CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
いちご大福 [2013年03月21日(Thu)]
130321_120437.jpg

毎年恒例、お彼岸、お墓参りの際に、、、

会社の人が、予約してまで買ってきてくれる「いちご大福」。


130321_120420.jpg


「かねきよ」という千葉のどこかしらにある老舗のいちご大福!

予約しないと買えないらしいです。


他ではありえない、いちごちゃんのデカさ。


130321_121750.jpg


ジューシーーー。

やっぱり美味しいな。


入院しているときから、もうすぐ、彼はお墓参りだよな、、、

と、ずっと妄想してました(笑)。


優しい甘さ。疲れた体にホッとします。

退院して今日で一週間!

チューブぶら下げて、カメ歩きの私にはキツカッタ。


月曜日からは仕事に復帰していますが。

パソコン見るだけで腰も痛いし、

お腹も腰も、となると、肩も首も、、、


会社にいると気持ちはまぎれるんだけどね。

が、普通じゃないものをくっつけて生活していることにストレス。


話はどんどん変わっていくけど(笑)。

フラメンコとか、じゃいつ復帰できるんだ?というイライラもあったり。


ご心配かけたし、皆の顔を見にレッスン見学をしに行ってみました。

電車に長く乗るのは怖かったけど。


スペイン帰りの一徹先生はますますパワーアップ。

すごいっす(笑)。


昨年からずっとレッスンもとぎれとぎれの私なので、

もはやすごいことをしているかのようなレッスン内容だったけれど。


後期高齢者?のR子ちゃんは、

病み上がりに冷えたら駄目だよー、って自分の上着をとってきて

私の膝にかけてくれたり、


休んだ分の振り付けを全部紙に書いてきてくれた人もいたり、

優しい言葉をたくさんかけてくれたり。


ここは本当に健全な場所だなあ、とつくづく思いました。


一徹先生も、、、


チューブぶらさげて満員電車とかに乗るのは危険だ!と。

あんたなんか、絶対普通の人に見えちゃうからさ!

電車に乗るときはマタニティーのバッチしなよ!、と、、、


そいだら、クララちゃんもなんかバッチ持ってきて、

これ、これつけたらいいですよ、って。


フラメンコのイラストのバッチなんだけど(笑)。

マタニティーぶりっこできるできるかな、ドキドキ。


入院しているときはよくハワイアンを聴いていた私だけど、

今日はみんなの「ラビダ」やブレリアを見て、聴いて、すごく思った。


今のこの「持って行きようのない」モヤモヤを体現するなら、

やっぱりフラメンコなんだなー、って。


ぶつけられる日が早く来ればいいなあ、って。


あせらなくていいから、と云ってもらえてホッとして、

また涙腺がゆるみっぱなしになり、、、


みなさん、変な雰囲気にしてすみまへん(T_T)/~~~。


半分に膨らんだお月さまと、七分咲きの桜がきれいに並ぶ帰り道、

日本の春はいいなあ、

病院にいたらこれが見れなかった!と、しみじみ。


いいことだけに気持ちをもっていかなきゃね。


帰りの山手線、空いた席に素早く座った私、

高齢のR子ちゃん、A子ちゃんをさしおいて(笑)。

いいのか?(笑)(笑)(笑)。


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント