CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
『NPO法人 ヴィレッジネーション』

障害者や子供たちのチャレンジや夢を応援しています

「出来る人が出来ることをできるだけする」

ただそれだけですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)



2019年3月23日 岳南朝日新聞[2019年03月23日(Sat)]
岳南朝日新聞さんより。
2019年3月23日 岳南朝日新聞.jpg

「タイトル」
東日本大震災 震災復興の足跡紹介
NPO法人ヴィレッジネーション
芝川公民館で写真展 26日まで

「本文」
富士宮市若の宮町のNPO法人ヴィレッジネーションによる「3.11を振り返る 未来に繋(つな)ぐ」と題した東日本大震災復興写真展が26日まで、同市立芝川公民館(くれいどる芝楽)で開かれている。開館時間は午前9時から午後5時まで。月曜日休館。

同写真展では、震災直後から今月10日まで同法人が宮城県南三陸町で活動した8年間の記録を約90枚の写真で紹介している。
震災直後、津波に押し流されがれきに埋まれる街並みから、1~3年後に仮設住宅への入居や街の区画整理が進む姿。4年後から現在までは、新しい住宅が建ち並ぶ様や津波浸水地の盛土が進む様子、仮設住宅に高齢者を中心とした生活弱者が取り残され、コミュニティー破壊などの新たな問題が持ち上がっていることなどが、時系列で見て取れる。

同法人が障害者支援交流を行っている福島県南相馬市周辺で、原発事故により復興が遅れている光景は、問題の根深さも伝える。
復興写真関連以外では、2014年のセウォル号沈没事故をきっかけに同法人が韓国内で行っている防災教育や、同国の子供たちが日本の復興を応援するメッセージを書き込んだ横断幕も展示されている。
同店を訪れた一人は、「少しずつ復興が進む中で、仮設住宅の高齢者問題など難しい問題もあることを知った」と同法人の村松広貴代表と語り合っていた。

同写真展のダイジェスト版が同市淀平町のクルマ買いますKOYAMA富士宮店で27日から4月3日まで行われる(木曜定休)。時間は午前9時30分から午後7時まで。(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 09:33 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2019年3月20日 静岡新聞 [2019年03月20日(Wed)]
静岡新聞さんより。
2019年3月20日 静岡新聞.jpg

「タイトル」
大震災復興の歩み写真で紹介
26日まで富士宮

「本文」
富士宮市のNPO法人ヴィレッジネーション(村松広貴代表理事)による発生から8年が経過した東日本大震災の復興の歩みを伝える写真展が19日、同市長貫の市立芝川公民館で始まった。26日まで。
同NPOは震災直後、宮城県南三陸町で視覚障害者の支援を行った縁で、現地と市内の幼稚園の交流支援を続けている。被災後の2011年4月から今月初旬に撮影した最新のものまで約100枚が並ぶ。

甚大な津波被害を受けた同町を中心に、変わりゆく街の様子を時系列で展示。14年の旅客線セウォル号の沈没事故をきっかけに同NPOが展開する韓国での防災教育の取り組みも紹介している。
村松代表理事は「ハード面で復興が進む一方で、取り残されている人たちもいる現状がある」と話す。月曜日、祝日は休館。入場無料。(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 08:21 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「3.11を振り返る・未来へ繋ぐ」in芝川公民館くれいどる芝楽[2019年03月19日(Tue)]
「3.11を振り返る・未来へ繋ぐ」
「3.11を振り返る・未来へ繋ぐ」inくれいどる芝楽.jpg

ヴィレッジネーションの活動写真展を開催しました。2011年東日本大震災後の宮城県南三陸町の様子や福島県南相馬地方の様子。2014年セウォル号転覆事故をきっかけに始めた、韓国での防災教室の様子。
2011年4月から2019年3月までの90枚以上を展示中。

場所:芝川公民館くれいどる芝楽(富士宮市長貫1270番地の1)
日時:3/19-3/26
時間:09:00-17:00(祝日・月曜休館)
入場:無料

ぜひ、ご覧ください。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 09:40 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2019年3月15日 東洋経済日報[2019年03月15日(Fri)]
東洋経済日報さんより。
2019年3月15日 東洋経済日報.jpg

「タイトル」
韓国の子ども達、南三陸病院に
「復興願い応援横断幕」寄贈

「本文」
日本のNPO法人ヴィレッジネーション(村松広貴代表)は、韓国富川市のクリムナラ塾の子どもたち(幼稚園〜小学6年生43人が参加)から託された「復興願い応援横断幕」を10日、宮城県南三陸町の南三陸病院に寄贈した。

同団体は、11年東日本大震災から宮城県南三陸町を支援してきた。14年の世越号沈没事故をきっかけに韓国にある美術を中心としたクリムナラ塾から防災教育の依頼があり、絵を見て防災ポーズをとるゲームや防災かるた(日本語)やプール教室、防災訓練、東日本大震災の写真や映像などを用い、防災教育を定期的に行っている。

その防災教育の中で、南三陸町と言うフレーズが出てくるうちに、「日本のどこにあるのか」「町のあちらこちらにあるモアイはなんだろう」と、子ども達が南三陸町に興味を持った。南三陸病院(台湾アなどの支援をうけ再建)の前身である志津川病院(津波で被災)の元事務長の横山孝明氏や南三陸病院佐々木三郎事務長の賛同を受けて今回の寄贈となった。

病院関係者は、「海外から様々な支援をこれまで受けてきたけど、子どもたちだけの作品は初めてだ」と語った。応援横断幕は、病院のロビーが子ども病棟に展示される予定だ。(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 17:17 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2019年3月14日 富士ニュース[2019年03月14日(Thu)]
富士ニュースさんより。
2019年3月14日 富士ニュース1.jpg

「タイトル」
被災地での支援活動紹介
ヴレッジネーション 3.11写真展

「本文」
富士宮市のNPO法人ヴィレッジネーション(村松広貴代表理事)が東日本大震災被災地で取り組んでいる支援活動を伝える写真展「3.11を振り返る・未来へ繋(つな)ぐ」が、富士市吉原の市民活動センターコミュニティーfで開かれている。18日(月)まで。午前10時ー午後10時(日曜は5時まで)。

同NPOは、視覚障害者の支援を手掛ける中、東日本大震災の発生直後から被災地でさまざまな支援活動を継続しており、写真展ではこれまで8年間の活動で撮影した約90点を年ごとに展示。津波被害が大きかった宮城県南三陸町を中心に、被災直後のまちの景色から復興に向かって進む人々の歩み、現地の人との交流の様子などを紹介している。

発生直後では、がれきに埋もれたまちやつぶれた車、多くの人が生活する避難所など、被害の大きさがわかる写真を並べている。
一方、今月3月に撮影したという写真には、2017年に完成した南三陸町役場や2018年に開通に国道45号線、解体された大型仮設住宅などがあり、復興に伴う風景の移り変わりを伝えている。

2014年のセウォル号沈没事故をきっかけに韓国で実施している防災教室の写真も紹介。現地の子どもたちが日本の復興を願って描いた応援横断描くも展示している。
写真展は引き続いて富士宮市2会場でも開催。19日(火)−26日(火)が長貫の芝川公民館くれいどる芝楽(午前9時ー午後5時、月曜休館)、27日(水)−4月3日(水)が淀平町のクルマ、買いますKOYAMA富士宮店(午前9時半ー午後7時、木曜定休)。(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 20:49 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2019年3月13日 毎日新聞[2019年03月13日(Wed)]
毎日新聞さんより。
2019年3月13日 毎日新聞.jpg

「タイトル」
震災被災地の活動紹介
NPO 富士で18日まで写真展

「本文」
東日本大震災の被災地支援を続ける富士宮市のNPO法人・ヴィレッジネーション(村松広貴代表)は、現地の8年間の移り変わりと活動内容を紹介する写真展「3.11を振り返る・未来へ繋ぐ」を富士市吉原2の市民活動センターコミュニティfで開いている。宮城県南三陸町や福島沿岸部を中心に約90点を展示している。18日までで、入場無料。

会場では、震災直後から訪れる南三陸町の大津波の爪痕から仮設住宅での暮らし、災害公営住宅の入居開始、盛り土工事、多くの職員が犠牲になった防災対策庁舎の現状などを展示し、あさひ幼稚園とのこいのぼり交流を報告した。
福島県では、南相馬市の障害者施設での活動や、福島第1原発事故の影響が色濃い双葉郡の様子を伝えた。
さらに、セウォル号沈没事故をきっかけに韓国で手がける防災教室を報告し、現地の子どもたちが日本に向けて描いた応援横断幕を紹介した。

村松代表は「公共施設やスーパーができて落ち着いてきた地域もあるが、避難生活が続くなど取り残されている方もいる。コミュニティーの衰退が気がかり」と解説した。
写真展は、19日〜26日に富士宮市長貫の芝川公民館くれいどる芝楽で、27日〜4月3日に同市淀平町の「クルマ、買いますKOYAMA富士宮店」で開く。問い合わせは同法人(0544・29・7963)へ。【高橋秀郎】
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 22:04 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2019年3月13日 毎日新聞(宮城県版)[2019年03月13日(Wed)]
毎日新聞さんより。
2019年3月13日 毎日新聞 宮城県版.jpg

「タイトル」
韓国の子どもたち 復興願い
南三陸病院 日本語交えた横断幕届く

「本文」
東日本大震災後の防災教育で南三陸町について学んだ韓国の子どもたちから、復興を願う横断幕が同町の南三陸病院に届いた。日本語を交え、「おうえんします」などの激励メッセージが書き込まれている。

横断幕は震災を忘れないようにと昨年から寄贈され、今回が2回目。被災地支援を続けている静岡県富士宮市のNPO法人ヴィレッジネーション(村松広貴代表理事)が仲立ちした。
同NPOは震災後、被災地で仮設住宅のコミュニティーづくりや幼稚園との交流などの支援をしてきた。2014年からは韓国・富川市の塾の依頼で、子どもたちを対象に防災教室を開いている。

横断幕を作ったのは、塾で学ぶ幼稚園児から中学1年の70人。
同NPOの南三陸の活動を知り、インターネット動画などで町の被災や復興の状況を学んだ。横断幕には町のキャラクター「オクトパス君」や南三陸杉などの絵を描き、スマートフォンで調べた「復興」「がんばりましょう」などの日本語も書き込んだ。

同病院は横断幕をロビーに掲示する。佐藤和則事務長は「震災に関心を持っていただき、ありがたい。今後も交流を続けていきたい」と話した。【新井 敦】(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 21:30 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2019年3月11日 東日本大震災から8年[2019年03月11日(Mon)]
2011年3月11日 14:46 東日本大震災発生

本日で8年。
あの日、あの時、何をしていましたか?
そして今、なにをしていますか?

NPO法人ヴィレッジネーション
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 12:20 | 2011.3.11 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「3.11を振り返る・未来へ繋ぐ」in富士市民活動センターコミュニティf[2019年03月11日(Mon)]
「3.11を振り返る・未来へ繋ぐ」
「3.11を振り返る・未来へ繋ぐ」inコミュf2019.jpg

ヴィレッジネーションの活動写真展を開催しました。2011年東日本大震災後の宮城県南三陸町の様子や福島県南相馬地方の様子。2014年セウォル号転覆事故をきっかけに始めた、韓国での防災教室の様子。
2011年4月から2019年3月までの90枚以上を展示中。

場所:富士市民活動センターコミュニティf(富士市吉原1270-1)
日時:3/11-3/18
時間:10:00-22:00(日曜日17時まで)
入場:無料

ぜひ、ご覧ください。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 10:00 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2019年3月の南三陸町[2019年03月09日(Sat)]
震災から8年。3月11日で9年目。

3月9日(土)の南三陸町は少し汗ばむ陽気。
とっても天気がいいです。
しかし明日からは天気が下り坂。明後日11日は、雨模様の予定です。

南三陸町が一望出来る、志津川中学校。
今日は、卒業式でした。
2019年3月の南三陸町.JPG

中学校のグランドに建てられていた、応急仮設住宅の解体が終わっていました。
ここに住んでいた方々は、新たな住宅へ移っていったのでしょう。
元通りになりつつあるグランドを眺めながら、復興を感じることが出来ました。
2019年3月の南三陸町 (2).JPG

ラムサール条約湿原に登録された南三陸町の志津川湾。
海一面に、養殖されているわかめや牡蠣。
2019年3月の南三陸町 (3).JPG

海を眺める漁師さん。
漁港周辺は、復興の工事が進んでいます。
2019年3月の南三陸町 (4).JPG

2019年3月の南三陸町 (5).JPG

市役所では、2018年10月2日に登録された、ラムサール条約の横断幕が飾られていました。
2019年3月の南三陸町 (6).JPG

2018年3月29日に開通した45号線。震災前とほぼ同じ道筋になりました。
その脇には、被災した高野会館です。
2019年3月の南三陸町 (7).JPG

2019年3月の南三陸町 (8).JPG

南三陸町で一番有名な、防災庁舎。
盛り土に囲まれ、何だか小さく見えます。
2019年3月の南三陸町 (9).JPG

視覚障害の岩崎さんご夫婦。
この時期になると被災していた頃を思い出すより、私たちが来ることを楽しみになると言ってくれました。もう8年のお付き合いです。
2019年3月の南三陸町 (10).JPG

復興が進む南三陸町。
2019年3月の南三陸町 (12).JPG

こう言った日常のチラシに復興を感じます。
これが当たり前の生活。
正直、このチラシに一番復興を感じました。
2019年3月の南三陸町 (13).jpg

未だ、仮設住宅から出ることが出来ない人たち。
60棟ある内、4家族が住んでいる様に見えました。
2019年3月の南三陸町 (11).JPG

震災から間もなく8年。
震災から7年目を迎えた辺りから、現地の人たちが通う、大型スーパーが出来たり、その近くに住宅街が出来たり、バスが通ったりしてようやく当たり前の生活が戻ってきたように感じていました。そして8年目には、たくさんの生活に欠かせない道や橋なども続々完成し、生活が便利になりつつあります。
しかし一方で、ほとんどの仮設住宅の方が、新天地に移動されていますが、いまだにこうして暮らしている人もいる。復興が進むなか、この場所から出ることが出来ない家族がいること。
今更ながら、知り合いでもないために、声を掛けることもできない。
こうした場所に取り残された人たちのコミュニティが、衰退していくことに不安を覚えました。
目に見えるハードの復興は進む中、人の復興はまだまだ先だと感じた2019年3月の南三陸町でした。
2019年3月の南三陸町 (14).jpg
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 23:09 | 南三陸町 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ヴィレッジネーションさんの画像
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/villagenation-blog/index2_0.xml