CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 第38回ふじキンダー学園サマーフェスティバル | Main | 2019年7月24日 富士山新報 »
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
2019年7月23日 岳南朝日新聞[2019年07月23日(Tue)]
岳南朝日新聞さんより。
2019年7月23日 岳南朝日.jpg

「タイトル」
多彩な催しで親睦の輪広げ
ふじキンダー学園がサマーフェスティバル

「本文」
認定こども園ふじキンダー学園(富士宮市万野原新田、井出千秀園長)の第38回キンダーサマーフェスティバルが20日、同市の山宮ふじざくら球技場で開かれた。全園児、および来春入園予定児とその保護者、職員、卒園生らが参加してアトラクションや模擬店など多彩なプログラムを楽しみ、にぎやかに親睦の輪を広げた。

園を挙げて毎年開かれる夏の祭典で、同日のプログラムは出店からスタートした。会場にはかき氷、フランクフルト、焼き肉弁当などの模擬店が軒を連ねたほか、的当て、玉入れ、ボウリング、宝釣り、ラグビーキック、トスバッティングなどのコーナーもズラリと開設し、親子らが和やかに触れ合い深めながら、笑顔あふれるひとときを満喫した。

同園とあさひ幼稚園(宮城県南三陸町)の継続的な交流を橋渡ししているNPO法人ヴィレッジネーションは「南三陸応援ブース」を設け、同町産の海産物やグッズ販売、ミニ写真展などを行った。

夕刻からのセレモニーであいさつした井出園長は、園児に対して「これまで頑張ってきたことを、たくさんの人に見てもらいましょう」と呼び掛け、保護者には「これからも学園での生活やさまざまな行事などを通じて、子供たちの成長を支えていきたい。今日は温かな拍手を送ってください」と伝えた。
その後、年長児が鼓隊演奏や花笠音頭、年中・年少児がみこしの練り歩きを披露し、全員で盆踊り、職員によるショーなども繰り広げた。(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 10:09 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/archive/1375
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ヴィレッジネーションさんの画像
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/index2_0.xml