CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
夏休みのテレビCMに出演していました[2018年09月11日(Tue)]
夏休みも終わってしまいましたが、8月に「海の事故への備え」というテーマで、テレビ静岡で放送されたCMに当法人も出演していました。
現在でも「海と日本プロジェクト in 静岡県」のyoutubeで見ることができます。
https://www.youtube.com/watch?v=cAEA_BI-JV4&list=PLJu8-wdelPDL1srxmpbgS5a1FfUWL_6ox&t=0s&index=2
熱海市総合防災訓練に参加しました[2018年08月26日(Sun)]
本日、8月26日(日)10:00〜11:00に熱海市総合防災訓練が開催されました。
海に関する部分の訓練は長浜海水浴場にて、下田海上保安部伊東MPS、熱海市消防本部、伊豆小型船安全協会、熱海ウォータークラフト協会、静岡広域DRS救難所の参加で行われました。
今回の訓練では相模トラフ沿いを震源とする大規模地震が発生。この地震により伊豆半島東海岸に大津波が来襲し、津波により逃げ遅れた海水浴客2名が長浜海水浴場沖に流され漂流している、という想定で行なわれました。
当DRS救難所が参加したシナリオは
想定3「救助艇及び水上バイク連携による意識のある漂流者をクレードルを使用して救出する訓練」
想定4「救助艇及び水上バイク牽引のライフスレッドによる意識なし呼吸なしの漂流者を救出する訓練」でした。
今回はクレードルだけでなく、水上バイクでライフスレッドを使用してダイバーが協力して事故者を救助する訓練も行うことができて、関係機関及び他の救難所との連携強化を図ることができました。
1.jpg
4.jpg
7.jpg
9.jpg
減圧症に関する新聞の連載記事[2018年07月29日(Sun)]
7月16日〜20日の朝日新聞の連載記事「患者を生きる」でダイビングで減圧症という記事が掲載されました。最終回に当法人の活動の一部も紹介されています。
デジタル版はこちらから
https://www.asahi.com/articles/SDI201807195701.html?iref=pc_ss_date
伊東市水難救助合同訓練が開催されました[2018年07月10日(Tue)]
本日、伊東港において平成30年度伊東市水難救助合同訓練が開催されました。
参加機関は駿東伊豆消防本部(伊東消防署、東伊豆消防署、田方中水難救助隊)約30人、静岡県消防防災航空隊5人、下田海上保安部伊東MPS3人、伊東警察署5人、伊豆地区水難救済会伊東救難所4人、静岡地区水難救済会ICS救難所3人、当DRS救難所7人の総勢約60人が参加しました。
1.訓練想定:沖合でボートが転覆し釣人6人が海に投げ出されて漂流している。
2.訓練内容
(1)伊東MPSポラリスが要救助者1人を救助し救急車に収容。
(2)当DRS救難所の救助員が伊豆地区水難救済会所属の救助船に乗船し出動。当DRS救難所の救助員が入水し要救助者を確保。船上の救助員の助けを借りて要救助者を救助船に収容し港内に搬送後、救急車に収容。
(3)当DRS救難所の救助員が静岡地区水難救済会所属の救助船に乗船し出動。当DRS救難所の救助員が入水し要救助者を確保。船上の救助員の助けを借りて要救助者を救助船に収容し港内に搬送後、救急車に収容。
(4)3人の要救助者を田方中水難救助隊が発見確保。防災ヘリを誘導し3人の要救助者の収容補助を行う。防災ヘリは要救助者を1人ずつ救助し港内で待つ救急隊に引き渡し。
他の救難所や関係機関との連携を確認する良い機会となりました。参加していただいた皆様、お疲れ様でした。
指揮本部.jpg
救助員入水.jpg
救助員による救助.jpg
ヘリによる救助.jpg
閉会式.jpg



マリンフェア in 伊東マリンタウンに出展しました[2018年07月07日(Sat)]
本日7月7日(土)、伊東マリンタウンにおいて下田海上保安部主催の「マリンフェア in伊東マリンタウン2018」が開催されました。
DRS救難所もブースを設けて、活動紹介を行いました。
午後からは特殊救難隊のヘリによる救助デモンストレーションも行われました。
DSC_0445.JPG
DSC_0450.JPG

日本高気圧環境・潜水医学会近畿地方会で講演しました[2018年07月07日(Sat)]
本日、第3回日本高気圧環境・潜水医学会近畿地方会が鈴鹿医療科学大学千代崎キャンパス JART記念館2Fで開催されました。
テーマは「海といのちと高気圧酸素治療を考える」で、潜水パネルディスカッションに当法人 村田理事長が参加しました。 村田理事長は「伊豆半島における潜水障害発症者等に対する緊急搬送システムの現状とUWSUAの活動について」プレゼンテーションしました。
S_8228227551803.jpg
S_8228228862922.jpg
海の安全・安心講習会2018を開催しました[2018年07月05日(Thu)]
本日、海の安全・安心講習会2018「ウォータースポーツのための酸素ファーストエイド」を開催しました。
日時 : 2018年7月5日(木)9:30 〜 16:00
開催場所 : 伊東市川奈「漁民の家」
講師 : (一財)社会スポーツセンター酸素ファーストエイドトレーナー野澤 徹 氏
参加者 : 21名のダイビング関係者
※当講習会は「伊東市魅力あるまちづくり事業補助事業」として開催されました。
デマンドバルブ、ノンリブリーザーマスク、ポケットマスク、マニテーターバルブを使用して、事故者の意識・呼吸の状態に適した方法で酸素供給を行うことができるようになりました。
参加していただいた皆様、お疲れ様でした。
20180705酸素ファーストエイド_18.jpg
20180705酸素ファーストエイド_3.jpg
20180705酸素ファーストエイド_20.jpg
海の安全・安心講習会2018を開催します[2018年07月02日(Mon)]
夏のマリンレジャーシーズンを前に今年も海の安全・安心講習会を開催します。
今回は「ウォータースポーツのための酸素ファーストエイド」講習会で実技が中心となります。
日時 : 2018年7月5日(木)9:30 〜 16:00
開催場所 : 伊東市川奈「漁民の家」
参加条件 : 有効期限内のCPR & AED資格を所持している方で水辺の活動に従事している方
参加費 : 7,560円(教材費・修了カード申請料)
定員 : 24名(定員になり次第締め切りとなります)
※当講習会は「伊東市魅力あるまちづくり事業補助事業」です。
お申込みお問合せは
認定NPO法人アンダーウオータースキルアップアカデミー 事務局長 苅部 徹
TEL & FAX : 0557-51-6888
Mail : info@npo-uwsua.org
までお願いします。
告知用チラシ.jpg

熱海市官民合同「津波避難・水難救助訓練」に参加しました[2018年06月29日(Fri)]
本日、6月29日(金)、熱海港において官民合同「津波避難・水難救助訓練」が開催されました。
参加機関は熱海警察署、下田海上保安部伊東MPS、熱海市消防本部、熱海港海釣施設、富士急マリンリゾート、青木建設(株)、静岡地区水難救済会 ICS救難所・静岡広域DRS救難所の約70名でした。
当DRS救難所の救助員はICS救難所の救助船に乗って、ボートから水面に投げ出された意識不明の事故者を確保し、警察の警備艇から投げられたレスキューチューブを装着させ、警備艇に引揚げるデモンストレーションを行いました。
3.jpg
2.jpg
1.jpg


潜水捜索訓練を実施しました[2018年06月14日(Thu)]
本日、東伊豆・北川でボートを使用しての潜水捜索訓練を実施しました。
13名の救助員と下田海上保安部警備救難課2人の合計15人が参加し、 昨年ダイバーが行方不明になった穴切湾で、2チームでエリアを分けて、1チームは平行捜索を、もう1チームはジャックステイ捜索を行いました。
透視度は3〜4メートルとあまり良くなかったですが、予定していたエリアを捜索することができました。
陸上での練習.jpg
ジャックステイ捜索中.jpg
集合写真.jpg
ダイビング事故チェックリストが下田海上保安部のHPに掲載されました[2018年06月10日(Sun)]
静岡県東部ドクターヘリ作成の「ダイビング事故チェックリスト」とその記入サンプルが下田海上保安部ホームページに掲載されました。
Topページの「お知らせ」からリンクされています。
http://www.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/shimoda/
伊東市水難救助合同訓練の合同会議が開催されました[2018年06月06日(Wed)]
7月10日(火)に伊東港で開催される水難救助合同訓練の合同会議が開催され、伊東警察署、下田海上保安部伊東MPS、駿東伊豆消防本部、伊豆地区水難救済会、静岡地区水難救済会ICS救難所、静岡地区水難救済会DRS救難所が参加し、各機関の役割等を確認し意見交換を行いました。
被災地の漁業復興支援活動の新聞記事[2018年05月30日(Wed)]
5月30日の伊豆新聞のコラム「潮の響」に当法人の被災地の漁業復興支援活動が取り上げられています。
伊豆新聞サイトへのリンク先はこちらです。
http://izu-np.co.jp/column/news/20180530iz0002000006000c.html
伊東観光協会の定時総会に出席しました[2018年05月29日(Tue)]
本日は平成30年度一般社団法人伊東観光協会の定時総会が伊東市内のホテルラヴィエ川良で開催されました。
20180529.jpg
被災地の漁業復興支援活動に来ています[2018年05月15日(Tue)]
昨年は現地での被災地復興支援活動ができませんでしたが、昨日から宮城県気仙沼市唐桑入りして、漁業復興支援活動を開始しました。
多くはないようですが、漁場の下に海が荒れると新たな瓦礫が移動してきて、養殖いかだのアンカーロープ等に絡んでしまって被害を受けている漁師さんがいます。
あと2日、3名のメンバーでがんばります。
P5150029mini.jpg
P5150032mini.jpg
P5150034mini.jpg
P5150037mini.jpg

伊東地区水難事故対策連絡会が開催されました[2018年05月11日(Fri)]
本日は平成30年度伊東地区水難事故対策連絡会が駿東伊豆消防本部伊東消防署で開催されました。
参加機関(団体)は、下田海上保安部、伊東市役所危機対策課、伊東警察署、駿東伊豆消防本部伊東消防署、いとう漁業協同組合、静岡地区水難救済会ICS救難所、静岡広域DRS救難所で、各機関から昨年度の水難事故発生状況の報告があり、その後意見交換を行いました。
連絡会の後には懇親会が行われ親睦を深めました。
DSC_0355.JPG
ドクターヘリ合同勉強会を西伊豆地区で開催しました[2018年04月23日(Mon)]
静岡県東部ドクターヘリ・消防・ダイビング事業者の合同勉強会を今年から各地域で開催することになり、その第1回の合同勉強会を西伊豆地区で下記の通り開催しました。
日時:平成30年4月23日(月) 14:00〜16:00
会場:セントラルスポーツ アウトドアビレッジ THE101
参加者:西伊豆地区ダイビング事業者24名、西伊豆地区消防6名
オブザーバー参加:下田海上保安部警備救難課・交通課、大仁警察署地域課
主催:静岡県東部ドクターヘリ フライトナース
協力:西伊豆ダイバーズ協議会、静岡広域DRS救難所
総勢約40名の参加でチェックリストの記入方法を中心に行いました。
参加していただいた皆様、お疲れ様でした。
DSC_0344.JPG
DSC_0346.JPG




静岡地区水難救済会の総会が開催されました[2018年04月20日(Fri)]
本日、静岡地区水難救済会の第17回通常総会が熱海新かどや会議室で開催されました。
総会とその後に行われた意見交換会には静岡地区水難救済会の各救難所の代表及び(公社)日本水難救済会、清水海上保安部、下田海上保安部、熱海警察署、他 約50名の方が参加しました。
S_7824857157299-01.jpg
DSC_0338-01.jpg
伊東市川奈で事故発生時の対処訓練を実施しました[2018年04月17日(Tue)]
本日、伊東市川奈で現地のダイビングインストラクターと合同でダイビング事故発生時の対処訓練を行いました。
1. 日時:2018年4月17日(火)13:30〜17:00
2. 開催場所:伊東市川奈ビーチ
3. 参加者:12名(会員6名、会員以外6名)
4. 実施内容:
水面で助けを求めているダイバーの救助〜救急隊に引き渡しまでの訓練(水面で助けを求めているダイバーを発見し、周囲にいたインストラクター1名が水面を救助に向かう→陸上で受け入れ体制を作る→4名で水面から引き揚げて対処できるスペースへ移動→応急処置(CPR、AED、酸素供給 等)と並行してドクターヘリのチェックリスト記入→救急隊に引き渡し)

S_7809640008775.jpg

S_7809639801209.jpg

静岡県「ふじのくにNPO100」に掲載されています[2018年04月11日(Wed)]
静岡県くらし・環境部県民生活課が「ふじのくにNPO100 〜地域課題に取り組む団体紹介〜」の冊子とWEBで検索できるデータベースを作成しました。その中に当法人が紹介されています。https://www.npo-fujinokuni.jp/cooperation/NPO100%E4%BA%8B%E4%BE%8B%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9/
ふじのくにNPO表紙.jpg
ふじのくにNPO(UWSUA).jpg
復興支援活動の新聞記事[2018年04月06日(Fri)]
3月31日付の毎日新聞に当法人の被災地の漁業復興支援の記事が掲載されました。
20180331復興支援毎日新聞.jpg
復興支援イベント in 伊豆海洋公園を開催しました[2018年03月18日(Sun)]
東日本大震災から7年がたちました。
毎年、復興支援イベントを開催していますが、今年の3月11日は伊豆海洋公園で焼きホタテ販売を予定してました。
しかし、当日は海のコンディションが悪く、翌17日に日程を変更しましたが、なんとこの日も海況が悪く、2度の延期となりました。そしてやっと18日(日)に開催することができました。
イベントに参加していただいた皆様、ありがとうございました。
S_7644816689036.jpg
復興支援活動の記事が掲載されました[2018年03月10日(Sat)]
明日で東日本大震災から丸7年になりますが、本日の伊豆新聞に当法人の復興支援活動が紹介されました。
20180310復興支援伊豆新聞.jpg
2/27のラジオ出演[2018年02月26日(Mon)]
明日2月27日(火)、エフエム熱海湯河原のマイマリン135(8:45〜9:00)に、当法人の一政理事が出演し、3/11に予定している復興支援イベントの紹介などのインタビューを受けることになっています。
2/7の訓練の新聞記事[2018年02月23日(Fri)]
2月7日に海上保安庁横浜海上防災基地で行われた合同潜水訓練の記事が本日の静岡新聞に掲載されました。
20180223静岡新聞.jpg
事故発生時の対処訓練を開催しました[2018年02月15日(Thu)]
本日、伊豆海洋公園ダイビングセンターと合同でダイビング事故発生時の対処訓練を行いました。
1. 日時:2018年2月15日(木)15:30〜16:30
2. 開催場所:伊豆海洋公園ダイビングセンター
3. 参加者:22名(会員15名、会員以外5名、下田海上保安部2名)
4. 実施内容:
(1)伊豆海洋公園でダイビング事故発生時の対応方法を説明
(2)水面で助けを求めているダイバーの救助〜救急隊に引き渡しまでのデモンストレーション(水面で助けを求めているダイバーを発見し、海洋公園スタッフ1名が水面を救助に向かう→陸上で受け入れ体制を作る→4名が担架で水面から救急スペースまで搬送→応急処置(CPR、AED、酸素供給、血圧・サチュレーション測定等)、並行してドクターヘリのチェックリスト記入→救急隊に引き渡し)
(3)伊豆海洋公園の救急スペースの備品紹介とその使い方体験

20180215海洋公園訓練_15.jpg

20180215海洋公園訓練_8.jpg

20180215海洋公園訓練_11.jpg
海上防災基地での訓練の新聞記事[2018年02月13日(Tue)]
2月7日に海上保安庁横浜海上防災基地で行われた合同潜水訓練の記事が本日の伊豆新聞に掲載されました。
201802013横浜訓練伊豆新聞.jpg
静岡県ボランティア研究集会で発表しました[2018年02月11日(Sun)]
本日、静岡県湖西市新居地域センターにおいて、第40回静岡県ボランティア研究集会が開催されました。
午後からは分科会が開催され、その中の第2分科会のテーマは「それぞれの経験を活かしたボランティア活動〜地域の担い手!パネルディスカッション〜」ということで、当法人のこれまでのダイバーならではの被災地の漁業復興支援活動や水難救助・水中捜索活動等についてプレゼンテーションを行い、パネルディスカッションに参加しました。
S_7456891926994.jpg
海上防災基地での訓練の動画(その3)[2018年02月09日(Fri)]
2月7日に行われた訓練中の動画(ダウンウォッシュ体験中)です。
海上防災基地での訓練の動画(その1)[2018年02月09日(Fri)]
2/7に行われた訓練の動画です。
海上防災基地での訓練の動画(その2)[2018年02月09日(Fri)]
2月7日に行われた訓練の動画です(その2)。
海保特救隊との合同訓練を開催しました[2018年02月07日(Wed)]
本日は、横浜海上防災基地において、第三管区海上保安本部羽田特殊救難基地所属の潜水士と私達静岡広域DRS救難所と西神奈川広域救難所所属の救助員との合同訓練が行われました。
1.講師:特殊救難隊潜水士6名および第三管区海上保安本部・湘南海上保安署・下田海上保安部・下田海上保安部伊東MPS
2.参加者:西神奈川広域救難所救助員7名+見学者4名、静岡広域DRS救難所救助員21名+見学4名の合計36名
3.訓練内容
(1)潜水捜索に関する座学
(2)陸上における捜索訓練
(3)プールでの結索訓練
(4)プールでの平行捜索訓練
(5)吊り上げ救助訓練 他
Image_a11da4a.jpg
Image_09bca83.jpg
Image_738a847.jpg
Image_b915de8.jpg
Image_ecc186b.jpg
表彰式の新聞記事[2018年01月27日(Sat)]
昨日、下田海上保安部伊東MPSで行われた当救助員の表彰式の記事が3紙の朝刊に掲載されていました。
20180127表彰式毎日新聞.jpg
20180127表彰式静岡新聞.jpg
20180127表彰式伊豆新聞.jpg
当法人の救助員が表彰されました[2018年01月26日(Fri)]
本日、下田海上保安部伊東MPSにおいて、当法人の救助員2名の表彰式が行われました。 昨年末の12月17日に伊東市内で発生したダイビング事故の際、適切な救命処置(CPR、酸素供給他)を行ったことが評価され、下田海上保安部長より表彰を受けました。
0_IMGP1282_R.JPG
IMGP1291_R.JPG
IMGP1310_R.JPG
昨年度の水難事故発生時の出動状況[2018年01月16日(Tue)]
当法人の昨年度(H.28年12月1日〜H.29年11月30日)の水難事故発生時の出動状況をまとめました。
出動件数12件、その内5件は救助活動を伴って、7件は出動のみでした。
11救命浮環.gif


理事会・総会を開催しました[2018年01月16日(Tue)]
本日は理事会・通常総会を開催しました。
また、総会後の懇親会には、水難救助現場で顔を合わせる第三管区下田海上保安部羽田特殊救難基地、下田海上保安部、伊東MPS、駿東伊豆沼津消防署・田方消防署のの方々にも参加していただきました。
参加していただいた皆様ありがとうございました。
芦ノ湖の湖底清掃に参加しました[2017年12月16日(Sat)]
本日、芦ノ湖漁協及び芦ノ湖遊漁組合合同の芦ノ湖湖底清掃に参加してきました。UWUSAからは2名の一般ダイバーと共に合計4名が参加しました。総勢約20名のボランティアダイバーと陸上班や船での清掃担当で総計330kgのごみを回収しました。
S_7152545623127.jpg
S_7152545745012.jpg
S_7152545798180.jpg
静岡東部ドクターヘリ・消防・ダイビング事業者の合同勉強会[2017年12月12日(Tue)]
本日、順天堂大学医学部附属静岡病院において、静岡東部ドクターヘリ・消防・ダイビング事業者の第9回合同勉強会が開催されました。下田海上保安部、伊東MPS、清水海上保安部もオブザーバーとして参加し、総勢約80名の参加となりました。
ダイビング事故チェックリストに関してとても有意義な意見交換ができました。
S_7131810388314.jpg
S_7131738636826.jpg
ドクターヘリチームとの事前打合せ[2017年11月24日(Fri)]
本日は12月に開催される静岡東部ドクターヘリチーム&消防&ダイビング事業者の合同勉強会の事前打合せを順天堂静岡病院で開催しました。
会計講座に参加しました[2017年11月17日(Fri)]
本日はいとう市民活動支援センターが主催する「NPO法人会計書類作成実務講座」が伊東市役所で開催され、20団体以上が参加しました。
20171117.JPG
静岡地区水難救済会理事会に参加しました[2017年11月09日(Thu)]
11月9日、清水マリンビルにおいて、静岡地区水難救済会理事会が開催され今年上半期の救助出動・訓練等の活動を報告しました。
20171109.jpg
ラジオ出演で活動紹介をしました[2017年10月03日(Tue)]
本日10月3日、エフエム熱海湯河原のマイマリン135(8:45〜9:00)に、当法人の事務局長 苅部が出演し、これまでの活動等を紹介しました。
マリンレスキュージャーナルに訓練の記事が掲載されました[2017年09月06日(Wed)]
公益社団法人 日本水難救済会が刊行している「マリンレスキュージャーナル」2017年8月号に、当DRS救難所が本年3月に沼津市千本浜で実施した潜水捜索訓練が取り上げられています。
201708MRJ.jpg
熱海市総合防災訓練に参加しました[2017年09月03日(Sun)]
本日、熱海市総合防災訓練が網代漁港で実施され、大地震発生後の津波被災者への対応を関係機関及び民間救助組織が連携し行いました。参加機関は熱海市消防本部、下田海上保安部伊東MPS、伊豆小型船安全協会、熱海ウォータークラフト協会、網代防災会、静岡広域DRS救難所で、総勢40名以上が参加しました。
当DRS救難所の救助員は、救助船に同乗し、津波で漂流した意識不明の事故者を水面で確保し、救助船に引き揚げCPRを施しながら岸壁にいる消防に引き渡すところまでを担当しました。
P9030021.JPG
S_6639921402846.jpg
S_6639921411891.jpg
伊東港での防災訓練の記事が伊豆新聞に掲載されました[2017年07月14日(Fri)]
7月13日に伊東港で開催された初めての防災訓練の模様が14日付けの伊豆新聞に掲載されました。
20170714伊豆新聞.jpg
海の安全・安心講座の記事が伊豆新聞に掲載されました[2017年07月14日(Fri)]
7月6日に伊東市富戸で開催した「海の安全・安心講座 2017」の記事が12日付の伊豆新聞に掲載されました。
20170712伊豆新聞.jpg
伊東港で官民合同防災訓練を開催しました[2017年07月13日(Thu)]
本日は伊東港において初めてとなる官民合同の防災訓練が開催されました。
参加機関は県熱海土木事務所、伊東市危機対策課、下田海上保安部伊東MPS、いとう漁業協同組合、伊豆小型船協会、はるひら丸、斉藤組と当法人の約30名が参加しました。当法人と伊豆小型船協会は昨年、県熱海土木事務所と「災害時等における応急対策業務に関する協定」を締結しましたが、初めての訓練となりました。
当法人の潜水士は、伊豆小型船協会の船に乗船し、岸壁付近でエントリーし岸壁の状態を確認した後に責任者に報告するという流れでした。
他には人員物資の輸送訓練、港内啓開訓練等が行われました。
開会式.jpg
物資輸送訓練.jpg
潜水捜索訓練を開催しました[2017年07月12日(Wed)]
本日は海上保安庁の方々を講師に招いて、静岡広域DRS救難所の救助員向けの潜水捜索訓練を伊豆海洋公園で実施しました。
救助員として参加していただいた13名の方々、お疲れ様でした。
潜水捜索訓練ジャックステイ.jpg
障害突破訓練漁網.jpg
集合写真.jpg
マリンフェア・イン・伊東マリンタウン2017が開催されました[2017年07月09日(Sun)]
昨日7月8日(土)、伊東マリンタウンにおいて海上保安庁主催の「マリンフェア・イン・伊東マリンタウン2017」が開催されました。
DRS救難所もブースを設けて、活動紹介を行いました。
他にも特殊救難隊の活動紹介&トークショー&ヘリによるデモンストレーションや制服試着&写真撮影会や水上オートバイの展示と写真撮影会などが行われました。
Image_e659c45.jpg
海の安全・安心講座2017を開催しました[2017年07月07日(Fri)]
7月6日(木)の17:30〜 伊東市富戸コミュニティセンターにおいて「海の安全・安心講座2017」を開催し約40名の方に参加していただきました。@ 海難救助における特殊救難隊の危機管理」 Aダイビングでの溺れとロストについて B減圧症罹患ダイバーの体内窒素圧力状態をテーマとして3名の講師の方に講演していただきました。
全体.jpg
松尾氏.jpg
野澤氏.jpg
今村氏.jpg
7/6の海の安全・安心講座が伊豆新聞に掲載されました[2017年06月29日(Thu)]
20170627伊豆新聞002.jpg
6月27日付の伊豆新聞に7月6日(木)に富戸コミュニティセンターで開催される「海の安全・安心講座」が紹介されました。
熱海市官民合同「津波避難・水難救助訓練」に参加しました[2017年06月26日(Mon)]
本日は熱海市官民合同「津波避難・水難救助訓練」が熱海港内で開催され、下田海上保安部・熱海市観光建設部・熱海市消防本部・熱海警察署・静岡地区水難救済会ICS救難所・スパマリーナ熱海・グランドエクシブ初島クラブ・青木建設・熱海港海釣り施設・静岡広域DRS救難所に所属する約70名・船舶9艇・車両3台が参加しました。
当DRSからは5名が参加し、落水者の救助をデモンストレーションしました。
11.jpg
41.jpg
海の安全・安心講座を開催します[2017年06月20日(Tue)]
今回で3回目となりますが、海の安全・安心講座2017を開催いたします。
1. 開催日時:2017年7月6日(木) 17:30〜21:00
2. 開催場所:伊東市 富戸コミュニティセンター 3階大会議室
3. 内容
(講演1) 海難救助における特殊救難隊の危機管理
講師:第三管区海上保安本部羽田特殊救難基地 次長 松尾秀昭 氏
(講演2) ダイビングでの溺れとロスト
講師:水中科学研究所 代表 野澤徹 氏
(講演3) 減圧症罹患ダイバーの体内窒素圧力状態
講師:今村昭彦 氏(元株式会社タバタ勤務)
4. 参加費:500円
どなたでもご参加いただけます。
お申込み・お問い合わせは担当の苅部までご連絡ください。
TEL&FAX 0557-51-6888
e-mail info@npo-uwsua.org
20170706チラシ最終版.jpg
伊東観光協会の定時総会に参加しました[2017年05月26日(Fri)]
本日は、当団体の所属する伊東観光協会の定時総会に参加しました。
DSC_0155.JPG
伊豆高原メガソーラーパーク建設反対の署名提出[2017年05月26日(Fri)]
伊東市八幡野で計画されている伊豆高原メガソーラーパーク発電所建設に関して「太陽光発電所の建設に伴う海の環境に与えるダメージを考慮しない大規模な森林伐採に反対します」という署名を当団体も協力して集めてきましたが、約40日で合計11,246名の方の署名が集まりましたので、25日に静岡県 土屋副知事に提出してきました。たくさんのメディアも取材に来ていただきましたが、こちらは伊豆新聞の記事です。
20170526伊豆新聞.jpg
静岡東部ドクターヘリチームとの打合せ[2017年05月25日(Thu)]
本日は順天堂大学医学部附属静岡病院にて静岡東部ドクターヘリチームの方と今年度の勉強会やその他の活動についての打合せを行いました。
伊東地区水難事故対策連絡会が開催されました[2017年05月10日(Wed)]
本日、駿東伊豆消防本部伊東消防署において平成29年度 伊東地区水難事故対策連絡会が開催されました。下田海上保安部、下田海上保安部伊東MPS、駿東伊豆消防本部伊東消防署、伊東警察署、いとう漁業協同組合及び当法人が参加し、昨年度の事故発生状況や事故発生時の連絡体制の確認等を行いました。
DSC_0146.JPG
静岡地区水難救済会の総会が開催されました。[2017年04月20日(Thu)]
本日、熱海の新かどや会議室にて静岡地区水難救済会の第16回通常総会が開催されH.28年度事業実施報告・収支決算報告、H.29年予算及び事業計画、H.29年役員人事が審議されました。
DSC_0125.JPG
DSC_0128.JPG





ボランティア活動保険[2017年03月27日(Mon)]
本日、伊東市社会福祉協議会へ行って、団体登録の更新手続きと2017年4月1日〜3月31日までのボランティア活動保険の加入手続きを行いました。当法人の会員は全員、ボランティア活動保険に加入済です。
20170327.jpg
下田海上保安部伊東MPSの監視取締艇の解役・就役式に参加しました[2017年03月23日(Thu)]
本日、下田海上保安部伊東MPSの監視取締艇「ぽらりす」の解役及び就役式が伊東サンライズマリーナにて行われ、当救難所からも理事長・事務局長が参加しました。
DSC_0097.JPG
理事長の被災地復興支援の新聞記事[2017年03月19日(Sun)]
3月17日付けの毎日新聞静岡版に村田理事長の被災地復興支援の記事が掲載されています。
20170317毎日新聞記事村田.jpg
先日の潜水捜索訓練が新聞に掲載されました[2017年03月17日(Fri)]
3月14日に沼津市千本浜で開催された潜水捜索訓練の記事が3月16日付けの毎日新聞に掲載されました。
20170316毎日新聞訓練記事.jpg
千本浜で潜水捜索訓練を開催しました[2017年03月14日(Tue)]
本日、沼津市千本浜で清水海上保安部を講師に招いて当法人の救助員向けの潜水捜索訓練を開催しました。
参加いただいた皆様お疲れ様でした。
P3140726.JPG
P3140126.JPG
P3140758.JPG
東日本大震災の復興支援イベント[2017年03月11日(Sat)]
DSC_0086.JPG本日、伊豆海洋公園ダイビングセンターにおいて東日本大震災の復興支援イベントとして宮城県気仙沼市から直送された焼きホタテの販売&ワカメの味噌汁サービスが開催されました。
2月28日にラジオ出演します[2017年02月27日(Mon)]
明日2月28日(火)にエフエム熱海湯河原のマイマリン135(8:45〜9:00)に、当法人の潜水訓練を担当している佐野健太郎さんが出演し、先日行った訓練を中心として来月沼津で開催する訓練の話なども含めてインタビューを受けることになっています。
潜水捜索訓練を開催しました[2017年02月20日(Mon)]
本日、伊豆海洋公園のプールにおいて下田&清水海上保安部の方々を講師に招いて潜水捜索訓練を開催しました。悪天候の中、当法人の救助員20名が参加し様々な訓練を行いました。
6実技プール説明.jpg
13実技プール結索障害突破体験.jpg
16実技プール潜水捜索訓練.jpg




マリンレスキュージャーナルの記事[2017年02月10日(Fri)]
公益社団法人 日本水難救済会の会報「マリンレスキュージャーナル」2017年1月号に海の安全・安心を支えるボランティアたちの群像という特集がありまして私たちの所属する静岡地区水難救済会の沼津救難所とICS救難所の取り組みが6ページにわたって掲載されています。私たち静岡広域DRS救難所との連携の話や昨年11月の沼津での合同訓練の様子が写真入りで紹介されています。
http://www.mrj.or.jp/suikyu_news/109_1.html
NPO法人向け事務力向上講座に参加しました[2017年01月27日(Fri)]
本日、伊東市役所で開催されたNPO法人向けの「事務力向上講座」に参加してきました。
事務力向上講座チラシ.pdf
理事会&通常総会が開催されました[2017年01月25日(Wed)]
本日、富戸コミュニティセンターで平成29年度理事会&通常総会が開催されました。
参加いただいた会員の皆様お疲れ様でした。
20170124.JPG
昨年度の水難救助出動実績[2017年01月18日(Wed)]
11救命浮環.gif
当法人の昨年度(H27年12月〜H.28年11月)の活動実績をまとめています。
1年間で当法人所属の救助員は2月・7月・8月・9月に合計5回伊豆半島内で発生した水難事故時に出動し、救助活動を行いました。
伊東地区水難救済機関の懇親会に参加しました[2017年01月13日(Fri)]
本日は伊東地区の水難救助機関の懇親会が開催されました。参加者は伊東消防署・伊東警察署・下田海上保安部伊東MPS・伊豆地区水難救済会(いとう漁協)・当法人の総勢約30名でした。参加された皆様お疲れ様でした。
20170113.jpg
順天堂ドクターヘリチーム&消防&ダイビング事業者の合同勉強会開催[2016年12月19日(Mon)]
本日、順天堂静岡病院において、第8回静岡東部ドクターヘリチーム&各地域消防&ダイビング事業者の合同勉強会が開催されました。
総勢70名が参加し活発な意見交換を行いました。
【プログラム】
#1 減圧症の発生機序について
#2 今年度の事故件数、チェックリスト使用状況について報告
#3 事例検討会
#4 意見交換  
勉強会に先立ちドクターヘリ見学も行いました。
参加された皆様お疲れ様でした。
2016_12_19順天堂ドクターヘリ_5.jpg
2016_12_19順天堂ドクターヘリ_8.jpg
2016_12_19順天堂ドクターヘリ_14.jpg
芦ノ湖湖底清掃に参加しました[2016年12月16日(Fri)]
12月16日(金)、芦ノ湖の湖底清掃イベントに当団体からも会員とボランティアダイバーが参加しました。
S_5358937966544.jpg
S_5358938050367.jpg


海の安全・安心講座が終了しました[2016年12月02日(Fri)]
本日は当法人主催の海の安全・安心講座を富戸コミュニティーセンターで開催しました。
講演1「レジャーダイビング事故の発生状況 」
講師:下田海上保安部伊東マリンパトロールステーション 所長 渡邊 成生 氏
講演2「減圧症予防に役立つダイブコンピューターの基本メカニズム」
講師:今村 昭彦 氏
講演会には定員を越える50名以上の参加者にお越しいただき無事終了しました。
Image_0adaa3f.jpg
Image_b7e0147.jpg
Image_3dbda0b.jpg
11/29にラジオ出演します[2016年11月28日(Mon)]
明日11月29日(火)にエフエム熱海湯河原のマイマリン135(8:45〜9:00)という海に関連する情報を発信する番組に村田理事長が電話で出演し、12月2日に開催する「海の安全・安心講座」のお知らせをする予定です。
沼津港での合同訓練[2016年11月26日(Sat)]
本日、静岡地区水難救済会沼津救難所・静岡広域DRS救難所・清水海上保安部・沼津警察署による初の合同訓練が沼津みなとマリーナ桟橋〜千本浜の海域で行われました。総勢約50名及び海上保安庁巡視船おきつ・GB、沼津水難救済会の救助船4隻が参加しての訓練となりました。
Image_625add7.jpg
PB260546小.jpg
PB260521小.jpg
Image_5674e18.jpg
PB260567小.jpg
12月2日に海の安全・安心講座を開催します[2016年11月13日(Sun)]
20161202告知用.jpg
「海の安全・安心講座 」(平成28年度 伊東市魅力あるまちづくり事業 補助事業)を開催します。
ダイビングが原因として起こる障害に減圧症がありますが、ダイブコンピューターの指示に従っていたのにもかかわらず減圧症に罹患してしまったダイバーも数多く知られています。現在ではほとんどのダイバーが使用しているダイブコンピューターですが正しく使用するためには基本的なメカニズムを知ることが必要となります。今回の海の安全・安心講座では、これまで減圧症に罹患した多くのダイバーのダイビングプロファイルの傾向を分析し、そこから考えられる減圧症の予防法とダイブコンピュータが示す無減圧潜水時間の危険性について全国各地で講演されている今村昭彦氏を講師に招いて「減圧症予防に役立つダイブコンピューターの基本メカニズム」について講演していただきます。
また、今村氏の講演に先立ち、日頃より伊東の海を守っている下田海上保安部伊東マリンパトロールステーションより「レジャーダイビング事故の発生状況」についてもお話ししていただきます。

講演1「レジャーダイビング事故の発生状況 」
講師:下田海上保安部伊東マリンパトロールステーション 所長 渡邊 成生 氏
講演2「減圧症予防に役立つダイブコンピューターの基本メカニズム」
講師:今村 昭彦 氏
開催日:2016年12月2日(金)13:00〜16:00
会場:富戸コミュニティセンター 3階和室
対象:どなたでも参加できます。お申込みは認定NPO法人アンダーウオータースキルアップアカデミー 事務局長 苅部まで(TEL&FAX:0557-51-6888 e-mail:info@npo-uwsua.org)
定員:50名(先着順)
参加費:資料代として500円


11/26訓練の打合せ[2016年10月20日(Thu)]
11月26日に沼津港で開催される静岡地区水難救済会沼津救難所、清水海上保安部、沼津警察署との合同水難救助訓練の2回目の打合せに参加しました。
2016102001.jpg
2016102002.jpg
11月に沼津で開催される訓練の打合せ[2016年10月03日(Mon)]
本日は11月に沼津で開催される静岡地区水難救済会沼津救難所、清水海上保安部、沼津警察署との合同水難救助訓練の打合せに参加しました。
20161003.jpg
マリンレスキュージャーナルに掲載されました[2016年09月08日(Thu)]
公益社団法人日本水難救済会の会報「マリンレスキュージャーナル」8月号に新設救難所として当団体「静岡広域DRS救難所」が紹介されています。
MRJ201608DRS紹介001.jpg

つながる海の日プロジェクトin浜名湖で子供向け体験ダイビングを実施[2016年07月24日(Sun)]
つながる海の日プロジェクトin浜名湖に今年も参加しました。本日は「きれいな海にしよう!子どもダイバー体験」ということで約子50名の子どもたちに水中世界を体験してもらいました。
Image_2854b98.jpg
Image_85a4989.jpg
Image_d21541b.jpg
水難救助合同訓練の記事が伊豆新聞に掲載されました[2016年07月17日(Sun)]
当法人も参加した15日(金)の伊東市水難救助合同訓練の記事が16日付けの伊豆新聞に掲載されました。
http://izu-np.co.jp/ito/news/20160716iz0000000026000c.html
伊東市水難救助合同訓練に参加しました[2016年07月15日(Fri)]
本日、伊東新井外堤防沖合にて伊東市の水難救助合同訓練が開催されました。
参加機関は伊豆地区水難救済会(いとう漁協)、当法人(静岡広域DRS救難所)、静岡地区水難救済会ICS救難所、伊東警察署、下田海上保安部伊東MPS、静岡県消防防災航空隊、駿東伊豆消防本部伊東消防署の合計約50名でした。
当法人からは5名が訓練に参加し水難救済会の救助船に同乗して水面にいる要救助者を確保し救助船に引き上げるところまでを担当しました。
Image_503e53f.jpg
Image_bef7e4f.jpg
Image_2fc9ffe.jpg
7/13の安全講習会が伊豆新聞に掲載されました[2016年07月15日(Fri)]
7月13日に開催した初島小学校・中学校に対する安全講習会が伊豆新聞熱海版に掲載されました。
http://izu-np.co.jp/atami/news/20160714iz2000000013000c.html
初島小学校・中学校に対する安全講習会を開催しました[2016年07月13日(Wed)]
本日初島小学校・中学校の教職員・生徒に対する安全講習会が開催されました。
小・中学校からは生徒と教員合わせて10名が参加し、下田海上保安部からは5名の方が、静岡地区水難救済会ICS救難所から1名、当法人からは5名が指導・サポート等で参加しました。
背浮き、ペットボトルやボールを使用した背浮き、救命胴着を使用した背浮き等を体験してもらい、その後ペットボトルを使用した救助方法や人命救助実演も行いました。
参加していただいた皆様お疲れ様でした。
P7130032小.jpg
P7130041小.jpg
P7130078小.jpg
潜水捜索訓練を実施しました[2016年07月08日(Fri)]
本日は伊豆海洋公園ダイビングセンターのプールにおいて当法人の会員向けとしては今年度2回目となる潜水捜索訓練を行いました。
講師は下田海上保安部より3名の方にお越しいただき、参加者は11名でした。
参加された皆様お疲れ様でした。
集合写真.jpg
視界不良捜索訓練2.jpg
障害突破体験5.jpg
熱海港で官民合同訓練実施[2016年06月29日(Wed)]
本日は、熱海港で官民合同「津波避難・水難救助訓練」が開催されました。
参加機関は下田海上保安部、伊東市観光建設部、熱海市消防本部、静岡地区水難救済会ICS救難所、スパ・マリーナ熱海、青木建設、熱海港海釣り施設、静岡県警察本部地域部、熱海警察署と私たち静岡地区水難救済会静岡広域DRS救難所の10団体約70名でした。
天候があまり良くなかったので予定していたヘリコプターでの救助は中止となりましたが、避難誘導・水難救助を関係機関が連携して行うことができました。
P6290145.JPG
2016062901.jpg
ダイビング事故チェックリストが改定されました[2016年06月24日(Fri)]
伊豆半島でダイビング事故が起きた際に使用している静岡県東部ドクターヘリダイビング事故者チェックリストが改定されました。
詳細はこちらをご覧ください。
http://npo-uwsua.org/about.html#kokuchi001
6/29 熱海港で官民合同「津波避難・水難救助訓練」が開催されます[2016年06月22日(Wed)]
6月29日(水)に熱海港で開催される官民合同「津波避難・水難救助訓練」に当法人も参加し、海中に落下した要救助者の救助を担当します。
海上保安新聞に静岡広域DRS救難所開設の記事が掲載されました[2016年06月16日(Thu)]
6月2日付の海上保安新聞に公益社団法人日本水難救済会 静岡地区水難救済会 静岡広域DRS救難所が開設した記事が掲載されました。
20160602海上保安新聞.jpg
熱海の事故防止講習会で講演してきました[2016年06月16日(Thu)]
本日は熱海市ダイビング協議会の事故防止講習会がありました。当法人へは下田海上保安部伊東MPSより講演依頼がありましたので順天堂大学医学部付属静岡病院のフライトドクターとフライトナースの方と一緒に、講演を行いました。
参加いただいた皆様ありがとうございました。
Image_b8a7635.jpg
伊東観光協会総会に出席しました[2016年05月30日(Mon)]
本日は平成28年度伊東観光協会総会に出席しました。
20160530.jpg
本日の静岡新聞夕刊に記事が掲載されました[2016年05月30日(Mon)]
本日の静岡新聞夕刊に先日伊豆海洋公園で行った潜水訓練の記事が掲載されました。
Web版はこちらです。
http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/bosai/245598.html
伊東地区救助機関定期懇親会に参加しました[2016年05月13日(Fri)]
本日は、伊東地区救助機関定期懇親会があり、当法人からは12名が参加しました。
他の参加機関は下田海上保安部、下田海上保安部伊東MPS、伊東警察署、駿東伊豆消防本部伊東消防署、いとう漁業協同組合で総勢約40名となりました。
参加された皆様お疲れ様でした。
2016051.jpg
5/11の捜索訓練の報道について[2016年05月13日(Fri)]
5/11日に行われた潜水捜索訓練に関しての新聞記事とニュースです。
SBSニュース
http://www.at-s.com/sbstv/videonews/index.html?id=IZh8vi_GYe0
伊豆新聞
http://izu-np.co.jp/ito/news/20160512iz0000000016000c.html
毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20160512/ddl/k22/040/064000c
潜水捜索訓練を実施しました[2016年05月11日(Wed)]
本日、伊豆海洋公園において、潜水捜索訓練を実施しました。
今回は水難救済会の救難所になって初めての訓練ということもあり、下田海上保安部伊東MPSの方を講師に迎え18名の会員が参加し、海上保安庁の潜水捜索方法について学びプールで捜索 訓練を行いました。
P5110066小.jpg
P5110031小.jpg
P5110055小.jpg
P5110105小.jpg
救難所開設の記事が掲載されました[2016年05月09日(Mon)]
公益社団法人 日本水難救済会のHPに救難所開設の記事が掲載されました。
http://www.mrj.or.jp/2016/05/post-159.html
伊豆新聞に掲載されました[2016年04月30日(Sat)]
本日の伊豆新聞に静岡広域DRS救難所開設の記事が掲載されました。
20160430伊豆新聞救難所004.jpg
伊東市佃市長へ静岡広域DRS救難所開設を報告しました[2016年04月28日(Thu)]
20160428.jpg
本日、伊東市役所市長公室において「静岡広域ダイビングレスキューステーション救難所」開設の報告を伊東市 佃弘巳市長に行いました。ご参列いただいた下田海上保安部、清水海上保安部、下田海上保安部伊東MPS、伊東警察署、駿東伊豆消防本部 伊東消防署、いとう漁業協同組合の皆様ありがとうございました。
DSC_29441.jpg
静岡広域DRS救難所誕生[2016年04月16日(Sat)]
本日、静岡地区水難救済会の総会が開催され、当法人は静岡地区の8番目の救難所となる「静岡広域DRS救難所」(DRSはダイビングレスキューステーションの略)となりました。
t02200124_0800045013622032433.jpg
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

アンダーウオータースキルアップアカデミーさんの画像
http://blog.canpan.info/uwsua/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/uwsua/index2_0.xml