CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
困ったことになりました。 [2019年04月15日(Mon)]
thumbnail_IMG_20190404_091914[1].jpg


ちょうど一週間前に撮った錦帯橋の桜です。


タイトル通りです。

困ったことになりました。

朝になってもめまいがひどかったらしい母親は

誰にも声をかけずタクシーで遠い一番大きな病院へ。


タクシーのおじさんに、抱きかかえられて救急へ行ったとか、


数か月前、この病院では目まいや不整脈に関しては大丈夫、

という診断を受けていて、、、

脳の画像検査はやらずに帰ったみたいだったので

それがすごく気になっていて自分はやりたかったのに、と


一人で家にいて、目まいがヒドイとトイレに行けないので。

不安だったことには間違いはない。

私がいる時から、トイレがとにかく大変だった。

私がいないと、、どうするんだろう、って思ってたし。


それでなくても最近は一人で夜を過ごすのがイヤみたいだし。


めまいは強いストレスが多いな要因の一つだと思う。


私も先週、ものすごい衝撃的なショック受けて、、

そのあとめまいでひどく、、、

それでも電車に乗れたし。

こんぴらの自然と歌舞伎ですっかりリセットできたし。


高齢の母はそうはいかない。

不安の沼にどっぷりつかって、大変じゃ。


しかし、、私が実家を離れて数日でそうなってしまうと

確実に状況は悪くなってる気がしてくる、m(_ _)m


どうしたもんだろう。

もともとオーバーに言動する母は、、、


朝、医師が3人も来て、ちょっとこれは

当分家に帰れないぐらいひどいのかも、と言ってたが。

絶対そうじゃない、と私はわかってる、、( *´艸`)


そこら中に電話して、心配してくれる人を探してる気がする。

「家族以外に」、なところがミソ。


たまたま、皆さん今日は家にいなくて

自分の存在てこんなもんか、と言ってたから。

やっぱり、「寂しい病」なのだろう。


点滴をうけて、トイレには車いすで行ってるみたい。

お腹空いたから食事食べる、というので

めまいがひどいのに食べれるの?と聞いたら、

それもそうだ、食べない、と言ってみたり。

でも結局、、お腹空いて食べたらしい。(*´з`)


知り合いのひとにいろいろ買ってきてもらって

テレビカードまで買ってもらって。

、、、テレビ見るつもりでいるのだよ。


NHKの韓流ドラマ、オクニョを見なきゃ、だから。

だけど、そうはうまくいかない(笑)

こんなメールがきた。





となり、ばばがくじに、しょと、時間です−

テレビつけないでください光がはいるから、

すみません、いわれた。



通訳しますと(笑)


隣のババが、9時に消灯だから、テレビつけないで、

光が入るから、すみませんが。と言ってきた。


あ、あたりまえだろ、、、


テレビ見れなくてガックリきてるぐらいだから、、、

もう、家に帰ってもいいぐらいだと思われる。


でも、、それでいて、、

しばらく、ここにいようと思う、みたいなこと。

ここなら安心だから、って。


お母さん、そこは病院だから。施設じゃないから。

異常がない、とわかれば、明日退院させられるんだよ。


そうか、、そうなんだね、、、

でも、そしたら、あそこのいつもの病院に行って

事情を話して、紹介状書いてもらう、

そうしなさい、と言ってくれたことある。


いや、それ、違う。

その時、私もいたけど。。。

どうしてもめまいがひどくて検査したいなら、

紹介状書いてあげるからね、と言われただけ。


もう、今日検査したのだから、、意味ないよ。


「でも、このままフラフラのままだったらトイレいけない

家に帰ったら、大変だから、、、明日頼んでみる、」


だからね、、そこは施設じゃないからね、、、

明日にならなければ、めまいがあるかどうかもわからん、

良くなってれば、帰る、悪ければまだ入院、

明日考えればいいことなんだよ。


「そうか、、そうなんだね、、、」


同じ説明を繰り返しながら涙が出そうになった。


母は不安なだけ。寂しいだけ。

でも何もしてあげられない。


彼女は寂しすぎて、目まいが不安で、、、

一人でなんとか病院にまでやってきたが。

誰にも頼りたくなくて、でも、人恋しくてたまらない。


私が東京を離れて母のそばにずーっといれば

それが一つの解決方法なんだろうけど。。


考えても答えが見つからない。

なかなか相談できる人もいない。


どうしてこんなことになっちゃったんだろう。


朝5時から、10分ごとに電話してくるし、泣いてるし。

きょーれつーー(笑)

私のメンタルもそりゃ大変だ。


でもね〜〜。

そういうのもぜーーんぶ、ひっくるめて。


私は母を支えていきたい!

大きな大きな愛情で母の苦悩や恨みやネガティブないろいろ

包んでいこうと、決めたんだから。


この一年、母と寝て起きて、、、

それこそトンデモナイこと言われたり

やられたり、泣かされたり、ウソつかれたり。


私は苦しかったよ。辛かったし、ホントに泣いた。

今も泣いてるし、これからも同じだろう。


でも、、母と一緒にもがいたからこそ気づいたこともある。

勇気を出して母のフトコロにもぐりこんだからこそ

見えてきたものがある。築いた絆もある。


普通は、、それ自体、怖いことだと思う。

勇気が出なくて怖くて、

母親、という鬼子母神の館に入れず、、

門のまえで右往左往してしまう人もいると思う。


大事なのは、、勇気がない、怖いのよ、と言える事。

がーがー、がなり立てて身を守るだけでは意味がない。


母親は強烈だよ。トンデモナイ生きものだよ。


でも、それがどうだっていうんだっ!



母が生きていればいい!

ぜーんぜん、それ以外のことは流せる!


そんな大きな愛情を持っていたい、と

私ならできる、と自分で昨日から自問自答。


これまでだって超えられなかったことはないし!

きっと、どーにかこーにか、今回も終着点はくる。


心配させてゴメンね。皆さん。

(T_T)/~~~


東京に連れてくるかなあ。。。


それが母の幸せとはとても思えないけど(笑)


こーゆうこと書くと、トンデモ母親なのね、と

思われるだろうけど(笑)。だよね、そりゃね。


でも、母はとても周りの人に好かれているし、

尊敬してくれてるひともいるし、

昔の恩がある限りお世話させていただく、と

言ってくれた方もいるのです。


母はヒマワリのように、その場を一瞬で明るくする。

その花は強いけど弱くて、不安定で、だから優しく。


今、、、電話、、すごかった。。


息が出来なくなって、看護師と医師と大騒動、

心電図持ってきて、もう息止まるかと思った、

その時、電話してたKちゃんに、苦しい、って切ったのに


おまえはKちゃんから連絡もらったはずだ、

なぜ、電話してこないのか、と、

おまえはもう4時間ぐらい電話くれてないじゃないか、と。


息がハアハア、言ってるのに、かなり大きな口調で

メチャクチャ怒られた、、、(;・∀・)


(お見舞いのひとがきてるの知ってたからですよ、

私が電話するの遠慮したのはね、、、

Kちゃんからは連絡もらってませんし、、、)


もう、興奮して、すごい状態で、、、

せっかくさっき、あーゆうこと書いたのに

一瞬でくじけたよ(笑)( ゚Д゚) 瞬殺。(笑)


「しっかりして、ちゃんと喋って。」


もう、言葉になってないし、ワケわからんこと言うし。

ヤバいな、これ、、と思ったけど。。。


たまらんくなって、泣いてしまった、、


「私のために元気に明るく生きる!って

言ってくれたじゃん、あれ、たった一週間前やで。」


と、泣きながら言ったら、、、それで変わりました(笑)


おまえに泣かれたら、もうわしはどうしようもならん。

わかった、しっかりする。泣かんとってくれ、て。


で、昨夜の「オクニョ」の話をしてあげたら、

ふん、ふん、ほお、それで、、ほお、、って。


もう、普通になっちゃったんですけど(笑)

なんだ、このひと、、(笑)( ゚Д゚)


私って、、、猛烈にかわいそうだな、、、


トホホ(*´Д`)


明日は7時の電車でバイト行くから、電話も出来ない。

ちょっとホッとしてる、、、


トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
http://blog.canpan.info/tb/1442731
コメント