CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
いのちのおはなし。 [2017年07月20日(Thu)]
bee.jpg


皆さまもご存じだと思いますが。


ずっと生きてると思われた日野原重明先生が。

18日午前、呼吸不全で105歳で亡くなられました。


105歳!!!


生涯現役!!


アッパレ!!!



なんとなんと、スゴイ人生を生き抜かれたことよ。


誰にも真似できないことです。


ご存知の方も多いと思いますが、、、


うちの姪っ子とその旦那様は、この数年、

日野原先生と懇意にさせて頂き、

お仕事を一緒にすることが多かったので、、、


二人の哀しみは深く、泣きはらしたようです。


べー・チェチョルさんとの奇跡のコラボ。

あのコンサートに行けてよかったなあ。


日野原先生が語り、唄い、踊った?あの舞台。

ずっと目に焼き付いたままです。


私も相当自由だけど。

彼の、原始のままの子供のままの

天衣無縫ぶりには足元にも及ばず。


そして、それは相当な人生を歩いてきた人間が

最後に見せてくださった、

「ヒトとは、こうあるべき」姿だったのだと


今はそう思います。


その日野原先生が、、、

人生の終焉までベーさんにその愛とエネルギーを捧げる、

そう、おっしゃっていたのですから。


ベーさん、なんというご縁なのでしょうね。

告別式でも歌うことになるのかなあ。


歌ってほしいなあ。

日野原先生の自作の歌。

「愛のうた」


しかし、ホントになんて人生。


サリン事件やよど号!ハイジャック事件。

大きな事件に遭遇するとは。


よど号事件は、自身の人生の転機となったそうで。


犯人側が指示した北朝鮮に向かっていた飛行機。

金浦空港で降ろされ、解放された瞬間に決意した。

これからの人生はいわば与えられた人生。

だから人のため、社会のために

身を捧げようと決めたのです。



とても納得です。


生と死のはざまに一瞬でも身を置いた人間は

きっと、そこに行きつくのだなあ、と。


与えられた人生をどう使うか、って。


残りの時間の使いかた。


それがただただ絶望で終わるのか。

ひとために社会のためにあろうとするのか。


先生は、当然ながら後者だったのですね。

私もそうありたいけれど。

最近はいっぱいいっぱいです。自分に。


地下鉄サリン事件が発生したときは、

突然の事態にも関わらず、抜群の判断力で

640人もの被害者の受け入れを無制限に実施し、

犠牲者を一人に食い止めたんですものね。


いちばん、スゴイことをされたなあ、と思ったのは


小学生たちに命の大切さを教える『いのちの授業』

全国の小学校に出向いて実施されたのですね。


必ず子どもたちにする質問。


「命はどこにあるのか」


「ほとんどの子どもたちは、自分の左胸を指し、

命は心臓にあると答えます。けれどそれは違う。

心臓は器であって、命そのものではありません。


命は見えるものでもなく、目に見えないものだと。

子どもたちはそう、理解していく。


大切なものは目に見えない。

目には見えない大切な命と時間。」


「命は時間です。」


日野原先生はそう、子供たちに説くのです。


命は時間。限られている時間。。


「自分が使える命(時間)をどう使うのか。考えてほしい。

誰かを助けることに命を、時間を使ってください。

そうすることで、君たちの命に意味ができるのです。」



これ、シンプルだけど、素晴らしい表現だと思います。

子供たちにわかる言葉。


それが、生きる、真実なのだじゃないかと。

私は思いました。


日野原先生は授業の中で

野口雨情が作詞したシャボン玉の歌に託された

歌詞の意味を教えるのだそうです。


あの歌に登場するシャボン玉は、泡ではなく、、

幼くして亡くした女の子の命を表現していると。


それを聞くと、子どもたちの表情は変わるそうです。


命の尊さ、哀しさ。愛おしさ。

それを子らに伝えることの大切さをしみじみ感じます。


なぜ、人をいじめたり。人を殺してはいけないのか。


それは「他人の時間を奪うこと」になるから。

明快な答えだと思う。


「人を許せる人になってください。」

そういう言葉も子供に向けられたそうで。


「君たちなら僕らが成し遂げられなかった

平和を築くことができると、そう信じてますよ。

どうか君たち、よろしく頼みます。」


そういうことの言える人がどんどん

日本からいなくなっちゃいますね。


私がスゴイな、っと思ったのはね。


日頃、私が難しいと思ってることがあり。


「人のために使う時間と自分のために使う時間」

そのバランス。


昨日、ネットニュースで、あ、と思って。

その答えが書かれ当ていたような気がして。


すごい、日野原重明!って。





成長後の人生は

何のために生きるべきなのだろうか。


日野原先生の答えは「社会のため」。

難民や病気の人々などを支援していくことも

大切なことであるが、それだけではなく、

普段の生活をどうやって充実させるかも

大切な命の使い方であり、

それが他者へとの関わりにつながり、

社会のためになるのだという。

成長期は自分のために。それ以降は他者のために。

そういった時間の使い方をしてほしい。



その絶妙なバランスを暮らしながら保つことは

難しいのだろうけど。でもすごくうなづける。


あと、とても気になったのがこの記事。





昨日の(日野原先生)の講演のタイトルは、


「死んでいく人が家族のグリーフケアに

どう参与できるか」
でした。


「本来のグリーフケアは、家族を亡くし、

グリーフ(悲嘆)に暮れる人をどうケアするか、

が、テーマなのですが、その亡くなる家族自身が

残される家族のグリーフケアに関わるか」



色々なお話があった中で

先生はこう結論づけられました。


「どのような死に方をするかで、

残された家族のグリーフは変わってくる。

死ぬ際、残る人を悲しませないよう死んでいく、

グリーフケアをしながら死んでいく。

そのためには、自分が持っている”時間”を

できるだけ人のために使いましょう」


残された人が後悔にさいなまれたり、

罪悪感を持ち続けたりしないよう、

死にゆく時に周囲の人に和らぎを与えることが

できたらいいし、そういう死に方をすることも可能だ、


といったことをお話されたそうです。


スゴイ、先生。

やっぱ、すごい。と、、感動しました。


それは全人類に関係する事だと思うのです。


人は人を見送り、人に見送られる、という

普遍のテーマを持ってこの世に生まれてきたのだし。


そして。


ユーモアのセンスにあふれ、ちゃめっ気のある

日野原先生の独自なキャラクター。


困難な時にこそ、笑いは必要、不可欠なのだと、

思い知らされます。


やっぱね。人間は「笑う」ことで救われるんだ。


みんな!もー、こーなったらさ!!!


腹の底から笑っちゃおーーーぜ♪






45年3月、出張で搭乗したよど号で事件に遭遇。

乗客がハイジャックを理解せず、

メンバーも説明に窮する中、声をあげて

「人質を取る乗っ取り」と説明。


「ハイジャックする人が説明できないのはおかしい」

とマイクで語り、緊張する機内をなごませた。


若林容疑者は取材に対し、、、


日野原氏が解放直後の記者会見で

メンバーの凶悪さを問う質問に

「彼らは学生だった」などと応じたとし、


「当時は、われわれの『大義』の理解者だと感じていた」

と語った。加えて、若林容疑者は


「人を犠牲にする大義に大義はない。

我々の間違い、思い上がりに気付かされた」と話した。



ドS、そしてドM。 [2017年07月19日(Wed)]
thumbnail_DSC_4957.jpg



長野の薔薇の庭のオトモダチがね。


忙しい私に、、薔薇の写真のバースデーカードを

今年も送ってくださいました。


書いて下さる文面も、、彼女らしくてね。


本当に泣けるのです。

私のことを、本当に理解してくださってる方。


なかなか会えませんが。

いつも心の中にいます。


ブログを読んでくださってありがとう。

気にかけて下さってありがとう。


さてさて。


フラメンコ。次の課題曲。


シギリージャ。



筋肉痛です。3週間ぶりのレッスン、、、


先生の言ってることがもう、ね。

ワケワカランのですう〜(笑)


ちんぷんかんぷん。宇宙人?


先生の引き出しって、、、どうなってるの。

開けても開けても、まだ引き出しが出てくる。


どんな脳味噌?左脳と右脳、両開き。


みんな、、、レッスン中だけど、

ため息、デカいわ(私です。)

目が寄るわ、、、


口はぱっかーんと空いてるわで、、、


やばい、やばい、理解不能。


シギリージャのリズムに慣れるまでは

カスタ使って身体に叩き込ませる、、、

振り付けはそれから!!!と、、


でもさ。その、カスタが、、


すんごい難しいんですけど〜!



難曲と言われる「ラ・ビダ・ブレーベ」さえ。


、、、もっとわかりやすく。

今考えると、簡単だったと思えるぞ。


なにこれ〜〜〜〜っ。


バカじゃ、できんじゃん。


終わった後も、、、げそっ。

(>_<)(>_<)(>_<)〜〜〜〜!


無理無理無理無理、、、と

アタマがぐるぐるの私らに、、、


にやにやと嬉しそうな一徹先生。


「どうじゃ!難しいじゃろが!」と近づいてくる。



脳トレじゃ!能トレ!

ドMのキミら、楽しかろーが!



あのね。あのね。


貴女が「ドS」なだけですってば。


これ、凡人にはできませんてば〜〜〜。

てか、貴女の脳みそのなか、マジどうなってるの?


何十曲も完璧にパソを記憶し、カスタを記憶し。

なんで、忘れないの???


天才? 将棋士?


ああ。シギリージャ、、、


踊れるようになるのでしょうか、、、



暑いっすわ〜! [2017年07月17日(Mon)]
20170717_172427.jpg



三連休…。


ひたすら断捨離…。


遊びたいよう…(/。\)


腰も痛いし〜。頭も疲れるし〜〜。


もおやだやだやだ〜〜〜〜。


連休初日朝、お世話になってるデンタルクリニックで。


バースデーメンテナンスしてきました!


50分かけてしっかりクリーニング。

最後はペパーミントクリームで

歯茎のマッサージまでしてくれます。


血小板が低いせいか…

免疫力落ちるとすぐに歯茎にくるみたい。


なんとか今回は大丈夫そう。


虫歯はここ数年ずっとありません。

これを維持すると、一生自分の歯でいけるよ、

と、なかなか素敵な先生がボソッと。


歯ぐらい元気でないとね。頑張ろー♪


アンデルセンでボルシチとパンビュッフェ。


パン、旨すぎ〜(≧∇≦)!


7個食べたよ。オリーブオイルかけたり。

自分で焼いたりもできる。


ボルシチ…。これぐらいなら作れそーです。


久々、一人で外食。


さ、断捨離に戻るぞ…(/。\)…ぐす。


また痩せてしまったヨキータです〜。




はるか遠きムスタン! [2017年07月15日(Sat)]
thumbnail_DSC_4955.jpg



自宅でダンシャリ中。


これがまた。いろいろ出てくる、出てくる、、


例えば、ネガファイル。


これはその表紙にしていたもの。


チベットでの一枚。


懐かしい。と、想いを馳せながらやってるから

ダンシャリ進まないよね〜〜(笑)


そんなおり、、、テレビで懐かしいヒト発見。


「世界ふしぎ発見!」



thumbnail_DSC_4914.jpg

thumbnail_DSC_4917.jpg


謎のムスタン王国と奇跡をおこした日本人。


近藤亨さんだ。。。


どうしてるかなと、最近気になってた。


辺境の地ムスタンに人生を捧げ、

貧しい人々の暮らしを変え、そして支えた日本人。


これまでブログにもたくさん書いてきましたが。

私もここでボランティアしたことあるんです。

もうずっと昔のことですけど。


近藤さんがムスタンの地に米を作るぞ〜、と

勇ましく、新潟を日本を捨て。ムスタンへ。


それからまもなく、私もかの地へと。


友人に、ボランティア行こう!と声をかけられて。

近藤さんを良く知る人でした。


リンゴ摘みのボランティアでした。


わ〜、楽しそうじゃん!と思うことなかれ。

これが、、マジ、壮絶でした。


ヒマラヤ山脈の高低差6000メートルの谷間!

片道5キロぐらい歩いたかな。。。

それも、けっこうな山の道、谷底、吊り橋、、、


風の王国です。

突風が一日を通して吹き荒れます。

暴風よけにゴーグルして。

吹き荒れる砂が鼻に口に。。。


往復だけで、もうヤバいッス〜って感じ。

辛い辛い。もーー、死ぬかと思たった(笑)

酸素が薄いので息が切れるし、、、


その模様はこれ読んで




http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/daily/201509/01

http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/archive/276

http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/archive/168



thumbnail_DSC_4924.jpg


リンゴの林は、たわわでしたが。


これをジャムに加工したり。

いろいろ工夫されてました。



thumbnail_DSC_4911.jpg


今はネパールですが。


中国との国境近くに14世紀から700年!

それがムスタン王国。



thumbnail_DSC_4910[1].jpg


日本のテレビ初公開!


壁に描かれてた美しい曼荼羅は・・・

なんと!世界最古のものなんだそうです。


知らなかったな〜〜〜。

知ってたら、観たかったよ。



thumbnail_DSC_4913.jpg


標高3000メートルの高地では、、

ソバ、麦、アワなどしか作れず。



thumbnail_DSC_4933.jpg

thumbnail_DSC_4935.jpg


リンゴの仕事を一緒にやっていた女の子に

うちに来る?と、誘われて・・・


行く行く、と言ったはいいが。

またまた際しい道を何キロも、、、


ううう。お気楽ランチモードじゃないのよね、、


ゼエゼエ、言いながら到着した家、、、

おじいちゃんたちが歓迎してくれたけれど。


そば粉を水で練ったものが主食で。

もちろん、うちらもそれを頂きましたが。


味は全くなし。食感、、なんか、、辛い。


でも家族でもてなしてくれた!

ウソでも美味しいと言えないけど、、、


あのランチは忘れないよ。



thumbnail_DSC_4928.jpg


そんな荒れ果てた地にて、、

近藤さんは、お米作りに挑戦し。野菜を栽培し、

果物を作り。人々の暮らしを変えました。



thumbnail_DSC_4936.jpg


畑や水田に入れる水は

雪解け水では冷たすぎるそうです。


彼はため池を作り、ニジマスの養殖を始めました。

ムスタンの人達が初めて魚を食べるように。


これは歴史的事件?ですよね。



thumbnail_DSC_4937.jpg


リュックしょってムスタンに着いた日に、、


近藤さんが歓迎会を開いて下さり。

思いがけず、ごちそうになりました。


調達することが難しいはずの日本食。

そして、、養殖のニジマスのフライは。。

めちゃくちゃ美味しかった。


貴重なものをいただいてしまいましたね。



thumbnail_DSC_4926.jpg


近藤さんがムスタンの支援に立ち上がったのは

何と!70歳過ぎて、です。


その信念は変わらずに。


近藤さん、なんと、90歳までムスタンに

その身を捧げたそうです。


彼は教育の大事さを訴えて、学校を創りました。

私もその学校に行きましたよ。


子供たちと一緒に給食を食べ。授業を受け。

たくさん、一緒に遊びましたよ!


大きな働き手である子供たちが、

学校へ行くことを許されたのは、、、


給食という日本の制度を取り入れたから。

ゴハンを食べさせてくれる、、、


それが子供を学校へ送る理由となったのです。



thumbnail_DSC_4939.jpg


近藤さんは日本の多くの支援者の協力で

ムスタンに17の学校を作られたそうです。



thumbnail_DSC_4943.jpg

thumbnail_DSC_4940.jpg

thumbnail_DSC_4944.jpg



私の友人がムスタンに興味を持ったわけ。

彼女は看護師さんでした。


そして、医療施設が皆無だったこのムスタンに。

病院を立てるという近藤先生の夢に賛同し、、、


日本での仕事をある意味、捨ててムスタンへ。


ガミ病院ですが。出来るまで時間もかかり、、

大変だったみたいです。




thumbnail_DSC_4915[1].jpg


近藤さん。


昨年、お亡くなりになったと番組で知りました。


やっぱりそうか、と複雑な気持ち。


まだ近藤さんはご存命だろうか、、と

常に意識にはあったので、、、

そうか、そうなんだ、、と。


私が、東京に来ることになったキッカケ。

それは、今考えると、、、

この近藤ジーさんだったんですよ。


その看護師をしていた友人が。

ムスタンで病院を作る手助けをしに行くと。


だから、自分のマンションに住んでくれない?

と、声をかけてくれなければ。


今、私は、東京にはいないんですから。


その頃、私はいろいろ大変な時期で。

心理学の本ばかり読みあさっていて。


東京にこない?と声をかけられた時にね。

私、もっと東京で心理学の勉強がしたい!と、

電流がビリビリ流れて。即断しました。


その翌週ぐらいにはたぶん、、

荷物もほぼ持たずに。上京したはず。


あの時、許してくれた母に感謝だ。


ムスタンの風の地に、夢を追いかけて

出かけた友人は、、、三ヶ月もしないうちに

日本に戻って来てしまいましたが。


夢を追いかける、ということ。

それはキラキラと眩しく、尊いもの。


でも。それ以上に厳しく。

自分の内面と向き合うことを余儀なくされます。

現実と夢のせめぎ合いですよね。


私はその後、1人で暮らすことを決意し、

仕事と家を探し、、、

そしてフラメンコのクラスを探した(笑)


そして、、一徹先生との出逢い。

フラメンコと出会えたのも。


近藤先生のおかげっ!!!


もう亡くなっていたいたなんて、、

もう一度お会いしたかった。


お疲れ様でした。


あの地で。20年も値をはやし。

ムスタンの人々のために命を懸けたこと。


いろいろな噂はありましたけれど。

すっごいことだと思う。


関われたことが本当に嬉しい。




シェリー酒Barでアイスティー。 [2017年07月13日(Thu)]
IMG_4769[1].jpg


先週ですが。


発表会の打ち上げでした〜〜。


瀬戸内キッチンで、お腹をいっぱいにして。


あとは、、すぐ近くの、、、


シェリー酒Bar「エチェガライ」に移って。

https://www.facebook.com/EchegarayGotanda/

http://blog.canpan.info/vamos-yoquita/archive/2426


エチェガライのスタッフさんたち、

発表会に来てくださったんですよ。


行かないわけにはいきません。


まずは、、、瀬戸内キッチンで!


IMG_4766[1].jpg



無事!終わった発表会に乾杯!!!



IMG_4764[1].jpg



恒例、、、


「御礼の」商品券を贈呈。


「オ〜礼!」です(笑)



IMG_4765[1].jpg



さんきゅう〜〜〜。



IMG_4772[1].jpg



ここのシーフードは美味しいです!

瀬戸内のものを使ってます。



IMG_4770[1].jpg


IMG_4771[1].jpg


IMG_4774[1].jpg



じゃこと海老とエトセトラのアヒージョ!


一徹先生、、とてもご機嫌で。


まあ、発表会のあとの打ち上げでは

いつもねぎらって褒めてくださいますが。


今年は、、なんだか特別にホメ殺しでした。


今回、求めたものがホントに難しかったし。

難しさと素敵さのバランスが大変だったんだけど、

今回、そのバランスが見事だった。


求めたものに見事、答えてくれたからこそ

出来上がった作品だった、、と。


「モー、100点。あんたら、100点。

私、あんたたちにはすごく感謝してんのよ。」


と、何度も頭を下げ、ありがとう、ありがとう、って。


驚きました。そんな姿は初めてかもです。


「そのうちトリをやらせてもいいな、と思ってる。」


ですって〜〜〜〜っ(@_@;)。おったまげーー。


しかも。しかもです。


このクラスを上級にしようか、今回すごく悩んだけど、

上げたら上げたで月謝が高くなるから。

とりあえず現状維持にしようと思う、と。


すかさず、隣でカメ子さんがうなづいて、

ありがたい、と呟いてウケた(^_^;)、、、


「でも私の中では、あなたたちは上級だから。」


たぶんこれまでで一番絶賛されました。

そこまで褒めるのか、、と思うほど。


時に涙して。

アンタタチにはホント感謝だよ、ってね。


まあ、うちらのクラス、、、

正確な足を最後までやりきる人は誰もいないし

上級はやめた方がいいと思うけどね(笑)


タンゴも本番がすごくよかった!と褒めてくれた♪ 


でもすぐに、グアヒーラに話が戻る(笑)


旦那さまは映像の監督なのですが。

本番を撮った動画を当日の夜に観たそうな。


で、、あまりに素敵で泣けて泣けて、と。

ま、感動しいの夫婦じゃけん(笑)、想像つく。


「すごく頑張ってくれたと思う。 

何度も鳥肌たったよ。 

パルマをしている私の前で、

私のやってほしい事全部やってくれてるんだから。

感動しますよ、そりゃ。」と、涙目。


(ここから同じことの繰り返し(笑))




ホント、よく頑張った。

照明も良かった、衣装のよかった、

でもスゴイのはそんなんじゃない、、、

貴女たちの踊りがうまくなったって事。

自分たちの観てる場所がね、

第一回目の最初の頃より全然上を観てる。


それが嬉しいんだよ〜〜〜!


と、、涙がいつこぼれるんかい、ってな調子で(笑)


頑張ってくれたからさ、本番の映像を見せてあげる。

と、旦那さんが撮ったものを見せていただきました。


うーーーー。自分の姿は観たくはないけど。


観てしまったよ、、、(^_^;)


群舞としては素晴らしかったのではないかと思う。


先生、後ろでパルマしていて泣きそうになったと。

万感胸に迫る、みたいな。


このクラスの人たちは

皆それぞれすごい雰囲気持ってるし

苦手なところを克服していけば、怖いもんなし、

とか言って。1人ずつ、弱点を指摘。


ナニ、言われるんだよ、私は、、(>_<)


何だと思います?


「ヨキちゃんは、、、」


気持ちに追いつけ!


でした、、なるほど、、、


技術がメンタルに追いついてないってことね。

なっとく〜〜〜〜(笑)


大当たり〜〜〜。


そして。先生がくれたご褒美の曲は、、

音の取り方が難しい「シギリージャ」、、、


うはーーーーっ。


実はちょっと体調悪く、この日は見学したのですが。


ううう。これまでの曲とは全然違うリズム、、

超、難しそう。(>_<)、、、


慣れるまでカスタ使って練習するそうです、、

ウチラに出来るのか、、、


次回は来年の秋になると思います。


私は、、その頃どういう状態なのかしらね。

フラメンコをやれる環境にいるのか。身体なのか。


わかりまへん、、、でも今の今、

出来るときにコツコツやるしかないんだろうけど。


みんな、、けっこう練習してるんだな、って驚いた。

自主練しないのは私とカメコさんぐらいだと思う、、


もっと練習したらうまくなるかな、、、


でも練習してても全然、なヒトもいるけどね(笑)


エチェガライに移動。



IMG_4775[1].jpg



「発表会、めちゃくちゃ良かったです!」


と、お店のお兄さん。


よかった!!!



エチェガライ、つまみもすごく美味ですが。

みんな、お腹いっぱい〜〜というので。



IMG_4781[1].jpg



焼きアーモンドだけオーダー。

これが大好きなのよん。


なんか、お店、満杯で驚いた。

予約しなきゃ、入れないとこだった。


あ、ガスパチョ飲みたかったのに忘れたな。


シェリー酒。。オーダーしたのにさ。


カメ子が遠くから、、そんな浮かれた私を凝視。


どん!とアイスティーを私の前に置き。


シェリー酒を、、奪い去った、、、


「ダメですよ、ダメ!!」


そんなカメ子さん見て、先生大笑い。


「このコンビ、ほんとオモロイわ〜〜。」

カメ子、嫁、か〜〜〜!って、、、


ありがたいこってすけど、、、


アイスティ〜〜〜寂し〜〜〜(^_^.)


てか、カメ子さんが帰った後、、、

しっかり飲んじゃったけど(笑)


ごめんね!



暑すぎますけど! [2017年07月12日(Wed)]
IMG_4785[1].jpg



あのロシアの皇帝?プーチンが。


大遅刻して泊まった、あの宿の。


本館の方。あ、山口の山奥です。


プーチンさんは別館ですが。

そちらは、、、ものすごく素晴らしい宿です。


豪華温泉宿。山口とは思えないぐらいに。


でも、、本館の方も。なかなか!


この窓の向こうの深い緑に。

心を奪われます。


滝が流れるのが見えるのですよ。


いろいろありまして。


なんとか東京に舞い戻ってまいりましたが。


あ、あ、あ、あ、暑い!


なんじゃい、このモーレツな暑さは!


バタバタしてて。すっかり消耗。


愛媛のお友達がお誕生日に送ってくれた、

みかんのジュレをごくり。生きかえった。


だってね。わたしね。


発表会終わって2・5キロ痩せてしまった。


やだやだやだ〜〜〜〜っ!!!

痩せたくなーーーーい。


ご飯食べる時間もなく。

でも食べなきゃっ!って。


昨夜も、八時過ぎにスーパーに出かけ。


豆腐とパクチー、アゲ、豚肉を買って。


お手軽ではあるが。豚しゃぶにありついた。


こんなに疲れてるのにさ、、、


あっという間に寝ることは寝るけど。

4時には目が覚めてしまうのよん。

暑いからかな、、、


そして、朝まで二度寝。


身体はカチコチのまんま。


どうしてこんなに大変な日々を

この中年のおばちゃんは過ごしているのか。


この続きはまた明日、、、


最近ね、なぜだか、すごくアクセス数が増えてきた。

なんでだろ、、、不思議。


この勢いにのって、書きたいとこだけど。


無理はしないことにするね。


もう若くもないし(笑)。


もう、エネルギーもない(笑)



IMG_4783[1].jpg



こーゆうとこで一日、お茶でも飲んで。


本を読むとか。

ブログを書くとか。


マジ、してみたいよ〜。






そして打ち上げ!濃すぎます。 [2017年07月10日(Mon)]
IMG_4756[1].jpg



まるで衣装を知っていたかのように。


グアヒーラの衣装で髪に飾った、

オレンジの花と同じだったね!


ローズガーデンの華やかなオレンジの薔薇。


ありがと♪ くまちゃん。


そしてそして。



IMG_4752[1].jpg

IMG_4751[1].jpg


他にもね。たくさんの美しいお花!

当日、いただきました。


そしてお菓子!!!

焼き鳥!(笑)!!!


皆さん、ありがとうございました。


特に。シャキシャキ、冷凍から戻して食べた

白桃の、、初めてのテイストの冷菓。


とても美味しくて感動しました。


さて。さてさてさて〜〜〜。


当日、本番あとの打ち上げです!

会場近くのイタリアンで。



IMG_4706[1].jpg


我がアスールのキャンディーズ!!!


歌之助さんの前で

初めて全員そろいました!


そして。私のいろんな友人や、

台湾ツアーの人たちも一緒です!



IMG_4712[1].jpg

IMG_4710[1].jpg


本番後の、、疲労困憊なところに、、

この濃ゆいメンバーとの密な時間(笑)


ごっちゃごっちゃの宴会でした(●^o^●)。



IMG_4714[1].jpg

IMG_4716[1].jpg


ホントーに楽しかったし嬉しかった!!!


もー、マジ濃ゆい、濃すぎるやろ、このメンバー。



IMG_4725[1].jpg


いえ〜〜〜〜い!!!


皆、全国からありがとっ!!!


数人は写真撮る前に帰ってしまいましたが。


いろいろな舞台、コンサート、歌舞伎など

お金を投資して見まくっている彼女らですが。


舞台が終わって顔を合わすなり、、、


「ステージ上がったね。ホントすごくよかった。」


と、思わぬ褒め言葉をいただきました。

その友人の美意識、感覚を信用しているので


第一声に目を輝かせツバ飛ばして褒めてくれて、、

何より嬉しかったのでございます。


ある感性の鋭い友人は、、、


「手の中にエネルギーを握っていたよ。」


と、かつて言われたことのない表現を使って

伝えてくれました。なんか嬉しい言葉です。


ある人は、ヨキさんの扇子がすっごく好き!

扇子の振り方がすごく好き。


そしてまたある人は、、数年ぶりに来てくれて。


「もう発表会じゃないわよ。

プロの踊りを観てるみたいだったわよ。

ずいぶん久しぶりに観たけれど、

すごくレベルアップしてて驚いたわよ。」


辛口コメンティターのリアル女優さんでもあるので

その最後の褒め言葉には鳥肌立ちました!!!


そっか。なんとか、、踊れたは踊れたんだな、、、


でもね。


一番嬉しかった褒め言葉はですね、、、


カメコさんの優しい旦那様の言葉なのです。

最初の最初から私たちの舞台を見続けることを

義務化されている旦那様(笑)


たぶん、けっこう強制的に観ておられると思う。


彼が、、ヨキータさんがすごくうまかった。

と、、、言って下さったと!!!


カメコさんに聞いて、、泣きそうになりました。


私、マジで自分に自信がないので、、、

そういう皆さんの言葉で続けられるんだと思う、、


優しいよね。みんな、、、



IMG_4703[1].jpg


なーーーーんて!!!

素敵なんでしょう。


私もほしい(笑)



IMG_4727[1].jpg


怒られるかしらん。

キャンディーズ&みかりんに、、


この打ち上げでの再会のために!

ヒョウ柄をテーマに考えに考えて・・・


踊りのことより真剣だったこの面々(笑)

素敵すぎますよ。



IMG_4729[1].jpg


ヒョ、、ヒョウ柄だ、、、


ホント、びっくりさせてくれますわ、、


最高っ!!!


このメンバー、次は、、、


10月7日(土)!!!


・・・ですかね?


歌之助さんの東京での高座で大集合だ!




今日は何の日誕生日。げ。 [2017年07月08日(Sat)]
1499418265748.jpg



最近のあまりの忙しさに、


日付をカウントすることがなくなり、、


気づいたら、7月8日。


げーーー。


今年もあっといゆーまに誕生日きたんかい。


ま、、無視無視。


たぶん、、東京の自宅には贈り物が届いている?


ごめんなさい。アタシ、昨日から山口です。


いろいろありまして。


今朝はね。母親が、、、


意味もなく、、恨み節炸裂でね、、


私は皆からのお祝いメッセージを読んでて。

ふっと、母の横顔見たら、、、


えっ!


泣いてる????なぜ、、、なぜーー


原因不明。やれやれです。


昨夜は、母ががんばって、超ガンバって、

夕食を作ってくれていたので。


到着早々、いただいて。


まあ、おいしかったから。

めっちゃ、おいしい!天才!うまい!


って、、大声でほめそやしたのだけど。


母は嬉しそうで、、、

よっしゃ!っと。思った私ですが。


その後、夜中まで気分が悪くなり。

吐きそうだったり。気持ちが悪く。


もしや、と台所に行ってみたら。


食用油が、、油が、、、

古すぎる、、、


ううう。

母は元気そうだけど。


私の肝臓はね。胆管はね。


質の悪い油には耐えられないのよん、、、


やはり、、がんばってくれてる母だけど。

そばにいてあげるべきなのかもしれません、、


かといって。今朝のように、、、


原因不明の恨み節で泣かれては。。。

私の身が持たないなああ。


ため息だなあ、、


そんなところに、友人からのメールが。


彼女もね。親御さんを一人残して

遠くに嫁いだので・・・


私よりもさらにその思いは深いと思います。


楽しいことも辛いこともいろいろ有りだけど

今、この世にいることにありがとう。

っていう気持ちです。



そう書かれたところで、、思わず目頭が熱く。


ほんとだなあ。

辛いことや、むなしいことだらけでも。


この世に生きてるから味わえる。


そう思って。感謝しながら。楽しいこと見つけて。


また、この日を境に頑張るしかないね!


そして、、、


一日早く、おめでとう!とラインをくれたのは

癌友オフ会のお友達のかおちゃん。


一年前の写真を添えて!


昨年の私のお誕生日は鎌倉!


オフ会仲良しの四人で、、、

鎌倉に行ったのだったね。


あの時は美味しいものをたくさん食べて。


癌封じのお寺に出かけ。


もう、たっくさんおしゃべりしてね。

笑顔炸裂だったのよね。



1499418257037.jpg




アジサイのきれいだったこと。




20170707_180545.jpg



あの日の、キラキラした日差しと。


皆の高い笑い声。一生忘れないよ。


まさか、一年後の今日、、、


もう、二人がこの世にいないなんて

思いもよらずに。


梅雨の晴れ間の鎌倉を楽しんだよね。


ね、みんな!


後悔のない日を笑って過ごしていこう!


いつ何が襲ってくるかわからない。


人生は何があるか、ほんとにわからん。


でも、何が起きようと、、、


私は笑うことができる、まだまだ笑える。

そんな自分でいることは不可能ではない。


最後のご臨終シーンで。


にやっと。口角あげちゃおうじゃないの♪


なーんてね。


しかし。


怒涛の7月、8月、体力続くかなあ。


疲れが出始めて。

先日も仕事中に少し熱が出て。


久しぶりのレッスン。

見学してしまいました。


うわ、、今度の課題作。


シギリージャ、めっちゃ難しそう。


その後の、、発表会の打ち上げは幹事ですので。

最後までしっかり立ち会いました、、、


ま、体調不良で見学したくせに。

最後のシェリー酒Barまでいましたけどね(笑)


ここのシェリー酒、ほんとに美味しいのだけど。


カメ子さんが、絶対飲んじゃダメ!と、、

アイスティーのグラスと差し替えてしまった、、、


一徹先生が、、あんたらのコンビ、最高や(笑)と

笑ってた、、、お嫁さんか、カメ子は、って、、



ちゅうことで。

なんだか、今日も明日も忙しいので。


打ち上げの模様はまた次回かな、、




無性にピーマンが。 [2017年07月07日(Fri)]
thumbnail_DSC_4870.jpg



無性にピーマンが。


食べたくなる時ってありません?


わたしはあるんです(笑)




thumbnail_DSC_4871.jpg



会社からそう歩くことなく。


お気に入りの中華屋さん。


ここの肉・ピーマン丼は、、、


絶品ですから。


肉・ピーマンそばもね。

ついでにいうと、、、


もやしそば。


まーぼー茄子丼、


明太レタス炒飯、

玉子とじ蟹炒飯、


デッカイ餃子。


冷やし中華。


レバニラ炒め定食。


何でも、メッチャ美味しい。


ピーマン。美味しかった〜〜〜。


大満足なり。



マリ〜〜アントワネット〜♪  [2017年07月06日(Thu)]
19429827_1380548298695210_6752195989276249559_n.jpg


いえ〜〜〜い!!!!


ブラ〜ボ! ムシコ!エクセレンテ!!!



タンゴに続き、、、グアヒーラはね。


なーんか私っぽさを出すスベが全然わからず(笑)

もともと大好きな曲なのですが。。。


ちなみに。


10年前に踊ったグアヒーラ。

お写真がこれです。





グア2.jpg


コリンという、少し長い裾のスカートです。



年賀2007.jpg

舞台5.jpg


このふくよかな腕。



舞台7.jpg

舞台2.jpg


若かりし日の一徹先生と。


5人しかいなかったのだよ。


それも、、いろいろあったよね、、


ね、カメ子さん、、、(泣)


しかも。胆道系の難病を発症したのがこの頃。


本番前日、39℃を超える熱で踊りましたもん。


吐いて、高熱、吐いて、高熱。


駅の、駅員仮眠ベッドで何度も寝たぞ!

メッチャ、臭かった。


でも、頑張ったんよ。グアヒーラ。


この直後、緊急入院をして、、、

数か月の入院を余儀なくされました。


絶飲絶食であっという間の10キロ減。

ふくよかな腕はこの時、死にました、、、


だから、グアヒーラ。思い出がたくさん。


今回のグアヒーラは段違いに難しくて。

足のパソがすごく複雑。


で、お客さんはその違いがわからない(笑)

くっそ〜〜っ!!!


アバニコもちっちゃくなります。


勢いよく扇子をふれば、回転早すぎて、、、

優雅じゃないぞ、と先生に言われ(笑)


なるほど!これじゃ、秋刀魚焼いてるオッサンだ。


優雅に。ゆっくり。ゆっさりんこと。

指摘されたのがもう、本番直前だから(笑)


ようやく本番近くなって、、、


アントワネットさまっぽくなってきたかと(笑)


そう、一徹先生には、、、

あんたら、アントワネットさまになれ〜って!!!


そう、言われてきたので(笑)


うん。なんとか。


ゲネプロが一番、個人的にも群舞的にも、、、

ようやくいい感じだな、と実感できた。


もともと本番は緊張しない私なのですが。

グアヒーラ、一番楽しかったです。


先日も書きましたが。


なんつうても、三木さんのバイオリンの調べが、、

あまりに麗しくて。


舞台にいる仲間たちがなんだかちゃんと素敵で。

最後に出ていく自分がコケルわけにゃあかんな、、と。


マリ〜〜アントワネット〜〜♪


オホホホホ〜〜〜っっ


て。。。脳内貴族ホルモン大放出で。

出ていきましたわよ〜〜〜(笑)


なんのこっちゃ。

あとはマジで覚えてません(笑)


衣装が、ウ○チ色だ〜〜っ!って二時間も泣いて、

騒いで凹んで、、


だけど、7分半はアッサリ終わっちゃうんだから。

自分、アホか、って感じ(笑)。


意外にも。皆さん、赤い方の衣装より、

このスパイシーなウ○チ色の方が素敵、と。。。

そう言うのですわ。うっそ〜〜〜。


舞台の上では。照明を当たるし。動くし。

また、違ってくるんだろうね。


素人にゃ、やっぱその辺、わからんわ。

ホント、あたしは素人の域を出ません。


てか、やっぱ、あの衣装、嫌いですけどねーー。


それがね。私とした事が、、、


命より大事な胸パッドを今年は忘れちゃってね〜〜

いつもダブルでつけてるのに!やばい、やばすぎ!


胸がガバガバ、、、うっそ〜〜〜。


他のクラスの人たちまで加わって、、

じ〜〜っと、私の胸をながめ。


「それじゃ駄目よ、これ入れて!」


って、自分のマイ・パッドを

私の胸の中に突っ込んでくれたり(笑)


衝撃〜〜〜\(◎o◎)/!


そんなに必要?(笑)


でね。心配してた体力ですが。


ゲネプロ、本番。

足はけっこー、手を抜いたけど(笑)


しっかりマジで踊らせていただきましたが。

なんとか大丈夫でした。スゴっ!


倒れて死ぬんじゃないかと思ってたのに。

やっぱ、本番が好きなんだろなあ。


そして。

着替えを手際よく手伝ってくれた皆のおかげ。

モチ、手伝うよ!と全面協力してくれたカメコさん、

ホントにホントにありがとう。


そして、、、唾液を出す作戦、、

飴をなめながら踊ってたので(笑)。

それでなんとか体力持った!


野球やサッカーの選手がガムをなめてるじゃん?

スゴクわかるな〜〜。


ま、というわけで。本番は終わりました、、、


恒例、セビジャーナスを全員で踊り、、、

ロビーの皆さんのところへ、。


今年はすっごくたくさんの方がいらしていて。


ロビーはもういっぱいで。びっくりよん。


去年はね、、小猪木ちゃんが来てくれて、

ポーズきめキメで、写真撮りまくったよね(笑)





20160729144520-0015.jpg

20160425_065953.jpg

20160729144520-0012.jpg

20160425_070132.jpg

20160729144520-0013.jpg

20160425_070151.jpg


今年はね。本番直前に小猪木ちゃんからメール。


「今年は長野に仕事行くので行けない〜、残念!」


残念〜〜〜!



20170627_214647[2].jpg



観に来て下さった皆さん、本当にありがとう。


お金を出して時間を使って、

こうして足を運んでくださるだけで感無量です。



thumbnail_1498445961870[1].jpg



歌之助さんをはじめ、台湾ツアーの皆さまも上京。


キャンディーズ&ヨキータさまの

チンドン踊りを観に来て下さって〜〜〜!


いつもいつも感謝です。



19424202_1587865757921663_6500799130149604922_n.jpg



これ、すごくない?

友人が加工してた(笑)。


妙に、帽子を持つ手がフラメンコなんですけど。

さすが人間国宝!、、のタマゴ(笑)



thumbnail_1498484176885[1].jpg


thumbnail_1498484159647[2].jpg



天下の歌之助さま。


こんなところでこんなポーズ。

かたじけない、、、



20170628_151455.jpg



感謝感激!おありがたい。


癌友、オフ会の皆さんもです!


この応援横断幕ウチワはね、、、昨年ね、、

やはりオフ会のみんなが当日、早めに集まって、

サプライズで作ってくれたものなんです。


ヨキさんを皆で応援しよう、ってね。

抗がん剤で辛い思いをしている人たちがね。


ワクワク、楽しみにね。

皆で作れってくれたキラキラのウチワ。


客席からも振ってくれたそうです。

私からは全然見えなかったのだけどね。




これ、去年の写真です。



o0800029113628775781.jpg

o0800039013628775780.jpg


そして。そのメンバーのうち、、、

笑顔の絶えなかった二人がもうこの世にいません。


私も踊りたい!って夢心地で帰ってくれた彼女や。

その後もフラメンコの舞台に駆けつけてくれた彼女も。


昨年末に、、、二人とも亡くなりました。


だから、この応援ウチワを捨てることはできません。


今年は新たに観にきてくれたオフ会の仲間もいます。

私はノリータに頼んで、、、

あの横断幕ウチワを客席の彼女らに預けました。


天国の二人と一緒に応援してほしい、と思って。

・・・きっと会場のどこかで観てくれてるよね!



thumbnail_1498451192241.jpg



先日も書いたけれど、、、


中国語の習得に協力してくれたA子さん。


彼女が踊ってる姿を発見し、

ロビーで会った歌之助さんが、一番に発した言葉が


「Aさん、ひょっとして踊ってましたか!!??」

でしたよ(笑)(≧∇≦)


三人で写真撮れて、嬉しい!!!


てなわけで、、、もう一回ぐらい続きます(笑)




| 次へ