CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2013年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
良くなれ教 [2013年03月06日(Wed)]
130305_153910.jpg


薬師如来さま、、、


昨日の午後のシャワー。

膿もでなけりゃ、血も流れず…。

たくさん水圧かけて流したけど…。あれれのれ…(-。-)y-~。


写メをいつも撮ってくれる看護師さん、

病室で、傷口を見るなり、


「うわぁ、ヨキータさん、スッゴクきれいだよ!

土曜日見たときと全然違う。赤くていい色してるー。」


遅れて入ってきた主治医も、

「おぉ、いーね!! すっげー、きれい。」


今日のシャワーは膿も血も出なかった、と伝えると、

「マっジ!? それは素晴らしい!

やっぱりこれはだよ、やっぱり…

俺のシザーハンズばりのハサミさばきがきいてんだね!!」


ショクゲつうのが、いらん汁?を出しちゃうらしく、

毎日パチンパチン切ってくれるのだけど。


「大抵、チョキチョキしてるとき、ヨキータさん、しかめっ面だけどさ。」

(どこまでもオレ様キャラ…)


そして、、、いつもの恐怖タイム。

傷口にお水を当てながら、ガーゼ突っ込んでグリグリこするやつ、です…

(/。\)、痛いのよ…


若いインターンのお兄ちゃんに、(かわいい♪)

ほら、これが「良くなれ教の教祖さま」なんだよ!!知ってる!?

と、友達の彫った「薬師如来」を取って見せ、

(主治医、この仏像が大のお気に入り)


さあ、みんなでいくぞ!!


「良くなぁれ〜、良くなぁれ〜、良くなぁれ〜、」


教祖の主治医は、傷口グリグリしごきながら、

インターンの兄ちゃんは水を垂らしながら、

看護師は二人の後ろで、

一斉に唱えるんですけど(爆)


ホントーに面白すぎるんですけど( ̄▽ ̄;)。


おかげで痛いんだか笑いたいんだか、わからなくなりやす、、、


痛いついでに。

その後、お腹のチューブの糸が切れているのを発見、

チューブがハズレないように縫わなきゃ、なんです┐('〜`;)┌。


「うむ。これは…。結構な痛みをともなうな。

が、局所麻酔したって痛みはかわらん、、、

ピアスあけてる!? そう、じゃ大丈夫だね。」


などと自己完結して〜。私の脇腹にブスッと縫い針をさしたぁ!!

Σ( ̄□ ̄)!

ニャロメ〜。痛い!!ッスよ!!

めっちゃ痛かった、けど、、、


Mの烙印をおされてからは、耐えてしまう私なのです(泣)。


看護師さん、

すごーい!ヨキータさん、ホント我慢強いー、と喜んでました…。

微妙ですが…(-。-)y-~


しかし…。この地獄のシャワーと、たくさん食べ始めたことで、

2、3日でこんなに良くなるもんなんだね〜。


食べても食べても、今日また体重が減っていたけど。


体重は気にしない方がいいよ、と。

これだけの炎症になると、、、

ふつうの1・2倍のエネルギーを必要とするらしい。

だから、体重は関係ない、顔艶もとてもいいし、大丈夫だよ、と(泣)。


身体は一生懸命蘇生しようと力使ってるんだもんね〜(^∇^)、って、

忙しいのにゆっくり説明してくれる看護師さん。

彼女は私が予定しているイベントのことも知っていて、

私がたくさん資料を出してベッドの上でゴチャゴチャやってるから(笑)。

ヨキータさん、すごーい!、と
応援してくれてる。


この病院でよかった。
| 次へ