CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
『NPO法人 ヴィレッジネーション』

障害者や子供たちのチャレンジや夢を応援しています

「出来る人が出来ることをできるだけする」

ただそれだけですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)



夢ステージ2018 in富士宮[2018年11月04日(Sun)]
障害者の日 記念イベント
「夢ステージ2018」ファイナルステージ
夢ステージ2018ファイナル.pdf

■平成30年12月1日(土)
■山宮スポーツ公園(富士宮市山宮2024)
■9:30〜14:00

弊法人代表理事の村松広貴は、実行委員として活躍。
夢ステージは、障害者週間(12月3日-9日)にあわせ、障害を持ちながらも日々の研鑽に励む姿にスポットライトをあててステージで披露することができないだろうか?という思いから「夢ステージ」は2002年に誕生しました。
(2015年夢ステージ)
夢ステージ2015年.jpg


NPO法人ヴィレッジネーションは、「夢ステージ」に賛同。
模擬店ブースとして2010年「村松屋」2011年「うどんの広貴」2012年「村松広貴の母とお友達」2013年より法人格「ヴィレッジネーション」として参加。

現在、2011年東日本大震災からの繋がりがある東北復興支援の一環として宮城県南三陸町応援・福島県南相馬市の福祉事業所のグッズ販売や、小さな東北支援の写真展を実施。
2014年より、防災教育を行っている韓国のお土産人気品を販売。
また、2015年より畑で栽培しているとれたて野菜やそれらを使った豚汁を販売しています。
今年もリピーターが満足できる品をご用意いたします。
ベージュ色のテントを探してください。
夢ステージ2017年ヴィレッジネーション.jpg


フェイスブックイベントページ

今回のステージをもちまして、「夢ステージ」は解散致します。
17回のステージ。17年間、皆様に支えていただきながら、ご理解・ご協力のもと、たくさんのステージを講演できたこと、本当に感謝申し上げます。
富士宮市総合福祉会館・市民文化会館・富士宮市役所・山宮スポーツ公園と流浪のステージでしたが、いつもそこには笑顔があふれていたと…。寒い季節にも関わらず、室内から屋外へと場所が変わっても、一緒に協力していただいた皆さんをはじめ、遊びに来ていてくれたみんながいてくれたから、ここまでやって来ることが出来ました。何よりも皆さんの温かさにふれられた喜びが一番です。本当にありがとうございました。   〜 夢ステージ一同より 〜
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 23:19 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ジャカルタアジアパラリンピック大会開幕!![2018年10月06日(Sat)]
「インドネシア2018アジアパラ競技大会」の開会式が6日夜、ジャカルタのブンカルノ競技場で行われた。
交通量の多いジャカルタでは、当日の夕方から周囲の道路を閉鎖。独特の熱気に包まれながらセレモニーがスタートした。

入場行進の音楽は、各国の曲がメドレーになっており、日本の音楽には安室奈美恵の人気曲「HERO」が選ばれた。
ジャカルタアジアパラリンピック開会式.jpg


今大会、日本からは過去最大・参加国最大の304人が出場、17競技に参加する。旗手を務めた女子陸上・前川楓(チームKAITEKI)は、「義足でもこんなにきれいに歩けるんだというところを見てほしい」との宣言通り、堂々とした行進を行った。また主将の水泳・鈴木孝幸(ゴールドウィン)は「東京のパラリンピックの前の最後の総合大会。一丸となって1つでも多くのメダルを獲れるよう頑張ります」と誓った。

大会は8日間にわたって行われ、アジアの43の国と地域の選手たちが18競技でメダルを争う。頑張れニッポン!!

(ジャカルタアジアパラリンピックに挑む日本柔道チーム)
2018ジャカルタアジアパラリンピック日本柔道チーム.jpg
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 22:18 | オリンピック・パラリンピック | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
あさひ幼稚園の運動会[2018年10月06日(Sat)]
2018年10月6日(土)
宮城県南三陸町のあさひ幼稚園の運動会。
当日の様子の写真が送られてきました。ありがとうございます。
会場には、静岡県富士宮市のふじキンダー学園さんから贈られた応援横断幕が飾られていました。
南三陸町のあさひ幼稚園の運動会2018 (1).JPG

南三陸町のあさひ幼稚園の運動会2018 (2).jpg

当法人が両園の交流を、橋渡し・サポートしています。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 22:05 | 子供 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年10月4日 富士山新報[2018年10月04日(Thu)]
富士山新報さんより。
2018年10月4日 富士山新報.jpg

「タイトル」
秋空の下 元気いっぱい運動会
ふじキンダー学園

「本文」
認定こども園「ふじキンダー学園」(井出千秀園長)は2日、山宮ふじざくら球技場で「第37回認定こども園ふじキンダー学園うんどうかい」を開いた。
園児のはつらつとした入場行進で幕を開けた運動会は、全園児330人が、ジブリメドレーの曲に合わせて体を元気いっぱいに動かすキッズ体操で競技をスタートした。

年少、年中のかけっこ、年長のダンス演技に続いて、乳児クラスが親子でダンスを披露。
どちらがつよいでは、年長園児が綱引きで力を競い合った。続いて、父兄の部も行われ、力自慢のお父さんたちが、園児らの声援を受けて力を競い合いながら交流を深めた。

同園は7年前からが宮城県南三陸町の「あさひ幼稚園」と交流が行われ、今年も応援横断幕が寄せられ会場内に展示された。
また、鼓笛や応援合戦など15種目を展開し、応援合戦に続き年長園児のリレーで熱戦が繰り広げられ、秋晴れの下で歓声と笑顔の輪が広がった。(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 15:19 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
第37回 ふじキンダー学園の運動会[2018年10月02日(Tue)]
2018年10月2日(火)
当初、9月29日(土)に行われる予定でだった、秋の大運動会。
台風の影響で延期されていました。
第37回キンダー学園の運動会 .jpg

会場には、宮城県南三陸町のあさひ幼稚園さんから贈られた応援横断幕が飾られていました。
第37回キンダー学園の運動会  (2).jpg

第37回キンダー学園の運動会  (3).jpg

第37回キンダー学園の運動会  (4).jpg

あさひ幼稚園の運動会は、10月6日(土)です。
ふじキンダー学園さんから贈られた応援横断幕を会場に飾る予定です。
当法人が両園の交流を、橋渡し・サポートしています。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 22:40 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年10月2日 岳南朝日新聞[2018年10月02日(Tue)]
岳南朝日新聞さんより。
2018年10月2日 岳南朝日.jpg

「タイトル」
土と人に触れる
農作業の喜びと楽しさ実感

「本文」
家の前にある小さな菜園で今年の夏から、いくつかの作物を育てている。近所に住む高齢男性に手伝ってもらいながら見よう見まねで続けているのだが、これまでにキュウリやバジル、ゴーヤなどを収穫でき、おいしく味わっている。毎日できるのは朝晩の水やりくらいなのだが、作物の成長を眺めるとうれしくて、菜園の手入れが休日の楽しみになった。
仕事でも生活でも挫折が続き、落ち込む日々を過ごしているが、土や植物に触れると、不思議なほど心が落ち着いてくる。

NPO法人主催の「秋の大収穫祭〜ジャンボ落花生掘り体験」が、同法人で管理する富士宮市内の農園で開かれた。法人の関係者や地域住民ら幅広い世代の参加者たちが落花生の収穫作業などを体験するとともに、ゆでた落花生をその場で味わい、実りの秋を満喫した。
会場では、親子連れ等が地主の男性の指導を受けながら収穫、白菜の植え付けに熱中し、笑顔で語り合い、相互に助け合うなど和やかな雰囲気。取材で訪れた記者も参加者同様に親しく話し掛けてもらい、心安らぐ親睦のひとときを過ごすことができた。

「子供たちの体験や親子のコミュニケーションの場、地域のつながりを育む機会などとして、農園での活動をさらに広げていきたい」と銅法人の代表理事。
考えてみれば、自宅の菜園での作業中、近所の方々が気さくに声を掛けてくれるのも野菜づくりの楽しさ。揺らぎがちな心を穏やかに保つためにも、休日のささやかな農作業を今後も続けていこうと思う。(安江桂介)(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 20:04 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年9月29日 富士山新報[2018年09月29日(Sat)]
富士山新報さんより。
20189f月29日 富士山新報.jpg

「タイトル」
地域コミュニティを創出する栽培&栽培
秋の大収穫祭
ジャンボ落花生掘り体験
NPO法人ヴィレッジネーション

「本文」
NPO法人ヴィレッジネーション(村松広貴代表理事)は22日、市内外神の畑で「秋の大収穫祭ジャン落花生掘り体験」を実施した。
畑は、高齢となった地主が管理者を捜していることから、村松代表理事が耕作放棄地問題などの地域課題解決や地域コミュニティづくり、栽培収穫体験を通じた親子のコミュニケーションづくりなど、様々な可能性を描いて2015年から始めた。春はジャガイモ、夏はとうもろこし、秋はジャンボ落花生やさつまいも、冬は白菜や大根などの栽培を手探りで展開してきた。

同日は地主の石川鉄也さんはじめ地域の住民が集まり、落花生の上手な収穫方法を披露、参加した親子連れらが体験を行なった。
続いてコンテナ4個分の落花生がゆで上がるまで子どもたちは白菜苗30本を植え付けし、ゆで上がった落花生を食べながら「ほくほくしておいしい」と感想を述べていた。

村松代表は「収穫ではお隣の人にお裾分けする姿や、ベテランが初めて体験する参加者に掘り方を指導する姿がみられ、充実した体験となりました」と話し、「耕作放棄地の有効活用や地主と参加者などの地域交流が深められてよかった」と語った。(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 15:20 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
韓国滞在のお知らせ[2018年09月27日(Thu)]
韓国滞在のお知らせ
2018年09月27日〜10月23日
代表理事の村松広貴は、日本国内不在となります。
※海外情勢により渡航日程を調整する場合がございます。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 10:17 | 韓国 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年9月24日 東京新聞[2018年09月26日(Wed)]
東京新聞さんより。
2018年9月24日 東京新聞.jpg

「タイトル」
ずっしり ジャンボ落花生収穫
富士宮で小学生ら体験

「本文」
震災被災者や障害者の支援を行う富士宮市のNPO法人ヴィレッジネーション(村松広貴代表)は22日、同市外神の畑でジャンボ落花生の収穫体験を行った。会のメンバーや小学生ら約20人が参加。初めて触る落花生に、子どもたちは「重いけど楽しい」などと笑顔を見せた。

畑は2015年5月、専業農家に貸していた土地が借り手の高齢化で返却されたため、地主の男性が村松さんに相談。耕作放置対策として、またNPOメンバーらの収穫体験の場として約300平方メートルを村松さんが借り受け、四季の作物を育て始めた。村松さん自身も農業の経験はなく、近くの農家さんに種まきの時期や肥料を教わり、農機具を借りて、少しずつ畑を「進化」させている。

畑に入るのが初めてという子どもたちは、地主の男性のお手本を見ながら、挑戦。なかなか抜けない落花生を引っ張って尻もちをついたり、出没する虫に驚きながら、秋の収穫を楽しんでいた。村松さんは「地元名産の落花生がどのように生まれるかを体験してもらいたかった。今後もNPOの活動につなげていければ」と話した。(前田朋子)(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 11:50 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年9月25日 岳南朝日[2018年09月25日(Tue)]
岳南朝日さんより。
2018年9月25日 岳南朝日.jpg

「タイトル」
実りの季節満喫し交流
ヴィレッジネーション 秋の大収穫祭
20人が落花生掘り体験

「本文」
NPO法人ヴィレッジネーション(村松広貴代表理事)主催の「秋の大収穫祭〜ジャンボ落花生掘り体験」が22日、同法人で管理する富士宮市外神の農園で開かれた。同法人の関係者や支援者、地域住民ら幅広い世代の約20人がジャンボ落花生の収穫体験するとともに、ゆでた落花生をその場で味わい、実りの秋を満喫しながら和やかに交流を深めた。

同法人では地主である地域住民からの依頼を受け、2015年5月から同農園を管理し、季節に応じて、ジャガイモ、トウモロコシ、サツマイモ、白菜、大根など各作物を栽培。耕作放棄地の解消につなげるとともに収穫体験、障害のある人に関わるイベントでの野菜販売など、さまざまな取り組みを通じて地域コミュニティーづくりや福祉、食育などに役立てている。

同日は、地主である地域住民が始動に当たり、親子連れなどがジャンボ落花生の収穫にチャレンジ。白菜の植え付け作業にも励み、相互の助け合う姿があちらこちらで見られた。
参加者たちはその後、収穫の成果を「ゆで落花生」として味わい、地元ならではの秋の味覚を堪能しながら笑顔あふれる親睦のひとときを満喫。どっさりと採れた生の落花生を各家庭へと持ち帰った。
村松代表理事は「子供たちの他県や親子のコミュニケーションの場、地域のつながりを育む機会などとして、農園での活動をさらに広げていきたい」と話していた。(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 10:00 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ヴィレッジネーションさんの画像
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/index2_0.xml