CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年02月 | Main | 2019年04月»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
http://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
バルーン活動@第10回「のぎの楽市・えんにち」〜自転車で行ってきました♪ [2019年03月11日(Mon)]
2019年3月11日(月)

 はい、どうも。ウシです。

 やっと駄文日記コーナー意外の書庫を更新できるタイミングがきましたよ。えぇ〜、ヤフーブログ閉鎖を踏まえたウシブログのお引越し作業はね。とーぶんの間コツコツとやっていく所存です。

 さて、3月10日の日曜日。

 ウシのバルーン活動が予定されておりましてね。一路、野木町にお邪魔しました。えぇ、昨年辺りから気が付いていたのですがね。特に、今回のようなイベントでのバルーンプレゼント(風船配布活動)の場合ですとね。

 会場内を動き回りながら、自由自在にバルーンアートを差し上げるというねぇ。プロの皆さんではよくおやりになる所業がね。ウシの場合はできませんでね。

 設えてもらったテント(ブース)でね。どっかと腰を落ち着けて。「あっ、ウシだ」と気が付いて風船を所望下さった子ども達にプレゼントしていくというねぇ。大仰なやり方ですが、「近こう寄れ形式」で臨むことが多いわけでございます。

 そうなるとね。盛況な場合は、ほぼ一日座りっぱなしということになりましてね。ある種いいことなのですが、ウシの身体的にはね。

「5〜6時間風船つくり続けて疲れはあるけど、なぜか運藤不足」

 というようなねぇ。摩訶不思議な状態にあることがあって。えぇ、特に下半身にねぇ。ピキピキとしたエコノミークラス症候群??的な変調を感じることもありました。

 そこで春も盛りになってきましたからね。導入したのが自転車。運動をかねて会場入りをすればね。一挙両得じゃんと少しずつ準備をすすめておりまして。えぇ、雨か晴れかと気をもみながら当日を迎えたウシでございました。

IMGP7153.JPG


 はい。そんでね。3月10日の野木町でのイベント「第10回のぎの楽市」。晴天の下行われることになりましてね。ウシも片道20キロばかしの道のりを快適にサイクリングして。ウシ本番前に十分に身体をほぐしてまいりました。

 約1時間の運動で、現場となったJR野木駅西口付近にある富士見公園に到着しますとね。主催者の「のぎネット」の皆さんや子ども達の活動団体の皆さんなどお知り合いの皆さんと、挨拶を交わしましてね。早々にウシを装着し、出展の準備をしておりました。

 野木町は、夏祭りやボランティア支援センター「きらり館」の関係で、年5回程度は交流のあるお得意さん地域。お手伝いをしていた子ども達に囲まれてね。準備だってのに、座った瞬間からあっさりとイベントスタートとなってしまいました。

 町内で活動している市民団体さんたちや、社会福祉協議会の皆さん達が行っている「えんにち」。今年で10年目になるわけで、ウシもこれまでタイミングがあった時には、3回ほど参加させてもらった記憶がありますがね。

IMGP7152.JPG


 市民団体の皆さんが行うには程よいスペースで、町内の皆さんたちが遊びに来るにも丁度良い会場となっておりましてね。えぇ、10年経過した成果としてイベントの安定感を見た気がしました。10時の開催に併せて、皆さん、ラジオ体操などをして身体をほぐしておられましたが、この時点で子ども達に囲まれていたウシはすでに戦闘中。

IMGP7159.JPG


 ポケモンやサンリオなどのウシ流キャラ風船をはじめ、いつもの定番作品をラインナップにね。もうもう止まることなく、作り続けさせてもらいました。

「ウシさん、写真とっておきますね〜〜〜」

IMGP7163.JPG


 と、町役場の関係者の方が気軽にウシをサポートして下さり、無事に活動記録も残されましてねぇ。えぇ、いい感じですね。野木町。イベントもねぇ、バカ騒ぎって感じではなく、子ども達を中心に賑やかでありましたが、ウシとしても一心不乱に風船づくり!っていうような切迫感もなく。マイペースで全うすることができました。

 えぇ。今回は本当にね。イベントではね。ウシの技術的課題でもありますが、どうしても並んでもうことを要したりしてしまいますがね。公園中央に設置された休憩スペースからほぼ全てのブースに遊びにいけるという作りをされていましたこともあり、

「ある程度ウシがさばき終えるのを見越して並んでくる」

 という展開がありましてね。長蛇の列にはならないけども、延々と切れることはないというねぇ。何とも不思議な落ち着きをもったバルーン活動となりまして。えぇ、こうした展開もね、「えんにち」さんが10年で培ったイベントの成果だったのでしょう。

IMGP7160.JPG


 ・・・そんなことでね。ウシとしましては、座りっぱなしで一日風船を作らせて頂きました。いやぁ、子ども達がね。「イーブイ、イーブイ」とウシ作のイヌだかウサギだか分からないキャラクターをねぇ。本当に所望下さいましてね。

 えぇ。この点もねぇ。大変勉強になったウシでございました。うん。ともかく大満足。晴天でのイベントはね。やっぱり一番です。こうした、気軽さのある地域の催事がね、今後も野木町で行われることをねぇ、期待するウシでございました♪