CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Main | ウシさんの活動予定»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
http://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
秋といえば・・・ [2019年09月01日(Sun)]
2019年9月1日(日)

 はい、どうも。ウシです。

 いやぁねぇ。8月はお盆明けから珍しくご多忙さまでございましてね。特に月末の25日以降はねぇ。マジで電池切れを自覚するくらいな状態でございました。

 やせたねぇ〜といってもらえている「ツウキン」作戦のおかげでね。それなりに体力も付いたと思っていたのですけどね。まぁ、ウシ活動でも多少は粘り強さを取り戻せたかと思う節も感じていたりしましたがね。

 うん。やっぱ疲れとは溜まるもんでございましてね。そんで、29日の水曜日。久々にウシも仕事もない「完全休養日」でございましたので。ウシにとっての体力回復法といえばねぇ。

 サウナですからね。一目散に駆け込みまして。しこたま汗をかき、水風呂(これがたまらん)に入ること4回ほど。こういった手法をねぇ。交代浴というらしいと最近しりましたが。ともかく満喫しましてね。

 んで。寝まして。

 元気になりましたね。ホントに。

 なんかね。「体力が回復した!」って感じがしましてねぇ。この回復力を感じてね。あぁ、これが日々の積み重ねの成果というもんかってところですねぇ。

 まぁ、20日過ぎくらいからでしょうか。残暑よろしく日中は相変わらず暑いですけどね。朝夕は虫の声が聞こえるようになり、涼しくなりましたからねぇ。この辺もね。

「秋だなぁ」

 と思うところのね。体力回復の一因になってくれているのでしょう。

 さて。秋ですからね。秋といえばね。ウシ的にはハロウィンです。そしてね。職場まちぴあで担当している「まちぴあまつり」の季節でございますねぇ。

 えぇ。ことハロウィンについてはね。ウシ的にはありがたい。えぇ、作る作品が集中する季節でございますからね。ある意味悩まない季節。ここからクリスマスにかけての時期はねぇ。バルーンアイデア的には楽な季節でございます。

machipia2019.jpg


 まちぴあまつり2019の開催に向けてね。今年版のチラシもできました。

machipia2019-2.jpg


 おっつけ広報も加速していきますけどね。とりあえず、ウシブログでお知らせです。んでね。今年は、バルーンアートも含めた大道芸ができるパフォーマーの皆さんがね。まつりにご参加下さるのでねぇ。

 ウシとしては、文字通り「表にでない」でね。室内でねぇ。まぁ、色々やらないでね。基本的にはカボチャバルーンあたりをプレゼントする感じのね。

 どっちかといえば、ウシも楽しむ感じでやろうと思っている次第でございます。

P9010001.JPG


 そんなことなのでね。早速、この季節しか作らないウシ流バルーンカボチャをリハビリ。えぇ、ペンシルでもできますが、ラウンドと組み合わせたバージョンが一番量産がききます。

P9010002.JPG


 うん。こんな感じの「ステッキタイプ」でね。もらってもらい。大道芸さん達からもらったワンランク上のバルーンとさらに組み合わせてもらってね。バージョンアップを堪能してもらえれば何よりでございましてね。

 もののついででウシもね。勉強させてもらいたいと思ってますからねぇ。9月に入って早々ですが、すでに秋本番の10月を見据えてね。慌てないでやっていこうと思います。

 とりあえず、まちぴあまつり2019。また、改めての広報を致しますけどもね。たくさんの皆さんと過ごせるように鋭意準備して参りますよ♪
若者の存在は心強いです [2019年08月23日(Fri)]
2019年8月23日(金)

 はい、どうも。ウシです。

 いやぁ〜〜きてますね。権藤さん状態だった今週月曜日から水曜日を乗り切ってね。2日間空いたわけでございますけどもねぇ。

 その間当たり前ですが、仕事もあってね。こなしながらこなれていくように過ごしておりますがねぇ。携帯のアラームにまったく気が付かずに寝過ごしそうになったりね。

 そもそも、仕事終わりの一時に「ファイアーエムブレム」(GBAの封印の剣をプレイ中)をやるのが楽しみのくせにね。体力的な問題化、ウシがスリープしてしまうパターンが出てきましてね。えぇ、やっぱり暑さ?ウシ???仕事????の疲労感はあるのでしょうかね。

 そんなこんなの今週ですが、この山場もこの土曜日(24日)の山を登ればひと段落なのですが、その山がでかい。

「ダブルブッキング」

 なんですよね。えぇ、分かっていたことですがね。8月24日は職場まちぴあの事業でね。「コミュニティボランティア体験事業」がありまして。詳しくは、リンク先をご参照下さいですが。その日時と同時間にね。

 ウシは、ブログでもお知らせした野木町のイベントに参加しているわけです。そんなことなのでね。この日は学生たちに活躍してもらうための「バルーン練習会」を催しました。

 えぇ。ボランティア活動をするのは学生の若者たちですからね。ウシは教授役として一戦を譲るのは当たり前ですけどもね。まぁ、結果的には気持ちとして「やりたい」はあってもね。

 もうねぇ。自主的な球数制限ですよ。パワプロでもね。体力ゲージが空っぽでね。練習を実行したら即病院行きでっせの状態だというのがあるのでね。

 ウシではないバルーンの担い手を育成しないととね。なっているわけです。プログラムを担当しているスタッフさんが丁度会場の設営準備に行っていたので、この日はウシが担当官。

DSC09107.JPG


 5名ほどの高校生たちが集まってくれていたのでね。一本ものでスムーズにできるように、動物系やハート・剣の作り方をレクチャーしましたよ。

 いやぁ〜。いいですねぇ。バルーンの講習会は何度かやっていますけどね。趣味というかなんというか、普通の講習会はねぇ。そもそも講習会そのものを楽しみこられる場合も多いのでね。

「自分でできるようになるんだよ」

 といってもねぇ。その実、習得した技術を活用するタイミングもないのが実際でね。やらないと技を錆びますし。楽しむそもそも楽しみオンリーだと目的設定が異なりますからね。まぁ、育成という意味では中々に続けられないのが現状だったりします。

 そういう意味ではね。「やらなきゃいけない時」が定まっているこうした機会はね。ある意味貴重。そしてね、そーいう意味でやってみたい子たちが集まってくるのでね。

 いやぁ、みんな真剣にバルーンを学んでくれましてね。えぇ、基本形を中心にほぼ心配のない状態になったと思われますよ。

P8230010.JPG


 そんなことですからね。ウシは途中から野木町の準備。ウシもプレゼント活動ですから、「先生」の試作をしたりしてね。ウシも自主練習の確認作業ができました。

 先生もねぇ。見守りながらの練習会。いい感じです。

P8230007.JPG


 心強い若者たちがあるおかげでね。ウシは残りの力を出し切ってもいい環境ができました。まことに心強い。そしてね、ボランティアを通じてのバルーンと子ども達との楽しい空間をねぇ、みんなで作れることを期待しておりますよ♪
彼の人気はモノホンなのだろうか [2019年08月14日(Wed)]
2019年8月14日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、最近はほんと朝から暑い日が続いておりますねぇ。宇都宮市で仕事をしているとよく雨に遭遇することもあるのですがね。一転自宅の栃木市に帰ってみると降っていないということも多々あってね。

 ゲリラ豪雨といいますか。一点集中型の雨というのはねぇ。昔はこんなにあったかしらんと思ったりもします。そんなことでね。熱気を和らげるくらいの雨がね。ガっと欲しいところですがね。西日本を中心に大型の台風襲来と。

 1000ミリだかという雨が降るとのことでね。100ミリだってねぇ。短期間大雨で災害が〜と言っている昨今ですからねぇ。それはまたそれでね。心配のタネと思っているウシでございます。

 さて、情報取集力が乏しいウシでございますけども。先日、テレビの情報番組でね。

「うんこが人気です」

 などという話題を耳にしました。期間限定だそうですが、うんこのミュージアムもあったりするそうでね。面と向かって「私、うんこ好きなんです」ってねぇ。言われるのも不思議な世界だとね。

 朝めし中でしたからねぇ。冷水お茶漬けを頂きながらね。少し複雑な気分になったウシでございました。んでね。つい最近の話でございますが、お盆明けの来週はねぇ。ウシの繁忙期となっておりまして。

 残暑とともに迫りくる子ども達の相手をしなければなりません。芸能人は歯が命かもしれませんがね。ウシのバルーンは「目」が命。その場でいちいち作るのも面倒なので、時間があるときにねぇ。キャラものバルーンに使用する目シールをこさえておりました。

 その折にね。向かって左側のねぇ。黒の大きい丸シールと中くらいの白丸シールを組み合わせてね。目をこさえながらねぇ。ひらめきました。

P8140001.JPG


「あっ、これって眼鏡っぽくならないか」

 と。そんなことでひらめいた作品がね。

 えぇ。うんこでもウシも面白いとそれなりに思っている「うんこドリル」の先生ね。早速画像を検索してね。試作をしてみました。

 まぁねぇ。うんこそのものはね。ペンシルバルーンでも作れるのですがね。黄色やその他の配色を3本くらいは使うし。わざわざねぇ。貴重な風船を使うこともないとね。ラウンド風船との組み合わせで作り方を考案してみましてね。

 やってみました。

P8140002.JPG


 ・・・・・・・う〜〜ん。

 ちょうどいい具合の密着感というかね。ぎゅっと詰まった感じに中々ならない先生。いやぁねぇ。予想外の苦戦を強いられましてね。

 そしてね。思いましたよ。

 苦戦している割にはねぇ。

「何としても作ってやろう!!!」

 そういった意気込みが沸いてこない。えぇ〜。改めてね。不真面目に見えるものに息吹を吹き込みブームを作る才能を持った方にねぇ。経緯を表するところでございますよ。

P8140005.JPG


 そんなことでね。約30分くらいやってみてね。黄色だとは分かっていましたが、黄色といえばピカチュウになれる存在ですからね。残が残りやすい水色でやってみてね。

 ありながらねぇ。ラウンド風船をよりぺちゃっとした形にする方法なども思いついてね。それなりに収穫はありましたけどもね。えぇ、こんな感じが限界です。

P8140006.JPG


 一応、水色バージョンに体をつけてね。さて、彼は人気なのでしょうかね?うん、一応は作り方の目途がついたのでね。来週の学童で投入してみようと思います。

 ウシ流のうんこ先生。うんめいは如何に!!!!???
昔の自作品にときめき [2019年08月13日(Tue)]
2019年8月13日(火)

 はい、どうも。ウシです。

 いやぁああ。暑い日が続いておりますね。サウナ好きのウシですので、暑い日はねぇ。寒いのよりも大得意ですがね。「ツウキン」中の自転車とか、その大変さを実感している昨今であります。

 えぇ。この酷暑もね。なんでも日本だけのものではないと聞きますし。ゲリラ豪雨その他のねぇ。地球温暖化がその諸悪的な部分を担っているのでしょうかね。詳しくは分かりませんけどもねぇ。あれですよ。8月ですからね。

 国同士でねぇ。たくさんのお金をかけて明後日の方向にねぇ。なんの目的かは下々のものであるウシには分かりかねますけどもね。キレイでもない打ち上げ花火を上げていたり作ったりする余裕があるんならねぇ。

 環境問題というねぇ。世界的な問題に立ち向かうべきじゃあるまいかとねぇ。坊主頭で顔と頭だけやたらと日焼けしたおぢさんウシは思うわけでございますよ。

 えぇ。そんなことでね。8月も半ば。今年もお盆の時期となりましたね。お盆といえば俳句の季語的には秋であると聞いた記憶がありましてね。自転車マンのウシとしては長雨はあれですけどねぇ。それはそれで待ち遠しい感覚もあり。

 また、季節の移ろいの速さにね。まぁ、色々気候変動だぁあったとしてもね。ふとした時に驚くわけでございますよ。

 さて、お盆。そして秋。秋といえばね。やっぱ本番は10月、11月でしょう。10月といえばね。職場まちぴあで担当している「まちぴあまつり」の2019年版がね。10月14日の月曜・祝日に今年も予定されておりまして。

 先日、今年版の広報用チラシを作製しました。

P8110001.JPG


 昨今はね。「ハロウィン」の印象が強いウシ。やっているゲームもねぇ。今のは全く無関心で昔のゲームばかりをやってしまう懐古主義的な側面が強くなっているウシですからね。担当とはいっても、職場の若手スタッフに、イベント内でやるコーナーの出し物は考えてもらっていましてね。

 まぁ、適宜新しい風を吹き入れつつ続いているところでありまして。そんな流れからね。パレードも恒例行事になってますがねぇ。ハロウィン色がさ。年々色濃くなっている10月であると思うわけですよ。

 今年のまちぴあまつりでは、家庭内ででるリサイクル材を活用した子供向けハロウィン工作を実施することになりましてね。えぇ、よろしく頼んだと思いつつ。勝手に言っているだけかもしれませんが、まちぴあまつりといえば、

「ウシ」そして「バルーン」

 ですからね。えぇ、今年はハロウィンのカボチャバルーンあたりを大量にこさえでもしようかとね。作戦を練りながらチラシを作製しておりました。

 一昔前は、チラシに配する画像は手書きしていましたが、昨今はパソコンで見つけてくるのがねぇ。多いです。ちなみにね。これまでのウシのバルーンで作った中にいくつかカボチャ、ハロウィン的な作品もあったよなと思い。

 自分のこれまでの記録をね。メモリーではなくブログにアップしている画像から検索しようとね。

「ウシ カボチャ バルーン」

 と打ち込んだらね。最初の方にねぇ。ウシが2017年に作成したらしいバルーンの画像が出てきましてね。

baln.JPG


「あら、かわいい」

 とね。ウシ流サンリオのキャラと思しきものを無理やりくっつけたハロウィンバージョンにねぇ。2年の歳月を経て本人がときめくという始末。えぇ。時期ものバルーンはそのシーズンしか作るないレア系だしね。

 作っている本人にとっても量産型でない故にレアだからね。忘れてしまうわけでございます。

 ・・・・えぇ。暑さ故に疲れておりますね。

 ままま。そんなことでね。まちぴあまつりに向けてねぇ。ウシもハロウィンネタを考えながらね。この酷暑を乗り切っていこうと思っております。皆様も、暑さに気を付け、ご自愛のほどお過ごし下さいませ♪
ゆあ すとーりー ゆあ ひーろー [2019年08月04日(Sun)]
2019年8月4日(火)

 はい、どうも。ウシです。

 本日は公(職場のまちぴあ)私(ウシ)でも10年近くお世話になっている「子育てサークルこっころ」さんのね。小学生とその親子を対象にしたおはなし会がありました。

 宇都宮空襲をはじめとした戦争体験や紙芝居、戦争と平和をテーマにした絵本のおはなし会でございましてね。ちょっと取材させてもらった記事を、まちぴあブログに掲載させて頂きましたのでねぇ。よかったら、ジャンプしてみて下さい。

 さて、戦争と平和。

 難しい話ですよね。色々と込み入ってきますからねぇ。この際に考えた駄文は以降の更新のネタにとっておこうと思いますけどね。えぇ、戦争ね。しかし思えばねぇ。仕事とウシ以外はほとんどがゲームの世界で世界を救っているウシ。

 まぁ、その実何かの影響が現実世界にあるかといえばないわけでね。でもま、考えてみればほぼ毎日何かしらと戦争をしているウシでございますけどもね。本日のおはなし会にて多少おはなしを聴かせてもらい考えて。

「あぁ、だから平和なんだな」

 ってね。えぇ。現実に起こっている戦争とね。ゲーム、小説その他で出てくる戦争、争乱の話。読んだりプレーしていて思うことはね。

「いやぁ、ゲームといってもねぇ。えらい過酷なもんですけど」

 ってことばかりでね。基本的には戦争というものがよろしくないもんであり。暴力といいますか、色々な意味で物理的な大暴れをしたところでね。それって何のために???って不思議な自制心が働くこと。

 えぇ。このこと自体がね。ウシがそれなりに「平和」というものについて考えて生きてきた結果なんだなと思ったところでございます。

 うん。よく分からない文章ですけどね。まぁ、そんなことを取り留めもなく思った今日のウシでございました。

 んでね。話かわってゲームの話。先日、阪神の試合と「いだてん」。最近は天気予報もよく見ますけどテレビのCMでね。ドラクエ5の映画の話がやってました。

 個人的にはね。「へーーー」と思っただけで、見たいともなんとも感じなかったですよ。えぇ、その理由はね。ドラクエもそうですが、自分がえらく気に入って。読み込んだり、やりこんだ作品の映像というものはねぇ。

 個人的な思い入れが強すぎてね。どんなもんでも、

「つまんない」

 となるという一種の結論がありましてね。まぁ、興味なしでした。そのあと思い出したように情報を散見しているとどうもそーいう話でもないらしいということも漏れ聞きますけどね。まぁ、それはそれでいいんじゃないでしょうか。

 まぁね。ドラクエといえば自分にとってはヒーローみたいなもんですからね。最近はドラクエに限らずねぇ。どんなRPGをやっていてもね。

「瀕死でも毒でもなんでも、宿屋一泊、道具一発、ご寄付1回で完全回復ってすげえな」

 ってことにね。世界を救う以前の問題として憧れを感じるようになっているウシでございますからねぇ。そういう意味ではね。ゲームをはじめとした創作物へのヒーロー感というものは、それぞれにあるのでしょう。

 プレイヤーは変わりますけどね。作品自体が変わらないってのがねぇ。このヒーロー感をいつまでももてる所以だとも思いますよ。

 そんでね。もう一回翻ってウシ。今日の「こっころ」さんのお話に戻りますけどね。10年近くお付き合いのある団体さんのお子さんにねぇ。しばらく振りに会いました。もうもう、小学4年生になりましてね。

 ウシ的には完全に大人。

「なんだよ、おっさん。うるせえよ」
「くせえよ」

 とね。別に、こっちが何も言っていないのに言ってしまうようなお年頃になることが、ウシ的な大人化でございましてね。えぇ、そこには、1歳くらいの赤ちゃん自分からお付き合いのあったものとして、一種の寂しさを味わうもんだと。

 それがね。ウシ的な尺度でいうと4年生か5年生くらいなんですよ。

 んでね。「なんだよ、なんだよ。あんなに肩車してあげたじゃん」などと言い合うってのがねぇ。理想像としてあるわけです。

 そんなね。おぢさんにまとわりついて肩車をせがんでいたのに・・・っていつなるかなというタイミングが今日かなと思うくらいの久しぶり感で。中々のイケメンじゃんと思うねぇ、男の子から男子になった彼と会いましたよ。

IMG_0339.JPG


「ウシさん、肩車して」

 彼は言ってきましたね。えぇ、おはなし会に付き添って来たまでは良くきたですけどね。上記のように10歳前後になったらもう大人だという理論をこんこんと諭したのですがね。

「まぁまぁ、いいからいいから」

 と。肩車させられましてね。えぇ、彼の成長ぶりと自分の老化振りを改めて実感しながらね。えぇ、そして肩ぐるまられながらねぇ。

IMG_0340.JPG


「何がたのしいねん」

 とね。やりあったウシでございました。えぇ〜〜。おっさんの好いてくれんのはいいんですけどね。もうこりゃ、体力的な問題とね。あれですね。女の子だったら猶更だめですが男の子の場合はね。

 全体的に筋肉になってくるんですねぇ。えぇ、登られるのも登ったあともね。カッチカチで痛いのなんの。えぇ、肩車はねぇ。小学校1年まででね。卒業ですよ。

 まぁね。自分でいうのもなんですが、彼にとってはウシはヒーローの一種なのかもしれませんな。そう思って頂いているのは大変光栄ですけどね。いやぁ、大変です。

 ヒーロー像というものはねぇ。ゲームや映画でもねぇ。見る側の感受性が変化すれば見方も変わったりしますが、生身の方がやっているヒーローやアイドルはそのものが変化していきますからねぇ。

 なんかね。藤岡弘さんや亡き大岡越前の加藤剛さんの偉大さはね。ウシにはないなぁと思い知ったウシでございました。うん。ま、楽しかったですけどね♪
今後に期待がもてそうです [2019年08月01日(Thu)]
2019年8月1日(木)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、今月もしれっと月がすすんで8月になってしまいましたけどね。ニュースでも盛んに言われているように、いきなり暑い日々が続いておりますなぁ。

 あれですね。トレーニングも兼ねた自転車移動「ツウキン」をね。電車移動とともに適宜行っているウシではございますけどね。いやぁ、この暑さは堪えますねぇ。最初は、6月の梅雨時期と目された一か月間を定期でもって過ごしたので、その堕落分かと思っていましたけど。

 そーいう話でもなく明らかに移動速度のスピードというか持続力というかね。もろもろの能力が、この暑さによって明らかに削がれていると感じ入ったところでございましてね。通勤とウシ活動時の移動を含めた走行距離がねぇ。8月1日をもって「3,000キロ」となりましてね。

 まぁ、そのことだけは励みになっているウシでございます。

 えぇ。7月中はね。ちょっと暑さも感じてきた時期で。より何もない休みの日は「強い決意をもって引きこもる」ことが多くなりましてね。さらに8月は拍車がかかりそうな様相を感じておりますが、そんな7月いっぱいお世話になったのはね。

 ゲームボーイアドバンス版の「ブレスオブファイア」でしたね。「FF」の重厚といいますか、シリアスな展開に疲れたウシさんがね。

「なんかコミカルだった気がする」

 という記憶とともにプレイする気になったRPG。PSP版の「V」とともに一応のナンバリングを所有しておりますのでね。始めましたけども。

 いやぁ。FFシリーズとは違った意味でのシリアス感。特に「U」はね。

「あれ??こんな大変な話だったっけ」

 とね。オープニングから改めてビビる始末でね。えぇ〜。あんなに出てくるキャラクタの皆さんが痛い目に合うとねぇ。肝っ玉母さんがぺちゃんこになっちゃうのはね。何とかできないもんかとね。思ったりしながらね。ある種ドット画だからこそ、ウシのような軟弱者には耐えられるんだなと思い知ったところでございました。

 そんな「U」もね。10年以上前のプレイ記憶が戻ってきた最終局面でね。

「そーいえば、エンディングが物悲しかった気がする」

 と、ふと思い出しまして。ウェブ上に浮いている賢人の皆さんのお知恵を拝借し、なんとかかんとかでグッドエンドにたどり着いた7月31日。うん、よかったよかったと思いながらね。

「とてもじゃないけど、ブレスVの砂漠を越えられる精神状態じゃないな」

 と思いましてね。ファイアだからね。ファイアーエムブレムをやろうと。ゲームボーイアドバンス版の「封印の剣」を始めた8月でございます。うん、若者と女性・子どもが大活躍♪ってな記憶が濃厚にあり。

 延々、闘技場でレベル上げするということを楽しみにね。8月をスタートしたウシでございました。えぇ、しばらくはね。エムブレムにお相手願ってね。アドバンス3作とDSのリメイク版も持ってますからね。秋の風を感じるくらいまではねぇ。お付き合いしてもらおうと思っているウシでございますよ。

 さて。どうでもいいプライベートはさておきましてね。

 ウシ活動。7月は3件ほどでしたけどもね。印象深い7月でございました。特に、7月終盤にお邪魔した上三川町坂上小学校の学童さんではね。

IMG_0316.JPG


 こんな感じの感謝状を頂きました。えぇ。こっぱずかしいですねぇ。

 目が斜視でね。坊主でね。最近は歯も不具合を感じながらね。「まぁ、四捨五入すると初老だからね。経年劣化って奴だよ」の一言で済ましているウシですからね。特に絵にされるとかなりな補正が入ることが常なのでね。こっぱづかしさ倍々ゲーム状態なんですけどね。

 えぇ。まぁね。うれしいもんではございます。えぇ。8月は同じ上三川町の上三川小学童さんにお邪魔予定でございますからね。うん。ふつーにウシと遊んでくれればねぇ。それで十分ですよ。えぇ。

 坂上小さんの活動の際にね。個人的にもっとも嬉しかったのはね。

「ようかいバルーンの人気再確認」

 ってことでしたねぇ。ちょうど、お邪魔して準備しはじめた時にみんなが見ていたテレビがようかいだったからかもしれませんが、工作遊び終盤の恒例「じゃんけん大会」でね。

IMG_0282.JPG


 ピカ、イーブイ、シナモ、、、といつもの作品に加えてね。「コマさん」「ブシニャン」あたりを作ったらね。一番争奪参加者が多かったのが「ブシニャン」でしたからね。

 いーーーやーーー。嬉しかったですねぇ。ついでに、ジバニャンもリハビリ半分でつくり。遊びでウィスパーも作りましたけど。それぞれに反応を頂けましてね。

IMG_0270.JPG


 いやぁ、励みになりました。おかでもってね。学童での活動の後に予定されていた、七夕まつりでね。ようかいバルーンをラインナップに戻すという選択をできましたからねぇ。えぇ、その手応えをつかめたのがねぇ。何よりも嬉しかったウシでした。

IMG_0285.JPG


 うん。そんなことでね。ようかいの復活があってくれましたからね。8月の激動の期間を乗り切れる。そんな感じを覚えています。8月は3連投を含めた6回のウシ活動が予定されております。

 えぇ。本日、そのために取り合えず1万円分(約900本)のペンシルバルーンを買い込んできたウシ。週明けには、もう一回同じくらいの材料を揃える必要があるわけですがね。

 灼熱の8月に負けないように進んでいきたいと思うウシでございました♪
 よーーーーし。頑張りましょう!!!!
栄枯盛衰を感じています [2019年07月11日(Thu)]
2019年7月11日(木)

 はい、どうも。ウシです。

 昨日の7月10日にお邪魔した「レインボーまつり」。えぇ、楽しかったですねぇ。7月に入ってからというもの仕事の方のスケジュールがラストスパート状態で。つい先ほど一通りの段落を得ることができましたのでね。

 こうしちゃおれない。できる時にブログを更新しときましょう。

 えぇ。そんなことで書き始めましたけどね。駄文ですよ。

 えぇ、苦戦が続いておりますがね。いいですねぇ、頑張っている姿は。えぇ、そんなことで阪神タイガースを見る機械と化しているウシ家のテレビですからね。知らなかったのですけどねぇ。

 なんでも聞くところによると「妖怪ウオッチ」さんが元の画風に戻ったそうではないですか。えぇ、何だか分かりませんけどね。愛らしかったコマさんとかがいなくなってねぇ。ウシもめっきりご無沙汰になったわけですがね。

「ウシさん、妖怪ウォッチが前の絵に戻ったんだよ!」
「だからコマさん作って」

 とね。6月の末にお邪魔した子供会で小学生の子に教えてもらってね。わざわざ、スマホでとった3〜4年前のウシ作コマさんとコマじろうを持った写真を取り出してきてくれてね。

「作り方忘れちゃったら、見て作って」

 とせがまれる場面がありました。

 いやぁ。奇特なパターンがあるもんだと思いつつ。その時は作ってあげてね。(ウシ流コマさんは、犬の応用なので忘れるはずがない)大変喜んでもらったもんでしたからね。

「おっ、妖怪の復権があるのかも」

 と、思い立ち。えぇ、前提としてキャラものを認識できない世代のイベントでしたからね。逆に良きリサーチの場だと思いましてねぇ。

IMG_9961.JPG


 コマさんとコマじろうの兄弟もね。何となく赤ちゃんメインのイベントに空気的に合うよなと思いましてねぇ。飾ってみましたよ。

 ・・・・・・・・・・・

 まぁ、結果はね。ゼロでしたね。年代もありますが、やっぱこの世代のヒーロー「アンパンマン」。いっぱい出ましたねぇ。

「アン」
「あんまん」
「ぱんまん」

 とね。2歳以上の子と思しき年代は反応していたしね。さすがです。赤ちゃんであってもね。しゃべれなかったとしても、目でアンパンマンの創作中を追ってね。出来たときにちゃんと反応をくれたりもした場面も複数ありましたからね。

 やーーー。アンパンマン師匠の力とはねぇ。偉大です。

 そしてポケモンね。保育園直前の子たちなんかからは直接オーダーもらったりしてましたからね。それなりの反応があり。材料の関係で一個に絞ったサンリオ系(マイメロ)もね。

 ピンクのうさちゃんと呼ばれてねぇ。お持ち帰りがいくつかありましたけどね。

 えぇ。妖怪兄弟はオーダーなし。

IMG_9965.JPG


 なんかね。狙って撮ったわけではないですが、この後ろ姿がねぇ。個人的には大好きです。

 ・・・うん。3年くらい前だったらねぇ。あり得なかったよなぁと。時代の流れといいますかね。そんなものを感じたウシでございました。

 えぇ。ウシの手持ち作品の代表格といえばね。「ピカチュウ」を中心とした、ポケモン数種。「マイメロ」をはじめとしたサンリオ系いくつか。そしてね、「妖怪」の数種類ってのがね。

 時代に流されない、アンパンマン、ばいきんまんの周りをくるくる回ってね。栄枯盛衰を繰り返しているというのがね。ウシになって8年目になるわけですが、見えてきています。

 一時はねぇ。ピカチュウの代わりにコマじろうだったしね。ウシ個人のレパートリーの中でも流行り廃りがあるってのがねぇ。面白いもんです。

 ま、個人的にはねぇ。体操まで覚えてね。プロのオーケストラバックに踊った経験もある「妖怪」ですからねぇ。ぜひとも子ども達の復権を期待したいところでございますけどね。

 どーなっていくんでしょうね。まぁ、妖怪が流行っていたころはね。ある種異常な感じも覚えた流行り方でしたからねぇ。一回落ち着いてボチボチというね。流れがねぇ、ある種自然であり、ある意味で定着していく流れなのかもしれませんけどね。

 えぇ。ウシもね。おそらくテレビの中心は10月過ぎまで野球でしょうけども。逐次子ども達から教わってね。やっていこうと思うウシでございました。
やっぱり「ウシ」らしく [2019年07月06日(Sat)]
2019年7月6日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 いやぁ、つい今しがたね。職場まちぴあで担当している3か月に一度の「調整会議」が無事に終了しましてね。あとは、残務処理を残して、とりあえず昼食をという感じになっておりますから。

 他にも、いろいろありますがねぇ。とりあえずやらねばならぬ事柄を一つ攻略しきりましてね。ホッとしているのでね。ついでにウシブログも更新しておきましょう。

 えぇ。先日。7月に入ったからというわけではないですが。6月一杯お世話になった、ウシが日々を過ごしていく上でのオアシスともなっているゲーム(アドバンス)のね。

「FF6」が無事に終了しました。

 えぇ。7月になるからというわけではないですが、切りよくやり切ろうと思っていましたけどねぇ。FF1、2、5、6とね。アドバンス版で所有しているFFシリーズをやり直し。せっかくなので、レベルを上げるだけあげるなど、

「カスカスになるまでやってみる」

 ということを目標にやってきたわけですがね。まぁ、レベルカンストぐらいがそれぞれ精いっぱいでしたけどもね。ファミコン・スーファミのFFシリーズ制覇をねぇ。目論んでやってきましたけども。

 最近妙に疲れ気味。特に、FF6はねぇ。小学生時分にもよくやった作品でね。それなりの思い入れもありつつ、忘れていることも多々ある作品でしたから。改めてやってね。

 えぇ。子どものころ時分はねぇ。二十歳前後の若い方々のパーティでやっていたものがね。おじさんお侍やじいちゃん魔導士、ハートブレイク気味の殺し屋さんなど、ちょっと脇に置いていた方々を重用する傾向があったりとね。

 ウシも年齢を重ねて変化があったと思った次第でございます。今のゲームをやらないので、今がどーか分かりませんけどね。ファミコン・スーファミあたりのゲームはねぇ。

 セリフというかテキストが少ないなぁと改めて思いましたけどね。小説でいうところの行間がふんだんでね。妄想好きの傾向のあるウシはねぇ。こいつはどーいうつもりでなどと考えながらプレイするもんですからね。

 なつかしさも相まって楽しいでしょうと自己分析をしました。FF6で印象に残ったのはね。ラスボスのケフカさん。FF5のワンオペラスボスさんとは違ってね。

 ゲーム上のテキストだけでは、深くは読み取れませんけど。ともかくも、生まれた時分からおかしくなっちゃった方で。そんな方が大きな力をもったもんだからね。

 全部世界を壊しちゃえとね。なっちゃったということは前々から理解できてましたけどね。改めてプレイしてみると、そんなケフカさんを生み出した方もいたわけで、本当の悪はそいつかとかね。

 壊しちゃえる力を持っちゃったから壊しちゃうわけでね。ウシ自身も自儘にならないことは多々あれど、思い通りにできないから何とかしようとあがくもののね。

 もし、あがく必要もなくできてしまえばね。それは楽ですけどね。でもそれって本当に幸せなのかしらん??とかね。とりとめもないことを考えたりしていました。

 えぇ。そんなことでね。FFに疲れたのか、アドバンスの画面に疲れたのか知りませんが。切り替えたいを思っていた矢先。お仲間の「ぽぽら」さんに遊びにいったときにね。

 手芸を勧められました。

 2022年の国体の時にプレゼントするんだと、ボランティアさんを募って作られている「イチゴのアクリルたわしづくり」に遭遇しましてね。

 えぇ。ゲームに疲れていたけども集中を要する作業はしたかったのでやってみましたがね。

 ・・・・ウシはウシですね。この作品を上手に編むには「かぎあみ」をするそうですがね。えぇ〜、不器用これに極まれり。どーも道具を使ってねぇ。うまく編めないウシ。

 思い通りにいかないもんですからね。

「サルの実験みたい」

 とねぇ。まるで魔法のようにあんでいる皆さんを羨望まなざしで見ておりました。えぇ、ホントね。やったことない作業のコツを掴むのは苦手なウシなんですよ。

 そんなことでしたがね。できねぇとほおるのも悔しい(この辺は、カンストプレイゲームの成果かな?)のでね。その昔、ウシができた、

「手編み」

 の方法を思い出してね。かぎあみのやり方を指でまねてね。作ってみました。

IMG_98731.JPG


 うん。向かって左側がウシ作。

 赤と緑だからイチゴです!!!!!

 ってことでね。やり切りました。FF、ドラクエでいくとね。バットかもしれませんが、一応クリア??した感のある、ウシの手編みイチゴ。

 。。。これはこれで悔しいのでね。えぇ、サルみたい霊長類を馬鹿にした発言を反省し、

「あっ、ウシだったのが、サルになったんだからすげえ進化だよね」

 と持ち直しましてね。また、新たな楽しみを見つけたウシでございました。そんなことでね。素手で編み物をしている坊主の眼鏡がいたらウシですからね。これからの精進を誓ってねぇ、夏に突入していこうと思います。
判断って難しいもんですね [2019年06月22日(Sat)]
2019年6月22日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 何回か6月のウシ活動予定で触れていますけどね。6月は3件の活動となっておりまして。それぞれが2週間くらいずつ間をおいての活動でございましてね。

 えぇ。その影響でブログの更新が明らかに落ちております。えぇ、ついでにね。珍しくウシ以外で忙しい昨今。てめえのブログが気にならないくらいの真面目さでね。過ごせているのはいいことかもしれませんがね。

 ちょっと物悲しいところもあるので、更新してみましょう。

 えぇ。判断。

 難しいですねぇ〜〜〜。ウシは、中学時分に同じ名前の「克洋さん」ということでファンになった、プロ野球選手の平塚克洋さんから入ってね。20年来の阪神ファンでございましてね。

 えぇ〜。毎年いいですねぇと思いますがね。若々しくていいですねぇ。今年は。それでもね、勝った負けたでハラハラしながらね。えらい勢いで増えているエラー数他も心配しながら過ごしておりますけどね。

 これもねぇ。技術とともに判断力が必要になることなのでしょう。それを思うとね、テレビ観戦ばかりですが、野球をしている時点でね。もうもう自分にはできないことをしてらっしゃる皆さんのことでござますからねぇ。

 残念に思うことはあってもね。罵声を上げる気にはならないですよ。うん。そもそも、自分じゃできっこねぇとね。思い定めていますからねぇ。ただただ、無事で元気で。頑張ってほしいとね願っているウシでございます。

 そうそう。判断。まちぴあのブログにも書きましたが、今日は判断に揺れましたねぇ。本日の予定では、通算48回目になる「釜川コケ落とし大作戦」の活動日。

 天気予報とにらめっこしていましたけども。前日だけでなくここのところの集中的な雨の影響もかんがみてねぇ。前日夕方の時点で中止を決断しました。

 しかしながら、本日。晴れよりの曇りの状況でね。活動の気候としてはピーカン照りよりも適した一番いい気候で。

「あーーーしくじったかなぁ」

 とね。思いながらね。傘を抱いて電車で出勤してきました。決断したのに、自分の下した判断に迷っている。えぇ、ありがたいことで今年のコケ落とし大作戦には、コンスタントに30名近いボランティアの皆さんが応募下さっています。

 本番ぎりぎりまで、参加者募集!!!というパターンもよくあるのにね。4月にスタートして3回連続でね。その前に締め切らせてもらえる状況となっています。

 いろいろな立場の皆さんがあるので、どーしてもやりたいという希望もあってエントリー下さる皆さんもいてね。中止一つとってもね。悪かったなぁと思うことも多々あります。

 しかもね。活動当日は釜川的に良い天気。

「全然できたじゃん!!」

 というねぇ。慙愧の念はぬぐえませんでした。そんなことでしたからね。出勤前に川の様子を見てきました。昨日は夜だったし、洪水注意報がでたのは深夜だったみたいだし。どうなのかなと思ってみたらね。

 ・・・・・・

190622-2.jpg


 こんな感じでしたからね。

190622-1.jpg


 いやぁ、危なかったです。入れませんよ。じゃぶじゃぶ池が「ざばざば池」になってましたからね。逆に当日だけで判断してね。道具ももってみんなも集まってしまったら、変な意味で後には引けない気持ちになったりしますからね。

 えぇ。これはこれでよい判断をしたのだと。思えたウシでございました。

 ですからね。まちぴあブログには、中止になった6月の想いも込めて「7月活動の募集記事」を作成させて頂きました。ぜひ、皆さんのご参加を改めてお待ちしています♪
「ももたたろう」といえば「おにのばか」 [2019年06月09日(Sun)]
2019年6月9日(日)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、少しずつ片付けてまいりますけどもね。職場まちぴあで担当している「まちぴあ利用者協議会」の年一回の会合を昨日無事に終えることができましてね。

 えぇ、ホッと一息ついた日曜日を過ごしているウシでございます。えぇ、職場のまちぴあ。ウシもウシとして活動団体として登録をしてね。このブログで更新しているようなバルーン活動をしているわけでございますけどもね。

 まちぴあで行っている、各種講座やイベント、交流・体験の企画などなど。登録下さっている200以上の団体の皆さんたちに、陰ひなたにご協力を頂きました上でね。なんとかかんとかやっておれると。

 えぇ。何とかかんとかやらせてもらっているのは、担当者であるウシの方でございましてね。昨年度の活動状況を皆さんで振り返ったりしましたがね。いろんなことができる団体の皆さんのおかげでね。イベント一つとってみても、非常に盛況にできして。

 そんな中でね。事務局としても活動者のウシとしても、皆さんの輪の中に入って昨年一年度を過ごし、そして今年度も過ごせるように頑張ろうとね。気持ちを新たにしたところでございます。

 さて、そんなね。仕事上でお相手を日々させてもらっている利用団体・登録団体の皆様。えぇ、書いているウシが脳足りんなので、随分とラフな表現になってしまいますけども。

 団体さんたちとの日々のお付き合いはね。お客様という関係もありますが、大切な仲間って感じもあるんですよね。日々の業務でお付き合いがある他に、ウシで懇意にさせてもらっているケースも多々あってね。

 なんていうんでしょうかね。リスペクトがありながら、良き友達=仲間ってな感覚をね。感じる場面が多々あります。

 まちぴあブログでも更新しましたが、「子育て応援サークルこっころ」さんともそんな関係を続けさせてもらっています。

 子育てサークルさんでね。団体の中心者のママさんとその子どもさんたちとね。かれこれ数年にわたるお付き合いをさせて頂いてましてねぇ。その時分は、ウシさんウシさんとね。遊んでもらったりしていました。

 時間の流れの中で、そんなおこちゃま達も小学4年生、中学生となったそうで。バルーンもそうですけどね。加齢臭が気になるかもしれないナイーブな年ごろに入ったおぢさんウシにねぇ。纏わりつくお年頃でもなくなったわけでございますけどもね。

 そんな中でも、団体さんとしての活動を継続されている「こっころ」さん。当事者団体としてではなく、子育てを応援する団体としてその姿を変容させながらね。

 まちぴあともウシともお付き合いを続けて下さっていることがねぇ。ありがたいことです。

 その、こっころさんが、6月7日に催した講座がね。シニア世代の方を対象にした絵本の読み聞かせボランティアの要請講座。主催者のママさんが絵本専門士なる資格を取得されてね。新たに立ち上げた企画です。

IMG_9848.JPG


 思えばウシもね。子ども相手の活動は読み聞かせから入りましてね。紙芝居を自作してやったりしていましたからね。根気の継続の課題から今は離れ、すっかりウシがメインになりましたけどもねぇ。

 読み聞かせといえば、興味関心があり。また、読み聞かせ講座というとねぇ。あーじゃないこーじゃないと指摘されてねぇ。嫌気がさしたという若い時分の記憶を思い出しますよ。まぁ、この苦い記憶もね。

 ただただ子ども遊ぶためのツールだ(なので、未だにウシが読み聞かせをすると内容どうこうよりも、ただただ子どもを笑わそうとしてしまう)と思っている人と、絵本の何たるか、読み聞かせの何たるかを伝えたいと思っている方との意識の違いがあったればこそだなと思い至っているわけでございますけどもね。

 まぁ。そんなことでね。ある種引き気味でもあった世界でもあります。絵本。

 そんな世界をね。取材という名目でその一部を垣間見れたのが、先日の機会だったわけですがねぇ。えぇ、面白いですねぇ。

 いや。この回で紹介されていたのがね。「ももたろう」。

 ウシも含め、あらすじは皆さんご存知の桃太郎。ですが、絵本作品としての桃太郎はね。たっくさんあるんですねぇ。まぁ、当たり前のことかもしれませんがね。実際に各種絵本を見せてもらうとね。

IMG_9849.JPG


 へーーーー。

 とね。改めて思いました。んでね。疑問が一つ。

 桃太郎さんに出てくる鬼。桃太郎さんは鬼の悪さを聞きつけて最終的に鬼ヶ島に行くわけでございますけどねぇ。そーいえばその道中でお共には出会う一方で、鬼が悪さをしている実例を見ることはなくてね。

 案外あっさりと本拠地まで行ってしまう。そこで思いましたね。

「本当に鬼って悪さをしていたのだろうか」

 とかね。苦情的なものを訴えられたからこそ太郎が立つ的なことってないよなぁと。うん。思いました。そうするとね、鬼さんたちの風土的には当たり前のことをしていただけでね。それが悪だということで、懲らしめられるとなるとねぇ。

 ある種のとばっちりじゃんという感想ももったりしました。その辺のことをね、専門士さんに講座後たずねましたらね。女の子がかどわかされるだの、悪さの数々があって・・・という桃太郎さんもあるそうでね。

 これまた、へーーーと思ったところでございます。

 うん。レトロRPG好きのウシとしてはね。桃太郎といえば電車の出てこない「桃太郎伝説」の方がしっくりくる。特に新はよかったなぁ。

 思えば、なんて悪逆非道だとね。思うカルラさんの存在もね。もうもう、あれだけの悪さをしたらねぇ。勧善懲悪が成り立ってしまうわなとね。思わざるを得ない存在であるしねぇ。

 そういう意味では、お話しとしてとっても納得のいく作品だったんだなぁとね。結局はゲームに思いをはせちゃったウシでございます。えぇ、桃太郎といえば「おにのばか」。閻魔様の冷凍攻撃がね。年をくった桃太郎が破れなくって、ステータス最強なのに大苦戦的な記憶もねぇ。よみがえってきました。

 それとは別にね。

「自分は普通と思っていることが、知らない内に迷惑をかけているのかも」

 というねぇ。ことを考えたのもね。多種ある桃太郎絵本を見てみてね。思ったことでございましてね。うん、そう考えるとね。絵本というメディアもとても奥深い。大人になったからこそ気が付くというか、思いつける事柄というのをね。

 呼び起こしてくれる一つにねぇ。絵本というものもあるのかもしれませんね。うん。

 そんなことでね。多少、桃太郎さんをリプレイしたい欲が出てきたものの、なんとかFF6を投げ出さないようにしていこうと思っているウシでございました♪


 
| 次へ