CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2013年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
涙のアップルパイ [2013年04月28日(Sun)]
130427_170732.jpg


美味しいアップルパイ(#^.^#)。

アタシ、さくさくっとしたアップルパイ大好き。


退院した昨日、たまたま、大学に通う長男くんの三者面談で妹が上京。

私はいそいで、病院→自宅に移動、荷物を置いて新宿へ!


甥っ子とは挨拶で終わったけど、妹とはその後お茶をしました。

ルミネ2のHandobakeだっけか?

私は早速甘いものが食べたくってですね(笑)

美味しそうなアップルパイとキャラメルティー。


しかし、連休初日ですごい人です、、、

嫌になります、さっそくシャバが!


妹は再来月、広島のライブハウスでフラメンコ踊るそうです!ソロで。

すごいなーーーー。


彼女のエライとこはどんなに仕事が忙しくても夜中まで仕事してても、

必ず練習を毎日すること。

病院のリハビリルームには大きな鏡があるから、うらやましいです。


「ヨキちゃん、もちろん8月の発表会は出るつもりよね?」

と、核心をついた質問をしてきました、、、ギクっ!です


「いや〜〜〜、どうかな、、、まだお腹をたくさんのばせないし、痛いし。

あげくに、五十肩もまだ6割残ってるしさーーーー。」


と、できない理由をたくさん挙げて、、、、


「難しいかもしれない、みんなもう振り付けほとんど終わってるし。

覚えるだけでもう夏、って感じかもだし、、、。」


毎年できあがった踊りを踊れてますか?あんた?って、言われそうですが。


それでも今年はさすがに、わけがちがう。

なんせ、ズタズタに切腹しているうえに、ラビダという難曲。


納得できる踊りができるか?つうたら、3割程度に終わるんじゃないかと。

それがたまらなく嫌なんだと思う、、、

無様な姿をさらしたくないと、、、


参加することに意義があるのか、どうなのか、よくわからんけど。

練習しない割にプライドが高いアタクシめ。

ヘボいフラメンコを踊る自分を許せないのでありましょう。。。


妹にその後たくさん説教されました、、、



粉砕骨折したときにも、ギブスして踊ったヨキちゃんはかっこよかったよ!

よくあんなに何事もないような顔して普通に踊るな!って涙がでたよ!

今回もできるに決まってるじゃんっっっっっっっっ!

先月までお腹に管が三本!三本!だよ、三本ぶら下がってたヨキちゃんが

やっと今週全部なくなったんじゃん。

すごい回復力だって先生も言ってるじゃん。


あの手術した後の苦しみ、、、私は涙なしで見れなかったよ、

あの傷だらけのお腹にチューブをたくさん繋がれて。膿を出して、胆汁をだして、

あんなひどいことになってたのに、耐えてるヨキちゃんを見て

すげーな、すげーな、って私は何回も泣いた!感動した。


あれから、私も変わったし、病院で職員を叱る前に今一度冷静に考えて、

彼女たちのことをしっかり考えてあげれるようになって、

そしたら、職員たちの仕事に対する熱意がハンパなく向上して、

私は本当に感謝してる。ヨキちゃんに。


だから!ゼッタイあきらめたらダメ!絶対踊れる!


そう言いながら妹は涙をだらだら流し始めたので、

私も一緒に泣き始めて、アップルパイを挟んで、二人でおいおいと号泣。


周りはふつーに休日を楽しむカップルばかりだったから、異様な光景だったはず、、、


そうだね、、、今年は「だからこそ」諦めたらあかんのかもね、、、

人に見せるため、じゃなく自分のために踊ればいいのかもね。。。


本当に辛かったんだよね。

私が苦しんで辛くて、病院でヒーヒーいってる間に、

みんながどんどん練習していく姿を想像して、、、


と、書きながらまた泣いてる私だけど。


それから妹は、私の気持ちを盛り上げるために、お世辞作戦にでた。

ロメラはどこがよかった、とか、

アストゥリアスは圧巻だった、あの後ろ姿、とか、

いや、あのガロティンはまだ超えられないね、とか(笑)!


うちの姉妹ってホントおもろいでしょ。

主治医のお墨付きです、漫才姉妹。

ありがたいです、、、


人間はなんで繰り返すのか。(一般論にすりかえてますが)。

これを乗り越えたら、元気になりさえすれば、

もう生きてるだけで充分!

普通で充分! それだけで充分!

ついこないだまでは確かにそう思ってた。


こうして身体から異物が消えて、(体内には残ってるけど)

美味しいものも食べられるようになると、忘れてしまう。。。


これからなにか良いことあるのかな〜、ってため息つく自分がいる。


以前のような、思い付いたらエンジンふかし、地球の果てまでも!!

という私ではなくなった、のがすごくわかるし、、、


1日1日を感謝しつつ楽しく大切に生きていけば、なによりの喜びだ、って、

そう思える私になっている予定だったのに!


まあ、、、まだ復活間もないので、あせることもないけどね。

今までの自分の生き方や考え方にしばられず、今一度、考えてみようと思う。


「生還した私」はこれからどう生きていきたいのか。

今までの夢を捨てることになってもそれはそれで。

とにかく、今の自分に正直でありたいね。


とりあえずは、フラメンコ!

振り付け覚えるために連休はがんばるか、、、




再びシャバへ [2013年04月28日(Sun)]
130427_134642.jpg


今朝の採血結果もばっちり。

無事!退院しました。


退院間際、二日前に入ってきた女性と長話になり、、、

彼女は昨日咽喉の手術が終わったばかり。

お互いにハワイものバッグやコップを持っていることに気づき。

私から声をかけたのだけど、彼女も雑誌を貸してくれたり、、、

とても感じのよい、そしてとっても美人なハワイフリーク。


もう支払いも済ませて、バッグを作り着替えも済ませ、

はよ、帰れよ、って感じの私なんだけど(^^;)、


ハワイの話をするのは楽しくて、情報交換したりとか…(^.^)。

予定を1時間近く超えてしまいました(笑)。


なんと、、、彼女は数年前までこの大学病院で看護師をしていたと…。

こんな笑顔の素敵な看護師さん、私ならホレちまうなあ。


手術間もない彼女が私のキャリーバッグをひいて(笑)

外まで見送ってくれました。


マンションに帰ると、、、

玄関先に大家さんがジャスミンを飾っていました。


うーん。素敵!
あくまでも [2013年04月26日(Fri)]
130426_122619.jpg


病院ではあくまでも派手めで…。


これは昔々、友達が香港?土産でくれたTシャツ。

まだ愛用してます♪


ゆったりなサイズも過激な色も、お気に入り(^.^)。

入院中に重宝してますだ。


なんつーても、毛沢東&ホイットニーヒューストンのコラボレーション☆


看護師にパンクな美人さんがいて、ボウズ頭に眉毛なし。

彼女が私のこのTシャツ見た瞬間!!

振り返りました。そりゃそうでしょ(^∇^)


隣の婆ちゃんが、見舞いに来た家族に言ってるのが聞こえました。

カーテン越しに、デスケド。

「隣のヒトなんて派手なの着てるわよー。病院はそれぐらいのがいーのよ。」


ははは、、( ̄▽ ̄;)。
千羽鶴 [2013年04月26日(Fri)]
130426_125806.jpg


昨夜、アタクシの主治医に仕事をさせたハジッコの婆ちゃん。

爽やかな朝の時間、突然ベッドでウンコシター( ̄□ ̄;)!!。

友人差し入れの美味しいプリンを食べていたのにぃ…(泣)。


ま、いつものことながら、いろんなドラマがありますよ、病院て。

年中医療ドラマがきれないわけです。


同じ部屋に、放射線治療を25日連続でやるために、

茨城県の日立から入院してるおばちゃんがいて、

彼女はとても朗らか、素敵な人なのですが。

放射線終わったら、毎日4時間いなくなるんです。


「どこに毎日行ってるんですか?」と聞いてみたら、、、

なんと、東京の観光!に出かけてるらしい…

(゜Д゜)すげー。


国立博物館や映画を見に岩波ホール、東大見物、

今日は雨の予報だからと、江戸博物館に行かれました…。

昨日誘われて行きたかったんだけど、私は発熱のため叶わず、、、


彼女は耳下に悪性の腫瘍があって手術したあとの長い放射線治療です。

「こんな時じゃないと、東京なんて観れないじゃない?」

と、いつもニコニコ。

ヒマこいて寝てるだけの私、恥ずかしい限り…。


千羽鶴の持ち主は、先日ブログでも書いたけれども、

余命を宣告されたおばあちゃんのベッドに吊るされたものです。


おばあちゃん、今日は看護師の前で一転主張をくつがえし、

家に帰りたい、帰りたい、と号泣しました。

毎日なにするでもなく、1日ぼーっと死ぬまでここで過ごすのは嫌だと…


看護師さんはそれに見事に対応し、、

「やっと本音が聞けてわたしゃ嬉しいよ!泣きなよ、泣いていーんだよ!!」

と一緒に声だかに叫んでいました。


まぁ、またその心情は変わっていくかもしれないけれどね…。

心が定まるまではね。


私たちも、それって遠い遠い話じゃないよね。

自分の死にかたとか死にざま、まぁそれは生きざまに通づることだけど、

死正観はあったほうがいいよね。なんとなくでも。


昨夜は、男性の看護師さんがこのおばあちゃんに励ましの言葉を…

「俺の勘なんだけどさ、××さん、3ヶ月はいけるよ!死なないよ!!」


私はちょっとビックリしたんだけど(笑)。すごいこと言うな〜、って。

勘、かよ( ̄▽ ̄;)。

でもおばあちゃん、あら、そう!?って嬉しげだった('◇')ゞ。


ま、余命なんて誰にもわかんないものだから…
つつじ [2013年04月25日(Thu)]
130425_175925.jpg


何度、食べたでしょう、行事食。

今夜は行事食でした!

なぜか毎月食べている、、(笑)


今月のテーマは「つつじ」。

根津神社、明後日から確か「つつじ祭り」。


今日は結局熱が38℃越えたから明日の退院は無理かも…。

まだ病院なら行ってみようかな、つつじを愛でに。


つつじの花言葉、「燃ゆる想い」だって。

イメージ違うね(゜Д゜)!


消灯前に主治医はきたけど、明日の退院はやはりなくなりました。

話終わって帰ろうとしてる主治医に、、、

なんとハジッコの婆ちゃん、

「ちょっとちょっとそこのアンタ!!」と呼びとめて、

え、なに(゜Д゜)!?と立ち止まった主治医に、

「シンドイからもうベッド倒してな!!」と…(笑)。


完全に看護師だと思われた主治医は、言われた通りギコギコ回しながら

「もういい?これぐらい?」

「いや、もっとだよ!!」

「あ、はい。」ギコギコ…

もう大丈夫かな?と主治医に聞かれて、

「布団もかけてや。」

「あ、はい。」

ハジッコの婆ちゃん、実は視力がほとんどない、、

最後まで看護師だと勘違いしてました( ̄▽ ̄;)。


八人部屋は大爆笑でした…
晴天… [2013年04月25日(Thu)]
130425_080141.jpg


ロールキャベツの朝ごはん。


明日ひょっとしたら退院できるかもしれないけど、

昨夜から微熱続いているので、今朝の採血の結果まちかなぁ。


今日は週一のシーツ替えの日。

廊下に出されて、患者同士のおしゃべりが始まります。


一人のおばあちゃんが、実は昨日辛い告知を受けたんです…(/o\)。

先生に呼ばれて、別室へ。

私はベッドで半分寝ていたのだけど、、、


おばあちゃん、帰ってくるなり…深いため息…

隣と向かいのベッドのおばあちゃん達が聞き役となり、話が始まりました。


癌が身体中に拡がり、手術もできないし、どうすることもできないと。

ここは治療をする人のための病院なので、退院をお願いします、と。

そう言われたらしいですm(_ _)m。

「わかっちゃいたけどね。落ち込むわ…。」

ずーっと天井を見つめ、辛い気持ちをお話されてて。


聞き手の二人は人格者で、彼女のために一生懸命慰めてました。

「元気そうだから全然そんな風に見えないわー、」とか、

「落ち込んでもどうにならないわよ、

「そういう時こそ、明るく、楽しく、笑って。それが一番身体にいいの!」

とか。まぁそりゃそうなんでしょうけどね…(~_~;)。


今、それ言っちゃいますか…。

なんか、あまりに一般論…。


私もいつか、同じようなことを言われたら…。

ここは治療する人のための病院だから出てください、なんて言われたら。


確かに、わかっちゃいるけど、途方もなく辛くなる、よ(泣)。


世界が自分を見放した、そんな気持ちに絶対なる。


自分のベッドで聞いていて…。

こうゆうときになんて声をかけたらフィットするんだろーなー、って。


その夕方に娘さんと孫がやってきて、

おばあちゃんたら、せっかちなのか?

もう自分が死んだあとの具体的な話を矢継ぎ早に(゜Д゜)!


着物の処分、家の処分、保険の証書、超具体的に説明、、

「私はもういなくなっちゃうけど、しっかり管理しとくれ!」


まだ中学生ぐらいの孫には、

「おばあちゃんは死んじゃうからさ、お母さんを支えるんだよ!!」

はい、と答えていたけど。


シーン、と空気は微妙な感じに。

まだおばあちゃん、も少し大丈夫なのでは…(/o\)。

侍の妻、みたいな潔さ…

で、また落ち込んでた。


今朝のシーツ交換のとき、彼女の隣に座ってみました。

挨拶ぐらいしかしたことなかったんだけど。

お互いに差し障りない質問をしあっこして。

あとは、ホントにどーってことない話をエンエンと…しました。


オザワさんが入院してくると、トイレの隅々までSPが調べにくる、とか

ヘリコプターも旋回するよね、とか、

勘三郎さんの時、私いましたよ、とか。


あそこの病棟の看護師さん、どうだとか…。

ご飯はどうだとか…。


10分ぐらいだったけど、

「お話したらすごく元気になったわー。」

と、言ってくださって、、、

その後ベッドの彼女からの視線が熱かったです(笑)


先生の回診のときには、

「治らない病気ですみませんm(_ _)m。」

なんて深々と頭下げて…。

日本人らしい言葉だね…(;_;)。


おばあちゃんにも奇跡が起こりますように。
ひま… [2013年04月24日(Wed)]
130424_144845.jpg


痛み止めで、かなり痛みは収まったけど…


今日はレントゲンだけだから、ヒマでヒマで…ヒマで…(/o\)。

よく2ヶ月も入院していたと驚くばかり!

今は1日をもてあます…(~_~;)。

看護師さんも点滴、検温ぐらいしかきてくれないし…

持ってきた本も全部読み終わり…

iPodの音楽聴いていたら、またまた寝てしまうし…


寝過ぎで頭がガンガン((((゜д゜;))))。

売店に出かけて、うまそなパンを買ってかじってますだ…

頭はボケてゆく、、、


恥ずかしいことをしてしまった。

レントゲンでの、小さな出来事。


更衣室でいつもお馴染みの年輩の技師さんに着替えの説明を聞く。

同じオジサンに同じ説明、何十回も繰り返してるから…


説明聞きつつ、ハイ、ハイ、わかりました、と気のない返事をしながら、

私は無意識でパジャマのボタンを外し始めたらしく、

オジサン、あわてて

「ストップ!!ま、まだ脱がないでよ!!」


はっ!!( ̄□ ̄;)!!

私ったらナンテコトををを〜

と、われにかえったとき、すでにボタンは一番下のみ…


「僕はちっともかまわないんだけどね!!ははは。」

苦笑いのハゲつる技師さんでした。


アタシャ、胆菅より頭のがヤバイね(笑)。

せっまい更衣室の中でしばらく一人で笑い死にしてたから、


昨日切った腹が、イダガッダア!!(*≧m≦*)。
痛かった… [2013年04月23日(Tue)]
130423_080246.jpg


朝ごはんの鶏団子スープ。なかなか…。


先ほど処置室から戻りました!

痛いヤツ、全部やってきました…。


今月から主治医のグループに新しいK先生が加わり。

いつもいるカワユイ研修医も入れて3人が担当してくれることに。


「K先生は僕より四つ年下だけどすごく優秀なんだよ〜!」

弟さんもお医者さんらしいです。

そう言われてみたら、クールな感じで、でも感じ悪くもなくて、

できるな、この人、という感じで…カッコいいかも♪


私のチューブの埋め込み、皮膚を切って縫って、、、

このK先生が全部やってくれました。

局所麻酔は痛かったけど、あとはサクサクとこなし、

珍しく、主治医も軽めの口出しでオールおまかせ。


その代わり…(~_~;)

「ヨキータさぁん!!」

は、はい!?

「K先生の弟さんさー、カビラ慈英にそっくりなんだよ〜。」

は?

「あれ、ちがうっけ、あの、ムムム、って言う方じゃなくて、

英語うまい方だよ、あれ?カビラ?なんだっけ。」


あの…私は腹を切られ中で、

K先生は汗垂らして切ってる最中なんすけど


「お父さんも似てんの?カビラに?」

それともお母さん?


質問、全部スルーされて(笑)。


しばらくして、研修医につぶやかれました…。

「ジョン・カビラはお兄さん、川平慈英はムムム、です。」


あ、そう…(/o\)、と主治医。

「ま、K先生もこれからは同じチームだからね!!」


「イケメン三銃士、ですね♪」

なーんて、痛いのに、ちょいとリップサービスしたんだけど。


主治医の反応、かなり笑えた!!

ニヤリとしつつ。

「なんか一人、仲本工事が混じってるけど、、」


そうか!!誰かに似てると思ったら!!

主治医ったら、仲本工事に似てる(゜Д゜)!

しかも自覚してらっしゃって(笑)

すみません、切り刻まれながら、爆笑してしまいました…( ̄▽ ̄;)。

失礼な患者やのう〜。


なのに、なのに、何を言うかと思いきや、、、

「オレ、山中教授に似てない!? 」

「デコが!」

(゜ロ゜)。


「ほら、iPSの山中教授だよ!!」

うーん…違うと思う…、と正直に答えますと。


そっかあ、やっぱあちらは格が違うしなー。

ノーベル賞だもんな、スゲーよな〜。」と、グチグチ(笑)。


「似てますよ。」と、研修医。

「マジで!?」と、主治医。

「デコが。」研修医。


すみません…( ̄▽ ̄;)、

私の皮膚を切り刻んでいる最中に笑かすのやめてください…

笑いたくても動けません…


胆菅の造影をしたところ、

1月に切除した左の胆菅ほど右は狭窄してないらしい。

だけど、石があちらこちらにあるし、、

PSCの影響もあるけど、、


「調子良かったのになぁー。熱が出るなんてなんでかなー。」

と、頭を抱える主治医に、


「先生…、先週、飲み食いが激しかったです、実は…(~_~;)」

と、白状しました…。


先生は一瞬ジッと私をみて、そしてガハハと笑ったので、

「関係ないですよね!!」と私も笑ったら。


「関係なくない、わけがないでしょ〜。」

、、、、。


「そっか、すみません、つい調子にのっちゃって…(/o\)。」


「ほら、妹さんも言ってたじゃん。」

??

「姉は昔から変わってないって!!」

????


「子供の頃からすぐ調子にのるから困る、って(笑)。」


( ̄▽ ̄;)、、、仲本工事、記憶力すごすぎ…


1月からぶら下がっていたお腹のチューブはとうとう体内に。

パジャマの下にひいていたビニールは、血だらけ、胆汁だらけ、

湖になっていました。


埋め込んだチューブ。今度はいつ出すんですか?と聞いたら…

「一年後かなぁ、、、」と。


そうか、検査の度に出し入れしたら大変だもんね(>_<)。


「あくまでも、この処置は癌の細胞診のためだから。」


そうでした…。

これからは、ちゃんとメンテナンスしなくてはだね('◇')ゞ。

今度胆菅に癌ができたら終わりだからm(_ _)m、、、

調子にのらないよう、皆さま、ご指導下さいね。


それにしても…痛い…

麻酔切れてきたから〜、


めっちゃ痛いですぅ(泣)。
昨日の夕方 [2013年04月23日(Tue)]
130422_175839.jpg


写真、ピンボケでごめんなさい!!


昨日の夕方、、、

一度来てくれたし、もう今日は主治医もこないだろーと、、、

読みを間違えてしまった…


「ヨキータさぁーん、どーお?」

いつもの切り口?で突然入って来られました…( ̄▽ ̄;)


ゲッ。

その時、すごいポーズでベルバラを見ていた…

テレビで真矢みきがオスカルやってた頃の懐かしいヤツやってたのだ。


ついつい見いって、歌まで歌っていたから(笑)。

声かけられて、ブルッと身体がびくついて(笑)


「そんなにびっくりしなくてもイーじゃない(゜ロ゜)。」


いや、ちょっとくつろぎすぎて(笑)、、お恥ずかしい。


4階分階段を登ってきていただいて申し訳ないッス…

ありがてーこってす。


その後、待ちに待った夕食でしたが、、、

あー、このメニュー…(~_~;)

何回も食べてんなぁ。

前回の入院では半分以上残していたが…。

今回は…足りない!!全然たりにゃい!!朝までもたなそう(泣)。


そういや…

聞いた話によると。大きな手術した場合とか、

普通、入院日数×2=体力の回復日数らしい…

私のように2ヶ月近く入院していたら、完全に回復するのは4ヶ月?


知らんかった…。

退院三日目に会社復帰した私はアホなのか…( ̄▽ ̄;)。


道理で、主治医がビックラこけたはずです。

知らないって…いいことね♪


それにしても静か…。

この泌尿器科病棟、看護師も患者も少ないから…シーンとしてる。

皆さん、退院も早いみたい。


消化器外科は突然亡くなっちゃう人もいるし、重篤な患者さんが多いから。

なんか24時間ざわついて、ドラマチックな感じするんだよね、、、


ワタス、ヒマ、であります…。
病院混んでます! [2013年04月22日(Mon)]
130422_131531.jpg


創立?0年?記念で、アメニティグッズのバッグを進呈されたよ(笑)。

今、入院しないともらえないからな♪先週記念日だったらしい。

自慢できることじゃないけどね〜(笑)。


消化器外科はベッドがいっぱいで。

今回は耳鼻科と泌尿器科の病棟に入院です…。

あちらの病棟も相当古くてボロいと思っていたけど。

本館は更に…。


消化器外科に帰りたいよ〜(/o\)。

看護師さんたちにも会いたいのにな。ぐすん…。


今、主治医が胆汁を採って試験管に入れて行きました。組織検査です。

実は土曜日の夜に、退院後初めて体調崩して高熱がでたんで…。

先生にも熱が出たこと言ったのだけど…。

眉毛が八の字になってました…。

調子良かっただけに…(~_~;)。


研修生のにいちゃん、六階やからハァハァ言いながらきた(笑)。

医者は階段使用だからね。すみませんです…。


しかし、やることないなー。

まだ3時なのにお腹もすいた…。


明日は造影して、チューブを埋め込む前に入れ替えるって…ん?

んんん!?

それって肝臓から入れ替える!?


ひょっとして痛いんじゃないの!?

じぇー!!

じぇじぇじぇ〜( ̄□ ̄;)!!

(朝ドラ見てないかた、すみません…)


ううう…早く退院したい(泣)。
| 次へ