CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2018年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
六龍が飛ぶ! [2018年03月24日(Sat)]
六龍.jpg


六龍が飛ぶ!
テレビ東京。


面白かった〜♪

終わってしまって哀しい〜〜〜(*´з`)

毎日録画して観たよ〜〜。


全部で65話!長い!でも見続けた。

どっぷりハマったドラマですだ。


理想国家を目指して、6人の英雄が立ち上がる!

朝鮮王朝建国の歴史を新たな角度から描き出した

エンターテインメント超大作!



脚本がすごく良くできてるな、と思ったら

あのチャングムと同じ脚本家だった。


最初から最後までドキドキしっぱなしで。

心臓がバクバク。最後まであっという間。


脚本だけではない!

登場人物、キャストが素晴らしい。


「六龍」を演じる俳優たちがなんとも魅力的。

演技がハンパなく上手い。マジですごい。


一人一人に感情移入してしまうから

誰も悪者ではなくなるし。

どの人にも死んでほしくない、と思ってしまう。


結局、人間なんて良い面悪い面、両方持ち合わせて

それで生きてくわけだから。

なんかのひずみで敵対してしまったとしても。

本質は繋がってたりするわけだ。


そういう繊細な部分を見事に描いている!

ヨキータ様、脱帽!


史実とフィクション織り交ぜてのドラマですが。

もうどの回も胸がうずいてしまいます。


チャングムと言えば。。。

12年前になりますが。原因不明のヤバい症状で

数か月間、入院していた時期に全部観ました。

(ようやく胆管の難病だと診断されるまで。)


地元の大学病院の主治医ったら、表情も変えずに

残酷なことをサラッと言って帰ったんだよね。

突然の宣告に不安になり、、、


重症者の多い病棟では亡くなる人も多くて、、、

そりゃ、もー、夜が怖くて怖くて。


昼は昼で、辛い検査三昧だったし、

なんも知らない母親が我がままばっかり言うし。

もう、耐えられないかも、というときに。。


「チャングム」が救ってくれた。



http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/daily/201212/05


その時の自分の状況とめっちゃリンクしていて、、、

自分がチャングムに憑依したかのように

DVDを毎日何時間も見まくった。

差し入れてくれたひと、ありがとう( ;∀;)


そんで、見事、精神状態は復活。


「イ・サン」や、「トンイ」も良かったけど、

「「ホジュン〜宮廷医官への道 」も感動でした。




http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/archive/1755


ホジュンは、医療系の長〜いストーリーなのですが。

私は医者でもないのに、また憑依した(笑)


チャングムに次ぐ、素晴らしさ!!!

魂が喜ぶ作品だったと思います。


人の命とか 志、というものを深いところで

考えさえられるんだよなあ。


最近の日本のドラマって、9回とか10回だから

どうしても上っ面で終わっちゃいがち。

惜しいなあ、と思う作品、多いんだよね。


日本の大河ドラマも面白いけどさ。

なんだろ、もっと、裏の裏の、、、

人間の本質を見せられる。


それを表現してくれるのが、いつも完璧な音楽。

もう、スゴイ。音楽がシーンにドンピシャ。


ちょっと前にやっていた韓流ドラマが、

麗〜花萌ゆる8人の皇子たち〜




この歌がいいなあ、って思ってる。


有名どころのアイドルもいっぱい出てるし、

イケメンの8人の皇子なんて興味ないな、と。。

ぜーんぜん、期待していなかったけど、、


最後のほうは切なさ満点だった(笑)

皇子たちの演技があまりにも良い。

アイドルだって、感情表現が最高じゃ〜。


わ。熱くなってしまった〜(笑)

すんまそん。はずかし。(;・∀・)


でも、レンタル借りれる人はどうぞ!


辛い時にきっと助けてくれるよ〜。



| 次へ