CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2018年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
ペットボトルで鍛えるぞ。 [2018年04月26日(Thu)]
GetAttachmentThumbnail[1].jpg


2リットルのミネラルウォーター!


ペットボトルを利用したお手軽筋力トレーニング。

最近、やってるんですよ〜。


毎日コツコツが超苦手なアタクシが、、、

なぜか頑張れてるっ!


たるんだ二の腕を鍛えてるわけではない。

まだまだたるんでないっす。


昔は仕事でビール瓶のケース、軽々持ち上げてたし、

筋肉もりもりの頼もしい腕だったのに。


手術で10キロ痩せたときに、腕は骨だけになり。

それから体重は戻ったけど、、腕には戻らず。


せめて、筋肉はつけていこう!と思ったわけ。


ペットボトルの筋トレが続くようなら、

2キロぐらいのハンドダンベル買おうと思う!


主にやってる箇所は、、、

「二の腕」と呼ばれる上腕三頭筋。

上腕の裏側の筋肉です。


そして、上腕二頭筋。

「力こぶ」を作っていくところ!


30回ずつぐらいしか出来ないけど、

いろいろやってます(≧▽≦)!


腕立て伏せや腹筋はホント嫌いで、、、

肝臓の摘出手術のときに、腹直筋切ってるから

腹筋力も低下しているし。厳しかったりも。


ペットボトル筋トレ、、、

実は、もうやりだして一か月だった!

私でも続くやん!


ペットボトル、テレビの横に置いてるから

毎日嫌でも目に付くのです(笑)

テレビ見ながらでも出来るしね。


で、、、ちょっと鏡で見たのだけど。

なかなか筋肉、ついてきたような、、気がする!

筋肉ってすぐ落ちるからな〜。


今年、9月の発表会で「シギリージャ」を踊るけど、

めずらしく衣装が決まっていて、、、

すんごい肌露出の衣装なんですよ。


背中ザックリ〜〜〜。

腕も全部出ます。


少しでもモリモリな腕に戻して

衣装が似合うようになりたいのです。


そ、衣装のための筋トレ(笑)(≧▽≦)

頑張ります〜。


いよいよ、明日はノリータの本番。


私の方が緊張するわー。

自分の本番で緊張したことないのに、、、


一徹先生も、毎回生徒さんのライブのときは

こんなに緊張してるんだろうなあ。。。


私の時は、すごかったみたい。

同じソレアをすごいテクニックで踊る人がいて。


二部で踊る私が怖気づいてるんじゃないかと、、

もう、気が気でなくて、、、

休憩のあいだ、胃が痛くなった、みたいな(笑)


意外にも、私が堂々と出てきて、、、

心配をよそに普通〜に踊り始めたから(笑)


はあああ〜〜〜っと、気が抜けたって(笑)


すんませんなあ(≧▽≦)、、、


ノリータはいろいろあって、、、

リハーサルギリギリに東京に到着予定。


だ、大丈夫か(笑)〜〜〜(;・∀・)


神のみぞ知る!


いや、神は応援してくれる。必ず!


フラメンコの神様はね♪



砂の王国。 [2018年04月18日(Wed)]
PICT0290.jpg


ナスカ!地上絵!


南米ペルー、広大なナスカの砂漠に描かれた、

サル、クモ、トリや花や宇宙人、エトセトラ。


誰が、どういう目的で、どのようにして、

このおびただしい数の地上絵を描いたのか。



その謎は未だ解き明かされていません。


nasuka.jpg


つい先日のYahooニュース。

ワクワク〜(≧▽≦)



https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180409-00010001-nknatiogeo-sctch


1000年以上前に

ペルー南部の高原の砂漠に描かれた地上絵は、

私たちの想像力を刺激してやまない。

巨大な地上絵が1000点以上残されていて、

雨乞いの儀式と関係があるのではないかと

言われているが、確かなところはわかっていない。


ドローンを手にしたペルーの考古学者たちが、

ナスカのすぐ隣のパルパで、地上からは見えない

地上絵を新たに50点以上、発見!!!


実は、地面に刻まれた線や図形は、

長い年月の間に浅いくぼみになっていて、

ドローンを使った3Dスキャンでしか確認できない。


高度60メートル以下の低空を飛行するドローンなら、

幅1センチの物体でも見分けられる。


エトセトラ。中略、後略。



わたし、謎が大好き。


小学校の図書館で借りていたのは、

いつもこーゆう類。世界七不思議もの。。。

ツタンカーメンの呪い、とか(笑)


世にも不思議な世界に浸るのがなんともたまらん!

そんな私が昔、はまった一冊の本。




4167455072.jpg


「ナスカ 砂の王国」 楠田枝里子

故国ドイツを離れて半世紀、単身ペルーの熱砂漠で

「ナスカの地上絵」の解明に挑むマリア・ライへ。

未知の遺跡に生涯を賭けた女性数学者の軌跡を追う

渾身のノンフィクション。



実際に楠田枝里子がマリア・ライヘに会いに

ペルー、そして統一前夜の激動する東ドイツへ。


地上絵の謎だけでなく、マリア・ライへの生涯にも

焦点を合わせて、詩的な描写と愛溢れる文体に

私もこんな仕事がやりたいなあ、って憧れた。


こーゆう描写は男性には出来ないな、って思うし。

懐の深い読みを全編通して繰り広げていくのがいい。


ホント、旅をしたくなっちゃうよ。

何かを解き明かしたくて、追い求めていくんだけど

最後にの最後に天から舞い降りてくる答えは、、

すっごく予想外のことだったりする。

そんなロマンがいい。私には!


是非、読んでみてくださいな。



958e3e3877551e271d51825d215395ff.jpg


私がナスカに行ったのは遥か昔。

楠田枝里子さんの著書を読むずーっと前。


二度目のペルーの旅のときです。

ペルーの旅は全てが素晴らしく。

私のなかでは「帰ってきた!」感がとても強く。

違和感がなくって。


マチュピチュは言うまでもなく。

結局二回も訪れたし。


チチカカ湖が大好きだった。

清廉とした静けさと、空の突き抜けるような蒼と、


頭の中で鳴り響くアンデスの音楽が、、

サンポーニャの音やケーナの響きが、、、


もお、たまらんとです!


ボリビアのプーノへ向かう列車から眺めた

満点の星空は忘れられません。

泥棒列車と呼ばれるぐらい危険だから、と

随分脅かされたけど(笑)

思い出すのは、美しい情景ばかり。


そうそう、、、ナスカの地上絵はね、、、


ヘリコプターに乗らなくてはならないのですが

私、よく考えたら、ダメなんです、ヘリコプター。

三半規管が弱く、、イチコロ。

ちゃんと覚えてろよ、って感じだけど。(/ω\)


ナスカの空港で45ドルも払ったのに。

ヘリコプターが上がった瞬間に、、、

思い出した(笑)アホか〜〜〜。


「オエッ。」

ビニール袋を口に当てて!オエオエおえ〜〜。


目をつぶって、、、着陸するまでの30分間。

一切、窓の外は観れませんでした、:;(∩´﹏`∩);:


早く降りたい、おろして、と呪文のように唱えてた。


片言の日本語で「ウッチュージーン、ネーー。」

とか、パイロットが教えてくれるんだけど、、


ヘリから降りた後、、その場でぶっ倒れて(笑)

失笑買いまくりの。わたし。


アホやん!



飲みたいなあ。 [2018年04月16日(Mon)]
thumbnail_IMG_20180411_110040[1].jpg


今年も届いた!

アズッカ・エ・アズッコの出来たてワイン。

http://azu-azu.sakura.ne.jp/

でも、、今は金欠。大人買いは出来ない身分。


そして、本当はアルコール飲んじゃいけない身体。

いきなりグラスに二杯とか飲みほしたりしたら

・・・即入院だと思う。即死亡かも!


ゆえに。購入は4本に抑えました。

って、ホントは買うなよ、って感じ?(*´з`)



thumbnail_IMG_20180411_110119[1].jpg


アズッカ エ アズッコ

風の丘のワイナリー


ギャルソンヌ ビアンカ(白)

バロック・パールたち(白)

フィロソフィア(赤)

ギャルソンヌ ロッソ(赤)



thumbnail_IMG_20180411_105846_1[1].jpg


ワイン一本一本のストーリーを読んでいると、、

わっ。どんな香り?どんな味??



どうしようもなく飲んでみたい欲にかられる。

とても詩的で、、想像力を駆り立てられるのであります。


実家帰った時に、飲んべえの幼馴染と飲むかな。


しかし、スゴイね。

予約で完売らしい。ひえ〜〜〜。


そのうち、もう買えなくなるかな、、、

(/ω\)やだやだ〜〜〜


余談ですが。


昨日の午後にノリータから電話かかってきて。


一徹先生にソレアの最終動画を送ってみたら、

珍しく、電話がかかってきたと。。。


「動画を私に送ってくるのはノリータだけだよ!」

と、少々、ウンザリ気味だったはずなのに( ゚Д゚)


その先生が、電話に出るなり開口一番。(;・∀・)


「あんた、よく頑張ったね〜。」


と、言ってくれたんだって・・・


いつも言いますが。先生はあまり生徒に

そういうことを言ったりはしません。

動画見て電話してくれるなんてすごいことです。


私がアナタにやってほしいと思ったこと、

ちゃんとわかってくれてる。って。

子供の踊りから大人の踊りになった、って。

このソレア、アナタにあってるね、って。



それを報告してくれるノリータも私も、そして

先生も多分(笑)3人がそれぞれ泣いてるという、、


昨日はクララちゃんのライブを観に行きました。

今週のノリータのライブを同じライブハウスです。


すんばらしい、タラントを踊ったクララちゃん。

もう、腕のいいスペイン人にしか見えません。


やっぱ、あれ見ると、、

ノリータもヨキータも、幼稚園のフラメンコだ(笑)


観に来ていた先生が、、自らウチラのテーブルに。


「おい!先生に挨拶にも来んのか、おまえら!」

(;・∀・)、、、で、で、ですね。すみましぇん、、


で、私を見るなり、、、その動画のはなし。


「もうね。踊りが変わったね。ひと皮むけたね。

以前のノリータの踊りと全然違う!

しっとりした大人のソレアなんだよ。

驚いたよ。ホント。


当日、私とヨキータは泣くよ、絶対に!って

ノリータに言っといたよ。」


(/ω\)、、ありがてえなあ、、鬼子母神よ、、


それだけではありません。

ライブハウスのボスさんともお話したのですが


次のライブの話まで出てきたりして、( ゚Д゚)

今週のライブの仕上がり見てからの方が、

と、ビックリして彼に言ったのですが。


ボスさん、とても嬉しいこと言ってくれた。


技術じゃないんだよ。

彼女の踊りからは意気込みが伝わる、

このライブを成功させよう、しっかり踊ろう、

そういう意気込みが僕に伝わるからそれで充分。



ね、、、嬉しい言葉じゃないですか?


「で、お前さんはどおなんだよ。」

と、話題が私になりそうだったから逃げた(笑)


もうライブは出ない、つうてんのに、、、

顔合わせたら、踊りなさい、と言われるので、、


( *´艸`)もう、冥途の土産は両手にいっぱいっす。


さてさて、帰宅してノリータに伝えると、、、


マジか。今日はフラメンコやってて一番幸せな日や!


と、めっちゃ嬉しそうでした、、、


だよね〜〜〜。(≧▽≦)


一徹先生は、、、


「もう、本番でコケてもいーんだよ。」

って、ありがたいご発言。


嬉しいねえ。

恩返しのバイレ、だ!




渾身のソレア! [2018年04月15日(Sun)]
resize_image_2.php-1.jpg


あっという間に!


この日がやってくる!


2018年4月21日!



ノリータ、二度目の、、、

フラメンコライブ!



本当にあっという間だなあ。


頑張りましたよ。アノヒト、、、


去年は私の罵倒三昧?(*´з`)の言葉に傷つき、、

アドバイスに全く耳を傾けてくれないし

本番も、あっちゃ〜〜、ってな感じで。


その後、二度目のチャンスをいただいたけど。

一度砕かれた自信はなかなか戻ってきません。


先生も褒めるタイプではないので。。。

ノリさんの頑張りや持ってる雰囲気、

身体の内から出てくる何か、、、をいつも

褒めては下さるのですが。。。


仕事も大所帯で大変だし、、、

家族の問題もあるし、、、

体幹のトレーナーの仕事も忙しくなり、、


フラメンコ、やってる時間すらなかったはず。

年末は、もうフラメンコ辞めたい、などと。


今の状況はもっともっと過酷です。


不思議なんですけど、、、

ソレアという曲を踊るとき、なんだか

すごく試練を与えられるような気がするんです。


軽い曲ではないので、、、

そんな気がするだけかもだが。。。


私のソレアも大変だったもんなあ。


いろんな試練があるなかで、

あきらめず毎朝、仕事前の早朝自主練を続け、

空いた時間でコツコツ、練習して、、、


音合わせもない状態で本番ぶっつけ!

スゴイ!と思う。


音合わせしないダンサーはプロぐらいです。


私は陰の総監督として!

アドバイスを送り続けましたが。。。

(今は動画送りあえるからいいよね!)


この1,2か月でグッと良くなりました。

、、と、私は思ってます(笑)


緊張するひとなので、本番オタオタしなければ

きっと素敵なソレアになると思います。


それだけのものになったと、自負しています。

技術的なものは言ったらキリがないけど!


アスールの生徒さんのなかで踊るソレアでは

ノリータのソレアが、一番いいのでは、と。

今、わたしは思ってる。




重大発言(笑)(笑)(笑)(*´▽`*)


当日、観に来られる方は、、、

是非、ハレオをかけて応援してあげてね。


渾身の衣装(笑)(≧▽≦)と、ともに!

たくさんの想いをこめて踊ると思います。


お〜レイ!


あ、立ち見ならまだありますよ♪


渾身のソレア、観たい方は是非。

うふふ。



豆ごはん [2018年04月14日(Sat)]
thumbnail_IMG_20180402_120825_1[1].jpg


豆ごはん炊いた。

子供の頃は豆ごはん、嫌いだったんだよね。


好き嫌いが全くない私なのに、、

豆ごはんが食卓に出ると。

(/ω\)、、てん、てん、てん。

テンションはちょい低め、でした。


最近は、、なんとなく好きなんすよ。

時々作ります。春だし!

ほどよい塩味もよい。

ばくばく、食べちゃいました。


カレイの煮つけと、クレソンのナムル。

ついでにスナップエンドウのナムル。

ついでに白菜とお豆腐とえのきだけのお味噌汁。


先日、めっちゃ面白かった韓流ドラマのこと

がーーーっと書きましたが。

http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/daily/201803/24


最終回、観るのが寂しくてとっておいたんだけど(笑)


・・・勇気だして!観ましたよ〜。


な、な、涙が、、、

涙が〜〜〜


ドバッ、ドバッどば〜〜〜っと噴き出して。

なに、この切ない終わり方は〜〜〜っ!


もうたまりません。( *´艸`)


演出、演技、脚本、うますぎます。


この私をこんなに泣かすなんて、(/ω\)


最近もいろんな別れを経験してきたし。

よけい沁みたのかなあ・・・


人生、避けて通れないのが大切な人との別れ。

深い繋がりを大事にすればするほど、

別れの辛さは、倍返し。


やるせなき事と、胸にしまい、

今日の向こうをむくことが「生きる」ということ。


厳しいよね。ほんと耐えられない。


でも、それが人生であることに間違いはない。


最終回のこの最後のシーンは、、、


そういう私のこれまで積み重ねてきた涙を

一瞬にして体中から放出してしまいました。


ドラマっちゃドラマなんだけど。


自分のこれまでの一瞬一瞬がすべて

フラッシュバックするような時間だった。。。


今夜はお煮しめを作ります。

最近、腸の調子が良くなくてね〜。


肉ばっか食べてちゃだめだなと(笑)

ノリータの煮しめがすごく美味しいので

レシピ教えてもらいました。

あ、わりと普通のレシピです(笑)


私、男の料理だから、あまりに適当で、、、

味が毎回違うんですよ〜〜。トホホ。



つつじ。 [2018年04月13日(Fri)]
thumbnail_IMG_20180410_111037[1].jpg


根津のお気に入りの蕎麦屋さん。


和風あんかけ蕎麦 「巣ごもり」にトライ。

一番食べたいのは鴨南蛮。


朝から大学病院で大忙しでした。


まずは採血を済ませて。

CT検査を受けに移動です。


造影剤の注射をしたのだけど、、、

新米のねえちゃん、史上最高にヘタッピイで。


うおお、っと叫んだぐらい。

自分の腕で練習しまくってくださいな。。。

(/ω\)泣くよ〜〜〜


造影剤、、あの生温かく身体を駆け巡る感じ。。

やっぱ慣れませんね、、、


この結果も午後の診察にはわかるので、、、

それまで3時間のフリータイムです。


で、歩いて10分の蕎麦屋に行ったわけっす♪

朝から絶食してのCTだったから、とりあえずは

持参した林檎をロビーで食べて(笑)

水素水がぶ飲みして、造影剤を身体から出すっ!!!


で、安心して、「巣ごもり蕎麦」を食べました。

美味しかった!



thumbnail_IMG_20180410_114209[1].jpg



では、根津神社に参拝しますかっ!と

勇んで出かけたのですが。


なんとなんと!



thumbnail_IMG_20180410_114543[1].jpg



一年に一度、にぎやかしく開催される

ツツジ祭り!


真っ盛りでした〜(^^♪



thumbnail_IMG_20180410_122440[1].jpg



やった〜〜っ♪



得した気分だな。(^^♪



thumbnail_IMG_20180410_120600[1].jpg


thumbnail_IMG_20180410_120211[1].jpg



なんだか、えげつないほど咲いてる(笑)



thumbnail_IMG_20180410_120203[1].jpg



いいお散歩になりました。


お天気もよくて。



thumbnail_IMG_20180410_120148[1].jpg


thumbnail_IMG_20180410_115723[1].jpg



thumbnail_IMG_20180410_115134[1].jpg



薄いピンクの桜のあとは・・・


この目の覚めるようなヴィヴィッドピンク。

元気が出るような、艶やかな色彩もいいね。



thumbnail_IMG_20180410_114840[1].jpg


thumbnail_IMG_20180410_114953[1].jpg


thumbnail_IMG_20180410_120816[1].jpg



稲荷神社の赤い鳥居とのコントラストが素敵です。

私のタブレットじゃ、そんなきれいに写らないけど、、



thumbnail_IMG_20180410_121131[1].jpg



まさか、カメラが必要だなんて思ってなくて。

だって、CT検査だもん(笑)


しくじった〜〜〜って!後悔(/ω\)



thumbnail_IMG_20180410_122554[1].jpg



乙女稲荷神社。



thumbnail_IMG_20180410_122935[2].jpg


thumbnail_IMG_20180410_122652[1].jpg



散歩って楽しいね(^^)/



FB_IMG_1523344300714[1].jpg



しっかりお参りしてきました。


家族が、友達が、みんなが、

これからも元気でいられますように。



thumbnail_IMG_20180410_122054[1].jpg



ついでにオミクジもひいてしまった。

まずまず、でんな!


あ、やば、もう診察の時間だぞ〜(;・∀・)

病院に帰らねば。



thumbnail_IMG_20180410_123024[1].jpg


鳥居を出ると、、、


5年前、私が住んできた(笑)病棟が。

ホント、ここには住んでいました。


今、新しく本館が出来たので

以前住んでた(笑)病棟はますますボロ屋敷に見えます。


それがね、いつもは淡々としてるイケメン主治医が、、

部屋に入るなり、ヨキータさん、どうもすみませんって。


へ?って、顔してたら、、、


病院に役所から書類が送り返されて来て驚いたらしく、

役所に電話してかけあってくれたんだって。


へえ、そんなことしてくれるんだ、この兄ちゃん。

・・・って私がビックリだよ〜〜〜( ゚Д゚)


役所の頭の固さを一緒に文句言いあって

なんか、スッキリ(笑)


で、、主治医が役所と話をした結果。

次は認定してくれると言ったらしい、、(*´з`)


ん・・・また書類、最初から???

、、ゲっ。


なんのこっちゃ(笑)


で。午前中に撮った、CT検査の画像を一緒に見ました。

明らかな再発と転移は認められないと。


が、、、肝臓さん、順調に?固くなってます。。。

肝門部の圧迫、脾臓も徐々に肥大化しております。


2005年に広大で胆管の難病だと診断された際、、

あと5年〜10年で肝不全になると言われたから、

かなりゆっくり進行してるようです、、、


が、合併症の癌になっちゃったからな。


これで炎症を繰り返したら、、、

肝臓も一気に固くなるって(*´з`)

主治医が言ってたな〜〜〜。( *´艸`)


最近胆管炎出ないからえーけど。

てか、胆管炎にならない謎?

不思議過ぎ。。


でも、いいですっ!

願い事はかなり、たくさん届いたし。


身体をいたわりながら、心の中がいつも

澄みきっていられるように努力して

あとは自然の流れに身を置きます。


ホント、そう思ってます(^^)/


採血の結果は、、、肝臓の数値は高めですが

なぜか白血球、高め安定。ふうん。

あ。基準値よりはずっと低いよ〜(笑)


一年前は脾臓の手術をするぞ、するぞ、と

脅かされていたから、、、上々の数値です。


さあ、帰ろうかなあ、と思ったけど。


今度は、、、バスで三駅の上野に行くことに。

花見はもう終わってるけど(笑)



thumbnail_IMG_20180410_151417[1].jpg


パワースポット!

不忍池のなかにあるそうで。



thumbnail_IMG_20180410_152013[1].jpg


ここです。ここ。

人とのご縁を紡いでくれるパワーがスゴイらしい。


歩いて歩いて歩いて。

お参りして。

家族のための御守りを買って。


なんなのでしょう。その翌日、、、


朝から久々のダルさ、しんどさ、、、

微熱もあったので、、、:;(∩´﹏`∩);:

おとなしく寝てました。


大したことはなかったのだけど、、、

肝臓を保護せねば!と、、、"(-""-)"


フラメンコは、、やむなく見学で我慢しました!


最近、フラメンコにあまり集中できません、、、



ヨキコの怒り新党!(笑) [2018年04月10日(Tue)]
thumbnail_IMG_20180313_223131_1.jpg


バルセロナ紀行、、なかなか進まない(笑)

すみませんねえ。(;・∀・)


パソコン立ち上げたら、、、


デスクトップに突然出てきたシロクマくん。

心をギュッと。わしづかみされた。。


い、癒されたぞ。シロクマくんに。


先日のブログの続きなんですけど。

http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/daily/201801/13


特定医療疾患の助成金が認定されなかった件。


そう、私は融通の利かない役所仕事に怒り心頭。

皆様もご存じのとおり、私はヒジョーに怒っていた。


病院側の書類の不備に加えて、、、

今年に限って、あくまでも却下しようとする、

意固地なお役所の担当さん。


私は、、、再び、お金を払って!

5000円出して!病院側に再度証書を申請し、


主治医も、あ、ほんとですね、、、

すぐ書き直してもらいます、とのことで。


今度は大丈夫♪と思っていたら。


なんと!!!書類は大丈夫だったはずなのに、

見事、受給は完全却下されまひた!


がーーーーっと身体が熱くなって、

壁をキックしてぶち壊したろうかと思ったほどです。


信じられません。

これまでなんなく受給申請はとおってきたのに!


私が考える問題点として:



主治医が書くことができないので、、

大学病院内の難病指定医なるものが代わりに書く。

10日でできるはずが、なぜか3か月もかかる。


私が昨年末、毎週のように発熱し、

吐き気で苦しんだことを主治医は知っているし

カルテにも書き込まれているはず。

だから主治医は受給に対して自信も持っている。


が。難病指定医は、私とまったく面識がない。

半年以内に行われたある日の採血の結果一枚と。

画像検査の結果をもとに、

たっくさんある項目にチェックを入れていく。


画像検査では私の肝臓、胆管は明らかに

変型、変異が認められるのでここは問題なし。


胆管炎も起こしている、とちゃんと書類に記載された。


ではなぜ、引っかかったか。


採血した日のデータに

発熱、という二文字がなかったからだそうです。


"(-""-)"信じられません。

二か月に一度の血液検査で、

運よく?運悪く(笑)?発熱してますか?ってこと。

(もともと採血では体温も測らんし。)


外来の日が比較的元気だったら、、

もうこれでアウト、ってことです。


発熱の欄が、空白のままだったんです。

胆管炎のところにチェックがあるにもかかわらず!

これ、ホント、納得できましぇん!


国が認めた難病の特定疾患ですよ。

同じ難病の人、数百人しかいないんです。


お役所は、、お金がかかって仕方ない私たちに

そんな驚く理由でもって、却下するのかあ!


私が入院でもして、お金がめっちゃかかったら、

訴えてやる。。。"(-""-)"ニャロメ。


そうだ、そういえば、、

二度目の申請の返答があり得なかった、、、


これ以上の申し立てをするなら、

その時は知事を被告に裁判をどうぞ、



みたいなことが書いてありました。


ひどすぎます。



私より症状がずっと軽い同じ難病の人がみな、

今年も受給OKになっているのに。


繰り返すけど、ひどすぎます。。。


地団駄踏んで、くっそーーーっ!って

こぶし振り上げてたら、、、


ノリータが一言、、、


「理不尽はどこにでもある、って

ブログに書いとったやん、おたく。」



あちょ〜〜〜。そうでした、、(ー_ー)!!


それ言われたらもう、なんも言えませんわ(笑)


いつも、心は、、「シロクマ」でいなくては!

澄んだ心でいなくては。


ありがたいことに、今、こうして文句たれるほど

普通に過ごせているわけだから。


感謝、感謝、


役所には絶対感謝せんけどな!


ということで、、、


今日は再び画像検査や採血など、てんこ盛りday。


今はね。私は元気でいなくてはなりません。


家族を守るために!

大切な人を守るために!


もーすこし。頑張るぞ。



待ってました☆ [2018年04月09日(Mon)]
IMG_5461[1].jpg


毎年、この季節になると、、、


熊本から届く、デコポン!

箱で送ってくれるお友達に感謝!


スーパーに並ぶデコポンは値が張るし。

少しずつ、値段は下がっていくけど。


届いた日からはもう食べ放題なんだもん!

最高に嬉しい贈りものです。


いつもリンゴやミカン、桃!デコポン、

年によっては、ブドウや梨!


全国の産地に友人たちがいるって

すごいセレブな気分だよ(笑)


果物って高いもん。


デコポン、届いてすぐに、

山口の母にちょっとおすそ分けさせてもらって。

甘くて美味しいよ〜、って喜んでくれた!


日本の宅配、ブラボ^^^


でも。私は皆になんもお返ししてないんだよね。

貰いっぱなし、なのだった。


東京って、、、何の産地なの???

(;・∀・)わかんにゃい。。。



ザ・シズコ! [2018年04月07日(Sat)]
aabb.jpg


懐かしのふるさと。


イタリア、トスカーナのブリケッラ農園。


大成功のミラノ公演から翌日、バスで到着!

歌之助さん、初イタリア落語公演ツアーです。


20人を超えるツアー参加者の中で

堂々の最年長者だったシズコちゃん。


jyunp.jpg



この畑は、ものすごい傾斜がきついんですよ。

シズコちゃん、ここまで自分で登ってきたんだなあ、と、、

今更ですが、写真を見て驚いてます。


農園のチーフのステファノとみーんなで

ジャンプしたのだけど。大喜びだったね。


あれは、2008年だったから、、、

ちょうど10年前だね!おおお。


皆と会ったのは、1995年、チベットの旅。

歌さん、シズコちゃん、そして

身延山のGAKUさま。その他たくさんの人。


ホントにあれは奇跡のような旅でした。

チベットでシズコちゃんと撮った写真、、

残念ですが、今、手元にありません。


今日のブログは、、、


ザ・シズコ!オンパレード!でいくね。


イタリアの旅からスタート!


ayu2.jpg


早朝からスタート!葡萄の収穫。


aritoshizu.jpg


トルコ人のアリと。


張り切りまくっていたなあ。

さすがの大正生まれ。


こんな農作業はサクサクこなしちゃう。


shi.jpg


しずかちゃんと、シズコちゃんの静静コンビ。

二人ともいい笑顔だなあ!


shizukochann.jpg


aaaa7.jpg



10時のおやつタイム。

今でいう、モグモグタイムか(笑)?


ステファノに頼んでおいた焼きたてのパニーニ。

プロシュート(生ハム)とヴァージンオイルが最高。


stefano.jpg


チーフのステファノと、ツーショット。



anorida.jpg


anoridaa.jpg


たくさん汗をかいて、土をいじって

大笑いしたねえ。


CNV007 (7).jpg



イケメンに挟まれて超ゴキゲン♪


また、来年もここに連れてきて〜。

うち、大好きやねん、畑で働くの!

めちゃくちゃ楽しかったで〜!



その日から、何度も何度もお願いされました。

・・・約束守れなくてごめん:;(∩´﹏`∩);:



musubi2.jpg


フィレンツェへ移動したとき。


高齢者には、ごはんを一日一回は食べてもらおう、と。

秋葉原で炊飯器を買ってイタリアへ行きました。


早朝からホテルの部屋でご飯を炊いて

おにぎりを準備してくれた女子たち、ありがとう。


フィレンツェでは若い人たちとは別行動にして。

後期高齢者チームは私が同伴いたしました!


それがまた、とっても良い時間となり。

あれは一生忘れないなあ。


P1050806.jpg


私が靴を買ったら、、、

ジイイ、っとそれを見ていたらしく。


「私も同じの買いたいわ、」とシズコちゃん。

色違いでお揃いの靴を買いました。


ヨキータのこと、大好きだったんだねえ!

あの靴、履いてくれたのかな、、、(*´з`)


「うち、夢があるねん。あんな、、

フィレンツェには何度も来た事あんねん。

でもな、いつも観光で忙しくてな、

ジェラート、食べたことないワ。

皆やっとるやろ?歩きながら、ジェラート。

うちも、やってみたいワアアア。」


乙女か。(笑)

・・・か、かわいすぎる。(;^ω^)


ageralto.jpg


乙女の夢を叶えてしもうたわ(笑)


P1050777.jpg


南極をはじめ、世界中を旅したシズコちゃん。

独立して新たにできた国をのぞけば、

ほぼ全ての国を網羅した、と言ってました。


何十回、何百回?の海外旅行のなかで、

このイタリアの旅が一番、おもろかったで!



と、お褒めの言葉をいただいたのが、何よりの自慢。

私のなかで、形なき勲章となりました。


zhiko.jpg


サヨナラパーティも、いろんな事して遊んだ。


イタリア人のツーリストの前で(笑)

フラメンコやって、フラを踊って、クイズやって

オカマショーやって、、、

おばあちゃんにお得意のカッポレ、やってもらって。


何だか知らないけど(笑)

私、なんで、あんなにハッスルしまくったんだ(笑)



shizu (2).jpg


カツラかぶりたいわあ〜、って。

またまたかわゆいこと言うシズコちゃん。


shizuchan.jpg


アフロのしずこたん。可愛いでしょう。


イタリアの旅の最後の日に部屋に呼ばれました。

見事なレースのテーブルクロスを編んでくれてて。

ヨキータさんのために編んだんよ、と。


重たいのに!イタリアまで持ってきてくれたんだ。

売り物のように素晴らしいテーブルクロス。


かけがえのない、宝石のような時間。


帰国後、大阪で早速行われたのが

歌之助さんのイタリア凱旋公演!


大阪ツアーを企画して、全国から皆が集まった。

オマケ、、(私は大阪で緊急入院)(笑)


そして、次に遊んだのは、、、

愛知の豊田です。

Azucca e Azucco!の畑訪問。


IMG_2046.jpg


azuccoこと、大ちゃんがさりげなく白い花を

しずこちゃんに差し出した。

ほーんと、嬉しそうだったなあ。


そして、、、その前夜。


ちょっとしたサプライズパーティ。

友人のしんちゃんのトラットリアで。


たしかM川さんの御誕生日だったかな。

ついでにシズコちゃんの健康も祝って!


IMG_2027.jpg


みーんなでお祝いできた。


サプライズでさらに! 


イタリアからトルコ人まで飛んできて、、( ゚Д゚)

私までめっちゃ驚いたなあ(笑)


IMG_2026.jpg


IMG_2030.jpg


IMG_2034.jpg


ほっんとーーーーに、


楽しい時間を一緒に過ごしたねえ。


20170314_195938.jpg



最期に会えたのは2017年3月。

電車乗り継いで山の上の施設に行った。


歌之助台湾ツアーのあと大阪で開催された

大阪、繁盛亭での「芸歴20周年記念公演」。


シズコちゃんはもう足が弱くなってしまい、

公演にはこれませんでした。


だから、私の方から会いに行ったのです。

http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/daily/201703/22


お部屋の中でミカンを向いてくれて。

手作りの可愛いアクセサリーをくれて。

思い出をたくさん語りあい。


ランチもごちそうになりました。

たくさんの人に私を紹介してくれて

一緒に山にも行ったんや、って。

(たぶん、あの葡萄畑の山だよね??)


お別れの時。私を大阪行きのバスに乗せて、、

姿が見えなくなるまで手を振ってくれました。


イタリアの旅から10年間、毎年、

誕生日に電話して、そしてお花を贈りました。


今年はもう、、お祝いが出来ないのだな。


この春も、、会いたかったです。


寂しくてたまりません。


チベットで繋がったご縁。

私は絶対に忘れないよ〜。


大好きだよ、しずこちゃん。


ありがとうございました。


***追加文!


今日は朝からメールがたくさん届きました!

ブログ読んで驚かれたようで、、( ゚Д゚)


みんな、シズコちゃんに会ったことないのに、、、


とてもショックです、と言ってくれる。

喪失感に襲われた、という人も、、、


ありがたいことです。。。


シズコちゃん、幸せなことだね!


(#^.^#)。



100年。 [2018年04月06日(Fri)]
P3302651[1].jpg


100年は一世紀。


一世紀分、生きることってスゴイこと。

日野原先生は100歳のハードルを軽く超えられた。

あの方は、まあ特別。


「100歳までは頑張るよ〜。

ヨキータさんに会いたいねーん。」


鼓膜を突き破りそうな、電話の向こうの

静子ちゃんの大きな声。今もこだまする。


そうだよ。頑張るっていったじゃん。


4月の終わり、大阪に行くことになった。

それならば、またシズコちゃんのいる施設に行って

一年ぶりに会いにいけば、きっと大喜びしてくれる。


さっそく、施設に電話してみた。

昨年末、施設のなかのクリニックに入院していたし、

会えるのかどうか、念のため電話を入れることに。


そうしたらね。

「ご親戚の方ですか?」と言われて。

まあ、電話するといつもそれは聞かれる。


そうではないけど、長年可愛がってもらってて

そちらに行ったこともあるし、電話はいつも、

と、、答えたのだけど、、


今、入院されてません、と言われたので。


あ、じゃあ、お部屋にいらっしゃるんですね、と。

そう安心して聞いたのだけど。


「いえ、いらっしゃいません。」


・・・・・・・・(=_=)

・・・・・・・m(_ _)m


なに、なに???どういうこと???


いやあな、予感がしました。


でも、、職員さんははっきり言わないの。

それが何を意味するのか、言ってくれません。


「それでは、、私が静子さんと連絡を取ることは

もうこれから出来ない、ということですか?」


「そういうことです。。。」


それで、、全てがわかりました。

わかってしまいました。:;(∩´﹏`∩);:


そうか。そうなんだね。。

もうここに電話しても、自宅に電話しても


シズコちゃんは出てくれることはないんだね。

お話が出来ない、遠いところにいってしまったんだ。


なんだか、、変な気がするんですよ。

いつ亡くなったのかもわからずに

本当に逝ってしまったのかもわからずに

こうやって、繋がりがフェイドアウトしていくこと。


そりゃ、個人情報が悪用されることはいけないけど。

身内でなければ、、何も教えてくれないなんて。


そう、一年前の友人の時もそうだった。

お見舞いのつもりが、、既に逝ってしまった後で。


本来は親戚にしか、教えてくれないらしいけど。

「うっかり看護師」が、ホントにうっかり、

昨日亡くなってます、と言っちゃったから。


私たちは彼女とギリギリお別れが出来た。

彼女の最期の姿をみて、お別れを言えた。


なんだか、寂しいことじゃない?



「耳がね〜! もうすっかり遠くてね。

お話、難しいのよ〜〜〜。


ヨキータさんとな。山登ったやろ?

あれ、すっごい楽しかったわあ!


会いたいなあ。

会いたいなあ。


関西は来ることないんかなあ。

会いたいわあ。


今、うちな、98歳やろ。

あと2年で100歳やねん!

頑張るよ〜〜〜!」



昨年のお誕生日に電話した時。


入院のベッドから耳をつんざく大声で

叫ぶように。ウキウキした声で


私に会いたい、と言ってくれたシズコちゃん。


もう、会えないなんて。


まだ、あと2年、残ってたのに。

100歳まで、あと2年、あったんだよ。


シズコちゃん。


最期にそばにいなくて、ごめんなさい。


m(_ _)m


| 次へ