命を救う仲間、家族、そして絆」ヴィレッジネーション (9).JPG


水などで作ったアルファ米は、60分後に完成。
食べながら、メモを取りながら、吸収します。
2018年9月8日「命を救う仲間、家族、そして絆」ヴィレッジネーション (10).jpg

2018年9月8日「命を救う仲間、家族、そして絆」ヴィレッジネーション (11).JPG

2018年9月8日「命を救う仲間、家族、そして絆」ヴィレッジネーション (12).JPG


東日本大震災から7年半を、90分にまとめた話にしてくださいました。
気になる点は、長く設けた質問コーナーで。
消防団の方や、ボランティア活動している人や市役所職員まで幅広く、鋭い質問が飛び交いました。
2018年9月8日「命を救う仲間、家族、そして絆」ヴィレッジネーション (13).JPG


会場が小さいなどのお話も聞かれましたが、講師の一方的な話の講演会より、意見交換が出来る少人数の学習会を選びました。
また、満席で入場出来ない方がいらっしゃった点には、大変申し訳なく思う一方、開催1時間以上前から楽しみにして頂いた方が大勢いらっしゃったのも事実です。
また、立ち見席を設けなかった点には、消防法がございます。

無事に閉会させて頂き、ありがとうございました。
2018年9月8日「命を救う仲間、家族、そして絆」ヴィレッジネーション (15).JPG
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 16:18 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年8月3日 岳南朝日新聞[2018年08月03日(Fri)]
岳南朝日新聞さんにサマーフェスティバルが掲載されました。
2018年8月3日 岳南朝日.jpg

「タイトル」
ふじキンダー学園がサマーフェスティバル
園児が花笠音頭など披露

「本文」
富士宮市万野原新田のふじキンダー学園(井出千秀園長)は1日、第37回サマーフェスティバルを山宮ふじざくら球技場で行った。0〜5歳の全園児約330人が太鼓の太鼓の演奏や神輿(みこし)の練り歩き、花笠音頭・盆踊りなどを披露し、楽しいひとときをを満喫した。
同日は浴衣や甚平などを着たかわいらしい姿の園児が保護者らと共に参加。年長園児は軽快な小太鼓の演奏と花笠音頭の踊りを合わせて披露し、来場者たちは一生懸命に笑顔で踊る子供たちの姿に目を細め、踊りが終わると大きな拍手を送った。
年中・年少園児は手作りの神輿を力強く担ぎ、練り歩きを展開。全園児で『富士宮音頭』や『だんご三兄弟』などを踊り、職員たちはアンパンマンショーなどを披露して祭りを盛り上げた。

会場では保護者と職員がかき氷やフランクフルト、ヨーヨーすくいなどの模擬店を出店。
6年前から交流している東日本大震災被災地・宮城県南三陸町のあさひ幼稚園に関する展示をはじめ、同町の特産品なども販売した。
井出園長は「親と子が触れ合い、一緒に楽しめる夏の一大イベント。フェスティバルに向けて子供たちはたくさん準備してきたので、皆にとって良い思い出が作れたらうれしい」と園児たちの頑張りをたたえた。(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 16:00 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
第37回ふじキンダー学園サマーフェスティバル[2018年08月01日(Wed)]
猛暑の中、第37回ふじキンダー学園サマーフェスティバルが開催されました。
快晴の中サマーフェスティバル開催.jpg

今年も当法人は南三陸の復興応援ブースとして参加させていただきました。
サマーフェスティバル南三陸ブース .jpg

サマーフェスティバル南三陸ブース2.jpg

南三陸のワカメやのり、オクトパス君のグッズを販売させていただきました。
オクトパス君はやはり大人気!
マスコットは一番に完売です!男の子も女の子も手に取ってくれました。

ワカメやのりも大好評でした。

今回はオクトパス君からのメッセージもあり楽しむことが出来ました。
ご来店くださった方々、ありがとうございました。
またキンダー学園の先生方、並びにスタッフ関係者の方々もご協力いただきありがとうございました。

園児の宮おどりや鼓笛隊の演奏
園児の出し物に保護者がくぎづけ.jpg

先生のアンパンマンショー
先生のアンパンマンショー.jpg
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 23:23 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
大阪府を中心とする地震のおいて[2018年06月19日(Tue)]
この度、大阪北部地震によりお亡くなりなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被害にあわれた方々には心よりお見舞い申し上げます。
今後も余震や二次被害にはくれぐれもお気をつけてお過ごし下さい。
関西の皆様のご安全を心よりお祈りいたします。

特定非営利活動法人 ヴィレッジネーション
代表理事 村松広貴
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 10:00 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ヴィレッジネーションさんの画像
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/index2_0.xml