CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年9月23日 富士山新報 | Main | 2018年9月24日 中日新聞 »
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
2018年9月24日 毎日新聞[2018年09月24日(Mon)]
毎日新聞さんより。
2018年9月24日 毎日新聞.jpg

「タイトル」
ジャンボ落花生 ずっしり重く
富士宮 児童ら収穫体験

「本文」
富士宮市のNPO法人「ヴィレッジネーション」(村松広貴代表)は22日、同市外神の畑で、地元特産で普通サイズの約2倍のボリュームがあるジャンボ落花生の収穫祭を開いた。会員や地域の家族連れら約20人が参加し、落花生の実を土から掘り起こし、塩ゆでして試食を楽しんだ。
畑は約1000平方メートルで同法人が2015年5月から管理する。

春はジャガイモ、夏はトウモロコシ、秋は落花生とサツマイモ、冬は白菜や大根などを栽培し、収穫体験を開いて障害者イベントで販売したりしている。
参加者は、軍手と長靴を身に着けて畑に入り、たくさん実った落花生をちぎれないように土から引き抜き、実をもいだ。児童は、泥だらけになりながら「虫がいる」などと歓声を上げた。参加した市立黒田小4年の田島颯太さん(10)と池田玖斗さん(10)は「引き抜くのが重かった。農家は大変だと思う」「土を触れるのは大好き。畑は楽しい」と話し、試食し「甘くておいしい」と笑顔を見せた。

村松代表は「作物の収穫体験を通じ、食育や家族、地域のコミュニケーションを深める機会にしたい」と話した。【高橋秀郎】(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 10:57 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/archive/1260
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1392669
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ヴィレッジネーションさんの画像
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/index2_0.xml