CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2013年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
チキングラタン [2013年09月30日(Mon)]
130930_181816.jpg


この病院は、二つのメニューから好きな方を選ぶシステム。


自分の嗜好を考えると、どうしても肉系、脂っぽい系をチョイスしがちだが…

さすがに今回は考えてますよ〜。

朝、昼、夜のバランス…。


で、今夜はチキングラタンを選んだので…

お昼はヘルシーなチョイス、、、


食事の時間、看護師さんがやってきて…。

「ヨキータさん、グラタンチョイスですよね?」

へい。(^3^)/。


「グラタン、焼きあがるのに時間かかってるみたいなので…も少しお待ちを。」




このフレーズ、思いきり食欲増進させるでしょ!?


うひょー♪ いくらでも待ちますって(*⌒▽⌒*)。

…熱々でヤケドしたらどうしよ♪と、ウキウキで待っていたのだけど。


甘かった…。

給食センターからこの8階の病棟までえらく遠いのを忘れていたよ…m(__)m…


ま、熱々ではなかったけどね(笑)。

美味しかった(*^^*)。

ここの病院食、グラタン、カレー、ハンバーグ、

あと、麻婆豆腐はめちゃくちゃ旨い!


素材の良さを重視しないメニューだけ…。

魚とか最悪やもん…。


あー、この上げ膳据え膳状態…

そろそろ終わるんだな〜(;゜∇゜)。


ちょっと哀愁…
ハエ… [2013年09月30日(Mon)]


朝、テレビでやってた特集。

中学校の給食のパンに混入していた無数のハエ…。


このハエはバイ菌を媒介しないハエだから、

ハエを取り除いて食べてください、と校内放送で指示したとか。


ゲー(=゜ω゜)ノ、

だってパンに張り付いてるのは羽根つきのハエですよ…

しかも一個につき三匹から四匹、そのパンが100個以上…


てことは、っすよ、調理場がそういう環境にあるってことすよ。

スープとかオカズにだってはいるっしょ。


とは言うものの…

自分の矛盾にも首を傾げる…。


例えばアフリカにいけば、ハエなんて当たり前…(~_~;)。


砂漠のオアシスの村に掘っ立て小屋の食堂があって、

何を頼んだかは忘れたが、その皿は真っ黒で、、

え、ナニコレ!?、と顔を近づけた瞬間、、

何十匹のデカイ蝿が一斉に飛びさって…黒かったお皿からオカズが現れた…

(;¬_¬)゛ー


この時の旅で、私は数日後に他の国で(同じアフリカ)

「3日コレラ」にかかってしまうのである。


パキスタンのカラチ国際空港のレストランだって…

食事してる私の脇を、スススーっと走り去っていった黒い怪物!!


今のは今のは今のはーΣ( ̄□ ̄)!?ミッキマーうす!?


国際空港のレストランでっせ…

しかもドブネズミ級のデカさ…(泣)。


あの、あの、ネズミがいたんだけど、(;゜∇゜)と従業員に訴えたんだけど…


「調理場に行けばもっと大きいのかいるよ♪見に来る(^∇^)!?」

と笑顔で答えられたしィ〜(;゜0゜)!


免疫力ついちゃいますよ、自然と〜。


まぁ、、イタリアの広場前のカフェとかだって、

サラダの中で青虫がニョロニョロお散歩してることあるし…。


サササッとそこよけて食べちゃう私が、、、

今さらハエごと焼きあがったパンが食べれないってのかい?と…。


うーむ。日本じゃダメかも…。

(;¬_¬)、、なぜなんだ!


というか…


この完璧な衛生国ジャパンで、手抜きして給食を作り、

子供たちに食べさせる、てのが許せないのかも…
いい感じです… [2013年09月30日(Mon)]
130922_151633.jpg


最強伝説「黒沢」。

自分じゃ絶対買わないタイプの漫画、、。


入院する度に、漫画を差し入れしてくれる友達がいて、

彼女の家は漫画でできてるんじゃないかと思うぐらいの貯蔵量、


だから、貸してくれる漫画にハズレナシ…。

黒沢も、、泣かされます。笑います。

人望を手に入れたいオヤジの哀愁漂う生きざまです…。


で、私の方はといいますと。


三度目のERCPをやった土曜日、、、

また処置前に鼻チューブを口から出すと技師の兄ちゃんが言うので。

あれはもう耐えられないし、いやだ〜、と訴えると、


あ、あれ、イヤなの?そっか、、

じゃ、もう抜いちゃうか!!と、、

鼻からズリ〜と、管を引っ張ってしかも突然(=゜ω゜)ノ!


内臓から食道を管が通る感じ、わかりやすか!?

なんとも嫌な感覚…。そしてのどをえぐる感覚…。

で、鼻からシュバー!!


…。討ち死なり…(/--)/。


おまけに眠る薬を入れようとしたら、腕に刺してあった点滴は漏れていて…。

やり直し。(-_-#)。


技師の兄ちゃんが男らしく?ブッスーと手首に針をさして

私はあまりの痛さにイチコロです…。


悶絶してる間に寝かされておりました。

そこからの事は意識朦朧、、


処置後、ずーと気持ち悪くて死によった。

暴れるせいか?眠る薬を大量に投与されたみたいです…。


昨日も朝から熱が上がりキツかった…

先生、説明にきていたみたいだが、全く記憶がなく…(~_~;)。


石は自力で?落ちたみたいだけど、

ついでにドロッとしたのを胆菅から掻き出したみたい…


今日は嘘のようにスッキリ!!

徐々に階段で運動し、退院に向かうと思われます!!


\(^o^)/☆☆☆


しかし…


わたしの2013、ほとんどこの病院のベッドの上でした…( ̄▽ ̄;)。

去年のこの時期からすでに始まったけれどね…


こないだ、お見舞いにきてくれたりこぴと話したんです。


検査結果を聞いて、、手術できなければ難しい癌だと言われて、

ロビーで二人で泣いたよね〜、って。ちょうど一年前ざんす。


私はりこぴが突然泣き始めたことに少なからず驚いて、

気づいたら一緒に泣いていた。


こうして周りの人たちに支えられている自分。

普段、幸せを実感しない不幸体質の自分だけど、

こーゆうのが真の幸せ実感、、、

ありがたい、ありがたい。


とりあえずは一年!!

しんどかったけど、「生」に取り組めた一年でした!!


いや、まだ今年は終わっちゃいないけど(笑)。

あまちゃん、終わって今年が終わっちゃった気が、、( ̄▽ ̄;)
萩の花言葉 [2013年09月28日(Sat)]
130927_181014.jpg


9月の行事食。昨夜の夕食…

テーマは「萩」。秋の七草。


弓なりの細い枝に小さな蝶の形の花が咲くんですね。

花言葉は「想い、内気」だそう…。


見た目ご馳走ですが…。

器にごまかされてるだけ( ̄▽ ̄;)。

まこっちゃんママの差し入れ、卵焼きだけが美味しかった…


ずっと寝てばっかなのに、こんなに食べている、、

まぁ、普段の半分の半分の半分…

ついでにいえば、もう2週間近く風呂にも入ってにゃあ〜(;゜∇゜)。


消灯前に、姪ッコのヨシータがきてくれた♪

楽しくおしゃべりしていたのだけど…。



隣の隣のベッドのおばあちゃんが、、

なかなか大変なお方で…。

看護師泣かせ、患者泣かせ、


超変わり者、超イジワル、そして時々ボケたふりする?


1人で歩行禁止なのに、ナースコール押さずにウロウロするから

とうとう柵の中に閉じ込められたが…


それが気に入らなくて、ナースだろうとドクターだろうと患者だろうと


「そこのお姉さん お兄さん!!

ちょいとこれを外してくださいな…。私だけこんな仕打ちされて〜。」

と、呼びとめて懇願し、ナースがたしなめようものなら、

もー、大変、、( ̄▽ ̄;)。


罵詈雑言の嵐…。


採血や点滴の際にはさらにヒートアップ。


アタシを殺す気かい!!

ひとんちに勝手に入って!!

ここはどこのホテルなのかい?!

明日はもっとマシなホテルに移るよ(`Δ´)!


…こーゆうのを、夜中にもやられちゃうからウチラも大変、、


優しいはずの看護師がみんな爆発寸前れす…。


でね。昨日のお昼の事なんだけど、

歩くリハビリを来週から始めますからね♪と、

若いリハビリの先生に言われたの…婆さん。


それからナニを思ったか…。

来週から、つうてるのにさ。

今から予習で教えてと患者にまで懇願してくる…(~_~;)。


ヨシータもその様子をながめながら…

「ヨキちゃん、大変やね(^^;)、、

わたし、ここにずっと入院していたらおかしくなるかも、、

よく耐えてるね(;_;)。」と、、、


私はこーゆうリアリティー、たまんなく好きなので…。

今は人間観察です…(≧∀≦)


だって…他人事じゃないもん…(~_~;)。

うちの母ちゃん、あーなる素質あるかもしれんし…( ̄▽ ̄;)。こわ…


で!話は戻るが、

突然そこに現れたマイ主治医…。


「ウンチの色、どーお!!」と、明るめテンションで登場、、


「アタシのウンチにしては白いけど大丈夫でーす。」


「もう鼻チューブも慣れたでしょー。」

「慣れませんて!全然( ̄^ ̄)!」


「知ってるー(´_ゝ`) そりゃ慣れねーよ。無理無理ー。」



ま、このドクターもかなりユニークなんですけどね…

そこへ…( ̄▽ ̄;)…悪魔の声がね…


「ちょいと!!そこの先生!」


…キター(・∀・)…


主治医、はいはい?と、婆さんのもとへ…(~_~;)怖い…


「おたく、医者でしょ。 今日リハビリを始めるって言われたんだけどさ、

練習するからおたく、手伝って。」


…出た…( ̄▽ ̄;)〜

ど、どー対応するかな〜(;゜∇゜)、

と、ヨシータと耳をダンボに。


あ、ダンボにせずともその二人、声がやたらデカいんですけどね(笑)。


しかし、さすが?です。婆さんの処方が素晴らしくうまかった。


(略)

「おばあちゃん、内科でしょー。残念だけど、僕は外科なんだよね。」

「あら、おたく、いつもどの辺にいるの?」

「東館の三階あたりにいるよ。遠いんだよ。」

「あら、あのへん白衣着た先生いっぱいいるわよ。」

「そうそうあっちはねー、たくさんいるよー。」




驚いたのは かなり話題をそらして適当にあしらってんのに、

婆さん、妙に納得、リハビリのことを忘れたようで…


「ありがとー。お世話さま。」

と、普通に会話が終了、、、(=゜ω゜)ノあらら…


「ヨキちゃん、なにこのスゴワザ…。

婆さん、満足させちゃったよ!!

スキル、半端ない(笑)。」

と、ヨシータもビックリ。


普通に戻ってきた主治医に思わず、

グッジョブ!!と親指立ててしまいやした( ̄▽ ̄;)。


しかし、ホントに大変、、

医療従事者は病気を治す、それだけじゃなくって、

精神的なケアーももれなくついてくるし…。


この婆さんだって、娘さんといるときは普通なんだよ…。

きっと寂しいんだよね…


私なんてこの先、病院にいることも多いだろうから…( ̄* ̄)。

こーゆうキャラになる可能性もなくはない…(~_~;)。


やだやだー。

かわいい婆さんになりたいぃ〜(;゜∇゜)。


スミマセン、朝の5時からこんなこと書き続け、

アタシの右手はシビレてきました…。


でもって!!

ぎゃー。怖い−ーーー(;¬_¬)ジー

内視鏡処置室に行く時間が迫ってきたよ…


石よ…いなくなれ…
みたらし団子 [2013年09月27日(Fri)]
130927_140346.jpg


会社の女子チームがお見舞いにきてくれました♪


お花は要らないよ〜。狭いから!と伝えたら、


「じゃ、リクエストは!? 」

と聞かれ…。


なんもいらんよ〜、と答えるべきかもですが…( ̄* ̄)。


「みたらし団子とかシュークリームとか…。」

と、、今日は答えてしまった(;´д`)。


小さめサイズのみたらし団子と、プチシュー!

いただきました♪


畏れを知らんヤツ…。


普通に食べるんかい…( ̄▽ ̄;)。
[2013年09月27日(Fri)]



昨日だっけかな?


いつも身体に良さげな旨いものを送ってくれる友人が

これまた良い話を聞いたとかで…。

私に早速教えてくれました。


龍村監督の地球交響曲第八番イベント@名古屋に行ってきたそう。

(私も早くみたいなぁ〜。)

そこで聞いた良い話らしいです…


UOちゃん、すんません〜。皆にも教えてあげたくなったので(^^;)、、


ネイティブアメリカンのお話…


「人は生まれる前に自分で人生計画を立て、"石"を持って生まれてくる。


石の大きさはタワシくらいのからアライグマ、赤シカ、

大きいものはバッファローくらいのものまである。


小さな石は苦労や困難の少ない、楽しい人生に思えるけれど、

実はまだ大きな困難に耐えられない幼い魂のもの。


バッファローくらいの石を選ぶ魂は、重い障害があったり、難病を患ったり、

大きな困難に直面することが多い。


でも彼らこそが、神が称えし勇敢な魂。

彼らの姿にみんなが勇気づけられる…。」


…ね、なんかいいよね?


この話を聞いて、友人はアタシのことを思い浮かべてくれたらしい。

そこがまたありがてーなー(/_・、)ぁぁあ〜って。


「タワシぐらいの小さな石を持つひと」を私らはうらやましい、

神様は不公平だ、とついつい思いがちだけどね。


でもタワシ族と話す機会があるとき、なるほどモノの捉え方が浅いなぁ、って

あれ?って思うことあるんだよね。


でもそれはそれで、清々しい。

豊かさを疑うことさえ知らないタワシ族は

存在するだけで場を和ましてくれるものだ。


な〜んてね('◇')ゞ。


バッファローくらいの石かぁ。

もしそれをを選んできたとすれば、まさに修行だな〜。

やはり修行僧だすな…(笑)。


しかし…

バッファローくらいの石をこの世に持って生まれてきたのに、

今は鼻くそぐらいの石に苦しめられて?


笑い話だよね〜。

( ̄▽ ̄;)。いゃん、もう…。
その続き、、、 [2013年09月26日(Thu)]


ホントに胆汁がボトルにたまらなくなって…


突然レントゲン撮りに行くよう指令が…


歩いてたら、なんとなくお腹がはってる気がする…


どおなってんだ…(/。\)…?



部屋に戻ると、すぐに主治医もやってきまひて…。

管をいじくり始めました…


レントゲンには昨日の造影のままの位置に石があったと、、


頭をかしげながら、おっかしいなー、と。


「なんかした?」と、、ニヤリ。

してねーだ( ̄^ ̄)。オラ、漫画読んでただけだ。


ウンチは!?

何色だった?


、、見てない、と答えたら、

また怒られちっち〜(泣)。


「なんで見てないの?拭けばわかるじゃん。」


、、、、、、え〜〜(泣)。


そして私は言わなくてもいいことを言ってしまいました…

そしてその暴言をここに記すことはできないので( ̄▽ ̄;)、、、

知りたいかたはいつかまた…


とにかく、白いウンチがでるか、、、今は必死で見守ります…


なんて日なんだ(;´д`)、、、
梨、大好きですその? [2013年09月26日(Thu)]
130923_084559.jpg


梨を食べ終わって出てきたのは…

亀梨くんなり〜。


お皿にしちゃってすみません('◇')ゞ。


あー、静か…(/。\)。

今日は寝っころんで漫画読む1日ですが…。


朝、主治医に怒られてしまいました…。

怒られるなんて初めてかも…。


様子を見にきた主治医が、胆汁のボトルを見て、アレ?って。


「胆汁たまってねーなぁ。ずっとこんな感じ?」


私もジーっと見てるわけじゃないし…

わかんない、けど、さっき移しかえたたような気も〜♪

と、超お気軽に答えたところ…


「ダメだよ!ちゃんとわかってなきゃ!!(`Δ´)!」


思わず…すみません(/。\)…、と頭を下げてしまいました…

あちょー(;´д`)


まぁ。私の身体ですもんね…確かに…


そうだ。そのとおりだ。

だが… 関係ないけど、今日の担当ナース、ひどすぎだー。


またまた点滴の針を移しかえ、血はたらたら垂れるし、拭いてもくれんし。


毎日点滴のライン変えてるの私ぐらいでは…。

シーツも毎日血がつくので変えてもらう始末。


こーゆうなんてことない積み重ねがストレスになってくんだね。


なんで気をつかってんのが患者で、
言葉が足りないのがナースなんだよ!!


( TДT)って小さく叫ぶヨキータ…。
梨、大好きですその? [2013年09月26日(Thu)]
130923_084149.jpg


むいてもらったけど、、、

病室にはお皿がない…


だけど! 頭を使えばなんとかなります('◇')ゞ。


雑誌の表紙を破いて…

折ってしまえば、りっぱなお皿に変身!!


美味しかったなぁ〜(*⌒▽⌒*)!

ちなみに…
昨日の修行 [2013年09月26日(Thu)]
130925_181757.jpg


わかるかなぁ〜。この腕の腫れ…

プク〜と盛り上がってるんだけど…。


もはや、私は点滴を受けつけない身体に?

血管が細く逃げてしまうと言っていたけど…。


皆さん、汗だくで私の両腕と格闘していくけど、

ため息まじりに退散、次にバトンタッチ、、、


あげく、うつぶせで!!打ったのだが…

そこから薬が漏れて、そして痛くなり。腫れてしまいました。


申し訳なさそうに頭を下げられるけど…(/。\)。


腕をシメて、針をさせそうなところを探してるうちに

シビレテ血管切れそーになるよ〜(T^T)。


修行、修行、、、


昨日、予定を繰り上げて造影検査をしてきました。

「石がないことを確認したらチューブ取るからね!!早い方がいいよね?」

と、いう計らい…。


「すぐ終わるよ〜。5分、5分!!」

と、いつものごとくムダのない動きで造影を進める主治医。


が、が、が、がー。

なんと〜。主治医もビックリ。


…まだ石が残ってるらしい…

Σ( ̄□ ̄)!え〜〜〜。うそぉ。
砕け散ったんやないんかい。


逆回転じぇじぇじぇ!!で、またカケラが再結集?(笑)


「…もう一回だな!! ERCP!! やるしかない! 土曜日!!やろう。

大丈夫だよね〜!?」と、私をチラリ…。


「仕方ない。やるしかないなら。やりますよ…。」


最近では…。何が起きても動じない自分がいます…( ̄* ̄)。


そろそろ修行僧、最終章に近づいてきたのでしょうか…


火曜日のあの涙ポロポロの修行にまた取り組まなければならないとは…


あ、そうそう♪

昨日はフラメンコ友達のカメコさんが遠くから来てくれました。


先週教わったところ、見せて〜♪、と拝むと、いいですよ(^^)と。


が。いかんせん、病院て場所がない(笑)。

今の自分は、with点滴台をゴロゴロ、なので階段も上がれないし。

最初トイレの前、でトライしたが、人の往来が激しく×。


次に待合室みたいなスペースに行ったが、、、

1人ウチラを凝視するオッサンがいて、、、


ここはマズイですよ〜と、カメコが拒否。(^^;)、、


あ。そうそう!いいとこあるよ、来て来て!! とカメコを誘導。

いつも誰もいなくて、視線の死角になってる場所…。


「あ、いいですね(^^)。誰もいない。

でも、、ヨキータさん、ここって…。」


あ?、、、

あらららら?


精神神経科の前でした…(/。\)。

だから、死角か。知らんかった。

ま、いいかと、ソレアの唄ぶりの部分を踊り始めたカメコでしたが…


なんてこと!!

いつも閉じられた精神神経科のドアが開き…(・∀・)…


ぞろぞろ出てくる医療従事者たち?

中をチラ見すると、

(踊ってるカメコを見てない?)


患者さんが椅子に座って人が取り囲んでる?研修?なに?


ウチラをじろじろ見ながら通りすぎていく研修生や先生…

ひたすらソレアるカメコ嬢…


わたすは…ドキドキして結局全然わかりまへんでした…(/。\)。


カメコさま、申し訳ない…。
| 次へ