CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年冬季 平昌パラリンピックスタート | Main | 2018年3月の南三陸町 »
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
韓国の子どもたちから、「南三陸病院」さまへ[2018年03月10日(Sat)]
3月7日に韓国の子どもたちから託された、モアイをモチーフにした応援横断幕。
2月から約1か月かけて、作成しました。
モアイのアウトラインだけを子どもたちに渡し、あとは自由にモアイをアレンジ。
南三陸町と解るように、キラキラ丼が頭にのったモアイや、蛸がのったモアイまで。日本のみんなに解るように日本語も調べたりして、作りました。
韓国の子どもたちから、南三陸病院へ.jpg

韓国の子どもたちから、南三陸病院へ (2).jpg

韓国の子どもたちから、南三陸病院へ (3).jpg

韓国の子どもたちから、南三陸病院へ (4).jpg

韓国の子どもたちから、南三陸病院へ (5).jpg

그림나라塾の院長先生からの言葉にも重みがあります。
「いつも明るい光が南三陸町にいてほしいです」
全てを託され、韓国を出発。
그림나라塾からの手紙(ヴィレッジネーション).jpg

3月8日、韓国仁川国際空港から成田国際空港に渡り、一旦、静岡県富士宮市へ。
富士宮市から、宮城県南三陸町へ。
「モアイのいる町 南三陸町」
モアイがある街「南三陸町」.jpg

無事に、南三陸病院へ寄贈させて頂きました。
子どもたちの自由な発想に、関係者が食い入るように見てくれました。
そしてこの復興を願う横断幕は、病院内で展示されることになりました。
来院者の方々にたくさんの方に見てもらえるように、ロビー?それとも子どもたちの作品だから、子ども病棟?など色々と考えて頂いています。
いままで色々な繋がりがあったけれども、子どもたちだけの作品は初めてだと、大変喜んでくれました。
南三陸病院.jpg

南三陸病院 (2).jpg

韓国のこどもたちから南三陸病院さんへ(ヴィレッジネーション).JPG

韓国のこどもたちから南三陸病院さんへ(ヴィレッジネーション) (2).jpg

この企画の為に、韓国の子どもたち40人以上、志津川病院元事務長の横山孝明氏、南三陸病院事務長佐々木三郎氏など、町役場の方など様々な方々のご協力があり実現することが出来ました。
また、企画の段階から、当法人スタッフがアイデアをたくさん出してくれました。
ありがとうございました。
韓国のこどもたちから南三陸病院さんへ(ヴィレッジネーション) (3).JPG
(左側から、南三陸病院佐々木事務長・ヴィレッジネーション村松・志津川病院元事務長横山氏)

更なる、復興の後押しが出来たと実感しています。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 23:45 | 韓国 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/archive/1159
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1345076
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ヴィレッジネーションさんの画像
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/index2_0.xml