CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 韓国滞在のお知らせ | Main | ジャカルタアジアパラリンピック大会開幕!! »
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
2018年9月29日 富士山新報[2018年09月29日(Sat)]
富士山新報さんより。
20189f月29日 富士山新報.jpg

「タイトル」
地域コミュニティを創出する栽培&栽培
秋の大収穫祭
ジャンボ落花生掘り体験
NPO法人ヴィレッジネーション

「本文」
NPO法人ヴィレッジネーション(村松広貴代表理事)は22日、市内外神の畑で「秋の大収穫祭ジャン落花生掘り体験」を実施した。
畑は、高齢となった地主が管理者を捜していることから、村松代表理事が耕作放棄地問題などの地域課題解決や地域コミュニティづくり、栽培収穫体験を通じた親子のコミュニケーションづくりなど、様々な可能性を描いて2015年から始めた。春はジャガイモ、夏はとうもろこし、秋はジャンボ落花生やさつまいも、冬は白菜や大根などの栽培を手探りで展開してきた。

同日は地主の石川鉄也さんはじめ地域の住民が集まり、落花生の上手な収穫方法を披露、参加した親子連れらが体験を行なった。
続いてコンテナ4個分の落花生がゆで上がるまで子どもたちは白菜苗30本を植え付けし、ゆで上がった落花生を食べながら「ほくほくしておいしい」と感想を述べていた。

村松代表は「収穫ではお隣の人にお裾分けする姿や、ベテランが初めて体験する参加者に掘り方を指導する姿がみられ、充実した体験となりました」と話し、「耕作放棄地の有効活用や地主と参加者などの地域交流が深められてよかった」と語った。(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 15:20 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/archive/1266
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1394277
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ヴィレッジネーションさんの画像
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/index2_0.xml