CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2015年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
海野義明
青野沢河口域の様子 (09/14)
牡蠣の森を慕う会
青野沢河口域の様子 (09/14)
ちぃ
海岸清掃1日目そのB (07/23)
いいだ
海岸清掃1日目そのB (07/20)
ちぃ
海岸清掃2日目 (06/17)
ちょくさん
いってきます (05/21)
講演会「仮設住宅に暮らす日々、浪江町の復旧・復興」ならびに、第2回紙芝居「見えない雲の下で」上演会を開催しました[2015年12月08日(Tue)]
「見えない雲の下で」上演会の報告

「原発は安全、爆発することはない」と、誰が言ったのでしょうか。
ロシアのチェルノブイリ原発事故は、それほど記憶に遠いものではなかったはずなのに。

東日本大震災・福島原発事故から、もう少しで5年が過ぎようとしています。
日々の生活に追われ、あんなに大きな災害があったことなど忘れがちな昨今ですが、
被災された方々にとっては、片時も忘れることができない毎日だと思います。
今、改めてこの災害のことを振り返ることにより、決して忘れてはいけないこと、
と同時に、「自分たちにできることは何なのか」考える機会を持ち続けることが大切であると思います。

9月26日、12月6日の2回に渡って紙芝居の上演会を行いました。
第1回目は、福島県浪江町出身の語り部 国分晶子さんが語る「見えない雲の下で」と、
福島の被災当時、今と昔の映像を見ながら講演していただきました。

第2回目は、福島浪江町からお二方をお呼びして、国分晶子さんと一緒に紙芝居上演、講演をして頂きました。
語り部としては、国分晶子さんが「見えない雲の下で」、岡洋子さんが「無念」を。
また、浪江町の災害当時、現状と昔の懐かしい町の映像を見ながら、八島妃彩が講演して下さいました。
どのメッセージも心に染入るものがありました。

最後の質問の中で、国分さんの言われた言葉が、今も胸に残ります。

今回のお三方は、それぞれ「帰還困難区域」、「居住制限区域」、「避難指示解除準備区域」にお住まいの方々でした。
国分家は、「帰還困難区域」にある300年・19代続いた御家柄。
100年経っても戻れないだろうという言葉を耳にしたとき、
お父様、お母様は寝たきりになってしまわれたとのこと。
毎日畑仕事をしていた元気なお年寄りが、生きる希望を失ったのでしょうね。
自分の生まれ故郷に一生戻れないということは、どういう思いなのでしょうか。
お父様は、議員までされていた方。当時、原発を誘致する側になっていたこともあったとのこと。
今回の事故を受けて、貝のように口を閉ざされ、何を考えているのか聞いても一切言葉を発することはないとのこと。
それぞれの人生にはドラマがあって、そのドラマは、終らせたくても終わることがないのかもしれません。
どうか、少しでも素晴らしかった故郷を思い出す機会がありますことを祈るばかりです。

この事業は、葉山町社会福祉協議会「はっぴぃでやさしいまちづくり協働事業」の助成を受けて開催されました。
また、「葉山つながる広場」、「NPO法人オーシャンファミリー海洋自然体験センター・災害支援海の仲間たち」が協力させていただきました。

ありがとうございました。
IMG_20151206_141540 - コピー.jpg
「見えない雲の下で」語り:国分晶子さん
IMG_20151206_143650 - コピー.jpg
「無念」語り:岡洋子さん
IMG_20151206_153608 - コピー.jpg
語り:八島妃彩さん


Posted by 海の仲間たち事務局 at 18:27 | 支援活動 | この記事のURL | コメント(0)
講演会「仮設住宅に暮らす日々、浪江町の復旧・復興」[2015年10月07日(Wed)]
201212 紙芝居チラシ .jpg

12/6(日)14-16時 葉山町福祉文化会館 参加費無料
多くの方のご参加をお待ちしています。
Posted by 海の仲間たち事務局 at 17:27 | お知らせ・イベント | この記事のURL | コメント(0)
福島原発から考える紙芝居「見えない雲の下で」第1回上演会終了[2015年09月23日(Wed)]
2015年9月20日(日)、第1回上演会を無事に終えることができました。
30名程度の方々を迎え、語り部である国分晶子さんが、浪江町の方言で紙芝居を語ってくださいました。紙芝居の後、帰宅のたびに現地で撮影した映像と、原発事故前の浪江町の美しい映像を見ながら、熱い思いを伝えて下さいました。
私たちにできることが何か、改めて考えさせられました。
国分さんは、「月日の経過とともに、気持ちの整理がついてきました。」と言われましたが、100年経ってもふるさと浪江町に帰ることができるかどうか、この言葉に込められた思いを、私たちにはなかなか理解することはできないのだと思います。ただ、今回の原発事故のことは、けっして忘れてはいけないということ、災害を他人ごとのように思っていてはいけないことだけは強く感じました。

第2回目は、11月下旬から12月に上旬にかけて予定しています。次回は、この紙芝居の元原稿を書かれた故佐々木ヤス子さんと共に避難されていた小澤さんにも語っていただく予定です。

葉山町社会福祉協議会「はっぴぃでやさしいまちづくり協働事業」として開催しています。
Posted by 海の仲間たち事務局 at 18:30 | 支援活動 | この記事のURL | コメント(0)
東日本大震災・福島県浪江町から始まった逃避行を伝える紙芝居上演会[2015年09月04日(Fri)]
「見えない雲の下で:上演会
〜福島県浪江町出身の語り部、故佐々木ヤス子さんが、東日本大震災から始まった逃避行体験をつづった自叙伝「おそろしい放射能の雲の下で」。これを元に広島のまち物語制作委員会のメンバーが作成した紙芝居を、今回は、同じ浪江町出身の国分晶子さんが語る紙芝居です。
今回を日限に、今年度は葉山町で、次年度からは全国を回る予定です。〜

【第1回目】
■上演日時:2015年9月20日(日)17:30〜19:00
■上演場所:神奈川県三浦郡葉山町下山口1741 オーシャンファミリー「葉山セミナーハウス」
■協力:葉山つながる広場、オーシャンファミリー・災害支援海の仲間たち
■葉山町社会福祉協議会助成事業
■問合せ&申込み先:NPO法人オーシャンファミリー海洋自然体験センター
 電話:046-876-2287 FAX:046-876-2297
 E−mail:info@oceanfamily.jp  URL:http://oceanfamily.jp
※第2回目は11月に、第3回目を1月に予定しています。

SKMBT_C22415090418430_0001.jpg

IMG_0802.JPG
Posted by 海の仲間たち事務局 at 17:31 | 支援活動 | この記事のURL | コメント(0)
岩手県大槌町で観光復興支援活動[2015年08月22日(Sat)]
東日本大震災から5年目を迎え、現地でもそれぞれ復興に向けて動いています。
2012年、Eボート(10人乗りゴムボート)を使って、海の安全教室を開催しました。
今回、その大槌町からの依頼で、町の観光復興に向けて開催される「三陸海岸から学ぶ浜文化」(モニターツアー)活動に支援協力させていただきます。

主催:一般社団法人おらが大槌夢広場
開催:2015年8月23日(日)
場所:大槌町立赤浜小学校体育会と周辺の海
内容:東京大学海洋研究所による勉強会、カキやホタテの殻むき体験、
   Eボートを使って浜めぐり(ボート遊覧 磯遊び 養殖棚見学)
※オーシャンファミリー・海の仲間たちでは、代表が現地に出向き、Eボートを使ってこの事業を行います。

IMGP1538.JPG

★2015年度の海の仲間たちの支援活動としましては、
・大槌町の観光復興に協力
・福島原発被害を紙芝居で伝える支援
などを行ないます。



Posted by 海の仲間たち事務局 at 07:13 | 支援活動 | この記事のURL | コメント(0)
支援金御礼[2015年07月22日(Wed)]
有限会社ダイゼン様より、昨年より2回にわたり、ご送金頂きました。
いつも継続的にご支援を頂き、心より感謝申し上げます。

今年度、「災害支援海の仲間たち」がサポートする
岩手県大槌町での復興ツーリズム
及び葉山町での紙芝居「見えない雲の下で」上演
(東北まち物語紙芝居化100本プロジェクト)
の経費の一部として活用させて頂く予定です。

(事務局 お)
Posted by 海の仲間たち事務局 at 19:44 | 支援金・支援物資 | この記事のURL | コメント(0)
ネパール地震の支援活動をして団体を紹介します![2015年05月09日(Sat)]
4月25日にネパールで起きた地震により災害に見舞われた方々へ、支援を行っている団体を紹介します。ニュースでも連日放送されていますが、今回の地震によりネパールでは建物の倒壊、雪崩、土砂災害など甚大な被害が発生しました。また、インドや中国のチベット自治区、バングラディッシュなど周辺の国々でも人的被害が生じています。
まだまだ支援が必要な状況です。支援を行っている各団体を通して、皆様の温かいご支援をよろしくお願いします。
★ネパールで活動している公益団体一覧
http://fields.canpan.info/


Posted by 海の仲間たち事務局 at 09:01 | 支援金・支援物資 | この記事のURL | コメント(0)
釜石 海の1dayキャンプ[2014年09月05日(Fri)]
7/15-17、海野代表が釜石の海辺で行われる、子ども達の
海の1dayキャンプのプログラム作りのアドバイザーとして
現地に向かい、一般社団法人united greenに協力しました。

01スタート準備 - コピー.JPG
スタート準備

02 - コピー.JPG
本番はこんな感じで子ども達がカヤッキングするのでしょう

03活動予定のポケットビーチに到着 - コピー.JPG
活動予定のポケットビーチに到着

04プログラムを実施する海岸 - コピー.JPG
プログラムを実施する海岸

05海岸後背の森 - コピー.JPG
海岸背後の森

06これから海中調査に入ります - コピー.JPG
これから海中調査に入ります

07子どもたちにさせたいリアス海岸でのカヤッキング - コピー.JPG
子ども達にさせたいリアス式海岸でのカヤッキング

キャンプは8/10に開催予定だったのですが、台風の影響で
9/7に延期になりました。

キャンプで使用する機材の無償貸出という形でも支援して
います。

こうした経費は皆様からお寄せいただいた支援金を充当
させて頂いています。
継続的なご支援、ありがとうございます。
Posted by 海の仲間たち事務局 at 17:17 | 現地報告 | この記事のURL | コメント(0)
支援金ご報告[2014年07月02日(Wed)]
有限会社ダイゼン様より寄付金を頂戴しました。
継続的なご支援をいただき、まことにありがとうございます。

また、オーシャンファミリーセミナーハウスに置いた
募金箱にもお志を頂いております。

今年度は、葉山つながる広場(2月頃を予定)と、11月23日に
葉山港で開催される「葉山マリンフェスタ」(仮称)などで
東北物産、ホタテ焼きなどを通じての東北支援を行う予定です。
そうした場での葉山からの支援活動に寄付金を使わせていただきます。

Posted by 海の仲間たち事務局 at 18:33 | 支援金・支援物資 | この記事のURL | コメント(0)
コミュニティースペースうみねこ[2014年04月22日(Tue)]
生活クラブのカタログをチェックしていたら、
「コミュニティースペースうみねこ」が紹介されていました。
「ばばどる」なんですね。
うみねこ.jpg
Posted by 海の仲間たち事務局 at 18:05 | その他 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ
プロフィール

災害支援 海の仲間たちさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/uminonakama/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/uminonakama/index2_0.xml