CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年05月 | Main | 2019年07月»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
http://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
バルーン活動@横川東小日の出子ども会お楽しみ会 ひさびさのウシを堪能しました! [2019年06月30日(Sun)]
2019年6月30日(日)

 はい、どうも。ウシです。

 いやぁ。約一週間ぶりのブログ更新となりましたね。えぇ、もうね。6月は色々と考える作文系の作業が多くてねぇ。ない頭で文章に取り掛かっているのは変わらずなのでね。

 案の定ウシブログがそのしわ寄せをくらいましてね。えぇ。久方ぶりの更新と相成りました。ほしてね。ブログネタのメインでもあるウシ活動。こちらもねぇ、ウシの激務を予見してか、月3回の二週間置き的な活動スケジュールだったので。

 あぁ、ウシやったんだから更新しないと!!という切迫感もないことをいいことにね。えぇ、自然と更新間隔があくというねぇ。結果になった6月のウシでございました。

 えぇ。まぁね。しかしながら6月長ぇえなと30日の晦日になって思う今月でしたからねぇ。それだけ充実した日々だったのかもしれませんね。

 あえて言えばね。ウシ。ウシが少々少なかったですねぇ。えぇ。とはいっても、「いい感じ」と思えるのが月5回くらいの活動で。6回を超えるとね。「えぇ、多いなぁ大丈夫かいな」と思ってしまうくらいの許容量の少なさでございますからね。

 まぁ、大した問題ではないわけですがねぇ。しかしながら、なんとなく久しぶりのウシ。なんかね。久々にねぇ。ウシができると珍しくワクワクしていた週末でございました。

 そんな珍しい感覚のウシがね。梅雨真っ盛りの雨の中、お邪魔してきましたのは、宇都宮市立横川東小学校さんの「日の出子ども会」さんが主催したお楽しみ会でございました。

 横川東小さんはね。昨今、敷地内に設けられたこどもの家の子育てサロンや、今回と同じ子供会の催事で呼ばれた経験はありますけども。宇都宮市内の各学校で取り組まれている宮っこステーションでの召喚経験はないウシでございますからね。

 まぁ、最近チョクチョクお邪魔させてもらっている的な地域でございます。なんでも、以前にウシがやらかした幼稚園での謝恩会の様子を見ていたとか、お知り合いの子供会さんで噂を聞いたとかで今回のご依頼を頂いたもんですからね。

 えぇ、皆さんにそれなりに良いウワサを立てて頂けていることに感謝をしながらのお邪魔でございました。さて、今回のウシ。

 会場となった地域の公民館につきましてね。準備しておりますよ。役員の皆さんと一緒に子どもさんたちもチラホラあったので、準備をし。準備しながら、子どもさんたちに風船で遊んで(手伝って)もらってね。風船になれたりしてもらいながら、

 集まるのを待っておりました。この横川地区というのはね。新しく住宅を建てられる方が増えている地域だそうで。以前お邪魔した子供会さんは100名を超える子供会でした。今回の日の出さんは子どもさんが30名強と親御さんで50名弱ってところでね。

 地域的には小さい子供会とのことでしたけどね。えぇ、ウシ的にはねぇ。もう十分でしたね。

IMG_9903.JPG

 まま。風船の準備もしながら、子ども達と打ち解けられましたからねぇ。皆さんのノリが今回は良かったですねぇ。ウシもね、珍しくテンションが上がり気味でね。うっかり2週間のブランクを忘れそうになりましたけどもね。

 ちゃんと風船はいい感じに割れまくっていましたからね。その実力が示すところはちゃんと減少に表れていましたけどねぇ。えぇ、割れることも含みで、子ども達や保護者の皆さんが楽しんでくれましたのでね。

IMG_9922.JPG

 いい感じの工作あそびができました。まぁ、やったことはいつもの工作。「イヌ」「剣」「ハート」の基本作品からスタートしてね。もうね。イヌの時点でワイワイワイワイ。

 ウシもね。あっさりと、坊主モードになってねぇ。子ども達のお相手をしてね。工作を進めていきましたけどね。いーやー、風船がなくなるスピードも凄いもん。今回は、この写真の裏側でね。保護者の皆さんがウシの応援(風船づくり)に奮闘くださったこともあり、

IMG_9911.JPG

 うん。室温がどんどん上がっていきましてねぇ。「活動してるなぁ!!」と実感できたウシの工作となりました。

 約一時間30分くらいの工作あそびの中で、水分補給他、一旦休憩が2回入るというのも珍しい展開でしたけどね。えぇ、それだけ盛り上がったのでございますよ。

 基本をやった後はね。自由工作でね。「ピカチュウ」「カーヴィ」当たりのキャラや「イチゴ」なんかも作って見せてね。チャレンジもしてもらいました。えぇ、カーヴィあたりはね。

IMG_9924.JPG

 バルーンアートならぬ「アートバルーン」としてね。描いて仕上げられるのもねぇ、小さい子たちも楽しめて良きもんだと再確認したところでございます。

IMG_9944.JPG

 そんなこんなでね。最後は、「ピカ」「ブイ」「シナモ」「ぷりん」あたりを景品に、じゃんけん大会をねぇ。どこでもやる恒例行事ですからね。やって、作品を争奪してもらって。えぇ、ウシを存分に楽しんでもらえました。

IMG_9947.JPG

 いやぁ、良かった良かった。工作後は一緒にお食事を頂いてね。最近悩みの新作キャラのネタあつめも兼ねてね。子ども達に長々と遊んでもらったウシ。うん、楽しい時間を過ごさせていただきました♪
判断って難しいもんですね [2019年06月22日(Sat)]
2019年6月22日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 何回か6月のウシ活動予定で触れていますけどね。6月は3件の活動となっておりまして。それぞれが2週間くらいずつ間をおいての活動でございましてね。

 えぇ。その影響でブログの更新が明らかに落ちております。えぇ、ついでにね。珍しくウシ以外で忙しい昨今。てめえのブログが気にならないくらいの真面目さでね。過ごせているのはいいことかもしれませんがね。

 ちょっと物悲しいところもあるので、更新してみましょう。

 えぇ。判断。

 難しいですねぇ〜〜〜。ウシは、中学時分に同じ名前の「克洋さん」ということでファンになった、プロ野球選手の平塚克洋さんから入ってね。20年来の阪神ファンでございましてね。

 えぇ〜。毎年いいですねぇと思いますがね。若々しくていいですねぇ。今年は。それでもね、勝った負けたでハラハラしながらね。えらい勢いで増えているエラー数他も心配しながら過ごしておりますけどね。

 これもねぇ。技術とともに判断力が必要になることなのでしょう。それを思うとね、テレビ観戦ばかりですが、野球をしている時点でね。もうもう自分にはできないことをしてらっしゃる皆さんのことでござますからねぇ。

 残念に思うことはあってもね。罵声を上げる気にはならないですよ。うん。そもそも、自分じゃできっこねぇとね。思い定めていますからねぇ。ただただ、無事で元気で。頑張ってほしいとね願っているウシでございます。

 そうそう。判断。まちぴあのブログにも書きましたが、今日は判断に揺れましたねぇ。本日の予定では、通算48回目になる「釜川コケ落とし大作戦」の活動日。

 天気予報とにらめっこしていましたけども。前日だけでなくここのところの集中的な雨の影響もかんがみてねぇ。前日夕方の時点で中止を決断しました。

 しかしながら、本日。晴れよりの曇りの状況でね。活動の気候としてはピーカン照りよりも適した一番いい気候で。

「あーーーしくじったかなぁ」

 とね。思いながらね。傘を抱いて電車で出勤してきました。決断したのに、自分の下した判断に迷っている。えぇ、ありがたいことで今年のコケ落とし大作戦には、コンスタントに30名近いボランティアの皆さんが応募下さっています。

 本番ぎりぎりまで、参加者募集!!!というパターンもよくあるのにね。4月にスタートして3回連続でね。その前に締め切らせてもらえる状況となっています。

 いろいろな立場の皆さんがあるので、どーしてもやりたいという希望もあってエントリー下さる皆さんもいてね。中止一つとってもね。悪かったなぁと思うことも多々あります。

 しかもね。活動当日は釜川的に良い天気。

「全然できたじゃん!!」

 というねぇ。慙愧の念はぬぐえませんでした。そんなことでしたからね。出勤前に川の様子を見てきました。昨日は夜だったし、洪水注意報がでたのは深夜だったみたいだし。どうなのかなと思ってみたらね。

 ・・・・・・

190622-2.jpg


 こんな感じでしたからね。

190622-1.jpg


 いやぁ、危なかったです。入れませんよ。じゃぶじゃぶ池が「ざばざば池」になってましたからね。逆に当日だけで判断してね。道具ももってみんなも集まってしまったら、変な意味で後には引けない気持ちになったりしますからね。

 えぇ。これはこれでよい判断をしたのだと。思えたウシでございました。

 ですからね。まちぴあブログには、中止になった6月の想いも込めて「7月活動の募集記事」を作成させて頂きました。ぜひ、皆さんのご参加を改めてお待ちしています♪
バルーン活動@第11回つがの里・ハスまつり 行ってきました♪ [2019年06月17日(Mon)]
2019年6月17日(月)

 はい、どうも。ウシです。

 いやぁ。またまたブログ更新がはなはだしく滞ってしまいましたけどね。昨日の6月16日の日曜日にねぇ。6月2回目のウシ活動がありまして。無事に行ってこれましてね。こうしてめでたく記事も更新と相成ったウシでございます。

 さて。お邪魔しましたのは、出展する時間も場所も「お任せします」とのことで。お任せされたウシ本人が多少の不安になる、栃木市・つがの里さんのイベントです。

「第11回ハスまつり」

 がね。今回のお題目でございまして。この週末は台風並みといわれた低気圧接近・通貨の影響でね。全国も含め栃木県内も結構しっかり目な雨模様が想定されておりました。結果的には、土日予定されていたおまつりは、15日の土曜日が中止となったそうでございますけども。

 とにもかくにもウシの出番が予定されていた16日・日曜日はね。とりあえず朝方で雨が去ってくださって。中々な風が残っていたのがね。雨風に弱い外出展のウシには閉口もんでしたがねぇ。まぁ、晴れてくれましたので、無事にお邪魔することができました。

 去年とかその前の年もお邪魔しているハスまつり。いつもは7月上旬に予定されていた記憶もありますが、なんつったって。

 あっちいなぁ。

 の印象が強いハスまつり。ですからね。ハスのシーズンとしては序盤のね。今度は梅雨が心配な時期であってもね。やってみようという主催者さんの試みを感じる、今年のハスまつりでございましたな。

IMG_9854.JPG


 さて、お任せされましたけどね。取り合えず朝9時過ぎに会場にお邪魔したウシ。ハスの花は朝方でないと閉じてしまうということは、分かっていたのでね。ウシをやる前にまずは、華聯なハスのお花を観賞できました。

IMG_9856.JPG


 えぇ、シーズン序盤ということもあり、もう少しした朝7時〜8時過ぎくらいにはねぇ。それは池に爛漫のハスの花が咲いているんだろうなぁとね。思わせてもらいながらね。ハスの池にほど近いところに設けて下さった、テントでもってね。ウシの準備をしましたよ。

 今回は、雨の予報が心配だったので、小学生女子を中心に不動の人気を誇っている「イーブイ」を温存してスタートしました。えぇ、いろんな作品に多様する「白」と、ウシが愛用している15色ミックスのバルーンには100本中3本くらいしか入っていない「茶色」を使うブイちゃんはね。存在そのものがレアであったりもしますからね。

IMG_9863.JPG


 えぇ。エースは温存作戦でね。まずはスタートです。

 この日は、栃木市のイベントではお世話になったりすることも多い、栃木市のNPO法人「栃木おやこ劇場」さんがね。宇都宮や鹿沼といった他地域でも行われている、子ども達の職業疑似体験コーナー

IMG_9860.JPG


「ミニとちぎ」

 のも少し縮小版のミニミニとちぎを展開されておったりしましてね。ウシの合間にトイレとタバコをたしなみたいウシさんが、目指す園内西側にある、ちょっとした丘のところに行きつく道中でね。賑わっていましたのでね。

 この辺をウシでフラフラしていましたら、出展ブースにお手製のPR看板をこさえてくれる、ワークをやっていた小学生さんに看板をもらいましてね。えぇ、じゃぁ、おぢさんウシもいつまでもフラフラしてられんなぁとね。

IMG_9865.JPG


 ブースに戻って本格始動しはじめました。

 今回ウシが出展した位置は、ハスの池の近くですからね。会場全体からすると入口にほど近い。メインの飲食や子供たちのブースはねぇ。ちょっした旅行になる丘の周辺でしたからね。

 たくさんお客さんが遊びにきて下さっていてもね。中身が空気だといっても多少かさ張るし。割れたらねぇ。体験どころでなくなること想定されますからね。午前中はねぇ。ともかくもゆったりとした時間が流れる展開でございました。

「あぁ、このままでは寝てしまう」

 ということでね。材料的には壊れた時のリカバリーもできないので温存したかった、「ブイ」や「とち介」をお昼前後から出しはじめましてね。

IMG_9864.JPG


 えぇ。いちっばん暑い時間帯にねぇ。何とか最盛期を迎えることができましてね。結局50人分くらいのバルーンをプレゼントできたのではないでしょうかしらね。

 えぇ。良かった良かったですねぇ。

 地元栃木市で活動されている、おやこ劇場さんたちともお会いできたおかげでね。9月に大平地区で催されるイベントにもお誘いいただいてね。ウシ仕事の予定も充実できたしね。

 えぇ。いろんな意味で実りのある、ハスまつりとなりました♪
ウシのバルーン活動「7月」更新しました! [2019年06月09日(Sun)]
2019年6月9日(日)

 はい、どうも。ウシです。

 どーやら関東の栃木県もね。梅雨に入ったらしいではないですか。この週末はお仕事の予定で動いておりますが、お得意??の自転車の出番がね。おかげ様で、圧倒的に少ない。

 雨ですからね。えぇ、あっさりと白旗を上げましてね。どのタイミングで電車の定期生活に戻ろうかと思案している6月のウシでございます。

2019.07.JPG


 さて、そんな6月ですが、記事的には7月の活動予定の話題です。

 7月下旬になると夏休みも始まってくるころ合いでございますからね。学校・学童系の少ない時期となりまして。イベントでの活動予定が中心ですな。

 えぇ。7月もいい塩梅で間の空いたスケジュールにいまのところなっておりますからして。仕事とのバランス、体調管理に気を付けて参りたいと思っております。

★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★

【プレゼント系活動】
 ※バルーン初心者の方では協力が難しい活動です。
  ひたすら作る系の活動です(汗)


@2019年7月10日(水)
■協力催事
  → レインボーまつり2019
  ※主催団体「子育て応援クラブレインボー」
■内  容
  → 鹿沼市の子育て支援イベントに協力し、
    バルーン作品の配布(募金あり)
■時  間
  → 10:00〜15:00(予定)
■会  場
  → 鹿沼市 アザレアホール

@2019年7月28日(日)
■協力催事
  → 銀座通り七夕まつり2019
  ※HPは昨年のですが、会場などの把握に参照下さい。
■内  容
  → イベント会場内でのバルーン作品の配布(募金あり)
■時  間
  → 10:00〜15:00(予定)
■会  場
  → 鹿沼市 銀座通り
     (のどこかにウシがいます)

★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★

【教室系活動】
 ※子ども達と一緒に作って遊びます。
  バルーン初心者の方でも、遊びながら活動できます!


@2019年7月13日(土)
■協力団体
 → 中央生涯学習センター「親子ワクワク講座」
     (宇都宮市)
■内  容
 → 親子を対象にした、バルーン工作教室の実施。
■時  間
 → 10:00〜12:00(予定)
■会  場
 → 宇都宮市生涯学習センター

★★ ★★ 一緒にボランティアいきますか!? ★★ ★★ 

 バルーンアートを使ったボランティアをしてみたい方や、子どもと遊ぶことが好き、託児ボラに興味関心がある方などはお気軽にご相談下さい。

 協力頂くボランティアとしては、学童保育などでの工作体験のサポートがよいと思われます。平日、日中の活動が多いですが、時間が合って関心のある方はお問い合せ下さい。
 また、あくまでもまで予定として掲載しておりますので、変更になる場合もございます。予め、ご了承ください。

■集合場所■
1)活動現場を事前にご存知の方は、現地集合でお願いします。
2)ウシの職場「まちぴあ」に集合してもらうことも可能です。
  特に最近は、自転車で移動しているので、自家用車の予定も
  含め、事前に調整をします。お早めにお問合せ下さい。

3)その他、事前の調整は、もちろんさせて下さいませ。
  負担にならないようにお申し出下さい。

■募集人数■
・2名程度

■募集締切■
・なるべく早目のタイミングでお願いします。
 最短で2週間くらい前まで。

■持ち物■
・特にありません。
・風船は「ウシ」か受け入れ団体が用意しています。
・Myポンプ(空気入れ)をお持ちの方はご持参下さい。

■申込方法■
 活動前に「集合場所」や「移動方法」について調整しますので、下記の【問合先】まで、事前にお問い合わせ下さい、また、ウシへの協力依頼についてもお問い合せ下さい。

■問合先■

 ★宇都宮市まちづくりセンターHP「ボランティア募集」ぺージ★

 ページをスクロールし、「バルーンアートプレゼント&工作体験補助ボランティア」の欄を参照下さい。ご連絡は、お電話が一番つながりやすいです!

 ★★★ ★★★ よろしくお願いします! ★★★ ★★★
「ももたたろう」といえば「おにのばか」 [2019年06月09日(Sun)]
2019年6月9日(日)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、少しずつ片付けてまいりますけどもね。職場まちぴあで担当している「まちぴあ利用者協議会」の年一回の会合を昨日無事に終えることができましてね。

 えぇ、ホッと一息ついた日曜日を過ごしているウシでございます。えぇ、職場のまちぴあ。ウシもウシとして活動団体として登録をしてね。このブログで更新しているようなバルーン活動をしているわけでございますけどもね。

 まちぴあで行っている、各種講座やイベント、交流・体験の企画などなど。登録下さっている200以上の団体の皆さんたちに、陰ひなたにご協力を頂きました上でね。なんとかかんとかやっておれると。

 えぇ。何とかかんとかやらせてもらっているのは、担当者であるウシの方でございましてね。昨年度の活動状況を皆さんで振り返ったりしましたがね。いろんなことができる団体の皆さんのおかげでね。イベント一つとってみても、非常に盛況にできして。

 そんな中でね。事務局としても活動者のウシとしても、皆さんの輪の中に入って昨年一年度を過ごし、そして今年度も過ごせるように頑張ろうとね。気持ちを新たにしたところでございます。

 さて、そんなね。仕事上でお相手を日々させてもらっている利用団体・登録団体の皆様。えぇ、書いているウシが脳足りんなので、随分とラフな表現になってしまいますけども。

 団体さんたちとの日々のお付き合いはね。お客様という関係もありますが、大切な仲間って感じもあるんですよね。日々の業務でお付き合いがある他に、ウシで懇意にさせてもらっているケースも多々あってね。

 なんていうんでしょうかね。リスペクトがありながら、良き友達=仲間ってな感覚をね。感じる場面が多々あります。

 まちぴあブログでも更新しましたが、「子育て応援サークルこっころ」さんともそんな関係を続けさせてもらっています。

 子育てサークルさんでね。団体の中心者のママさんとその子どもさんたちとね。かれこれ数年にわたるお付き合いをさせて頂いてましてねぇ。その時分は、ウシさんウシさんとね。遊んでもらったりしていました。

 時間の流れの中で、そんなおこちゃま達も小学4年生、中学生となったそうで。バルーンもそうですけどね。加齢臭が気になるかもしれないナイーブな年ごろに入ったおぢさんウシにねぇ。纏わりつくお年頃でもなくなったわけでございますけどもね。

 そんな中でも、団体さんとしての活動を継続されている「こっころ」さん。当事者団体としてではなく、子育てを応援する団体としてその姿を変容させながらね。

 まちぴあともウシともお付き合いを続けて下さっていることがねぇ。ありがたいことです。

 その、こっころさんが、6月7日に催した講座がね。シニア世代の方を対象にした絵本の読み聞かせボランティアの要請講座。主催者のママさんが絵本専門士なる資格を取得されてね。新たに立ち上げた企画です。

IMG_9848.JPG


 思えばウシもね。子ども相手の活動は読み聞かせから入りましてね。紙芝居を自作してやったりしていましたからね。根気の継続の課題から今は離れ、すっかりウシがメインになりましたけどもねぇ。

 読み聞かせといえば、興味関心があり。また、読み聞かせ講座というとねぇ。あーじゃないこーじゃないと指摘されてねぇ。嫌気がさしたという若い時分の記憶を思い出しますよ。まぁ、この苦い記憶もね。

 ただただ子ども遊ぶためのツールだ(なので、未だにウシが読み聞かせをすると内容どうこうよりも、ただただ子どもを笑わそうとしてしまう)と思っている人と、絵本の何たるか、読み聞かせの何たるかを伝えたいと思っている方との意識の違いがあったればこそだなと思い至っているわけでございますけどもね。

 まぁ。そんなことでね。ある種引き気味でもあった世界でもあります。絵本。

 そんな世界をね。取材という名目でその一部を垣間見れたのが、先日の機会だったわけですがねぇ。えぇ、面白いですねぇ。

 いや。この回で紹介されていたのがね。「ももたろう」。

 ウシも含め、あらすじは皆さんご存知の桃太郎。ですが、絵本作品としての桃太郎はね。たっくさんあるんですねぇ。まぁ、当たり前のことかもしれませんがね。実際に各種絵本を見せてもらうとね。

IMG_9849.JPG


 へーーーー。

 とね。改めて思いました。んでね。疑問が一つ。

 桃太郎さんに出てくる鬼。桃太郎さんは鬼の悪さを聞きつけて最終的に鬼ヶ島に行くわけでございますけどねぇ。そーいえばその道中でお共には出会う一方で、鬼が悪さをしている実例を見ることはなくてね。

 案外あっさりと本拠地まで行ってしまう。そこで思いましたね。

「本当に鬼って悪さをしていたのだろうか」

 とかね。苦情的なものを訴えられたからこそ太郎が立つ的なことってないよなぁと。うん。思いました。そうするとね、鬼さんたちの風土的には当たり前のことをしていただけでね。それが悪だということで、懲らしめられるとなるとねぇ。

 ある種のとばっちりじゃんという感想ももったりしました。その辺のことをね、専門士さんに講座後たずねましたらね。女の子がかどわかされるだの、悪さの数々があって・・・という桃太郎さんもあるそうでね。

 これまた、へーーーと思ったところでございます。

 うん。レトロRPG好きのウシとしてはね。桃太郎といえば電車の出てこない「桃太郎伝説」の方がしっくりくる。特に新はよかったなぁ。

 思えば、なんて悪逆非道だとね。思うカルラさんの存在もね。もうもう、あれだけの悪さをしたらねぇ。勧善懲悪が成り立ってしまうわなとね。思わざるを得ない存在であるしねぇ。

 そういう意味では、お話しとしてとっても納得のいく作品だったんだなぁとね。結局はゲームに思いをはせちゃったウシでございます。えぇ、桃太郎といえば「おにのばか」。閻魔様の冷凍攻撃がね。年をくった桃太郎が破れなくって、ステータス最強なのに大苦戦的な記憶もねぇ。よみがえってきました。

 それとは別にね。

「自分は普通と思っていることが、知らない内に迷惑をかけているのかも」

 というねぇ。ことを考えたのもね。多種ある桃太郎絵本を見てみてね。思ったことでございましてね。うん、そう考えるとね。絵本というメディアもとても奥深い。大人になったからこそ気が付くというか、思いつける事柄というのをね。

 呼び起こしてくれる一つにねぇ。絵本というものもあるのかもしれませんね。うん。

 そんなことでね。多少、桃太郎さんをリプレイしたい欲が出てきたものの、なんとかFF6を投げ出さないようにしていこうと思っているウシでございました♪


 
バルーン活動@陽光小宮っ子(高学年:3〜5年生) いっぱいでした(汗) [2019年06月04日(Tue)]
2019年6月4日(火)

 はい、どうも。ウシです。

 そんなことでね。本日、37歳の誕生日なるものを迎えたウシでございますけどねぇ。えぇ、お誕生日会などいりませんよ。えぇ、ホント。

 暇だなぁと思えるような、当たり前の日々がね。昨日、今日、次の日とね。淡々と過ぎてくれることがねぇ。ありがたいんだよなぁと思い至っている昨今でございますからね。えぇ、そんなね、代わり映えのない日々をね。

 送るために頑張っていこうとね。思いを新たにしているウシでございます。

 さて、そんなことでね。ウシのバルーン活動ですよ。

 5月の19日にね。仕事の関係も兼ねたウシがあって以来約2週間ぶりのウシさん出動となりましてね。その間のウシさんはといいますとね。

 自転車の乗りすぎか、暑さか、寒暖差か知りませんけどね。風邪ってわけでもないくらいの妙な身体のだるさがずっとありましてね。まぁ、九分九厘自転車でしょうけどね。もうすぐ2,500キロの走行距離を突破する勢いですがね。

 寝る以外は特段のケアをしていないことがたたったか。走行時間も明らかに遅れ気味でね。どーも気分が乗らないという日々があったりしたもんですからね。不思議なもんで、楽しみのはずのFFもねぇ。おかげ様で、苦行という感覚に近い感じだったもんですからね。

 ちょっとねぇ。やられ気味でしたけどね。やってみようと思っていた冷温交代浴やら、ストレッチやらを見様見真似でやっておりましたらね。幾分持ち直した感覚がありまして。

 まぁ、そんなことだったので、バルーンには一切触れずの日々を過ごしておったのです。

 んで。宇都宮市の陽光小学校さんでのバルーン活動を迎えたわけですがね。今回は、高学年(3〜5年、一応6年生も対象だったけど、いなかった)だったのでね。

「どうせ、そんなにいないだろう」

 とね。たかをくくっていたウシでございました。えぇ、陽光小さんに限らずね。どこの学校さんもねぇ。この傾向にありましてね。放課後の預かり事業ですからねぇ、高学年は意外にウシがリハビリに励むパターンがよくあります。

 えぇ。ウシ的にもね。少人数であることに落胆は一個もなく。まぁ、バルーン楽しい世代ではない、徐々に大人の階段を登っていっておられるという証明だと思ってね。おりますよ。

 しかしながら、人数がほぼ確定したタイミングでいつも頂く、学校さんからのお手紙には、

「40〜50人の予定です」

 とありましてね。えぇ、ウソだろうと。お手紙をもらっても思っていたウシ。一応、500本くらいの風船を用意してまいりましたけどね。学校についても、準備をしていてもねぇ。不思議なもんでその感覚は薄かったですねぇ。

IMGP7540.JPG


 ま、そんなことでしたが、いよいよマジらしいというのがね。臨戦態勢を整えながら分かってきたもんでね。リハビリも兼ねたウシのバルーン教室恒例の儀式「じゃんけん大会」の景品を作りながら自分のリハビリをそそくさと終えてね。

 子どもたちの襲来を待ちました。

IMGP7541.JPG


 ええ。いましたねぇ。50名。もうね、お部屋パンパンです。いつもだったらウシ先生の荷物置き、作品置きだったテーブルも子どもたちで埋まりましてね。FF6に興じている昨今ですから、

「あっ、今回はサイドアタックだ」(=挟み撃ち状態)

 となりましてね。うん、奮戦がスタートしました。参加した子供たちの構成はというとね。3年生も交じっていたからその学年がほとんどだろうと思いきや、4年、5年もまんべんなくいらっしゃいまして。男女もまんべんなかったからね。少し驚き。

 そんなことでしたからね。もうねぇ。今回は「いきなり作ろう」作戦でね。学校に出向くペースは2か月に一回くらいのコンスタントさですが、体験する子どもたちは大体年1回ずつですからね。

IMGP7551.JPG


 意外に皆さん作り方をお忘れなのですがね。えぇ、ウシのFFではないですが、取説なんぞがなくたってねぇ。やってりゃそれなりに思い出すさということでね。

 いきなり、風船を自分で膨らまし。そして「イヌ」「剣」「ハート」づくりに興じてもらいました。殺到されるとなんなので、ホント数人いた、初バルーンの子たちと、どうしても忘れた子たちに向けてね。

IMGP7548.JPG


 思い出し講習もウシの周りにきてやってもらいましたけどね。こんな感じでウシが埋まる始末でございましたよ。

 ・・・そんなこんなでね。いーやーーー。

 やってましたねぇ。バルーン。もうね。500本の風船と丸い風船も投入しましたがねぇ。ほぼ全部の風船を使い切ってくれちゃいましてね。えぇ、これは時間まで持つのかと不安に駆られる勢いで楽しんでくれました。

IMGP7565.JPG


 自由工作の時間帯にはねえ。ウシにならう以外にも、オリジナルの季節的作品を作る児童もいたりしてね。大いに盛り上がっておりまして。

 聞くと、前回(去年)ウシがやっていた作品を作ってみようという気になったからなどと言ってましたけどねぇ。イヌやハートがおぼつかなくてもね。こうして記憶に残して勝手にやれるんだからねぇ、ウシさんの教室?も捨てたもんじゃないと思ったりした次第です。

 陽光小さんの宮っ子ステーションがね。ステーションでの活動史上一番老舗なんですが、陽光小さんの中でも記録的な賑やかさだったのではないでしょうかね。今回。

 そんなことでね。久々に今回はみんなで記念撮影。

IMGP7570.JPG


 ・・・ウシ先生を囲んでとなりましたがね。みんなが風船を持ち上げるもんですからね。ウシはこんな感じで写真に納まりましてね。えぇ、写真的にはいい意味でウシ先生へのリスペクトは感じませんけどもねぇ。

 良き写真が取れました。うん。これ自体がね、誕生日プレゼントってヤツなのでしょう。んなことでね。陽光小さんへの次回訪問は、9月上旬と予定も頂きました。9月は小学校のPTAバザーにも協力予定で、2回お邪魔するこことになりますからね。

 37歳になったウシですが、これからもよろしくお願いいたします♪
活動予定♪ 6月16日@第11回つがの里はすまつり [2019年06月02日(Sun)]
2019年6月2日(日)

 はい、どうも。ウシです。

 6月に突入しましてね。ちょうど、6月らしいイベントの情報を頂きましたのでねぇ。更新させてもらいましょう。

 えぇ、ここ数年恒例でお邪魔している、ウシの地元・栃木市都賀町の「つがの里」で行われるねぇ。

「第11回はすまつり」

IMG_0146.JPG


 のお知らせでございますよ。今年は6中旬から7月上旬の見ごろの期間中、15日(土)16日(日)においてね。地域の皆さんなどが集まって行われるマルシェが企画されておりましてね。

 ウシも、こちらのように。

IMG_0147.JPG


 6月16日に出展予定でございます。

 えぇ。つがの里さんのイベントと申しますれば、すっかりお馴染みとなったことでね。

「出演時間はおまかせします」

 というねぇ。とてもざっくりとした、切れ味のよい協力要請を頂けることでね。ウシを楽しませてくれています。

 今回のはすまつりについては、マルシェ本体の開催時間もありますからね。10:00〜15:00までとの指定がありますけども。

 今回は出展場所についてね。

「当日、打ち合わせしましょう」

 との紙面でのご連絡を頂いておりまいてね。うん。今年もねぇ、いい感じですね。

 えぇ。蓮の花が咲いている池の周辺か、舞台のある丘の上かというところでね。えぇ、機材的にはね。机とテントでもなんでもね。日よけ的なものがあれば十分でございましてね。

 全幅の信頼を置かせてもらってね。当日を心待ちにしておりますよ。まぁ、この時期ですからね。雨が心配なのと、以前は死ぬほど暑い時もありましたからね。天候がそれなりに落ち着いた中でできればねぇ。良いなぁと思っているところです。

 んなことでね。はすまつり。蓮の花は早朝に咲くもんですからねぇ。イベントに合わせてくると、大輪に咲いた蓮を楽しめないかもしれませんからね。少々早めに来られてね。散策がてら、小腹あたりを空かせてね。

 まぁ、ウシはさておき、マルシェでもってね。お食事などを楽しんでもらってね。季節を満喫頂ければと思っております。

 イベントの詳細を含めた情報はね。「栃木市観光協会」さんのホームページでおっつけ更新されますでしょうからね。こちらもご覧ください。

 んなことでね。6月16日は、「つがの里」でお待ちしております!!
エンディングを作ればいいじゃないかと [2019年06月01日(Sat)]
2019年6月1日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、ガス欠・ネタ欠気味でしたけどもね。何となく6月にありましたねぇ。

 えぇ、ブログの本義であるウシのバルーン活動はね。来週頭にやっと一つ活動のタイミングが参りますけどもね。やっぱ更新力不足は否めませんけどもね。まぁコツコツやっていきましょう。

 えぇ、過日新聞か何かでね。国際機関においてゲームをやりすぎちゃう悩みをね。ゲーム依存ということで定めたとかなんとかという話を見ましたよ。

 えぇ、バルーンかゲームかしかほぼネタがないウシとしましてはね。ウシも依存気味かと思われる諸氏がいるわけないと思いつつもね。ぞっこんになりすぎないように過ごそうと思ったウシでございますけどもね。

 えぇ。まぁ、ないですね。依存。

 5月末まではね。やっていました「FF5」(アドバンス版)。もうねぇ、最後の方は自分との闘いでしたから。

「もういいや、違うのやろう」
「ちかれたから放置しちゃおう」
「読書いいよね」

 っていうね。雑念との闘いですよ。

 うん。せっかくやり直してるんだから、レベルだけでもちゃんとカンストにしてね。一応カスカスにして、次に行こうと立てた目標との葛藤ですよ。

IMGP7528.JPG


 まぁ、結果的にはそれなりにカンスト状態にできてね。自分がよしとするカスカスまで過ごしきったわけですが。

 えぇ、今回の一番のね。失敗はねぇ。先に全クリしちゃったんですよねぇ。ワンペアラスボスことエクスデスさんをね。

「裏面に行きたいし、ちょっくら行ってくるか」

 とね。半袖短パンでエベレスト以上の気軽さで行ってね。有無を言わさずやっけて。その癖、ラストバトルからエンディングまでのシナリオはちゃっかり満足感に浸ってしまいましたからね。

 一気にやり切った感が生まれてきてしまいましてね。えぇ。もうもう雑念が次々に。

 困ったもんでした。

 うん。こうしたある種の苦行を抱えながら過ごしていますとね。時たま思うのですが、本当にゲームの世界に没入してしまう、ウシ的にいうと、「できてしまう」方の集中力と体力たら、すさまじいもんだと思うわけです。

 まぁ、一種の異常状態でしょうからね。病気といえば。ですからね、推し量ることの困難な状態なのでしょうけどもね。ウシだったらね、身体的にも気持ち的にもねぇ。持たないですよ。

 あれだけ自転車に乗って体力強化に努めていますけどね。ゲームに必要な体力ってそもそも違うともねぇ。思い当っているウシでございます。

 ですからね。やりすぎてしまいますとねぇ。

 好きなはずのゲームをね。嫌いになっちゃいそうだとね。そっちの方が心配になってしまうところですな。

 まぁ、ウシとしては一切触る気もやる気もないですが、依存症の話題にあったゲームの種類とはね。スマホやパソコンでのゲームとのことも見ました。

 そっちの世界はねぇ。縁遠いと決めこんでいますから、ウシはホント知りませんけどもね。聞いた話ではねぇ。スマホのゲームでは全クリというかエンディングがないソフトもあるそうでねぇ。延々と内容が更新されて続いていくものもあるそうですな。

 えぇ。それについていけるだけも凄いと思いつつね。ある種の区切りとしてのねぇ。エンディングを設けることはね。必要なのではないかとね。エンディングない話を聞いて安直に思ったウシでございましてね。

 ええ。ゲームに限りませんけどねぇ。上手な区切り。はればれとしたエンディング。一つのピリオドというか、切り替えというかね。必要だよなぁと改めて思ったウシでございました。

 んなことでね。妙な苦心をしながら駆け抜けた「FF5」が終了しましてね。6月からは、「FF6」をやろうとね。新たな楽しみを用意しました。

 えぇ。最初は「4」(もちろんアソバンス版)を予定していましたが、6月だからで予定を変更しましてね。スタートしました。

IMGP7534.JPG


 うん。やっぱり切り替えるからこそできる次の楽しみ。上手な切り替えをゲームから学んででね。6月も歩んでいこうと思います。