CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2014年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
まどろんじゃった。 [2014年01月31日(Fri)]
Photo.JPG


雑多な?池袋にもちょい歩けばよいお店が。

いつも並んでいて覚悟しないと入れない。


今日は会社の食いしん坊トリオが満を持して?トライ。

なんと12時半にして最後のお客となりました。


「pino giovane」というお店です。

トラットリアというよりもオステリア(小さな食堂)。


若い松、、、という意味なので、

「あの、若松さんですか?」とシェフに聞いたら、

ハイ、そうです。って(*^。^*)。


古い家屋をさりげなく飾っていて落ち着きます。

素敵なご夫婦がやってらっしゃいますが。


ほんとーーーーに美味しい。

かぼちゃのスープにファッロ(スパルト麦)。

モルタデッラに白いんげんのパスタ。

塩の加減の良いフォカッチャ。コーヒー。


BGMもクラシックで落ち着く、、、

中年の星くん、、、まどろんでました(笑)。

よかったね!




もーすぐ。 [2014年01月31日(Fri)]
mao3.jpg


もーすぐ。

ソチだ!オリンピックだ!



出勤前、コンビニに行ったら、、、

目に入っちゃった。


「あ、真央ちゃん。」


買っちゃました。

真央ちゃんスペシャル。


ノービスのころから載っている写真。美しい。

コーチ、仲間、日本人、外国人、いろんなひとが語っています。


ソチに向けて、、、

どーしよう!自分のことより緊張する〜。



一年たちました! [2014年01月30日(Thu)]


一年前の今日。そしてこの時間!

私はあの大手術をしていました。


思い返すと。なんという一年だったんだ〜と。感慨深い。

身体的にも辛いけど、病院にいる時は治ることだけ考えてればいいから。


それよりも2013年後半の気持ちの落ち方はやばかった。

あまり人には言ってないけれど。


今朝、朝食を食べながら、、、

世界を驚かす画期的な新型の万能細胞(STAP細胞)のニュースを見ていて。


博士号をとってわずか3年という、30歳のピカピカ美人女性研究者。

研究室をかっぽう着姿で立ち回る、かなり異質の研究者ですよね。


このSTAP細胞、朝の番組によれば、

テリー伊藤がお風呂から上がったら赤ちゃんになってた、ぐらいのインパクトがあるらしい。


細胞1個の大転換。想定していなかった事象。

それを成し遂げたのは若い女性。

枠にはまだまだはまらない柔軟な発想をもっていればこそ、なんでしょうね。


これぐらいの発見をしてしまうと、研究者ってのは普通躊躇してしまって、

なかなかそこから発展していかないという、、


若者は恐れない!


これから世界中で人間を使った臨床が競争で始まるだろう、とのことですが。

それは、人間がなぜ生まれて100年近くその細胞を維持し続けることができるのか、

という、新たな転換へのアプローチになるだろう、ってテレビで言ってたけど。


まだそういうことを、あーだこーだと検証しているんだ、、、とある意味、私は思っちゃう。

頭で考えることが、ホント好きだなあ。


細胞は変わるんだよ、、、外部からの刺激で。内側からの想いで。

と、私はこの1年で強く思ったので、、、


「刺激を与えることでさまざまな細胞になる能力」 

まさに、このSTAP細胞の特性はそれなんだって。。。


isp細胞は神経や皮膚などで、私の難病にはあまり関係のない発見だったけど。

こちらは大いに期待できそう、、、と嬉しかったり。


でも、私は別のアプローチから自分の人生に落とし前つけるど、、、って

ヤクザなことを思ったり。(一徹先生に組長、って呼ばれるだけある?)


妹のノリータに、メールしたんです!朝イチで。

今日で一年だよ、改めてありがとうございました!って。


そしたらこんな嬉しい返事がすぐに来ました。




「ヨキちゃん。この一年が嘘みたいやな。よーがーんばってのりきったし、

のりきったどころか「祈り」の上映やフラメンコの発表会、やすげーことやりぬいて、

あーたは世界一優秀な人間や。

お陰様でわしはなんも怖くなくなったよ、こちらこそありがとー・」


ま、身内だからこその評価もありますが(笑)。。。(*^。^*)


あらためて、皆さん!

この一年、私にくださった「想い」をありがとうございました。




チベット [2014年01月29日(Wed)]
tibet4.jpg


歌さん、写真出しちゃいました。ごめんなさい。

×だったらすぐ消すので言ってくださいね♪


桂歌之助さんとはその昔?チベットへのツアーで出会ったんです。

この写真の初々しさ。昨日久々にみて自分でウケました。


ネガが時間の経過で焼けちゃってこんな色に(-。-)y-゜゜゜。


あのツアーに参加していた人たちのキャラ、...

なんと濃かったこと。94歳の静子ちゃんもその一人です。


そして彼らと今もこうしてつながって日本で海外で、そして

人生の旅を続けています。


tibet11.jpg



一行はチベットから無事ネパールへ。


カトマンズのホテルで、当時千葉大の落研所属だった青年が

オジサンたちのムチャぶりによって、一席披露してくれました。

(なんで座布団があったんでしょうね?)


Tシャツにジーンズの大学生、、、

私にとっては彼の落語が初めての落語体験。

そしてめっちゃ面白くて、めっちゃ笑った。


やがて彼がプロの噺家になり、真打ちにまで昇格しようとは。

歌之助さん、すごい!


しかし、チベットはすごかった。


電気のない村のホテルの部屋に入ったら。

前の宿泊客が残した○○チがトイレに浮かんでいた、、、

食事はヘッドライトで照らして食べたし、、、

今にして思えば、なんて貴重な体験!


tibet9.jpg



チベット、ラサといえば、ポタラ宮!

見学だけでものすごく歩いた記憶が、、、


宮殿の中は迷路のように複雑に入り組んでいるんです。

あのころはどこの宮殿にいってもダライラマの写真を見ましたが。


tibet7.jpg



お寺。五体投地をしているチベット人がたくさんいます。


tibet8.jpg



チベット人の子供たち。

いい笑顔だなあ。


tibet2.jpg



ラサの織物工場を見学。

女の子たちがこちらが気になるらしく。

振り返っては笑ってました。


tibet5.jpg


tibet12.jpg



たしかセラ寺だったかなあ、、、

チベット仏教の禅問答。


僧たちが独特のジェスチャーで問題をだし、解いていきます。

ここでは禅問答の様子を見ようとしている観光客で一杯。...


なかなか興味深い風景。

とんちの利いた答えをだしたりするんですよね。

と、ダライラマの自伝に書いてあったような、、、


tibet10.jpg



チベットの河を越える渡し船。

僧たちと一緒に相乗り。

いや〜〜〜、懐かしい。

胸が、、、ズキズキします(笑)。内緒。


tibet.jpg



チベット チョモランマ峠へと向かう!

ここから見たヒマラヤの山々が圧倒的。


tibet13.jpg



ヤムドク湖。どこまでも広く青く!

そして誰もいない。

ここで食べた超素朴で冷たいランチボックス。

死ぬまで忘れないと思う。


tibet3.jpg



見てください!この崖っぷち。

チベットからネパールへと国境越えの際に、、、

大雨かなんかで崖崩れ。

どんだけこの崖を歩くの怖かったかあああ。


、、、一人荷物運びの若者が谷底へ落ちちゃいましたけどね。...

その現場を見てしまった、、、、が。

なんと生きてました。下から叫んでた\(◎o◎)/!


チベットにも早く平和がおとずれますように!



ハワイツアーのお知らせ! [2014年01月29日(Wed)]
big2.jpg


1月27日!

「オフィス・ナウティカ」三周年を迎えました!


細々と消え入りそうな「なんちゃって事業」ではありますが。

まだ生きてます(笑)。


記念して♪ 久々のお知らせ〜☆

2014年はいよいよ、、、


三代目桂歌之助ツアーin Hawaii を決行します♪

(写真は2011年のハワイツアー)


少しずつツアーの内容も決まってきているので、

詳細はそのうちご報告できると思います。

10月中旬決行でほぼ決まり。


オアフ島での高座イベントはもちろん、

歌之助さんと巡るビッグアイランド!ハワイ島一周企画。

盛り上がりそーでわくわく、、、


真打ちの落語家がハワイで高座、ありそうでなかったようなので。

これはグッドチャンス。ビッグチャンス?


イタリア語落語もそうだけど。

やっぱ誰もやったことない、ってスペシャル感ありありでよい。


イタリア語落語をイタリア人の前でやった時よりは、、、

歌さんもプレッシャーは少ないでしょう♪



なんだかわかんないけど、行ってみたい、参加したい!という方は

また声かけてください☆


2008年、ミラノでイタリア語落語公演をやった際の動画を、

見に来てくださったミラノ在住の方がYoutuveに出してくれたものがあります。

是非見てくださいね。



http://shiroyuki.doorblog.jp/archives/51266366.html



ザ!浅草。 [2014年01月27日(Mon)]
IMG_9751[1].jpg


浅草って本当に不思議。なんでもありなところが素敵♪


友達が探してくれたお店「OCOMO」も、、、

お好み焼き・もんじゃ焼きのお店なのですが、

一歩中に入るとそこは、まるでバリ島風のリゾート地!

ドラマ『リーガルハイ』のロケやったみたいですね。


IMG_9747[1].jpg


IMG_9753[1].jpg


イカ、消化悪いから気をつけなきゃ、、、と思いつつ。

がっついた!おいしーんだもん。


こないだ、イカで消化不良起こしたときは、、、

これ、まるごと食べたからだった、、、わたし、ばか?(笑)。


IMG_9762[1].jpg


で、もんじゃ!

明太子チーズもんじゃ。


IMG_9764[1].jpg



もんじゃは、、、月島の方が美味しいけど、、、

でも大満足!イカ焼き、お好み焼き、豚シャブサラダ?

どれも、美味しかったよ。

なにより、テーブルで焼き焼きしながら食べるって、楽しい!


IMG_9746[1].jpg



「ソーセージマルメターノ」というネーミング、、、

パブリカのせて、フジテレビ風にしてみました。

ははは!(*^。^*)。


IMG_9767[1].jpg


さあ、これは、、、

なんでしょう。


IMG_9768[1].jpg



ナポリタン焼きうどん、


おしゃべりと笑いはつきず、話題も多種多様。

鉄板では次から次へ生贄の食材が、、、

うーん、もう楽しくてたまりません!(^^)!。


140126_150534.jpg



もんじゃのあとは、、、

友達が行きたい、という「今戸神社」に参拝。


この1月だけで神社に来るのは三度目だけど、、、

バチ当たらないか???(-。-)y-゜゜゜

神さまは喧嘩しないからダイジョーブ!と言われたけど(笑)。...


この神社、良縁招き猫が有名な縁結び神社です。

浅草駅から歩くこと15分。。

「沖田総司終焉の地」と記された石碑が!


「古事記」の中で初めて結婚した男女の神である

「イザナギノミコト」と「イザナミニノミコト」が祀られていることから

縁結びのご利益を求めて多くの婚活中女性が訪れているらしい、らしい!


この日もけっこうな女子たちがいました。


aaa1.jpg



.社殿で手招きをする巨大な夫婦招き猫。


ど、ど、ど、どーーーーーーなんですかね、、、

お賽銭あげながらうなってしまった。


aaa.jpg


参拝を終えると左手にある「なで猫」にも縁結び祈願。

なで猫、、、みんな真剣に撫でている。


これを待ち受けにすると願いがかなうと書いてあるので、、、

みんな撫でた後はスマホでパチリ


願いがかなうって、そんなもんすかねーーーー(笑)。

つうか、私も流れにそってやりましたけど(●^o^●)


今年三度目のおみくじも、、、

大吉でした!


微生物が地球を救う♪ [2014年01月26日(Sun)]
IMG_9739.jpg


「祈り〜サムシンググレートとの対話」


この映画の自主上映は、今や全国各地で行われています。

岩国市で私が実施したのは昨年の3月。


今、白鳥哲監督が取りかかっている映画が[蘇生」。

まさに今、私たちが抱えている大事なテーマです。


地球の蘇生! 微生物が地球を救う!


最近、酵素を意識した食生活を送っている私。

味噌、醤油、ヨーグルト、キムチ、潰物などの発酵食品も

微生物の恩恵を受けているわけで。

私たちの免疫力に欠かせない微生物。


まさにそういう話です。


被爆した体にいちばん重要なのが酵素。

DNAを修復すると言われています。


日本は昔から発酵食品の文化を持つ国なんですよね。

江戸時代には当たり前だった「循環」の生活…

今は使い捨て、ゴミの山…


「微生物」がキーワードになりそうな、今後の日本。


事務所に伺いましたが、、、

階段のところに置かれた、ドっでっか一一一一一イ、


「アメジスト」の石!Σ( ̄□ ̄;)


私なんざ、これいくらするんだろう、、、

なんて下世話に思っ〜ちゃう(~O~;)〜。



IMG_9737.jpg



アメジス卜には邪気を払う、不安を取り除く、

という効果もあって。


監督は、モヤモヤなことがあると、

このアメジストに頭を突っ込んで!

浄化してもらうんですよ、って…(((((゜゜;)


そうおっしゃってたから。

(よし。それではアッシも、、、)


帰る時、やらせていただきました( ☆∀☆)♪

頭…デカイ…(´▽`;)ゞ。


年内にはクランクアップ予定だという白烏監督の[蘇生」。

楽しみです!


セミナーパーティ! [2014年01月24日(Fri)]
IMG_9705[1].jpg


今日は一応お仕事の話!

会社のセミナールームでイベントを実施。


まずはセミナー。ゲスト講師として、テレビ・雑誌で人気の!

イタリア料理研究家 フランチェスコ・ベリッシモさん をお迎えしました。


22歳で来日し、日本語弁論大会で優勝したというベリッシモさんに

勉強やビジネスに役立つテーマでお話していただきました。


IMG_9698[1].jpg


IMG_9717[1].jpg



イタリア人、というとチョイ悪な?イメージですが、、、

普段の彼は気さくなナイスガイです。


IMG_9709[1].jpg



セミナーの後には講師を交えて立食パーティー!

これが、、、たまらない美味しいお料理。


私のど・ど・どあい好きな料理人、

神楽坂「ピルゥファス」のかすみさんのお料理なんです!


彼女のケータリングも最高!


IMG_9710[1].jpg


DSC06744.JPG


DSC06745.JPG


DSC06775.JPG


DSC06799.JPG


DSC06743.JPG



お客様のご案内や、カメラマンがこの夜の私の仕事だったけど、

なんせ、あまりのよい匂いに、、、


途中、カメラ置いてこっそり客にまじって食べちゃった。内緒!


DSC06864.JPG


この夜はイタリア関係のお仕事されている方や、

ベリッシモの強烈ファンの方、いろいろ入り混じって、えらく盛り上がってました。


エンターテイメントはイタリア人アコーディオニストのモレーノさんが

これまた素晴らしい演奏。


お客様の中にイタリアでオペラを学んだ方がいらして、飛び入りのコラボ。

すっばらしかった!


DSC06829.JPG


DSC06833.JPG



いや〜〜〜〜仕事だけど、楽しかった。

ここはオフィスなんだけど、、、


DSC06856.JPG



なんだかナポリにいるみたいになっちゃって(笑)。

フニクリフニクラ〜♪


全てお開きのあとは、、、

しっかりドギーバッグ作っておうちに持って帰りました♪


毎月、こういうイベントもやっていて、

お料理はいつもピルウファスのケイタリングです。


是非いらしてください♪ 

私のドタバタぶりもみられるよ(笑)。


あ、7月は、、、セミナー講師、

なんと桂歌之助さん招へいです〜(笑)。


いかにしてイタリア語の落語を三カ月で覚えたか!!!!

この辺をお話していただきます。もちろん落語も、、、


ご予約、お待ちしています!



再会 [2014年01月23日(Thu)]
IMG_9734[1].jpg


昨日はすっごーくイタリアンな一日であった。

まずはランチ。


私がトスカーナの葡萄農園に住んでいたのはもう10年前!

その後、何度かヴェンデミア(葡萄の収穫)の手伝いに行ったり、

お客さんを連れて行ったり、ツアー組んで大勢で行ったり。


でも、2008年の歌之助さんのイタリア落語ツアー以来、行っていない。

もちろん、スタッフたちとの交流は続いているし、

みんなのこと大好きだし、


行きたいなあ、と思いつつ、、、

入院続きだったり、ハワイツアーが続いたり、

数年間、イタリアから遠のくばかり。


そんななか、先日、農園のオーナーから連絡があり、、、

来日するので食事しよう、とのお誘いが!


5年半ぶりの嬉しい再会。

私にとって、心の父、みたいな人なので。

本当に待ちわびた再会となった。


東麻布の富麗華で 

二胡と箏の生演奏を聞きながら、 美味しい中華をいただきました。

ここも何年ぶりだろう!


北京ダックが食べたいなあ、という彼のおかげで、

私も超ウマの北京ダックにありつけました〜。


「貴女に一番先に聞きたいことがある。」 


そう、いつも彼が会うたびに欠かさず気にしてくれていること、、、

私の母のこと。

岩国で母と会わせたことがありますが、

それからいつもいつも、母のことを気にかけてくださいます(泣)。


私が住んでいたころの話でずいぶん盛り上がりました。

全部きちんと覚えてくださっている事にびっくり。


彼は今こそトスカーナの農園でワインを作っているけれど、

その昔はオートバイ世界一周を一人でやってのけ、

イタリアで奥様に♡を奪われ、あちらに住むことになったという、、、

ロマンな男です。


車が何より大好きで、

「117 クーペ」をデザインした有名なカー・デザイナー、ジウジアーロ氏と共に、

イタリア・カーデザインの世界で新しい道を切り開いたひとなのです。


イタリアで最愛の妻とともにトスカーナに移住して、

以来オーガニックにこだわった農法で良質のワインやオリーブオイルを作り続け。


スポーツマネージメントの会社も手掛けて、

今は息子さんがザッケローニ監督のマネージメントをされています。


私と彼とのご縁は、、、

これを書くとあまりにドラマチックで書ききれないので、、、省略!


彼らが農園で年に一度、実施していたのが、

日本から不登校児受け入れのプロジェクト、

私もお姉さん役で、彼らと子供たちの間に入って奮闘しました、、、


このプロジェクトについては、

「笑ってコラえて!」という番組やBSで特集されています。


ランチをいただきつつ、あの頃のことをたくさん話して、

「あの時のことは実に思い出深い。」と。

懐かしそうにしてらっしゃいました。


あの頃イタリアで悪戦苦闘していた子どもたち、

今はみんな立派に巣立っていますよ!と伝えました。


長い時間が必要だったということだ、と嬉しそうに聞いてくれました。


「ヨキータが手術して入院を繰り返して、農園のみんながとても心配してるよ。

でも、10年前と同じ、ヨキータは何も変わってないよ。安心した。」

そう、おっしゃってくださり、、、胸が熱くなりました。


「私の人生のなかでも、トスカーナで暮らした日々はあせることのない

キラキラとした宝物みたいなもの、本当に本当に感謝しています!」 


やっと、感謝の言葉を伝えることができて、、、感慨無量。


「そういってもらえて嬉しいね。」

と、にっこり笑ってくれました。


本当に。楽しいことも幸せなことも辛いことも苦しいことも、

たくさん私たちには訪れるけれど、

「時間」は最高に信頼できる優しい友である、って本当に思う。

時を経ないと、わからないことがたくさんある。


重たいのに、大きな瓶の、採れたてヴァージンオリーブオイルと

セッテグスティ(7つのハーブを使ったオイル漬けの魔法のスパイス)

お土産にいただきました!


トスカーナ!また行きたいなあ。

みんなとブドウの収穫をまたやりたい!


で、、、ランチの後大急ぎで会社へ!

この続きはまた明日〜〜(*^。^*)。



きゃわいい♪ [2014年01月21日(Tue)]
140120_113631.jpg



さて、、、これは?

宇宙人になったちゃった?



140120_132735.jpg



今日も、、、会社で臨時ネイルサロン!

お昼休みに彼女にやってもらいました。

ちゃんと御礼したよ!


しかし、この品揃え、やっぱスゴイ。。。

なんか、仕事にしたら?って思っちゃうよね。


140120_133034.jpg



見本まで作ってるしさ。

自分の好きなことって、、、

利害関係なしに、とことんできるんだよね。

誰にでもそれはあるはず、、、


それを仕事にするってことは、だから難しい。

利益をうまなきゃならないんだもん、、、



140120_143934.jpg



前回の、とっても気に入ってるから同じようにして♪

という私のオーダーに、彼女は首を横に振りました。


「嫌です!同じのはお互いにつまんないですよ!

冒険しましょう!」


、、、そうだね。保守的はいかん。

遊ぼう!ネイルだから。


で、蝶々を飛ばしてくれたりして、、、、

とってもかわいいです(*^。^*)。


くせになりそー。


| 次へ