CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

Main | 浦柄のお祭り»
木の伐採進む [2009年06月21日(Sun)]

入梅後、なかなか雨が降らない日が続いています。
空梅雨かそれとも、まとまってどさっと降る集中豪雨か?

どうせ、降るなら災害のないような降り方を望むものであるが。

朝日山の景観を良くするため、始まった木の伐採事業も順調に
進み、ほぼ周りは完了したようです。

これからは内部の邪魔な木を伐採すること。
そうしたら、景観はかなりよくなると思います。

来週は町内総出の朝日山草刈が朝5時から行われます。
そして、その翌週には「朝日山ハイキング」が予定されて
います。その日は雨が降らないことを祈っています・・・・





頂上入口付近を伐採したようす




こちらはあまり目にすることがない観音様の北東にあたる場所




同じ場所、伐採前はかなりの大木が茂っていました。




眼下に信濃川が見えるはず?曇っていて見えませんが見通しはよくなりました。

朝日山の景観事業 [2009年06月14日(Sun)]


朝日山からの眺望をよくするための木の伐採が順調に
進んでいます。

金倉山から信濃川方面の斜面が完了したようです。
といっても、まだ見ていないので、どの位眺望がよくなった
かは来週には写真で報告できそうです。

何とか、周辺部分を今月中には完了し、来月からは内部の
木を伐採する計画とのこと。

今月末には町内全戸数による朝日山頂上付近の草刈が
行われます。

これによって、さらに景観がよくなると思われます。

そして、来月の最初の日曜日に「朝日山ハイキング」が
実施されます。

参加される人達も、その景観に驚くと思います。

写真が撮影できなかったのは本日お日柄も良く、姪っこの
披露宴に出席のため、東京に行ってきました。

今どきの披露宴を経験してきました。
結婚式は先月、ハワイの教会で行ったので、今日はその披露宴
ということで銀座のとあるパーティ会場での一こまです。



新郎と姪っ子の新婦、それに小生の弟が孫と一緒にパチリ




姪っ子の友達、コーセー化粧品の美女軍団だそうです。




銀座にある会場前の小学校、都心のため、児童数が少ないものの
つたが絡まった風情のある建物でした。東京にオリンピックを誘致する
横断幕も張られていました。

朝日山山頂整備 [2009年06月07日(Sun)]

久々の小雨が降り、畑には恵みの雨となっています。

休日になると実に多方面から朝日山古戦場を訪れています。
道路が完全復旧していないため、山麓から徒歩で登ることに
なるが、皆さん、それなりの格好でハイキングや史跡探訪を
楽しんでいるようです。

そんな中、朝日山山頂からの景観をよくするため、周辺を木を
伐採する事業が明日から始まることになりました。



長岡方面を展望台がみたところ



山本山方面、こちら側が最も周辺の木が景観の邪魔になっています。



今日朝から、地権者による立会いが行われ、皆さん快く伐採に協力
してもらいました。



入口付近も伐採することに




花が咲かない幻の「そめいよしの」、約30年前に植樹したもの
小生たちが青年会と名乗っていたときに現在の山頂が整備された
記念に植樹した。

花が咲いたら盛大な花見をやるぞ!!
といってから30年も経つがいまだに実現していない。
それも花が咲かないのだから、止むを得ないが、今度は震災記念樹を
できれば会津の桜を町内で植えようかと思っています。










慰霊祭準備 [2008年08月10日(Sun)]

昨日から東軍墓地の整備として、周辺の枯れた松や景観の邪魔になる
杉の枝の伐採が始まりました。

14日に行われる慰霊祭の前に行うため、役員の方々や業者には暑い中
大変ご苦労様でした。

浦柄神社及び東軍兵士の戦没者のお墓周辺は木が覆い茂っていましたが
かなりきれいに整備されました。



枯れた松や枝おろしをする専門業者達




東軍慰霊碑前の広場の木も枝おろしすることに




枝を片付ける町内の役員達




かなりすっきりした東軍墓地周辺




枝を片付けるのも大仕事

新緑の朝日山 [2008年06月01日(Sun)]

あっと云う間に6月が到来し、いよいよ新緑から深緑の季節に
なろうとしています。

今日は小生の属している東小千谷育苗組合の執行部会が東の
のぎくでありました。

なにせ、小生が一番若く、次は60代、70代の集まりであるから、
明日が月曜日であることなんか関係がない人達の会議。
できれば日曜日の会議は避けてもらいたいと思うのだが、どういう
わけか、日曜日の晩に行われています。

この東小千谷育苗組合の幹部は皆さん農業に関しては猛者揃いで、
何がしかの農業に関する役員の経歴を持っており、小千谷でも名の
通った人達です。

しかし、こと震災に関してはもう完全に過去の出来事であり、浦柄とは
あまりにも温度差のあることを身に染みて感じます。
ということは「復興基金」の活用はほとんどされていないような気が
しています。実にもったない!!

今週の4日には新しい復興委員会のメンバーによる始めての会議が
行われます。そのときには復興支援員の小川主任も同席願い今年度
浦柄復興委員会の活動を話し合う予定です。


今の朝日山のようすです。



朝日山古戦場の石碑、これは90年祭の時に建立したもので、当時は道も
悪く住民総出でよる人力で麓から運んだものだそうです。50年前のことです。




山頂から見下ろした信濃川、田んぼが緑に染まり、山頂の木々も
緑一色です。

初秋の朝日山 [2007年10月11日(Thu)]

先週の3連休の中日に朝日山古戦場に行ってきました。
地元にいても朝日山に登るのは市道朝日山線が完全復旧
していない現段階では結構大変なこと。

そのため、月に1回程度くらいしか行くことができません。
でも保存会役員の方は日々の手入れをしているため
山頂はごみ一つ落ちていなく、自然が満ち溢れています。

そんな朝日山古戦場の初秋を撮ってきました。


朝日山休憩展望所の看板と山頂の建物



屋上から見た信濃川と田園風景、稲刈りもすっかり終わり、わずかに色づいた
木もあり、初秋を感じさせます。



山頂の建物脇の木も熟した実を付けています。ところでこの木は何?



春の頃の「気になる木」、この木の後ろにかすかに山桜が咲いています。



実は「気になる木」を撮影した訳でなく、上の写真の真ん中には
春の女神と云われるギフチョウが写っているのです。

今日の夕方、長岡地域振興局から浦柄復興委員会宛てにメールが
入り、明日12日の夜7時から小千谷市民会館にて震災復興の状況
報告と復興基金による集落や地域への支援メニューについて県の
震災復興支援課から説明が行われるので参加して欲しいとのこと。

早速、井佐復興委員長と連絡を取り、明日参加してきます。町内会長は
仕事の関係で残念ながら参加できないものの、浦柄町内も近日中に
町内総会を開催するとのこと。
来年度から新体制に移行する準備を町内会と復興委員会で進めてきた
ものを町内総会に図って次のステップへ移ることになりそうです。





市長と朝日山へ [2007年05月19日(Sat)]

ネットがようやく復旧し、久々のブログを書き込むことに笑い

田植えも終わり、辺り一面が新緑に包まれてしまい、この時期
の自然界の変貌は著しい。

昨日は妙見の道路復旧に関連して北陸建設弘済会から、
開通による町内の変化などや地震後の外部とのつながり
などについて取材があり、色々とおしゃべりをしてしまった。

肝心なことはひと足先に取材を受けた町内会長が話して
いると思うので小生の部分は記事にならないと思われる。

もう少し、詳しい内容を書こうとと思っていたら、

朝、ピンポーンとチャイムが鳴った。誰かと思ったら
保存会特別委員の小杉松義さんがひょっこり見えて

「これから、時山直八のお墓を見に市長と一緒に
行かないか」と・・・

頭の中は今日のスケジュールは補植をしてなどとと考えて
いたから、一瞬躊躇したもののまあいっかと同行することに。

谷井小千谷市長、奥さん、そして小千谷の歴史を探訪し
ボランティアガイドを努める女性陣に飛び入りで参加して
きました。



時山直八のお墓のある場所、この場所は地元浦柄の人
でも分かる人は少ない。
朝日山山頂に「時山直八戦死の地、この先80m」
とあるが実は300m以上も離れている。
また、地震後に小杉さんが少し移転したからなおの
こと分かりにくい。元の場所が地震で地盤が緩んだため
この場所に移転したとのこと。




左側が時山直八のお墓、右が東軍無名戦士のお墓





朝日山山頂での記念写真、左から小杉さん
そして谷井小千谷市長





市長にお願いして記帳をしてもらいました。先週も40名
近くの団体がハイキングに訪れていました。





最後に浦柄神社境内にある東軍戦没者のお墓を見学

市長にも朝日山にし斜面の大崩落現場をみてもらい、ここに
市道があったこと説明し、なんとか早く復旧するようにお願い
しました。
朝日山古戦場近況 [2007年04月23日(Mon)]

にぎやかな選挙も終わり、また穏やかな日々が舞い戻った
感がします。

先日の土曜日に今年初めて朝日山古戦場に登ってきたので
その様子をお伝えします。




昨年の「朝日山古戦場復興春の陣」で皆様方の協力できれいに
化粧直しされた看板の前にも小千谷の花である水仙が咲いて
いました。
来週の日曜日には囲いを外し、中で休憩できるようになります。





白虎隊のお墓も水仙がちょうど見ごろです。




しかし、山頂のソメイヨシノ桜は花がない。まだ早いのでは
なく、下のほうに数輪咲いているから、やはり花がないと
思われます。
今から30年ほど前にかっての青年会で植樹したときは満開に
なったら、ここで花見をしようといっていたのに悲しい




昨日の市議会議員の選挙はここで行われました。ここは
活芻イ鉄工の従業員の休憩所を利用したもの。




小生の山に咲く、花桃(はなもも)と云われている花花
紅色が鮮やかなので、遠くから見てもひときわ目立ちます。
眼下は昨年復旧した我が家の田んぼ。今年はなんとか
作付けできそう。

朝日山線ここまで完成 [2006年12月24日(Sun)]

昨年のクリスマスイブは仮設だったが、その後
慌しく浦柄に戻り、何とか正月を家で迎えることが
でき、まもなく1年になろうとしています。
幸い今のところ、穏やかであり、積雪ゼロが続いています。

今日は今年最後の復興委員会が行われ、来年には新築
しなければならない浦柄公会堂の審議が行われました。

公会堂の新築にあたり、消防小屋も兼ねることにほぼ決まり
これから間取りの設計に入ります。
地域コミュニティを図るには公会堂はなくてはならない存在であり
何とか来年中には完成させる予定です。

朝日川の河川工事の目処が立ったことにより、いよいよ本格
設計という段階です。

また、神社も12月初めの降雪が翌日は消えたため、今年の
工事は終わりました。

市道朝日山線も今年の分が完了し、工事関係者はすべて
引き上げました。



市道朝日山線のかっかけと云われている地名まで完成
した道路



登り側から見た道路



この先が朝日山西斜面の大崩落現場、ここから先は
従来の道路を復旧することは不可能なため新たに
切り開くことになる予定
そうすると白虎隊のお墓のところにつながることになります。

冬眠前の朝日山 [2006年12月17日(Sun)]


予報では今晩から雪になりそうです。

この前の初雪はすっかり消え、暖かい日が続いて
いましたが、いよいよ雪の季節になりそうです。

今日、ちょっとした晴れ間に朝日山に行ってきました。
すっかり冬囲いも終わり、いつ根雪になっても心配
ないように春まで冬眠に入ります。



冬囲いした朝日山展望台、芝生もすっかり枯れて
来年に備えています。きれいに塗り替えてもらった
看板が映えます。




朝日山から見た小千谷方面、頂上も下界もまったく
雪はありません。昨年の今頃は1回目の雪下ろしを
していました。




こちらは小千谷の西側方面、右手の長岡側は
雲に覆われています。

今年は春の陣以降、多くの人達が心地よい汗を
流してここまで登坂し、この眺めを堪能したと思います。