CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 畑を始めて4年が経ちました。 | Main | 事業報告 »
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
2019年5月30日 点字毎日(活字版・点字版)[2019年05月30日(Thu)]
点字毎日さんより。
2019年5月30日 点字毎日.jpg

「タイトル」
「ボッチャ」体験会
パラ選手も参加
静岡

「本文」
2020年東京パラリンピックの実施種目「ボッチャ」の体験会が12日、静岡県富士宮市であった。障害の有無を越えて「ボッチャ」に親しんでもらおうと富士宮市を拠点に障害者支援に取り組むNPO法人ヴィレッジネーション(村松広貴代表理事)などが開いた。同法人の活動などを通して村松代表理事と親交のある弱視の柔道家、広瀬誠さん(42)も参加した。

ボッチャは脳性まひや手足に重い障害のある人も楽しめるスポーツ。ボールを投げたり、転がしたりして、的となる「ジャックボール」につかづけられるかを競う。
2016年リオデジャネイロ・パラリンピック柔道男子60キロ級で銀メダルを獲得した広瀬さんも、ボッチャの経験はわずか。この日はジャックボール方向を審判に手をたたいてもらって確認し、その他のボールの位置を声で説明してもらってプレーを楽しんだ。広瀬さんは「ルールを工夫すれば視覚障害者も一緒に楽しめる。ボールを狙った位置に止める技術や相手との駆け引きなど奥深いスポーツだと改めて思いました」と話していた。【平井俊行】(全文)

2019年5月26日 点字毎日.jpg
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 15:38 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/archive/1358
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ヴィレッジネーションさんの画像
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/index2_0.xml