CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«浦柄神社改修工事 | Main | 初雪»
浦柄神社のとりえ完成 [2006年12月02日(Sat)]

いよいよ師走に突入、あと残すところ一ヶ月で今年も
暮れようとしています。

時間の経つのは早いもので、天気予報に雪だるま模様が
表示されるようになりました。
まだまだ、雪降り前の準備が整っていないとあせっては
いるものの、こんなものでいいかとつい妥協してしまって
います。

このまえ、お知らせした神社のとりえが完成したので写真に
撮りました。
朝の撮影では薄暗い曇り空、パソコンに取り込んだら予報が
外れて晴天に太陽、でも夕方には予報通りの雨になったので
まあいっかといったところです。



新しく建立した場所は100数段ある階段を登りきったところです。
今までは中段にありましたが、この位置になりました。
大きさは同じで、浦柄神社と名前が入りました。



神社境内から見ると位置関係が分かるかと思います。
法面の工事もほぼ終わり、あとは防護柵を付けるのみと
なりました。






神社本堂への数段あった階段も新しく白御影石に、そして狛犬も
台座を新しくしました。これで冬囲いを終えた浦柄神社も少し神社
らしくなりました。
工事はまだ、完了ではなく、本堂後ろの土砂を少し撤去する作業と
敷石も整備する予定です。
ただし、雨の中での作業は困難を極めるため、ひょっとすると来春に
なるかも?




神社境内から見た、降雪前の浦柄町内の上流方面です。
朝日川の整備も進み、今年度中には完成とのこと。
夜になると各家に灯りがともり、避難勧告が解除され
一部の人達が戻った頃はほとんど真っ暗で気味が
悪かったという話が笑いながら話せるようになった
今日この頃です。




こちらは浦柄の出口方面、妙見の工事も大詰めを向かえ
来春完成を目指して進められています。

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント