CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2015年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
山に登る人たちのストーリー [2015年08月31日(Mon)]
八海山.jpg




すみません。山登りしたわけじゃなく(笑)。


ネットからいただいた素晴らしい八海山の写真です。


新潟県南魚沼市にそびえたつ標高1778mの岩の山。

修行の山としても崇められてきた霊山なんだそう。


昨日の日曜日☆☆☆


なんとなく、、気分もあがらず。


朝ごはんは食べたいんだけど。

気分が、、、ほんと上がらない日曜日(笑)


ため息まじりに。ベッドで携帯のワンセグをあける。

普段なら絶対に見ないNHKの朝番組、


「小さな旅」。


これが、、、ちょっとグッときた。

今の自分にはちょうどいい。


主役は、、山のふもとに立つ高齢のご夫婦。


いざ、八海山を登らん。

それなりの身支度のお二人です。


御主人はなんと80歳超え。うちの母ちゃんより上。

つつましやかな奥様は楚々として。75歳!


なぜにそのお年で、山を登る、、、


結構な急こう配の八海山を登って行く二人、、、

聞けばこれで八海山を登るのが440回め!


御主人、お若いときに小さな会社を起業。

みるみるうちに会社は大きくなり、

なんと1000人の社員を持つまでになったそう。


が、しかし、例にもれずリーマンショック、バブルがはじけ、

彼の会社の経営もとたんに苦しくなった。


もうだめか、と言う時に、

いつも自分を奮い立たせてくれたのが、、、


この八海山だったというのです。


大いなる力をもらい、会社をなんとか立て直す事が出来た。


だから、自分はこうして時間を作ってはこの山に登り、

感謝の祈りを捧げる。そして440回。


陰ながら支えてこられた奥様もそれに付き合っていらっしゃる。


登山の途中、こう配が厳しくなり、足が進まなくなった。

足が重くなる奥様に、はい、と、ロープを渡し、


掴んだのを確認しながら、さらに上を目指して!!!

奥様を引っ張って足を進める御主人。


これぞホンマの夫婦の形、ではないでしょうか???


いいなあ、って思ったよ。


お二人で、目の前にあらわれた頂上に手を合わせ。

深く深く頭を垂れる。


その二人の姿がすでに神々しく、すがすがしく。


御主人は。奥様に「お疲れさん」と声をかけ。


奥様は笑顔で「ありがとう。」


ホント。しつこいけど。清々しい。

徳を積まれたご夫婦ですね。


いいものを見せてもらったよ。。。日曜の朝。(笑)


この続きはまた明日〜(●^o^●)。


あーーー、また一週間が始まる、、、


どうぞ、体調が盛り返す一週間でありますように。


明日は外来の予約を取ろうと思ってます。


抗生物質ゲット!!!


10月のダンスカフェのために!!!




母も頑張ってる! [2015年08月30日(Sun)]
IMG_9155[1].jpg



ふりふり、ふりふり廻ってる、、、


ハワイのフリフリチキン〜〜〜!!!


い、今、今、食べたい!!!


1週間で2・5キロも痩せちゃったよ、、、


お肉貯金、、、減らしたくない、、(>_<)。



さて。話題から遠ざかっていた、うちの母上、、、

その後の経過を発表しますと。


デイケアーにカムバックするのはまだまだ先だ、

そう豪語していたはずなのに。


ところがどっこい、その翌日にはノリータに、、、

明日から行くよ!と自ら宣言したというから

腰が抜ける(笑)。


うっそ、、、なんで(笑)。


聞いた話ではね。


デイケア仲間のばあちゃんたちからの、、、

「ヨキママさん、帰って来てよ、」コールが

激しいらしいのです。


嬉しいじゃござんせんか。


皆に必要とされる事が、一番の意欲に繋がり、力となります。

自分は一人ではない、求められている!と、、、

母は実感できたのでしょう!


デイケアに戻った母は、大歓迎の嵐にあい、


そして、そのまま頑張って歩いて、昔ながらの喫茶店でランチ。


そしてだよ!!!痛い痛い足を引きずって、、、

彼女らとスーパーに歩いて行き。買い物をしてきた。


これはスゴイことなんです。


私がいた頃、8月の9日までは、、、


部屋に閉じこもって、、、ご飯もあまり食べないし。

歩けないし。歩こうともしないし。


置いてくるのが痛々しい姿であったのだから〜〜〜〜


今や、、買い物してきたものを自分でお料理しています!


私の予想より一カ月早いです。


てか、下手すると、このまま何も出来ないまま、

寝た切りばあちゃんになってしまうかと、、

マジで怖かったよーーーー。


私がいると甘えてダメなのかもしれないね。


忙しいノリータは、ずっとそばにいてあげることはできないが、

厳しい言葉で、ご飯をしっかり食べさせるし。


自転車に乗ってノリータんちにご飯食べに行ってると聞いて、、、

こけたらどおするんだ、、、と思う反面、本当に嬉しい。


それにノリータ曰く、すごい食欲、、らしい、、


母は、私にはその反対の事を言うけれど。

あまのじゃくキャラだから、その辺は想定内。


このまま頑張ってほしいなあ。


朝から頑張って、リンゴをすりおろして、青汁飲んで、

コーヒー沸かしてパンを食べてる母に感謝だ。




白くて、甘くて、 [2015年08月29日(Sat)]
IMG_0370[1].jpg



じゃあーーーーーんっ。



白くて、甘くて、生でも美味しい!


それは、、、ホワイトスイートコーン!!!


会社でいただきました。


某上場企業が持ってる「もろこしファーム。」



IMG_0363[1].jpg




生で食べられるよ、と言われたけれど。


一昨日、私、休んだから、、


日にちたってるし、やめとこう。



IMG_0367[1].jpg




私は塩をまぶしまくって。


蒸して食べるのが好き。


元来、塩が大好きだから!!!


コーンの甘さが加わると、、、


最高だっしゃ。


いただきますだっ。



最悪な8月です。 [2015年08月28日(Fri)]
IMG_0447.jpg



まだまだ体調も戻ってないんですなあ。


昨日は朝食を普通に食べて、お化粧して着替えて

さあ、出勤するか〜〜〜っまでは普通だったんです。


でも、、、なんか足の裏が冷たい。。。

なぜ、、、


これはちょっと様子見ようか、、、と。

いったん靴を脱いで中へ。


そうすると、、、やはり悪寒がきて。


あ〜〜〜ん。またか、、、


ま、、そのレベルだから、

発熱しても38℃切れるぐらい。


昨日は、、、フラメンコのレッスンあるし。


夜は会社の皆さんと、銀座の天ぷらの会?


今はいいけど、、、またすごく熱が上がって

迷惑をかけたくはないな、、、


と、、、泣く泣く。ほんと泣く泣くだよ。


あきらめた、、、


会社もお休みしました。


ずっと寝ていて、汗びっしょり。


天ぷらはともかく、、、


レッスンは休みたくなかったなあ。

8月は1回しか行けなかった。


昨日は、ノリータが個人レッスンで来る日だったし。


広島で一緒にフラメンコやってる仲間たちを

連れてくる、というので、、、


是非行きたかったんだけどおおお。


このくやしさっ。久しぶりだ、、、


1年、体調不良でレッスン休んだこと

一度もなかったのに、、


ノリータ’S仲間たち、2つのレッスンを見学し

感動&、元気もらって広島に帰ったそうだ。


「一徹先生」は話に聴いていた通り???怖いけど(笑)


全然嫌みがないし、なにより、

みんなの事をすっごく大切にしてるってのがわかる、


なにより、パワー全開の先生を真近で見れて

本当に嬉しかった〜、との感想が届きました。


そして、、、


「タンゴ・デ・マラガの足の長さにびびっとった!

もー、ほんと、すごいって!」


だそうです、、、(^_^;)。


だよね、、ソレアの10倍ぐらい?あるからな。


クラスの皆さん、本当に優しそうでいい教室だね、って。

皆さんも足とかも揃ってるし、やる気が感じられる!って。


うーーーーん。どうだろ、、、それは微妙(笑)。


足、揃ってはないよね(笑)。


しかも、きっとそのノリータ’S仲間たちのほうが

テクニックはすごいんだよ(笑)。


でも、まあ、、それは置いていて。


そう、あのレッスンでもらえるエネルギーの濃さは

抗生物質なみだから〜〜〜。


副作用もありませんし(笑)。


今や、あたりまえのように、

そんなレッスン受けているんだよね。


ホントはありがたいことなんだなーって、

外部の人たちの声を聴いて改めて思いました。


来週は行きたいです、、、






今年も百日紅。 [2015年08月26日(Wed)]
0824[1].jpg



出かけに撮ったので、なんかよくわかんない写メですが、、


マンションの小さな庭に植えられた百日紅です!


8月。今年も華々しく咲いています。


ちょうど、ここに引っ越したのも数年前の8月。

あの8月は今より、ずっとずっと暑かった。


駅から公園の脇を通り、マンションにたどり着いたら

もう汗がびっしょり。


、、、昨日なんか寒いぐらいだった。


その頃も百日紅の花が咲いていて、、、

このマンションはいいな、って思ったんです。


私は木の花が大好き。


木蓮、こぶし、梅、桜、桃、、、

ハナミズキ、、、金木犀


ジャカランダ、も好きだけど、、、

どちらかというと、日本的な花の方がより好き。


もっともっと自然に触れたい。


無機質なものに囲まれているから。






医者を目指す弟へ [2015年08月25日(Tue)]
あまぞん.jpg





医者を目指す弟へ。



「良い医者の心得8カ条!!!」


患者が望む理想の医者とは。


という、この本を書き上げたのは、、、


13歳の少年!


見事なまでの切り口で書いてくれてる!



24.jpg




これも、24時間テレビで観た番組で、、、


ご覧になった方もたくさんいるはず。


かな〜りユニークな少年!

大変な困難とともに生きている少年なんだけどね。


そんなこともうどおでもいいぐらいに、

私は彼のパーソナリティにバカうけしたのであった。


中学校2年生の倫太郎君は、

左心室と右心室が分かれていない難病、

「フォンタン術後症候群(房室交差)」を抱えています。


1万4千人に1人の難病で、これまでにも

何度もつらい手術を重ねたそうで、、、、


それだけでなく、首のところと左手が

思うように動かせない障害もある。。。


腸からたんぱくが漏れる合併症があり、

今もなお、点滴が欠かせない。


酸素を十分に身体中に回すことができないので

酸素吸入器を付けて学校にも通っている。



だけど!!! ビックラするぐらい!!!

倫太郎くん、オモロイ!!!


とにかく明るくて。よーしゃべる。

喋り始めると止まらないようで、、、


どことなくオヤジくさい。。。

漫談を聞いているかのよう、、、


そう、立川談志師匠だ、、、


で、、、どこがすごいって。


今年初め、幼い弟の恵次郎君が口にした言葉。


「お兄ちゃんを治したいから医者になる。」


それを聞いた倫太郎君はすごくうれしかったそうだ。

(弟君がこれまたいいキャラ)(笑)。


倫太郎君は弟の夢が現実となるように!

理想の医者像をパソコンで一気に書き上げた。


自身の体験をもとにした「患者が望む理想の医者」。


これだっ!





「倫太郎君の「理想の医者」8カ条」


@患者さんの家族、趣味など、患者さんの生活全体を見て接しよう。


A患者さんは、誰もが自分の受ける治療や検査などに、

不安を抱えている。しっかり、分かりやすく説明してあげよう。


B患者さんは、いつ苦しみだすか分からない。大事なのは、

その時に、君が患者さんのために、とっさに体が動かせるかだ。


C入院している患者さんにも、自分の生活がある。

検査や治療は出来る限り患者さんの生活に合わせてやるべきだ。


D入院している患者さんにとって、ベッドは我が家のようなものだ。

採血や問診に行く時は、人の家に行くような感じで行こう。


E患者や、患者の家族は、手術や検査の結果を心待ちにしている。

終わったらすぐに知らせてあげよう。


F患者さんとの関係は、治療が終わればおしまいという訳ではない。


G医師はどんな状況でも諦めてはならない。

思わぬ治療法があるかもしれないし、

悪い状態は一時的なものかもしれないからだ。

医師が絶望的と思っても、患者さんや家族にとっては違うかもしれない。



・・・・・・(+o+)。

・・・・・・・・・・・・・・・\(◎o◎)/!


す、素晴らしい。


おいっ!!!


こないだ、救急患者(私)に信じられない暴言を吐いた

あの勘違いヘッポコドクター!!!


テレビはきっと観てないだろからな。

この本、買って読めや!


読んだところで、目は覚めないだろけどな。

志、ゼロのアンタだからな。



もうーーーーっ、対極すぎて。

脱力したんですよ、ほんと。



24時間テレビの生放送にも倫太郎くん、家族で登場。


会場でマイクを向けられて、、がちっと離さない(笑)。


アナウンサーが発した、、、

「医者になりたい弟くんになにをいってあげたい?」


という質問にな。


こう答えたぞ!しかも即答だ。


「まずはりっぱな人間にならないと。

信頼される人間になること。」


とか、、そんなこと言ってたと思うぞ。



聞いたかーーーーーーーーーーーーーーーっ!


へっぽこ医者ーーーーー(怒)!!!


これだぞ、これ!!!


患者が医師に求めてるのはな。

まずは、そこ!なんだよーーー。



倫太郎くんマジ感動だ…。


今。13歳で嬉しいことはなんですか、ってきかれて、


「何回も生死をさまよったからなあ。

普通に過ごせることが幸せだよ〜。」



普通に過ごし、普通を味わい、そこに喜びを得る。

、、まさにそれ、仏の教えではございませんか。



それにしても・・・

よお、しゃべる。アナウンサーよりしゃべる(笑)。


頭の回転がものすごく速いとうか。


喋り方もオッサンというか、やっぱ、談志師匠や(笑)


いっちょまえに?

水ト麻美アナに恋してたし(●^o^●)。


5歳の弟に、好きなんやろっ!!と茶化されてたし(笑)。


それで興奮して酸素吸入器がピッピッピッ!と。

酸素足りませんコールされてたしー(#^.^#)。かわゆー。


笑った笑った。


鉄の心をもつヨキータをこんだけ笑わせてくれたのだから

大したものだよ。


いっしょに登場の親がすごい、と思うんだよ。


静かな優しい面持ちのおかあちゃん。

ちょっと北島サブちゃん系だけど何も言わない父ちゃん。


饒舌でないところがかえってリアルで優しさがにじみ出る。


とうちゃんのこぼす涙で全部わかるよ。


すごい家族だ。


皆を幸せにすることのできる、すごい家族だ。


本当に、うらやましい。


かわいそうだなんて、全然、思わなかった。


すごく幸せに生きてる、この人たちは!


って、そう思った、、、






怒りはおさまり(笑)。そして。 [2015年08月24日(Mon)]
08240[1].jpg



飲まずの食わずだった検査と診察のあと。


お腹すきすぎて〜〜〜。


も、もう無理、、、と病院そばの御蕎麦屋に駆け込んだ。


「快気そば」だって。。。


3年前、、、検査結果を聞きに来た時に、、、

たしか、これ食べたな、、、


そう、こわーい検査の結果を聞く日だったから。

心配してきてくれた友達と一緒に食べたっけ。



P1010644[1].jpg




というわけで。


前回!思い切り愚痴りました(笑)。


同じ記事をfacebookにも載せたのだけど、

思いのほか、たくさーんのコメントをいただき、、、


皆さん、私同様、いや私以上に(怒)マーク連打で!

たくさん一緒に怒ってくださったので、、、


当の本人、むなしさ、怒り、悲しみ、ためいき、、、

ようやく鎮火しました、、、


土曜、日曜は、、、のほほんと、掃除したりとか。

買い物行ってご飯作ったりとか、甘酢漬けたくさん作ったし。


いつまた熱が出るかわからんが、、、

とりあえずは気持ちをゆったりと、、、


日曜はネイルにもいっちまいました。


なかなかお気に入りかも。


沖縄にいるはずの私、、、

ため息はでますよ、そりゃ。


大人しく家で過ごし。ふとテレビをつけてみると。


毎年夏、恒例の24時間テレビ。

見る予定すらなかったけれど、、、


何年かぶりにチョイ観ちゃいましたよ、、、

こーゆう番組構成どうなんだろう、と思うこともアリ。


いつも身障者のかたや難病、癌を罹患した人たちを

前面に押し出す番組構成がホントは嫌だったから。


泣いてください!という表面的な狙いが嫌い、、、

とはいえ。。。


世間に知られていない病気が認知されたり、

理解を得られない弱き立場の人たちのことを

ちゃんと考える場であるのなら、意味はあるのかもしれない。


なによりも、番組の中で頑張っておられるのはやはり

普段、チャンスをなかなかもらえないひとたち。


生まれたときから五体満足ではなかったり。

ある日突然病魔に襲われたひとたち。


番組の企画とはいえ、この与えられたチャンスに

100%以上の頑張りを見せる彼らはやはりすごい。


彼らの眼が、、、キラキラと本当に美しくて。


ほとんど子供たちなんですけどね。


画面を通してだけなんだけど。

目が離せなくなりました。


私もまあ、病気だけど、不良病人です。

適当に普通に生きてるだけです。


子供のパワーってすごいな。


純粋なものから発生するよどみのないパワーって

底知れないものがあるんだ、って。


あらためて、そう感じることができた。


彼らは身障者、ではなく、

重い病を患った運の悪い人たちではなく。


すでにヒトの生きる道を悟りつくした人たち。

たった、数年でね。


私らよりずっとずっと先をゆく人たちなんだな、と。


ま、そりゃそうだよね。

普通の人は、なんで生きなきゃならないの?

なんで、死んだらダメなの?


そんな、不毛の問いかけを、大人になってからも

ずっと続けていくわけだから。


彼らはもう、そんなことわかっているんですもん。

身体で、魂で、わかってしまっているから。


ヒトが何十年もかけてわかりかけることを

いや、ひょっとしたら一生わかんないで終わる人も?


彼らはもうとっくの昔に体得しているんだと思う!


子供たちは 言い訳もしない。

だから、できない、とも言わない。


出来ないことはできるまで努力する。


常に家族のことを想い、感謝し、周りに配慮する。


すごすぎるぞ、、、と、、、

ヨキータ、感動してしまいました。


そして、大いなる反省も、、、


いろんなことを理由に挙げて、正直、

もう、私の人生なんてこんなもんだから!


と、匙を投げてました。最近。


バカ野郎なんですよ。

目が覚めた、とはまだ言いづらくて申し訳ないが(笑)。


一番書きたかったこともありますが。


またそれは次回、、、



愚痴るぞ。 [2015年08月22日(Sat)]
2015082118510001.jpg




沖縄から届けられたサンセット。


・・・の、写メ(笑)。


これを書いているのは、、、

土曜日の朝。


本当なら、、、沖縄のガンガラーの谷で散策しているはず。


緑の気をたくさん吸って。

私も元気になるはず、って、、、


結果言うと、、、


沖縄に行けませんでした、、(泣)



2015082119280000.jpg




沖縄の友人にも申し訳ないことをしました、、、


全然、気にしないで、台風もくるし、と。

電話の向こうの優しい声にホッとしました。


写メ付きで送られてきたメッセージ。


「写真は我が家の平屋の屋上からの撮影です。

旦那さまと、夕陽を屋上でビールをみながら観ています。

沈んでからの余韻も最高です。

10月、よろしければいらして下さいね!

私の漬けた梅ジュース・昨日釣ったお魚たちは、

今日頂きます。

10月は違ったおもてなしができたらと思います(*^^*)」



梅ジュース作ってくれていたんだ(泣)。

旦那様は魚を釣ってくれてた、、、


友人は音叉を使ったセラピーをしているので、、、

沖縄まで私のために一式持参してくれたらしい。


ああ、残念。


最近の不調は抗生物質でごまかしていたけど。

実は出発の朝、4時頃。一年ぶりに40℃近く発熱…


...羽田へ向かう予定が、、かかりつけの大学病院へ。

飛行機には乗れず〜。(T_T)/~~~。


沖縄の友人には本当に申し訳ないことをしてしまいました。


目の前にあった、沖縄に向かうための

なんちゃって派手リゾーツな装いをそのまま着て

向かった大学病院で、、さらに最悪なことに。


予約外担当の若い医師が、、耳を疑うような暴言。


私の方からは、、

「この一年、発熱もなく、ずっと元気だったけど、

最近体調が思わしくなく…。

胆管がまた詰まってきたかなと思ってたら、今朝の高熱。

やはり胆管炎かもと、大事とって病院に来ました。」


と、説明したんすよ、、、

胆管炎だと命にかかわることもあるので…


何て言ったと思いますか、、

初めて見るその若い医者。私の方を向き。


「ほうら、そうやって自分で思い込んで病名つけるんだよね〜。

癌の人とかさ〜、こーゆう難病もってる人とかさ〜。

スゴイんだよ、思い込み。何でも悪く悪く考えちゃうでしょ。

39℃の熱が出たってさ、胆菅と関係ないかもしれないじゃん?」


・・・・・・


あまりにビックリしすぎて、最初、言葉がでんかった。


医者の口からそんな言葉が出るなんて。


そんな信じられない暴言吐きながら、顔はヘラヘラ笑ってる。

パソコンの打ち方も…ペラペラ〜と表面こするだけで…

なんやそりゃ。


誠実さのカケラもない!

ぶちギレそうになった。


コイツは医者か。

明らかに、自分は医者、あんたは素人の患者、という境界線。


お前より、胆菅については私のが詳しいわ(怒)(`Δ´)


私の難病を治療したことあるのか。

日本に400人しかいなんだぞ。


私はもう10年つきあっとるわ!!


「内臓が重たく、悪寒後の高熱は間違いなく胆菅炎ですよ。

しかも数週間体調悪い、って言ってるじゃないですか。

主治医には熱が出たらすぐに来て!って言われてますから!」


とりあえず、そこだけ突っ込んだけど。

おさまらない。


私がこの数年間、度重なる胆菅炎でドンだけ苦しんだか、

最悪の状況でどんだけ頑張ってきたか、アンタ知ってンのかよ

主治医に聞いてみなよ。

こんな状況でよくそんだけ明るいよね、って褒められたよ!!


再発覚悟で、今は前向いて頑張ってるよ!!


世界の癌患者、難病患者に土下座せえ〜〜(怒)

医者やめてしまえ〜〜〜。


採血しますか、と言われて。

(当たり前だろ、普通最初にやるだろ、

40℃出たって言ってんだから〜〜〜怒。)


エレベーターホールで、妹に電話しながら、、、

悔しくて悲しくて涙が止まらず…。

おいおい、やってしまった。


この病院新しくなってホントに嫌な感じになった。

ヒト、が見えなくなった。


以前は病院古くても、各ポジションの連絡がうまくできてて、

なんというか。温かみがあった。


そして、、同志ともいえる主治医の誠実な姿勢に

絶対的な安心と信頼でつながったことで

辛い時期も乗り越えられたけど。


・・すっかりイカレポンチな病院になっちゃった?

病院変えようかな…


採血の結果、更に一時間待ち。


ようやく呼ばれる…




「胆菅炎ですね〜。さすがですね〜。」

と、皮肉言われたよ。


で、今度はCT撮影。

段取り、悪ーーーー。


これがまた最悪、、、(すみません。愚痴が止まらん。)


造影剤。注射針うったところからヨード剤を入れるのだが、

白衣着ておすまし、笑顔ない卒業したてのかわいこちゃん。


では、行きまーす、と私をCTにそのまま入れようとしたが。

隣で監視していたベテランの?兄ちゃんが、、、


「だめだっ!!漏れてる漏れてる!!」


・・・ヨード剤を、、大量にもらされました、、

服にジュワ〜と。こんなのアンビリーバボーです。


さらに、CT結果を聴くのに2時間待ち。

夜、全然寝てないから、待合室で寝てたよ、、

横になるとこもないけど。


病人を7時間もあんな固い椅子に待たせて〜。


以前なら隣にベッド室があり、、

辛いでしょう?と、看護師が寝かせてくれた。

今は、完全分離で看護師の姿はない。


さっきのヘッポコ医師に簡単な画像結果を聞いたが、


「放射線技師の見解聞きたいならもっと遅くなります。

お昼ごはんもありますしね。」


だって、、、


「私は放射線技師の検査結果を聴くまで帰りません。」

と伝えると、(すでにケンカ腰。)



「わかりました!じゃ、呼びますよ、また。」


と、ふてくされて、、いるように見える。


お昼ごはんて、、、

わたくし飲まず食わずで7時間座ってますけど?


そのへんの配慮とかは全くスルー?

(`Δ´)(怒)


てか、、、


実は帰宅後、、、

夜中にまた40℃にせまる高熱が出て大変だったけど。


もう病院に行きたくない、と思ってしまった、、、


世界から見放された気分。


今は微熱に下がったから。


買い物行って、なんか食べるものを、、、

沖縄のために、冷蔵庫空っぽ(笑)。


こんな思いするならば、、、


いっそ、沖縄で台風のなか、

海に向かって叫ぶぐらいのが気分よかったよ!!!(怒)


怒りの愚痴、読んでくださった方、ありがとう、、


私、日頃の行い、よっぽど悪いのかな


。。(〃_ _)σ‖…マジ凹むわ…。





満天の星 [2015年08月21日(Fri)]
2015081906170001.jpg




沖縄の友人から昨日送られてきた写メ。


自宅から見える朝日。


「満天の星・夜・流れ星と、、、

時間を忘れて夜更かししてしまいました。

ヨキータさん到着が待ち遠しいでーす。」


と、記されてありました、、、



台風は、、、順調に沖縄に向かって突進してきてます。


それにしてもさ、、、この台風進路、、、

あんな急カーブ、、、うそやろオ(>_<)。


アッシを狙ってきてんのか。


本当は聖なる島、久高島のカミンチュのかたに

お会いする機会があったのに、、、


波が高くてフェリーも出ないみたいです、、、(>_<)


ははは、、、そういう時期ではないってことですね。



私の到着する金曜日から週明けにかけてずっと、、、


雨雨雨マークが〜!


☂ ☂ ☂ ☂ ☂ ☂



満天の星はおろか、、、


サンセットもサンライズも見えませんね(笑)。


まだ体調も優れません。


沖縄で倒れるわけにもいかん。


昨日から抗生物質を飲み始めています。


お腹のゆるいのは、ビオフェルミンであっとゆうまに

改善したのだけど、、、


やはり、この重さダルさは・・・

胆管だな、と判断したので。


そろそろ、胆管がつまってきたのかもしれない。


夢を見ましたー。


変な夢。


エレベーターに乗ってる。


先に乗っていたキャリアな美女さんが私に声をかけた。

「どちらへ?」


ボタンを押してくれるみたいだ。親切な美人だ。


「千葉へ。お願いします。」


押し黙ったキャリア美女。


「それを言うなら、地下でしょっ!」


、、、??? 


私も美女も変だわ、、、というとこで場面は急変(笑)。


渡された鍵を手に、部屋を開けると、、、


そのゴージャスな部屋の窓からは、、、

紺碧の海が!!!拡がって!!! 


感動!!!(夢の中で)


そこで私は想ったのだ。


どうして、いつもオフィスの中にいる???

この景色が毎日そばにあってんもいいんじゃないの?


それは、ひとつの気づきのようなきがしたので。


目が覚めたとき、、、


よしっ。海に行こう!!!って。


あ、、、違う、、、会社だろ、、、って。

すぐに正気に戻ったけど(笑)〜(+o+)


沖縄に行くから、こんな夢?(笑)(笑)(笑)




とりあえずは旅立ちます!





・・・と、綴ったのが夜中の0時。


ここまでは順調でした。


ところがどっこい。


まだまだいろんなことありまして、、、


私のこの呪われた人生って、、、


過去生でどんだけのカルマ、あるいは

先祖のなにか、、、


業を背負って生きておりますなあ。


また詳しくは後日。



噴き出たあああ。 [2015年08月20日(Thu)]
img055.jpg






死によったーーーー。


エネルギー負け〜〜〜。


一徹先生、どんだけ元気すかあああああ。



て、ことで。


体調不良、とりあえずの抗生物質でなんとなく。

今日は数週間ぶりに元気だったけれど、、、


レッスンは、、、やばいかな、と思っていた。


けれど、今までの経験からすると、、、


レッスン後の方がなぜか、体調は嘘のように回復、、

今日も、それにかけるか、、、


そう、ナチュラル抗生物質!!!


で、、、ソレアを一時間。


タンゴ・デ・マラガを一時間。


意を決して頑張った。


、、なぜか、いつもよりすごいハードなレッスンが、、、


休憩もなしにぶっ続けざんすよ、、


今日に限って、、、超ハード、、、ホワ〜イ?


\(~o~)/



私はずっとお腹がへんで、姿勢も悪くなって

歩いていたから、、、急にまっすぐ立つのも辛かったが。


何度も、名指しで「尻が出てるっ!!!」。。。

と、先生、容赦ないっすよ、、、(−−〆)。


この方のエネルギー、どこから補給してるんすか???


汗が噴き出す、ってなもんじゃない。


終了後、わたすぃ、足がつって、、もつれて

倒れこみそうでした、、、


耳も聴こえなくなって〜〜(T_T)/~~~


死んでまう、、、


先生はそんなアタイに、先日お渡しした体幹の本を広げ。


「これだよ、この筋肉。ね?

この筋肉をみんなに付けてほしいわけさーーー!!!」


と、話がとまらない、、、


筋肉フェチ、、、(笑)((+_+))



そのまま、先生、昔の仲間と飲みに行きました。


私はヨボヨボと、、カメコに支えられ(笑)、、駅へ。


このままじゃ、沖縄に行けないわあああ、(-。-)y-゜゜゜


思いついて、自宅そばにある、安いクリームバスのお店に寄り。


2100円で、かなりしっかりやってくれます。


イランイランの香りでクリームバスのトリートメント。

そのあと気持ちのよいシャンプー。

そして、首。肩。肩甲骨の揉みほぐしをしてもらいました。


めっちゃ、復活。


やれやれ、、、


でもねーーー。


やっぱり!!!


すごいよ、ナチュラル抗生物質!!!


あの恐怖レッスン2時間で。


今の私は、一か月ぶりぐらいの爽快感です!

ご飯もたくさん食べられた(泣)。


やっぱりフラメンコ、やめられない。


ただ、足がすごく難しくって〜。


明日、飛行機の中でヴォイス・レコーダーで

エンドレスのリスニングだな、、、、、


このまま元気になればいいなあ。


沖縄よ!

どうか。


われを癒してくれたまえ。




| 次へ