CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年07月 | Main | 2019年09月»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
http://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
バルーン活動@第10回野木町ふれあい夏祭り 気が付いたら終わってました [2019年08月25日(Sun)]
2019年8月25日(日)

 はい、どうも。ウシです。

 やーーーーーー。タイトルにもある通りなんですけどね。

 気が付いたら夜になっていた、8月24日(土)のね。野木町役場や公民館などの施設群のある駐車場を会場に行われた「第10回ふれあい夏祭り」にね。ご依頼というか、実行委員会の仲間に入っていますのでという通知を頂いたのでね。

 えぇ。お邪魔してきました。職場まちぴあのブログでも更新してあるように、午前中は担当しているボランティア体験プログラム「釜川コケ落とし大作戦」がありましてね。

 正確なことをいうと、作り方の練習会をやった、学生たちの体験プログラム「コミュニティボランティア体験」もね。祭りの時間と同じ時間で行われていましたから。公私の予定を合わせるとトリプラーな一日だったわけです。

 まぁね。イベントのかぶりについては、昨今成長著しい若手スタッフにお任せしておりましたからねぇ。安心してね。ウシは自分の活動に専念できると午後からお休みを取って立ち向かいました。

 んでね。野木町のふれあい夏祭りですがね。少し早めに会場につきますと。町の皆さんで準備された櫓や提灯がすでに祭りの雰囲気を醸し出しておりまして。えぇ、強引に拡大したんだろうなぁという、まつりをお知らせする巨大文字がね。

P8240001.JPG


 そんな町ぐるみの熱気を伝えてくれました。

 んでね。役場の皆さんなどに挨拶をしてね。西日ガンガンかもと怯えながら、いい感じの曇り空だったので安心してついた、公民館玄関前のスペースでね。「ピカ」「ブイ」「シナモ」などのキャラもの作品を飾り、

 この夏の新キャラクター「先生」でも作ってね。子ども達の反応を伺おうかしらんと思っておりましたらね。

「ウシさーん。もう、並んでいいですかーーー?」

 とね。来たもんですからね。えぇ。ついつい。

「はいよーーーーー♪」

 といったらね。

P8240004.JPG


 ・・・・・・・・・気が付いたらねぇ。夜になっておりました。

 えぇ〜〜。祭りスタート30分前くらいからやり出したことは記憶しておりますけどね。そっから一度も席を離れることなく。作り続けたウシ。えぇ、毎年何度かお邪魔する野木町の皆さんからもね。

「ウシさん、痩せましたね」

 と、言われるほど成果が出ているらしい自転車作戦「ツウキン」の副作用かしりませんけどね。水分補給は随時したものの、途中でヘタれることなく乗り切ったウシ。

 あれですね。感覚的にはねぇ。まぁ、完全試合ではなかったですね。途中でいくつも割ったし。多少戸惑うこともありましたしね。

 えぇ、明らかにフォアボールかデットボールかは分かりませんが出していますよ。えぇ、しこたま。しかしながらね。得点はなぜか許さない。

「あれ?もしかしてノーヒットノーランかしら???」

 ってな具合のねぇ。完投試合でしたね。球数は300球(本)くらい。冷静にプレゼントした数を振り返ってみるとね。101人には最低でもプレゼントしておりましてね。

 時間的には2分で1個のペース。うん、相変わらず、もらう方もボランティア的な展開は健在でございますけどね。完投できるのも野手、応援の方々のおかげですよ。 

 確かにねぇ、こんだけ球数を要しつつノーノー試合というのもね。ないんだろうなぁと思った次第でございました。

 まぁ、ホントにね。感覚的にはワープ間のあった今年のふれあい夏祭り。写真もね。ブログ掲載されているこの4枚がすべてというくらいねぇ。風船に没頭していたわけですがね。

P8240002.JPG


 根強い人気のポケモン系をはじめ、ハートやイチゴといった作品もねぇ。子ども達のハートをつかんだようでね。えぇ、ある意味においては、中途半端なまま作れずじまいだった「先生」が飾ってあったらね。

P8240003.JPG


 もう、どうなっていたのかとも思うところでございましたけどもね。おかげ様をもちまして。ウシもこの夏。この8月を精一杯過ごせたと思えた活動でございました♪

 そんなことで野木町の皆様。また、ご用命がありましたらね。お邪魔しますので今後ともご縁をよろしくお願い致します♪
若者の存在は心強いです [2019年08月23日(Fri)]
2019年8月23日(金)

 はい、どうも。ウシです。

 いやぁ〜〜きてますね。権藤さん状態だった今週月曜日から水曜日を乗り切ってね。2日間空いたわけでございますけどもねぇ。

 その間当たり前ですが、仕事もあってね。こなしながらこなれていくように過ごしておりますがねぇ。携帯のアラームにまったく気が付かずに寝過ごしそうになったりね。

 そもそも、仕事終わりの一時に「ファイアーエムブレム」(GBAの封印の剣をプレイ中)をやるのが楽しみのくせにね。体力的な問題化、ウシがスリープしてしまうパターンが出てきましてね。えぇ、やっぱり暑さ?ウシ???仕事????の疲労感はあるのでしょうかね。

 そんなこんなの今週ですが、この山場もこの土曜日(24日)の山を登ればひと段落なのですが、その山がでかい。

「ダブルブッキング」

 なんですよね。えぇ、分かっていたことですがね。8月24日は職場まちぴあの事業でね。「コミュニティボランティア体験事業」がありまして。詳しくは、リンク先をご参照下さいですが。その日時と同時間にね。

 ウシは、ブログでもお知らせした野木町のイベントに参加しているわけです。そんなことなのでね。この日は学生たちに活躍してもらうための「バルーン練習会」を催しました。

 えぇ。ボランティア活動をするのは学生の若者たちですからね。ウシは教授役として一戦を譲るのは当たり前ですけどもね。まぁ、結果的には気持ちとして「やりたい」はあってもね。

 もうねぇ。自主的な球数制限ですよ。パワプロでもね。体力ゲージが空っぽでね。練習を実行したら即病院行きでっせの状態だというのがあるのでね。

 ウシではないバルーンの担い手を育成しないととね。なっているわけです。プログラムを担当しているスタッフさんが丁度会場の設営準備に行っていたので、この日はウシが担当官。

DSC09107.JPG


 5名ほどの高校生たちが集まってくれていたのでね。一本ものでスムーズにできるように、動物系やハート・剣の作り方をレクチャーしましたよ。

 いやぁ〜。いいですねぇ。バルーンの講習会は何度かやっていますけどね。趣味というかなんというか、普通の講習会はねぇ。そもそも講習会そのものを楽しみこられる場合も多いのでね。

「自分でできるようになるんだよ」

 といってもねぇ。その実、習得した技術を活用するタイミングもないのが実際でね。やらないと技を錆びますし。楽しむそもそも楽しみオンリーだと目的設定が異なりますからね。まぁ、育成という意味では中々に続けられないのが現状だったりします。

 そういう意味ではね。「やらなきゃいけない時」が定まっているこうした機会はね。ある意味貴重。そしてね、そーいう意味でやってみたい子たちが集まってくるのでね。

 いやぁ、みんな真剣にバルーンを学んでくれましてね。えぇ、基本形を中心にほぼ心配のない状態になったと思われますよ。

P8230010.JPG


 そんなことですからね。ウシは途中から野木町の準備。ウシもプレゼント活動ですから、「先生」の試作をしたりしてね。ウシも自主練習の確認作業ができました。

 先生もねぇ。見守りながらの練習会。いい感じです。

P8230007.JPG


 心強い若者たちがあるおかげでね。ウシは残りの力を出し切ってもいい環境ができました。まことに心強い。そしてね、ボランティアを通じてのバルーンと子ども達との楽しい空間をねぇ、みんなで作れることを期待しておりますよ♪
バルーン活動@緑ヶ丘小宮っ子(3) また来年??会いましょう♪ [2019年08月21日(Wed)]
2019年8月21日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 そんなことでね。色々と学びもあった今回の3連投ウシ。今年は特にねぇ、高校野球でも球数制限が問題視されておりますし、ウシもね。それなりに大変だなぁ〜と考えることもありますがね。

 一方であれですね。連投をしていくとね。「どう凌ごうか」などと考えることもあるもんでね。まぁまぁ、未だにね。高校球児の皆さんの方がねぇ。40近くになったとしても奮闘しているところを見るとね。

「えらいなぁ〜〜〜」

 という。明らかに敬う感覚での感想しかただただ出てこないウシとは世界も次元も違う話だとは思いますけどもね。まぁまぁ。ともかくもウシ的にはね。どうしのぐか。そんなことを体験できた活動機会となったわけでございますよ。

 えぇ。そんなことで3日目。3日目にして今更なんですがね。緑ヶ丘小さんの場合は1、2年の低学年の子たちの参加はないんですよね。えぇ、すっかり忘れていましたが、ご縁を頂いた当時はねぇ。確かに、一番風船大好きの世代の子たちに殺到されるとね。

 ウシが持たなくなるというスキル的な課題もありましたからね。そのご要望をずっと聞き届けていて下さったのが緑ヶ丘小さんだったのですねぇ。ありがたいことです。

 しかしながら特にこの令和に入ってからというもの。50人、100人越えのバルーンチャンスもあってね。それなりに成長していたのでね。低学年でも大丈夫ということもお知らせさせて頂きました。

 そしてね。緑ヶ丘小さん。ありがたいです。「膨らませられない」「しばれない」しかし「風船めっちゃ好き」世代の子たちに対応するためにはね。新たな武器が必要でございましてね。色々ウシで回っておりますとね。空気入れにもいろんな種類があるもんで。

P8210027.JPG


 こちらのね。透明で白いポンプ。こいつがねぇ。特に使いやすかった。
 
 バルーンやっている方は分かると思いますけどね。作っている最中によく落とすんですよねぇ。ポンプ。そしてね。よく割れてしまうのです。その点の耐久性もあるのかなとということもあり。

 子ども達でも作りやすいということねぇ。お話させて頂きました。その実、ウシは「公房筆を選ばず」というかね。ウシが行っているお店は専門店ではないので普通のタイプしか売っていないのですが。

 19日にこの話をしてね。21日の最終日。先生方がこの神器を買ってきて下さいましてね。えぇ、ありがとう!ICT万歳!!!ってところですね。

 そんな器具充実もあった、緑ヶ丘小宮っ子最終日の8月21日は、3年生を中心に20名ほどの児童さんが参加下さいました。人数と雰囲気的には「遊びモード」になった初日と同じですね。

P8210023.JPG


 しかしながら、今回はね。ウシが持ち込んだ、長年愛用のだましだまし使っているベテランポンプに加え新進気鋭の神器がありましたからね。

 なーーーんでしょうか。遊びと工作が融合した世界が展開されまして。そしてね。ウシの方も、いい感じにリラックスしてできました。ウシの実力を示す、じゃんけん用作品もね。準備中隣の部屋で遊んでいる子たちから、ポケモンと妖怪の話題がでていたので、こんな感じでラインナップ。

P8210038.JPG


「どーやら。3年生までみたいだな」

 と、見定められた新キャラ「先生」もね。作ってね。えぇ〜〜。充実してましたねぇ。

P8210039.JPG


「イヌ」「ハート」「剣」をやってね。戦支度し始める子たちも続出しましたが、その支度を自分でやっている。これがねぇ。大きかったですねぇ。有用性を急に説明し出した「わっか」を使ってね。

P8210032.JPG


 武器と防具を作って遊んでいる一方でね。リンゴやブドウ、花などを作りつつ。ピカ、ジバあたりのキャラもの作品にもチャレンジしてね。えぇ、縦横無尽な楽しみ方でね。ウシ的には満足しちゃいましたねぇ♪

P8210036.JPG


 そうそう。もうね。うんこ先生は鉄板であることが分かり。そしてね。出来的には不安であった先生ですがね。「まぁ、ウシ流はこれでいい」というねぇ。確信を子ども達の反応から確かめることができて。

P8210040.JPG


 さらにはね。まぁ、どーでもいいですが。ウシとしてはね。ただ単に「先生と呼べばなんか納得できる」というねぇ。彼をキャラとして得心できるポイントを発見できましたからね。えぇ、夏休み明けの活動からねぇ。活用していこうと思っております。

 えぇ〜〜〜。パワプロでもそうですが、日々の練習もさることながら、実践(現場)での経験値はねぇ。また違ったものであるようです。ま、ゲームと違って何のパラメーターが上がってね。一方で退化したかは知りませんけども。

 ほんと、学びの多い3日間でございました。そんなことでね。緑ヶ丘小宮っ子ステーションの皆様。ありがとうございました。また来年??お会い致しましょう!!
バルーン活動@緑が丘小宮っ子(2) フシギバナは(現在)できません [2019年08月21日(Wed)]
2019年8月21日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 いやぁ〜〜。8月19日の月曜日から始まる今週の山場。その第一弾である「緑ヶ丘小3連発ウシ」がね。本日正午で無事に終了しましてねぇ。

 えぇ。はじまるれば終わるには当たり前ですけどもねぇ。ちゃんと乗り切れましたからねぇ。良かったですよ。えぇ。更新する記事自体は8月20日の中日のことですがね。うん、少々疲れましたね。

 えぇ、一番の不安だったのはね。

「同じことを3回ちゃんと繰り返せるか」

 ってなところでね。えぇ〜〜。こんなもんじゃないんでしょうけどね。ウシがこのことをイメージする場合には、一番にねぇ。お正月で漫才をされる芸人の方が思い浮かぶわけなんですがね。

 何回も同じ内容のネタを見るっていうね。あれです。

 すごいことだよなぁ〜とね。思うわけです。

 不思議なもんでね。そうはいっても日頃同じことをしているくせにねぇ。時間的な間隔や会場が変わるとね。何というかねぇ。テンションが上がらないというかね。妙な感覚になるもんです。いろんな言葉をすっとばして言うとね。

「面倒くさくなる」

 ってことなんですよ。えぇ。このねぇ。何とも言えないねぇ。ある種病気といってしまっていいモチベーションにならないかと思いつつ臨んだこの3日間でしたけどね。

 えぇ。その実や、子どもさんたちの反応が3日間とも違いましてね。楽しめましたのさ。えぇ。参加してくる子供たちが違うわけですからね。当たり前といえば当たり前ですけどねぇ。何かね、その当たり前を改めて確認できた3日間だったのでしょう。

 そんなことでね。まぁ、多少疲れていますから。自然と長くなるのはご容赦頂くとしてね。8月20日の宇都宮市立緑が丘小学校さんの宮っこステーション(放課後教室)での様子を報告しましょう。

P8200006.JPG


 えぇ。この日はね。10名ほどの児童さんがご参加でした。

 えぇ。中日に10名。いい感じですねぇ。かなり落ち着いてできました。学年も3年生〜5年生がメインでね。年齢的にも落ち着きがありまして。いい感じでしたねぇ。

「人数が少なるなると、その分材料が減る」

P8200013.JPG


 ということではないのがね。バルーン教室の妙なところでございましてね。落ち着いて教室に取り組むとねぇ。「騒ぐ」という行為をしないからか、粛々と「作品づくり」にシフトするというねぇ。傾向があります。

 やったのはいつもの「イヌ」「剣」「ハート」だったのでね。流れ的には遊びメインに行ってもいいはずなんですがね。

「イヌと、剣と、ハートの作り方を覚えると何でも応用が効くんだよ〜」

P8200011.JPG


 というね。ウシの言葉に子ども達がちゃんと耳を傾てくれましたからね。じゃあ、実際にどうなんとね。ウシですら落ち着いた雰囲気の時にしかやらない、

「進化系ポケモン(リザードン、カメックス)」を作りながらね。リザードンさんの羽根の部分は、ハートの折り目を付けるのと一緒〜〜とかと言いながら作品をこさえていきましてね。

P8200015.JPG


 えぇ。しっかりウシ自信が練習をする中日となったわけでございました。子ども達からのリクエストがね。教室をやりながらポケモンの映画の話題で盛り上がっていましたからね。

 本日はうんこ先生の出番がなく。ピカ、ブイ、ピチュウを含めたポケモン三昧の一日となったのでございました。えぇ〜。

P8200016.JPG


「ウシさん、フシギバナは?」

 とね。もちろん言われました。えぇ。分かりません。

 ウシももちろんでしたけどね。緑の風船を多数使うフシギバナ。丁度材料がなくなったのは真実でしたけどね。できないんですよねぇ〜〜。

「じゃぁ、来年の夏休みの宮っこの時にはできるよね!!」

 とね。言われたウシ。うん。一年も経つとねぇ。忘れているだろうと思いつつ。ちゃっかり忘れているのはウシだけでね。モノの流行や時間の経過があったとしてもね。

P8200021.JPG


 意外にこうした子どもさんは言ったことを覚えていましてね。そしてマジで来年機会があった場合には参加してくることがあると。えぇ、侮れないということをねぇ。おぢさんウシ分かってますからね。

 うん。うんこ先生のついでにね。フシギバナも頑張ってみようかなぁと思ったウシでございました♪
バルーン活動@緑ヶ丘小宮っこステーション(1) うんこすげえっす!! [2019年08月19日(Mon)]
2019年8月19日(月)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、本日はね。午前中にウシの予定がありまして。えぇ、始まりましたねぇ。8月の繁忙期が。まぁね。一週間中の話であってね。繁忙期となればそれなりの見返りがあってねぇ。疲れるけどホクホクというパターンもあったりしますけどね。

 えぇ。一切もらってないわけではないですが。基本的には材料費を基準にした回収スタイルでやっているウシ。その部分でのテンションの上がり下がりはねぇ。まぁ、そもそも狙っているわけではないのでね。ホクホクというよりも戻ってきて安心ってな感じでね。

 繁忙期に立ち向かっておりますよ。

 えぇ。そんなことで最初の山場。宇都宮市立緑が丘小学校の宮っこステーション(放課後教室)にお邪魔してきたウシです。えぇ、ブログでも取り上げている通り、一日だけだと対象にしている児童が参加できない場合も多いので、数日にわけて集中的にお邪魔するスタイルの緑が丘小さん。

 今年はね。

「一日おきがいいですか?それとも3日連続がいいですか?」

 という2択でございましてね。仕事の都合もあるもんですからねぇ。3日連続で一気にまとめる作戦で行かせておもらいました。

 そんなことでね。活動記事の更新もまとめてでいいかと思っていたのですが。同じ学校で同じ教室。ウシも一緒の写真が3日間溜まるとね。どれがどれだか判別つけにくくなるじゃないかと。えぇ、やることを変えられるわけでもないのでね。

 そんな思い直しがありましてね。まずは初回の8月19日の成果を更新しております。

 んなことで。本日のバルーン教室には、1年〜高学年までの20名ほどが参加下さいました。参加対象の学年もね。参加の多い低学年は日にちをわけでありますが、高学年はどの日でもよいというような配分だったようですよ。えぇ、運営されている先生たちの子ども達への配慮もね。うかがい知れるところです。

 例年、夏休みが終わるか終わらないかくらいのタイミングでお邪魔するウシ。ほぼ毎年お邪魔しておりますが、今回参加下さった子たちは半分くらいがウシ未体験の子たちだったこともあり、自己紹介もそこそこにね。

P8190027.JPG


 基本のイロハのね。「イヌ」からはじめる工作をスタートしましたよ。バルーン未経験者の子たちが多かったですからね。多少の心配はありましたが、結構。やる。子たちでしてね。

P8190004.JPG


 イヌを作って、割れること、ねじることを体験し、「剣」「ハート」で膨らますことや結ぶことを分かった後はねぇ。自分たちで結構作ってくれまして。

P8190025.JPG


 特に本日は、組み合わせ作品の定番としてある「わっか」を使った、「ベルト」や恒例の「弓矢」が繁盛しましてね。えぇ、次々に戦士たちが生み出されていきました。

P8190018.JPG


 その一方でね。「花」をはじめとした作品づくりをする女の子たちもあったりしてね。えぇ、争乱と平和が同居する世界が展開されまして。えぇ。大いに盛り上がったところでございます。

 10時スタートの風船教室はね。それだけ楽しいんでしょうねぇ。予定していた一時間半はアッという間に過ぎまして。えぇ、これまた恒例の「じゃんけん大会」ですよ。

 えぇ。ウシとしては鉄板のね。ポケモン・サンリオあたりを争奪品に作ってありましたけどねぇ。ここで出したのが試作中の

「うんこ先生」

 えぇ。すごいですねぇ〜〜。まだまだ作りこみが足らないなぁと思いつつも。レクチャーちながら作ってね。ポッとおいておいたらねぇ。

「あっ!うんこだ!!!!」

 となりましてね。えらい盛り上がり。試作品でしたけどね。うんこさんも景品に仲間入りさせたらね。えぇ、サンリオの「マイメロ」よりも挑戦者が多いという始末。

 ・・・・う〜〜〜ん。個人的にはまだ納得いっていないですけどね。

P8190029.JPG


 じゃんけんして勝者の陰でね。

「あーーー、うんこ欲しかったのになーーー」

 と惜しむ声も聞こえるなどね。えぇ。うんこ先生自体は平成からいると思いますけどね。なんていいましょうか。令和なねぇ。キャラクターの価値観の違いというものをね。見せつけられた今回のウシ活動となりました。

 ま、おかげ様で多少の自信をもったウシ。明日もね。うんこ作りましょう。そんなことでね。何か違った楽しみもできた活動日となりました♪
8月24日「第10回野木町ふれあい夏まつり」にお邪魔します♪ [2019年08月18日(Sun)]
2019年8月18日(日)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、お盆も何事もなく過ぎ去りましてね。えぇ、平凡に淡々と過ぎていくことがねぇ。まぁ、良いことですよ。人生谷あり山ありでね。よい山谷もあれば厳しい山谷もあるもんですがね。

 どっちにしても山谷があるわけでございますからね。まぁ、言ってしまえば双方ともに疲れるもんですよ。えぇ、ですからね。そういった時に備えての平坦さ。えぇ、暇だなぁと思う時の素晴らしさをねぇ。改めて考えなおしておるウシでございます。

 まぁね。それは、19日からの週がねぇ。この夏最大の山場だと分かっているからですよ。19日〜21日の3日間は連続でね。宇都宮市内の同じ小学校の宮っこステーションさんでウシがあり。

 えぇ、40を前にして通学気分でね。過ごす感じになっております。んでね。週末は職場まちぴあの河川清掃が24日に予定されており。午前中に清掃を終えて一息ついたらね。栃木県最南端の野木町でウシ。

 えぇ。例年、町が開催している「ふれあい夏まつり」が今年も催されるとのことでね。今年はやるのかな〜〜と思っていたらね。参加の打診ではなく、いきなり「やりますから」とのお達しがありましてね。

 例年参加でね。町にとっても恒例行事なのでしょうし、ウシも一応ね。「この辺かな?」の目算は付けておりましたけどもねぇ。事前打診なしに召集令状だけもらってもね。予定が合うかヒヤヒヤもんでしたかねぇ。

 ウシの最近のスタイルとして、売り込み型ではなく打診型で活動をコントロールしているもんですからね。ぜひ、役場の皆様にも事前通知をご理解頂きたいところでございます。えぇ、皆さんウシ自体が恒例になっているからね。よい意味で気にしていないのかもしれませんけども。

 町外のウシですからね。よそ様の町での活動ですからねぇ。ぜひ、ひと声事前に頂けるとねぇ。安心なんですよね。

 んなことでね。今年も行ってきますよ。第10回野木町ふれあい夏祭り。えぇ。明らかにワード(ソフトはパワポっぽいけど、ワード的な書類感がいい感じ)でつくったんだろうなぁという、微笑ましいチラシ。

noginatumaturi.jpg


 こーいうところがね。好きなんですよ。野木町。

 一応、町のホームページのまつり紹介のページともリンクしておきましょう。こっちの方がより分かりやすいですからね。

 例年参加しているのであれですがね。ウシは、ほぼ毎年、野木町公民館の玄関先に居座っておるのですがね。いやぁ、特に昨年の記憶ではお祭りスタート当初の17:00はねぇ。西日バンバンで苦しかったでした。

IMGP6220.JPG


 一時玄関ロビーに退避しながら準備をしているとね。スタート前から子ども達に囲まれてねぇ。一足先にスタートするのがいつものパターン。写真は昨年のですがね。えぇ、この夏もねぇ。皆さんとのふれあいを楽しみにしております。

IMGP6232.JPG


 そんなことでね。8月24日の17:00は野木町役場・公民館の広場でお会いしましょう♪
彼の人気はモノホンなのだろうか [2019年08月14日(Wed)]
2019年8月14日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、最近はほんと朝から暑い日が続いておりますねぇ。宇都宮市で仕事をしているとよく雨に遭遇することもあるのですがね。一転自宅の栃木市に帰ってみると降っていないということも多々あってね。

 ゲリラ豪雨といいますか。一点集中型の雨というのはねぇ。昔はこんなにあったかしらんと思ったりもします。そんなことでね。熱気を和らげるくらいの雨がね。ガっと欲しいところですがね。西日本を中心に大型の台風襲来と。

 1000ミリだかという雨が降るとのことでね。100ミリだってねぇ。短期間大雨で災害が〜と言っている昨今ですからねぇ。それはまたそれでね。心配のタネと思っているウシでございます。

 さて、情報取集力が乏しいウシでございますけども。先日、テレビの情報番組でね。

「うんこが人気です」

 などという話題を耳にしました。期間限定だそうですが、うんこのミュージアムもあったりするそうでね。面と向かって「私、うんこ好きなんです」ってねぇ。言われるのも不思議な世界だとね。

 朝めし中でしたからねぇ。冷水お茶漬けを頂きながらね。少し複雑な気分になったウシでございました。んでね。つい最近の話でございますが、お盆明けの来週はねぇ。ウシの繁忙期となっておりまして。

 残暑とともに迫りくる子ども達の相手をしなければなりません。芸能人は歯が命かもしれませんがね。ウシのバルーンは「目」が命。その場でいちいち作るのも面倒なので、時間があるときにねぇ。キャラものバルーンに使用する目シールをこさえておりました。

 その折にね。向かって左側のねぇ。黒の大きい丸シールと中くらいの白丸シールを組み合わせてね。目をこさえながらねぇ。ひらめきました。

P8140001.JPG


「あっ、これって眼鏡っぽくならないか」

 と。そんなことでひらめいた作品がね。

 えぇ。うんこでもウシも面白いとそれなりに思っている「うんこドリル」の先生ね。早速画像を検索してね。試作をしてみました。

 まぁねぇ。うんこそのものはね。ペンシルバルーンでも作れるのですがね。黄色やその他の配色を3本くらいは使うし。わざわざねぇ。貴重な風船を使うこともないとね。ラウンド風船との組み合わせで作り方を考案してみましてね。

 やってみました。

P8140002.JPG


 ・・・・・・・う〜〜ん。

 ちょうどいい具合の密着感というかね。ぎゅっと詰まった感じに中々ならない先生。いやぁねぇ。予想外の苦戦を強いられましてね。

 そしてね。思いましたよ。

 苦戦している割にはねぇ。

「何としても作ってやろう!!!」

 そういった意気込みが沸いてこない。えぇ〜。改めてね。不真面目に見えるものに息吹を吹き込みブームを作る才能を持った方にねぇ。経緯を表するところでございますよ。

P8140005.JPG


 そんなことでね。約30分くらいやってみてね。黄色だとは分かっていましたが、黄色といえばピカチュウになれる存在ですからね。残が残りやすい水色でやってみてね。

 ありながらねぇ。ラウンド風船をよりぺちゃっとした形にする方法なども思いついてね。それなりに収穫はありましたけどもね。えぇ、こんな感じが限界です。

P8140006.JPG


 一応、水色バージョンに体をつけてね。さて、彼は人気なのでしょうかね?うん、一応は作り方の目途がついたのでね。来週の学童で投入してみようと思います。

 ウシ流のうんこ先生。うんめいは如何に!!!!???
昔の自作品にときめき [2019年08月13日(Tue)]
2019年8月13日(火)

 はい、どうも。ウシです。

 いやぁああ。暑い日が続いておりますね。サウナ好きのウシですので、暑い日はねぇ。寒いのよりも大得意ですがね。「ツウキン」中の自転車とか、その大変さを実感している昨今であります。

 えぇ。この酷暑もね。なんでも日本だけのものではないと聞きますし。ゲリラ豪雨その他のねぇ。地球温暖化がその諸悪的な部分を担っているのでしょうかね。詳しくは分かりませんけどもねぇ。あれですよ。8月ですからね。

 国同士でねぇ。たくさんのお金をかけて明後日の方向にねぇ。なんの目的かは下々のものであるウシには分かりかねますけどもね。キレイでもない打ち上げ花火を上げていたり作ったりする余裕があるんならねぇ。

 環境問題というねぇ。世界的な問題に立ち向かうべきじゃあるまいかとねぇ。坊主頭で顔と頭だけやたらと日焼けしたおぢさんウシは思うわけでございますよ。

 えぇ。そんなことでね。8月も半ば。今年もお盆の時期となりましたね。お盆といえば俳句の季語的には秋であると聞いた記憶がありましてね。自転車マンのウシとしては長雨はあれですけどねぇ。それはそれで待ち遠しい感覚もあり。

 また、季節の移ろいの速さにね。まぁ、色々気候変動だぁあったとしてもね。ふとした時に驚くわけでございますよ。

 さて、お盆。そして秋。秋といえばね。やっぱ本番は10月、11月でしょう。10月といえばね。職場まちぴあで担当している「まちぴあまつり」の2019年版がね。10月14日の月曜・祝日に今年も予定されておりまして。

 先日、今年版の広報用チラシを作製しました。

P8110001.JPG


 昨今はね。「ハロウィン」の印象が強いウシ。やっているゲームもねぇ。今のは全く無関心で昔のゲームばかりをやってしまう懐古主義的な側面が強くなっているウシですからね。担当とはいっても、職場の若手スタッフに、イベント内でやるコーナーの出し物は考えてもらっていましてね。

 まぁ、適宜新しい風を吹き入れつつ続いているところでありまして。そんな流れからね。パレードも恒例行事になってますがねぇ。ハロウィン色がさ。年々色濃くなっている10月であると思うわけですよ。

 今年のまちぴあまつりでは、家庭内ででるリサイクル材を活用した子供向けハロウィン工作を実施することになりましてね。えぇ、よろしく頼んだと思いつつ。勝手に言っているだけかもしれませんが、まちぴあまつりといえば、

「ウシ」そして「バルーン」

 ですからね。えぇ、今年はハロウィンのカボチャバルーンあたりを大量にこさえでもしようかとね。作戦を練りながらチラシを作製しておりました。

 一昔前は、チラシに配する画像は手書きしていましたが、昨今はパソコンで見つけてくるのがねぇ。多いです。ちなみにね。これまでのウシのバルーンで作った中にいくつかカボチャ、ハロウィン的な作品もあったよなと思い。

 自分のこれまでの記録をね。メモリーではなくブログにアップしている画像から検索しようとね。

「ウシ カボチャ バルーン」

 と打ち込んだらね。最初の方にねぇ。ウシが2017年に作成したらしいバルーンの画像が出てきましてね。

baln.JPG


「あら、かわいい」

 とね。ウシ流サンリオのキャラと思しきものを無理やりくっつけたハロウィンバージョンにねぇ。2年の歳月を経て本人がときめくという始末。えぇ。時期ものバルーンはそのシーズンしか作るないレア系だしね。

 作っている本人にとっても量産型でない故にレアだからね。忘れてしまうわけでございます。

 ・・・・えぇ。暑さ故に疲れておりますね。

 ままま。そんなことでね。まちぴあまつりに向けてねぇ。ウシもハロウィンネタを考えながらね。この酷暑を乗り切っていこうと思っております。皆様も、暑さに気を付け、ご自愛のほどお過ごし下さいませ♪
バルーン活動@上三川小学校学童クラブ いっぱいでおまつり状態♪ [2019年08月09日(Fri)]
2019年8月9日(金)

 はい、どうも。ウシです。

 昨日の8月8日には、ウシの召喚予定がありました上にね。アドレス帳にメモしていたのにその後宇都宮で会議が予定されておりまして。えぇ、仕事なしのウシ予定でしたからお決まりの自転車移動を想定しておりましたのでね。

「おおっ、栃木県の南っかわを直角に移動するのか」

 とね。なりまして。日中移動中のラジオではねぇ。猛暑・酷暑に注意せよと。不要な外出・運動は控えろと喚起を促していましたけどね。高校野球は真っ盛りですからねぇ。案外意気揚々と走り出したウシでございました。

 まぁ〜〜〜暑かったですけどね。

 ・・・そんなことでね。お邪魔したのは7月末から始まった「上三川町完全制覇」の第2弾。上三川小学校の学童クラブさんにお招きいただき。前回の坂上小に引き続いてのウシ登場となりました。

 前回はね。初回ということもあって自電車ではなく車でお邪魔しまして。国道352号線をひたすら真岡方面に20キロくらいいくと到着すると。案外いい感じの車道と歩道があってね。自転車で走行したくなるルートだなぁとね。下見も完璧でねぇ、本番の自転車ウシとなったわけです。

 本番と申しましたがね。今回の上三川小さんは町内では随一の利用児童数を誇っているそうで、事前情報では70名と聞いていましたよ。ウシとしては恐れることはないのですが、火に油を注ぐバルーンとの相乗効果でね。

 かなりな熱気が想定されておりました。しかしながら、夏休みマジックとでもいいましょうか。現場に到着しているとお休みが幾人かあって50名ほどの規模。

 よしよし。という感じの上に、子供たちの盛り上がりを見越してか、学童クラブ側でも多数の空気入れを準備するなど万全の体制を整えられていましてね。ますますよしでした。

「せっかくなので、今日はお祭りをやろうと思うんです」

 とね。事前の打ち合わせの際に謎なことを行っておられた学童さん。手作りの神輿を作ったり踊ったりとか申しておられましたけどもねぇ。室内でのお祭りってのがどうもイメージが沸かないままお邪魔してきたウシですが、

P8080050.JPG


 こちらのような巨大タコをあしらったお神輿的なもんとかがね。あって。学童の先生たちも、たこ焼きやらなにやらを準備されていまし。準備しているときに気が付きましたけどねぇ。BGMでお囃子が流れる中、ウシの準備をしはじめてねぇ。

「あぁ、確かにまつりだな」

 とね。得心??をしながらウシをはじめました。

 まつりですからね。ウシが来た時点でワイワイしていましたが、風船をこさえ始めるともうね。止まりません。ウシも基本的には止めない人なので。ポンプもふんだんにあったことをいいことに、「手伝え、手伝え」とねぇ。準備スタート当初が一番の喧噪でしたね。

P8080003.JPG


 喧噪の中、はじめての上小学童クラブの子ども達には初ですが、ウシとしてはお決まりの「じゃんけん大会」の景品を作ってね。今日は、素早くリクエストをとった結果「ピカチュウ」「イーブイ」「シナモ」「マイメロ」「ブシニャン」の5作品をこさえましてね。

「ウシさん、すげえ!!」

 とかなんとか、初めて現れたおぢさんに対してリスペクトの感覚を養ってもらおうとねぇ。腕を振るわせてもらいました。

 ・・・そうこうしている内に山のようにストック風船もできたし。喧噪でワイワイいいながらあちこちで破裂する準備(最近、この準備が教室をうまくやるのに役立つことに気づきました)を経て、子供たちも風船に慣れたところでね。

 工作教室をスタートしましてねぇ。「イヌ」「剣」「ハート」のバルーンのイロハから行う工作がねぇ。始まりました。えぇ、準備をしている時点で子ども達が風船をいじっていると、

P8080004.JPG


「意外に膨らまない」
「こーすれば、それなりに膨らむ」
「しばるの難しい」

 などと、風船の予備知識をつけた上でできるので。「ふくらませて、しばって、風船のつくる」先にある「ねじって形を作る」作業にねぇ。すんなりと入れるんですよねぇ。

P8080007.JPG


 今回もね。風船をねじる初の作品「イヌ」に存分に取り組んでもらいましてね。えぇ、結構みんなチャレンジしてくれていました。形はぞれぞれでしたけど、ねじって、しばって作品を作っていきますとね。

P8080021.JPG


 あれこれと創造力も膨らませられるようになってきますからねぇ。子ども達のテンションとともに、「これもつくる、あれもやってみよう」が膨らんでくるのがねぇ。わかりまして。

 まぁ、ある種のこれもお祭り状態。そのクライマックスが自由工作タイム。今回は、数あるキャラクターを押しのけて毎回不動の人気を誇る「弓矢」に加え、ピカチュウが皆さんのお気に召したようでございましてね。

P8080029.JPG


 ウシの周りにピカチュウが殺到しましてね。えらいこっちゃでございました(汗)

 そんなこんなでね。存分に楽しんでもらえたようでございましてね。ウシも完全燃焼でございました。意気揚々とね。次なる目的地、宇都宮に向けて北上20キロの道のりをねぇ。自転車で出発したウシですがね。

 上三川から宇都宮市。車では北関東道の「宇都宮・上三川インターチェンジ」があるからね。何となく近所の気がしますけどもねぇ。上三川の市内と宇都宮の市内では結構な距離があるもんで。4号線を北上しながらね。

「いやぁ〜とおいなぁ」

 と、改めて実感できました。途中でエネルギーが尽きたので、4号線沿いに結構あるマクドナルドさんでウシの栄養源を購入しましてね。北上を続けたウシ。

P8080002.JPG


 ウシがウシを食ってね。宇都宮にたどり着いた時には中々な達成感がありましたけどもねぇ。ハンバーガーは3つくらいがちょうど良いなと思ったウシでございました♪
バルーン活動@雀宮東小学童保育 お休み多くても元気いっぱいでした♪ [2019年08月07日(Wed)]
2019年8月7日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 ・・・いやぁ・・・いいですねぇ〜〜。「大盛無料」。えぇ。あまり冒険はしないウシの食生活ですがね。この看板をねぇ。自転車で帰り道に見つけましてね。いざなわれるが如く入ってしまったウシでございましてね。

P4081603.JPG


 幸八さんという、雀宮の新幹線線路沿いにあるラーメン屋さんで大盛ラーメンを堪能した昨日のウシ。うん、いやーーー。暑いですけどね。ラーメンは正義でございますなぁ。

 いやぁ、幸せの時間を過ごしたウシでございました♪

 ・・・・・・・・・・
 
 ・・・・・・・・・・

 あぁ、いきりなり終わった今回のブログですがね。えぇ。ロクでもないラーメン探訪記事ではなくねぇ。ウシ活動をしてきたウシでございましたのよ。

 えぇ。今回お邪魔したのは、宇都宮市立雀宮東小学校さんの学童保育。こちらでは例年、夏休みの時期にウシを召喚下さいましてね。「夏休みの特別企画」だそうでございましてね。年に一回お邪魔しております。

 これまでは車で来ていたのですがね。令和に入ったウシは自転車ですから。自宅の栃木市から計ったように一時間(片道20キロ)のね。丁度良い距離感を走破しましてね。子どもたちと遊んで参りました。

 当初は50名あまりが予定されておりましたが、夏休みの時期はねぇ。各ご家庭の予定も入りやすく、昨今の暑さもあって体調を崩す子もあったそうで、今回は30名ほどの児童さんたちがお相手下さいましたけどね。

「あっ、本当に自転車できてる!!」

 とかなんとか。学校の敷地に入る前に一服つけてクールダウンしていますと、学童施設の中からウシを発見した子供たちの喧噪が聞こえてきましてね。えぇ、人数は減ったとのことですがねぇ。えぇ、子供たちのパワーそのものはね。そんなに低減を感じるもんではないですよ。

 んなことでね。クールダウンも済ませてウシを着て。坊主のサイクリストからウシになったウシ。子ども達が遊べるようにと、学童の先生たちも分かっていますからね。適宜準備を手伝ってもらいながら、ストック風船をこさえ、

 様子を見ながらウシも恒例の「じゃんけん大会」の景品を準備するなどねぇ。いつもの感じで準備をしましたよ。

「去年もらったピカチュウまだいるの。もうしわしわだから新しいのもらう」

P4081589.JPG


 とか何とかね。言ってきてくれる子ども達もいてくれたりしながらね。「ピカ」「ブイ」「シナモ」あたりとね。復活のようかいは「ブシニャン」「コマさん」がいいとのことだったので、作りましてね。同系色が多くなりましたけども、オーダーですからね。存分に風船を準備しおわるとねぇ。早速風船工作がスタートします。
P4081602.JPG


 1,2年生を中心に4年生くらいまでの子たちが多くございまして。特に新一年生は初ウシだったのですが、ウシについて色々聴いていたらしい一年生たちもねぇ。あっさり友達状態になってくれましてね。

P4081598.JPG


 イヌから始まるいつもの工作をスタートしました。

 いやぁねぇ。「夏休み特別企画」といわれてもね。その実例年やっていることは変わらないウシのバルーン遊びですがね。まぁ、参加児童が変わるのと、「年に一回」という時間間隔がね。いい感じに特別感を演出してくれているなぁとね。絶妙な感覚で召喚下さる学童の先生たちに感謝でございますよ。

P4081597.JPG


 いやーね。イロハのイヌづくりでね。バンバン風船を割るのはねぇ。風物詩でございますけども。これをみんなで乗り切るとね。割れるのこわいがなくなってねぇ。子ども達のテンションに油を注ぐわけでございましてね。

 続いての「剣」「ハート」づくりをしてからの自由。もうね、人数が少なくなってもねぇ。大賑わいでございましてね。遊んでくれました。

「じゃんけんでピカチュウもらうから違うを作る!」

P4081600.JPG


 とね。ウシ作ピカチュウラブの子にねぇ。自由工作の時点で自作をススメたりもしましたが、「弓矢」とか、各種組み合わせの作品にも興味を惹かれてね。えぇ、この子の手元に無事にピカチュウは行ったかとはね。

 ラーメンを食いながらふと思ったところでございました。まぁまぁ、大変楽しんで遊んでくれましてね。ウシも風船を作りながらお腹が減ってきたお昼前。みんなのお昼ごはんも到着したあたりで、お開きとなることができました。

 ま、この時間帯にね。ラーメンか冷やし中華かと子ども達と話しておりましたからね。最初のラーメン屋さんに行きついたわけですがねぇ。えぇ、楽しくお話させてももらいましてね。子ども達にとっては特別かは分かりませんけどもね。ウシにとっては特別な印象を頂いた(ラーメン込みで)学童活動となりました♪

 
| 次へ