CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
永遠に僕のもの [2019年08月30日(Fri)]
_.jpg


1971年、天使の顔をした殺人犯に世界は発情した。

アルゼンチン映画NO.1を記録した

妖しく美しいクライム青春ムービー。衝撃の実話。



不思議な、、風味?の映画を観ました。

東京に帰ってきてすぐに。


今の私のプライベートのもやもやを晴らしてくれるのは

映画の世界。旅にはなかなか行けないので。


浄化してくれます。いろんなこと。


2018年にアルゼンチンでヒットを飛ばした映画、

「永遠に僕のもの」

ペドロ・アルモドバルによるプロデュース、

ルイス・オルテガ監督の作品です。


アルゼンチン犯罪史上最も有名な殺人犯の物語。

その残忍さとはおよそ結び付かない美貌に

人々が魅了されてしまったという実在の人物らしい。


あらすじ:

1971年、ブエノスアイレス。

1971年、アルゼンチン・ブエノスアイレス。

幼少の頃から他人の持っている物を無性に欲しがった

カルリートス(ロレンソ・フェロ)は思春期に入り、

自分の天職は窃盗だと気づく。そんななか、

カルリートスは新しく入った学校でラモンと出会い、

一瞬にして魅了される。

やがて、手を組んだ二人は窃盗を重ね、いとも簡単に殺人を犯し、

連続殺人へとエスカレートしていくのだった…。



1016057_02.jpg

17歳のカルリートス。ブロンドの巻き毛、ぷるぷるの唇、

物憂げな瞳に、パンツいっちょの幼児体系、ムチムチ白肌。


でもでも。そんなに美しいかな??と、最初に思っちゃって。

この役者より本物のカルリートスの方が美しいのでは、と、


でも不思議なことに、、2時間観ている間に、、、

見事にこのカルリートスの魅力にやられてしまうのです。

それは、ある意味スゴイ。すごく難しい役どころだと思う。


無防備で、本能のまま、バシバシ人を殺して、、、

宝石を奪いまくったって、銃を盗みまくったって、

自分のものにした後は、、アウト・オブ・眼中。


なーんも考えてない、、風だけど、、、

時々見せる感情が、、魅力的なのかもね。


両親は息子のやってることに気づいていはいるけど、

でもそれを真っ当な言葉で諭しても、無駄の無駄。

息子は息子で、それに反抗するでもなく。淡々として。


でも、ママの作る、ミラノ風カツレツは大好きらしい。

美味しそうに食べるのでアリマス。これが。


どんだけ、ヒトを殺してきたって、

寝るのは必ず自分のベッド。スヤスヤと。おぼっちゃま。

全てにおいて、アッケラカーーン!としております。


全編、スペイン語なのが良かったな。

難しいこと言わないストーリーなんで、、、

かなり聞き取りも出来たかもしれない!

めっちゃ嬉しかった。スペイン語はやはり好き。


Eiennibokunomono_201907_fixw_730_hq.jpg

カルリートスは白昼堂々豪邸に盗みに入るのだけど、、

早く盗んで逃げればいいのに!とハラハラするほどで。

優雅に高そうな酒を飲んで。音楽もかけて。

なかなかイケてるダンスまで踊りだしたり。

冒頭のシーンがけっこうインパクトあるんだよね。

(そしてラストシーンも!ダンス!)


Gfk.jpg






19061918380626171.1.[1].jpg


これが本物、、というか、実在した凶悪犯。

カルロス・エディアルド・ロブレド・プッチ!

美しいビジュアルから「ブラック・エンジェル」と呼ばれ、

その残虐性とは対極に思える美貌で注目を集めたみたい。

終身刑なので、今も刑務所暮らしです。もうジイやんですね。


これ、、評価がかな〜り、分かれてるらしい。

残虐極まりない犯罪者を美化した映画など作るべきか?

それを、うひゃうひゃ喜んで観るのもどうなのか、と。


まあ、、何とも言えない微妙なところですが。


わたし??そりゃもう、、感覚に生きる変態人間なんで

2時間、楽しませてもらいました。

別に美少年の悪行、だったからではありません。


盗みに入った家の住人や警備人も殺しまくり、

表情も変えずにピストルをぶっ放す。

わずか20歳で終身刑を言い渡されたカルリートス。

無防備な赤ん坊、みたいな、そんな一人の少年が

あっけらカーンと。くしゃみするかのごとく、ヒトを殺す。


そんな人間が確かにいた、、、

どうしてそんな人間が生まれたのかわからんが。


これって何だろう、と思う、、、

そしてそーゆうワケわからんものを、違和感なく

奇跡のように演じてるこの役者がすごい。


ラストのダンスシーンすき。


全編に流れる音楽もめちゃ良いです。

とても私好み、ま、ラテンな作品なので。ふふ。


困ったことがありまして・・・(=_=)


今、テレビが観れないんです。。。

時々、フジとTBSは映り悪かったり観れなかったり。

でも、知らん間にまた観れるようになったり。


それがね〜。一昨日から全ての地デジ番組が観れない!

BS番組はちゃんと観れるし、、、


電波はきているみたいで、、、どうも周辺環境のせい?

今、管理会社の電話待ちです。週明けに点検が入るかな。


テレビっ子のヨキータさん、非常に困っておりまして。

BSの韓流ドラマを録画して、なんとか夜はしのいでいる。


22時には、、もう寝ちゃうもんね、、、(*´з`)

え〜〜〜ん。もう、辛いよ。


そう言えば、、、冷蔵庫も変な音が出始めてるし。

洗濯機も怪しい動き、、、どれもこれも、古すぎて。


20年近くまえに、中古をタダでもらったヤツを使ってる。

もう、とっくに墓場行きでもおかしくないものばかり。

一気に全部、お陀仏になったら、、どおしよう〜!


アタシ、破産宣告だよう〜〜〜(゚Д゚)ノ


もう、ホント、毎日がヒヤヒヤ、


ギリギリ、どおしましょ。




トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント