CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2013年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
人生の旅をゆく [2013年03月09日(Sat)]
130309_105523.jpg


人生の旅をゆく。

というタイトルの本を借りました。


今日はお見舞い客も夕方までこないし。


大きな木がゆさゆさ揺れるのをながめたり、

よしもとばななの本を座って読んだりとか。


友達が持ってきてくれた、DVDレコーダーで「サキ」を見たり(笑)。

もったいないから、一日一話ずつしか見れない〜(^∇^)!


あとは、お腹の腹帯を外して、テープかぶれのところ、

痒いカユイかゆいー(;¬_¬)ジー

かーゆーいーO(><;)(;><)Oーーー

と、、クレイジーになったりとか。

たくさんガーゼやテープを貼りまくってるので…。

肌の弱い私には地獄です!


でもまぁ、静かな土曜日です…。

私の退院はいつなのかじら?


毎日、なんだかケラケラと笑ってる私ですけど…。

よくよく考えてみたら、、、


2月はホントに地獄の苦しみだったし、

その上、傷も膿んですごいことになったし。

腹部には胆汁漏れが見つかって、これが大変なことになっちゃうし、

1月なんて、手術できるかできないか、

緩和ケアーか、生きるか死ぬか。

その狭間で仕事を続け、体調も悪く、皆に迷惑をかけ…。


暮れの検査では全ての結果で、癌の診断、、、

よい報告なんて、一度もなかった〜(/。\)。


今はハジケてる主治医も、そのころ私に話をするときは、

言葉を選び、辛そうだった。


そんな日々をもう8月から続けてる。

いや、もう7年続けてる。


私はホントに過ぎ去ったことを忘れてしまう性格なので、

どんだけ苦しかった記憶にも、今のハッピーが勝ってしまう!


こんな静かな日にふっと思い出しちゃうと、、、

たまらなくなります。

ゾー、とします(-_-)/~~~。


私の難病はずっと続くし、また胆管炎に苦しみ高熱も出るだろうし、

また度々入院もすると思う。

先生には、そのへん調子にのらないよう釘をさされているのだけど…。


調子にのっちゃうのがアタイなんだってば、、( ̄▽ ̄;)。


ホントになんでこんなに笑ってられるんだろう…。


それは、、、

もう一度チャンスをもらえたことにスッゴク感謝しているから。

自分らしく生きていく、そういうチャンスを、

神様に、主治医に、看護師さんに、家族に、そして…


たくさんの愛のある友人にもらったから、、、


生きてるうちは、お気楽に笑っていたい!


、、、と、たった今、主治医が登場。


昨日のCTの結果がとてもよく、胆汁のたまりもほとんどないので…

今日の処置で腹部のチューブをくるくる巻こう!!と、、

ボトルからはずしてね。

それで火曜日に造影して問題なければ…チューブ1つだけ外して退院!!


「先生!!この傷口は?」

「ああ…。傷口はそのまま自然にしとこうか〜!」


(◎-◎;)はぁ!?

この鍾乳洞みたく大きく開いた傷口をををう!?


「そ、、それで外に出るのは怖すぎです!!」

必死で訴えたんだけど(泣)。


「そっか。じゃ、縫おうか…。とか言いながら…とか言いつつも…」

と、独り言呟きながら消えていったぁ…( ̄▽ ̄;)。

逃げた?


どうしよう…。

避けたまんまの傷口は、もはや、ペットボトルの蓋が2、3個入るぐらい、

そんだけの空洞になってるんですけど…。


傷口縫っちゃうと、膿だし、まだリスクあるのかなぁ…。
| 次へ