CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
「笑う男」 [2019年10月04日(Fri)]
Main-Poster-2-389x550.jpg


今日のブログ、、、長くなりました(笑)

飛ばして読んでくださってOK〜(*´з`)


韓国オリジナルミュージカル『笑う男』

日本青年館ホールの大スクリーンで上映!


近年、そのエンターテイメント性と俳優のレベルの高さで、

多くのファンを魅了している韓国ミュージカルですが、

韓国ミュージカル界を支える重鎮による最高峰の演技と

歌声に酔いしれるチャンスです。


パク・ガンヒョン、シン・ヨンスク、ヤン・ジュンモの3人が

生の歌声で『笑う男』の世界観を披露するコンサートも開催。


・・・という、、イベントに行きました。


ミュージカル・オタクの姉が行く予定でしたが。

都合で来れなくなりました。


日本、欧米、韓国のミュージカル事情に詳しすぎる姉は

毎日のようによく動画を私に送ってきます、、、

その全部に目を通すのは大変なんだけど(笑)


でも、、動画を観ていると、いつの間にか私も魅せられる。

以前は苦手だったんだけどな。ミュージカルって、、


今、姉がはまっているのが、韓国のミュージカル。

実力は今、世界でもトップレベルなんです。


私も、夏の「弾丸釜山家族旅行」で観せてもらった、

「ジキルとハイド」に衝撃を受けて、、、






毎日のように主演のチョン・ドンソクの歌を聴いてます。

音楽ってすごいなあ、って改めて思うこのこの頃!

気持ちがどーん!と落ちることがあっても、、、

彼らの歌を聴いていると、瞬間、リセットできそうな。

気がするだけでも、、( *´艸`)ありがたい。


この「笑う男」は、ビクトル・ユゴーが自ら

「これ以上の偉大な作品を書くことができなかった」という

小説を原作にした韓国オリジナルのミュージカル。


thumbnail_1570144049586.jpg


簡単なあらすじ:

1689年イングランド冬。

子供買いの犯罪集団「コンプラチコ」により、

貴族への見世物として口を裂かれ、

終始笑顔が張り付いた顔にされた少年グウィンプレン。

彼らの舟から放り出され、雪の中を彷徨っていると、

凍死した女性の腕に抱かれた盲目の赤ん坊を見つけて

赤ん坊の女の子にデアと名付け、ある小屋に辿り着く。

そこには、興行師ウルシュスが一人で暮らしていたが

裂けた口の少年と盲目の赤ん坊を引き取ることに。

15年後、彼らは劇団を立ち上げ、人気を博す。

とりわけ、グインプレンと美しく成長したデアの歌は

旅する先々で人々を魅了します。

お忍びで観に来ていた王族、ジョシアナもまた

この醜いグインプレンに魅了されてしまいます。

グインプレンには出生にまつわる秘密が。それは、

彼が貴族の正式な嫡男であるという衝撃的な事実。



thumbnail_1570144062444[1].jpg


スクリーンでの映像、、どんなもんかな、と思ってたけど。

ハイビジョン、とんでもなく美しかったです。

臨場感ありあり。劇場で観ているのと変わらない??

今回の映像はカメラ16台で収録したそうです。


thumbnail_1570144054269[1].jpg

舞台をいろんな角度から見れるし、役者のアップも!

字幕も出ていたので、すっごくわかりやすくてバッチリ。





韓国キャストの歌の上手さ!

   シ イ

衣装も!舞台セットも!ホントに魅力的な仕上がり。

最高にワクワクさせられました。


2018082705540552683609e8a8452ea2303cb05e062452s.jpg


そして音楽。最初から最後まで、あらゆるシーンで、

バイオリン奏者がキャストの一人として演奏しています。


奏者の設定もその都度変わるんですよ。

劇団のショーの一員として演奏、ある時は宮廷演奏家、

衣装ももちろん変わります。最高の演出だな、、


是非、いつか舞台で「笑う男」を観たいです。


そうそう、コンサートもすっばらしかった。

いや、マジ、歌がうますぎる。カラオケなんですけどね。

3人とも、めっちゃうまいんです。

歌聞いて泣いてる人、私の席の周りいっぱいいた。


スクリーンで「笑う男」観た後に登場なので、、、

大歓声で迎えられて、主役の3人がビックリしてた。

たっくさん歌も歌ってくれて、質問コーナーでは

笑わせてもらったり、真剣な想いも聴けたり。

クレバーですね。舞台のひとって。


30分ぐらいかな、と思ってたコンサート、、

終わってみれば1時間40分、、すごすぎ!大サービス。

ミュージカルと合わせて、、4時間半以上座ってた!


ダンディー?な、ヤン・ジュンモ氏がサプライズで

「千の風にのって」を日本語で歌ってくれました。

奥さんにピアノで演奏してもらって録音してきた、と。


素敵な人なんですよ、、、このかた。


「今日は僕たちは小さな使命感を持ってここに来ました。

文化の力は大きい。

文化の力で2つの国を繋ぎたいと思います。」って。


確かそんなニュアンスだった。ちゃんと日本語で!

この日の拍手の大きさと歓声に感動しています、と。


主役のパク・ガンヒョンくんはまだ31歳ですが、

ミュージカル歴まだ4年、とは思えないほど歌がすごい。


僕は韓国の凄く田舎の出身です、と。

初めての日本ですが、韓国の田舎にいた自分が

韓国を越えて日本にいて、皆さんにこんなに歓迎されて

今日の僕はとても幸せです、と顔を赤らめて話してた。


なんか、、いいよな〜〜〜、って。素朴で。


口が裂けたグウィンプレン役のパク・ガンヒョンと、

盲目のデア役のミン・ギョンアのミュージックビデオ。


とにかく、心洗われるような、2人の歌ですだ。







興奮しすぎたせいなのか、、、翌日、、

久しぶりにぶっ倒れました〜〜〜。


40℃には届きませんでしたが、、ダウン。

辛すぎました、、、m(_ _)m

10時ごろまでは元気だったのに、、突然くる。

正午にはもうベッドでうなってました、、


このブログも途中まで普通に書いていたのに、、

ん??おかしいかも、、と手を休めた途端、、

悪寒が、、、ヤバいぞ、、これ、、って(笑)


フラメンコもおやすみして、、、m(_ _)m

レッスン後、楽しみにしていたキャンディーズ邸での

先生を交えてのご馳走会もドタキャンしてしまい。

ごめんなさい、、(´;ω;`)ウッ…


そして病院にまた行きそびれた、、

1日で1.5キロ痩せてしまったよ。

最近、調子よくて体重も増えていたのにな〜


いい睡眠が取れていないことも大きな要因かも。

二日で5時間ぐらいしか寝れてません、、、


今日はゆっくり休んで、、、

またミュージカルの動画で癒されることにします。



トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント