CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2013年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
消灯 [2013年01月29日(Tue)]


最後に…。

今日は本当に忙しかったけれど、

とても良い1日でした!


3月のイベントのチケットも売れ始め、

その確認のメールで携帯を手放せない…。

良かった〜☆


とうとう明日は手術です。

たくさんの激励のメールを本当にありがとうございました!


仏教、カソリック、神道、ヒンズー、その他もろもろ…

ありとあらゆる神様にみんなが心を寄せて、

私のために祈ってくれました。

ご利益のあるお守りもものすごくたくさん集まりました。


それは本当に驚くべきことで。

びっくりしているのは私で。

感謝の仕方も実はよくわからないので、ほってしまっていたらごめんなさい。



今、人生の中で一番深く感じているのはみんなの存在なんです。


みんなによって今日も生かされている、と、

こんなに実感をしたことがありません。


星さんに、孤独運があるといわれてきた私だけど、

今年はそれが消えています。


孤独が最後の友人だった気もするけれど、

今はその友人はどこかへ旅立ってしまいました。


今が、今が一番幸せです。

ありがとう、しか言えませんが。


先生たちにがんばってもらって、

私も手術を乗り越えて、、、

今年は世界へ飛び立つよー。


しばらく文章はうてないと思いますが。


頑張ります(`_´)ゞ!
手術前夜 [2013年01月29日(Tue)]
130129_154254.jpg


根津神社のそばの和菓子やで、大好きなイチゴ大福を買ってきました。


しばらくは食べれないだろうし。

手術頑張っ!!の術前祝いだよ(*^O^*)。


はぁーーーーー。


今、主治医からの手術にあたっての説明、麻酔科の先生の説明、

その他もろもろ…。

なんと説明だけで、2時間!!

ようやく終わったあ((((゜д゜;))))


あの、、今さらなんだけど、、、

こりゃすごい大手術だわ…

医療ドラマな感じがプンプン…(~o~)〜


別室で、実習生のロボ子ちゃん、インターンの兄ちゃん、

私、妹を交えての経過説明でした。ここは真剣にやらないとな、と。


主治医、めちゃくちゃ細かく説明してくれました。

複雑な絵も描いて、傷口の予想図も描いて。


元々の難病についてのこの6年間の経緯、治療、

昨年からの明らかにおかしい不調を見ての検査、

精密な内視鏡を持つ、一流の内科医がいる大学病院への転院、

そこで下された手術OKの可能性。

だけど、手術を最終的に決めたのは本人の意思であり、

我々もその意思に沿って死力を尽くす、みたいな、話。


ヨキータさん本当に自分の病気や先のことを熟知しています、と。

誉めてもらった?


ビックリなのは、傷口の絵を見た時ですよ…(◎-◎;)。

甘かった…


初めて見る形だよ…

ベンツ型、と言うそうですが。

逆Yの字…((((゜д゜;))))。


手裏剣…(-.-")凸

お嫁にいけないわ…(p_-)。

やだ…m(__)m…


オマケに、あけたところを直ぐに顕微鏡で専門医に見てもらって、

ガン細胞が思った以上に予定部分にかかっていたら、、

ごっそり切っちゃうから、

総胆菅もチョンギッて、

腸をビヨーンとそのまま肝臓に繋いで(@_@)…

胆汁を流すように処置すると…


わたし、ブラックジャックの患者みたくバラバラになる?


しかも、総胆菅がなくなれば内視鏡検査がこれから出来なくなり、

難病持ちの私には打撃。


ゆえに肝臓にチューブを遠し、身体の外へビヨヨ〜ンと出し!!

(/o\)、、、

1ヶ月後には体内へ埋め込むが、見た目、わかってしまうと…


そこで妹が…質問をしたッス。

「先生、そのチューブ、どのくらいの長さですか!?」

うーん、長いよ。伸ばそうと思えば伸ばすだけ伸びる…

「山口までいきますか!?」

と、アホなこと言ったので爆笑になりましたが。


「僕のおふくろも山口なんですけどね。」


大人しく今日は話聞いていようと思ったが、つい言ってしまった。

「うん、山口の香りがする。」


インターンもみんな大笑いになり、

なんの話だったかわかんなくなりまして…

そのチューブで飛行機に乗ったらブーッて鳴っちゃいますか!?と聞いたら、

みんなビックリ、妹にアホか、と言われ、、、

すみません!姉は口がへらなくて〜、と、、、

大笑いしながら、

いやいや、僕らずっと助けられてます!と先生が…(~o~)


先生、いつもおちょけてるのは、患者をリラックスさせるためなんだね。


それからはずっとみんな笑顔で話し合いました!


「とにかく、僕らは気合いを入れて執刀するけど、

こういう大きな手術は、皆が気持ちをあわせて頑張らないと成功しない、

ヨキータさんにも頑張ってもらいたい、と言われました。


ね、医療ドラマでしょ。

ここからまたシビアな話になりますが、と言われ、、

ゾォ〜、とする話がてんこ盛りでした(泣)。


人間の手が加わるということは、想定外の事態が起きうる、ということ。

ダー、といっぱい合併症の種類が書いてありました。

え!こんなに…(◎-◎;)?


肝臓にメスを入れる以上、あらゆる事態が…

詳しくは書きゃしませんが…(p_-)。

術中の肝不全、出血多量の多臓器不全、

長時間の人口呼吸器の使用による、肺炎、

(勘三郎さんの事を思い出します…)

ありとあらゆる事態を想定しなければならなく…

つまりは、術中の死亡の可能性もあるんれすよ…(゜o゜)\(-_-)

なんせ7、8時間を越える大手術…。


私と妹は想像以上のお達しに、これは覚悟を決めよ、と?


私は隣の妹に、

「あとは任せた。」

「おー、まかせとき!」

と、普通に会話したのだけどね!!

いやー、いい姉妹だなぁ!! 漫才聞いてるみたいだなと爆笑されました。

いや、言わせてもらうと、あなた様も入れてダチョウ倶楽部…(笑)。

「ま、そういう状態にならないように僕らもベストを尽くすし、

ヨキータさんの肝臓は検査の結果、非常によい状態だから。」


ほっ〜(・∀・)


最後、深々とお礼をし、

妹が、今日は先生、早めにお休みになってお疲れでませんよう、と、

大人の挨拶したからさ、負けじとアタイも…

「睡眠不足じゃダメですよ!!」

と言ったのに…


妹に、なんて失礼な、とまた頭殴られまちた…


はぁー マジで説明きくの大変。

他の患者はどんな風に聞いているの!?


うちら、あんな感じで大笑いで終わって良かったのか?


自分のことながら、本当にわからん。だって平気なんだもん…。


覚悟できちゃったみたい。


実習生のロボ子ちゃん、こんな説明の場をシェアして勉強になったのか!?

ポーカーフェイスで、表情も変えず聞いていたけどさ!!

まさかの大物か〜(・∀・)。


「ね、表情も変えず聞いていたけどどうだった?」と聞いてみたら…。


「とんでもないですー!!もう驚きっぱなしで…。

ヨキータさん、大変なんだと思って。」


なんと、ロボ子ちゃん、明日の長丁場の手術、全部見学するんだってよ、、

生々しい〜。大丈夫かな〜?

最初の手術見学がこんな複雑なので…いいの!?


「なんでもやりますから、私!」

と、言ってくれたので、早速頼みました。

手術中に起きる一切の出来事、状況、会話、、

逐一私におせーて!! と☆


「はい!! しっかり見学してヨキータさんに伝えます!!」

かわいいヤツや(笑)。


長くなるが(笑)も少し頑張る。


反対に、ロボ子ちゃんが質問に答えてほしいと…。

なんでもどうぞ〜(・∀・)


「今の先生のお話を聞いて、ヨキータさん、どうお感じになりましたか?」


…。…。なんて答えよう、実習生に(/o\)。


そうだなぁ、執刀される先生達を始め、麻酔科の先生、看護師さん、

細胞を見てくださる技師の先生、

たくさんのプロフェッショナルなひとたちが、明日の手術に携わり、

私の命と、真剣に向き合ってくれているんだな、と改めて感じ入り…

込み上げてくるものがあるよ!!


と、ロボ子ちゃんに言い終わらないうちに涙声になっちまって!


こんなはずではー( ̄▽ ̄;)?

この子、やはり大物…。


まぁ、本当に。感謝の気持ちが込み上げてきたんです。


「ロボ子ちゃん、全ての患者がこうだと思ったら間違いだよ…。」

はい?

「みんな、恐怖感でいっぱいで周りを見渡す感性を持つなんて難しい。」

はい…

そう、私はロボ子ちゃんのおかげで、

今日はその感性を呼び起こせたかもだしね。


あー、手が疲れた…。
☆星読み2013 [2013年01月29日(Tue)]
130129_092910.jpg


根津神社で最後のみそぎ?

手を合わせてきました。


昨日、星さんが手術前の私のところに来てくれました。


今年の星読みをお願いしたのですが。

無理言ってごめんなさいね!


おぼろげに考えていたことを、ずばり星さんにも言われたので、、、

あああ、やっぱりなんだ、ってスッキリ。

これで安心して手術うけられるぞーーー!


あ、いきなり言われました!


この週の私、

難しいけれど、新しい取り組みもしようという、

先端的な手術をしてもらえそうな配置をしているらしいです。

ひゃー、そのとおりかも、、、


さて…(・∀・)!

ザ・2013!!


私が生まれたときの、もともとの火星に進行の太陽が重なる、、、

これは 一生に一度のことで、

私の火星はもともとピタッと冥王星とくっついているのですが、


難しいとこは一気にはしょりますが(笑)。

否応なしに「リセットと再生」!

一度生まれなおすような、、、

人生の山場がもう来ているのです。


まあ、そのへんは難しいので結果だけ書くと。

それは11の部屋。友人運の部屋にあるので、

その大きな山場の配置、すごい盛り上がりを見せるのが、、



友人運と手術! ( ̄▽ ̄;)?

そこに光が、一生で一番の光が当たる、そんな一年になるんですって。


運命的なこの仲間に出会うために生まれてきた、

と、思うほどに、活性化するそうです。


とにかく、つながりがディープ。
どんどん盛り上がっていく。


おまけに、発展の木星の天体が6月26日に私の蟹座に入ってくるので、

もともと海外運にある蟹座の水星が木星の恩恵をうける、、、

つまり!海外に関することがよい!

自分らしい考え方、哲学をより確立しやすい一年に。


社会的な評価が高まり、よい仕事もでき、

自分の望むことがやりやすい環境が整う。


12年に一度、くるその高まり。
私の場合、病気とセットでくるのです。

病気とセットで、なせが外向きの活動が増えるんですって。


これは私もそうなんじゃないかと考えていたこと。


自分の使命を果たし、最も充実感があり、

それに向かってひた走る。人生でもっとも華やかな時らしいです。


本当に不思議な人間だな〜(・∀・)、思うけれど。

病気にスポットが当たるときこそ、瞬発力があるとずっと思っていたんです。

やはり、セットになっていたんだ、、、


とにかく、今年は一番ワクワクする年。

本当にそうなんだろうと思っているんです。


友人運は、そんな私をバックアップしてくれる最高の起爆剤、

いや、栄養剤になってくれているんだろうと思います。

改めてありがとうです。


まあ、おまけといえば、

今年はなんと何と、結婚運も。

友達の中から出てくるパートナーシップらしいですよー。


ダレダ、だれだ、誰だぁ〜(・∀・)♪


仕事もしちゃうし結婚もしちゃうし、病気もしちゃうし、すごいですが。

そんな私でもOKな人がいれば、、

かなりの変人、モノズキ…(~o~)

とにかく。人生の中で一番集中力を持って生き抜く、

そんな一年。


明日の手術で、今日は準備で忙しいみたいですが…。

それすら楽しく頑張れます。


星さん、本当にありがとうございました!
部屋移動! [2013年01月28日(Mon)]
130128_081041.jpg


友達差し入れの梅エキス!!


史上最強の酸っぱさやでー!!

酸っぱいの大好き(^з^)-☆。

身体に良さそうね〜♪


今日、部屋を消化器内科の三階に移動しました…。

患者さん、みな重篤で気分が一気に下降↓↓↓

挨拶しても返事がない〜( ̄▽ ̄;)。

ま、私も二日後にはそうなるんだけど…。


看護師さんが、看護学校の二年生の女の子を連れてきました。

手術前後の患者のお世話をする、という実習があり、私に許可を得たいと…。

断ってもいいんです、と。

お辛いときにそばにいるのも大変かもしれませんし…って。


断るわけないじゃんね〜☆

喜んで!!と、OKしときました。

若者は育てなきゃね〜(^3^)/。


実習生、ロボットみたいにギクシャク。文書を読んでいる(笑)。

超かわいい〜。


「私、ワガママになるよー、あれ買ってこい、ここ揉んでくれ、って♪」


ロボ子ちゃんは固まって無言、

なんでも言ってくださいね、と実習生連れてきた先生が…(~o~)〜。

そこにフラ〜、っとやって来たのが…


我が主治医、、、


「やっと三階にきたね〜!!

ここが僕らのホームグラウンドなんだよ〜!」


カン高いいつもの声で、いつものハイテンション(◎-◎;)。


楽チンだよ〜

階段を使う、てのがこのチームの鉄則なんで、

毎回7階まで階段上がんなきゃなんなくて大変だったよー


と、めっちゃ笑顔でした…


痩せるにゃいーんじゃないですか、つうたら、

ガッハッはっと廊下で笑ってました、、、


看護師さんが、

「いい先生なんですよね〜。いつもテンション高くて。」

と、先生が消えたあとに言ってました。

あの先生、すごく患者さん思いなんですよ、って。


そうかぁ。やっぱりそうなんだな。

よかった〜☆


おちゃらけても、患者想いなら…(~o~)〜

安心して手術してもらえるよね。
ありがとう [2013年01月28日(Mon)]
130128_085413.jpg


かわいいでしょう♪

いつもお世話になっている方に頂きました。

伊勢神宮を参拝した際に、近くの真珠の店で見つけたそうです。

昨日頂きました☆

嬉しいな〜(*^O^*)。


いつも朝食の時に、夜勤→日勤の申し送りがあるのですが、

ヨキータさんは以上でーす、と、看護師さんがゾロソロ通りすぎ、、、

仲良しのお兄さん看護師がスススッと戻ってきて。

すごい笑顔で

「手術、頑張ってね!!」

と言ってくれたんですよ。


温かな優しい言葉に目頭が…(p_-)。


昨年からずーと、見守ってくれたお兄さん看護師!

男性のが優しいよね…


(T_T)。

私は今日は三階に移動します。寂しいな〜☆
健康って [2013年01月28日(Mon)]
121129_120739.jpg


「健康って」

という本を友達が貸してくれました。


りこぴはいつもナイスな情報をくれるんです。さすが双子座!!


私も一応金星が双子座なので、情報力に関しては負けてません(笑)。

しかも金星。ワクワクすることにしか耳を開かない…(~o~)〜☆


で、この本、よしもとばななさんの著書なのですが。

今まで手が延びなかった彼女の本。

今回はえらく共感してしまいました。


健康をテーマに、

身体のメンテナンスを仕事にするプロフェッショナルな人たちと対談し、

いろいろな角度から捉えているのですが。


「健康は病を含むダイナミズムを持つ」



この項を読んで、、、

最近なんとなく考えていたことがまさに書かれていました!


人それぞれに、捉え方は違うと思いますが、、、

皆が考えてみるべきテーマには違いないですよね!!


(抜粋)

健康とは病を含むような力があると思っています。

仮にすごい病気になっても健康でいられるような人のことを、

健康って言えるのだと思います。

もし仮にガンになっても、明日死ぬってなっても、

健康だって思える。

幸せって言葉でも同じだと思いますが。

幸せだと思える人。


決してなんかあの、元気でバリバリ、って言うんじゃないんです。

あるいは人間ドッグで完璧です!って言われるのとは…違います。
あ! [2013年01月27日(Sun)]
130127_101336.jpg


薬師如来さん、見守ってくれてます♪


猫の日めくりカレンダーをめくって気づいた…


今日は1月27日。

オフィス・ナウティカを立ち上げて二周年?でした!!


忘れるとこだったなぁ。

私が忘れたら誰もわからないつーに(◎-◎;)!


おめでとう!ナウティカ(^з^)-☆

おめでとう!アタシ♪


て、感じでしょうか(笑)。


今日は検査もなく、朝、昼、夕、と友人知人ラッシュ(*^O^*)。


楽しい1日でした♪


手術頑張ってね!!と激励されて、

あ、そうでした、そういえば…(p_-)


確か、明明後日、手術かあー( ̄▽ ̄;)。


マジ忘れてしまいかねん…。


このヒトゴト感…(゜o゜)

やれやれですな…
良いことも… [2013年01月27日(Sun)]
130127_085725.jpg


ヒトデちゃんのクッション!


あのね。良いこともあったのよん。


CTやMRIの類いは、両手をバンザイさせられるのだけど、

こ、これが痛くってね〜(T^T)。
グエー、だよ。五十肩にはね…(p_-)。


でもさ、私もええかっこしぃだからさ。

若い技師のにいちゃんたちに、五十肩だから、だなんて言いたかないのよ!!

バッカだね〜(笑)。


で、我慢して毎日、涙こらえて
両手をバンザイしていたのだけど。

右手が驚異的に上がるようになりましたよ!!


つまらんオバサンの見栄が奇跡を生む(爆)!

アホだね( ̄▽ ̄;)。


東京は快晴!!

検査もないし、いい1日だ…。

大好きな友達もたくさん来てくれるし。


全てに感謝☆
頑張った分だけ [2013年01月26日(Sat)]
IMG_3969.jpg




猫の日めくりカレンダー!!


これをくれた人は、30日のヒトコトがいいんだよ〜♪と。

手術の日だ!!


頑張った分だけ、喜びは大きい


なるほどだね。

頑張ります…(p_-)。


今日の大腸内視鏡、胃カメラのダブル激痛検査、

無事に終わりました!


先生がしっかり寝かせてくれたので…m(_ _)m。

時々叫んだよーな記憶もありますが。なんとか…。


終わったーーーー( i_i)\(^_^)。

そして胃と大腸には癌の転移はありませんでした(泣)!



もうろうとしつつ、一人遅めのランチを食べていたら、

主治医&その子分たちが現れた…。

ど〜おお!?眠たい?

箸をくわえてうなずくと、


「よかったよ!本当に!!」

はい、なんも見つからなくて良かったです♪と言ったらば、

「それよりも、ヨキータさんが痛くなかったのがよかったよ!」

と、珍しく優しげなことを…。


ほとんど覚えてない、と言ったら、子分たちがプププっと笑いました…

私、どうやらまた暴れたみたいです…(p_-)。寝てるのに暴れる…


「あ、これオモシレエンだよ!」

こーして持ち上げても落ちねーんだよ!と、、、

お茶が満杯入ってる陶器のマグカップを、

シリコンの蓋についた先っちょのハートをつまんで!

30センチも持ち上げたー(◎-◎;)!

ぎぇー!!


若い子分はビックリ、眉毛を8時20分にして腰がひけてました。

ほらほら、と、またやるので…


もー、いーから!! と、たしなめてしまった(・∀・)。


ボケとツッコミ、やはり始まっているようです…


(゜o゜)\(-_-)
あしなろ [2013年01月26日(Sat)]
130125_181502.jpg


昨夜のメニューはビーフカレー!

食べた直後に下剤を飲む…(*_*)。
いっそカレーじゃないほうがよかった…(笑)。



肝臓を切除するって大変なんだね。

やったこともない検査、検査、検査、の繰り返しだべよ…

初めての事に躊躇しない性格の私だけれど、、、


中には痛い検査もあるわけで…


今朝も内視鏡検査のための液体を飲むのに苦しんだし…。


昨日もその、「初めての」検査を
受けに行きましたよ…(p_-)

今までよりもっとマニアックな技師がやってる?マニアックな検査…。


実際、なんの検査かさっぱりわかんないのに言われたまま移動するんだ。


そいだら、渡り廊下で主治医とバッタリ。

あ、先生…。今から検査に行ってきます!、と声をかけますと、

「あ、そう、え、なんの検査だっけぇ!?」

とまたトボケタことを…。

「…さあ、知らない。」


先生、ここでガクって、お約束のリアクション。


「あー、そうだ、アシナロだね、アシナロ終わったら外出できるじゃん!!」」


!?!?!?

アシタは、内視鏡検査2つだから外出しませんよ〜、という私に、

だからアシナロだろー?


ボケとツッコミの私たち…。

アシタはアシナロは、と堂々巡りの会話をしばし繰り返し(笑)。


アシナロ?という名の不思議な検査。酸素マスクをしながらやりました。

ちょっと不思議な呼吸をさせられるんです。

息が止まるかと、少し思いました…(p_-)。


肝臓の映像を重ね撮って、クッキリ。

こんな機械があるんだ!!


検査マニアになりそう…(*_*)
| 次へ