CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« └ UDの視点 | Main | └ 石神井小やさしいまちのルール»
カテゴリ
最新記事
リンク
<< 2018年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
タググラウド
プロフィール

ねりまUD推進ひろばさんの画像
ねりまUD推進ひろば
プロフィール
ブログ
QRコード
http://blog.canpan.info/udsquare/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/udsquare/index2_0.xml
五感で秋を楽しむ その2 [2015年11月24日(Tue)]

さて、前回の「五感で秋を楽しむ その1」の続き。
前半は香りや手触りを使ったあそび。後半は、音を使った「オノマトペゲーム」です。
「ちくちく」という言葉の響きからイメージするものを、思い思いに拾い集めて、手触りの感覚を楽しむ遊びです。
葉っぱ、木の枝、どんぐり、鳥の羽…
あつまる、あつまる。
DSC_0066.JPG
こうして、集めたものは、白い布に並べてみました。

見た目ではわからないものも、手で触ってみると「本当だ!ちくちくしてる!」と、その違いをみんなで楽しみました。

そして最後は、味覚。
散策を楽しんだ後は、ハーブティーとスダジイで休憩タイム。
「どんぐりをはじめて食べました。おいしかった」と、家に持ち帰った子も。
実は、私も今回食べられるドングリがあることを初めて知りました。
ギンナンを煎るように、フライパンでパチパチと…皮が弾けたころがよいようです。ほんのり甘みがあります。

DSC_0091.JPG
石神井公園サービスセンター(東京都公園協会)のご厚意で、いろんな形のドングリやまつぼっくりをお土産にいただきました。


参加者の感想
・私自身は子育てで、めいっぱいゆっくり耳を研ぎ澄まして季節を味わうことができない部分があるのですが、今日は体をいっぱいひらき、深呼吸できました。
・普段接することのない世界を聞いたり、見たりすることができました。
・視覚障害者の方と初めてお会いし、生活の中でいろいろな感覚を使われていることを、すごく感じました。五感をこんなに意識して過ごすと、普段見過ごしているたくさんのことに気付きました。

みなさんも、耳を澄まして深呼吸して、自然を五感で楽しみましょう!
五感で秋を楽しむ その1 [2015年11月16日(Mon)]

チャポ
トコトコ
チャポン
ザッザッ、ぎぃー
チュクチュク
ポー

これは、石神井公園三宝寺池の、11月の音。
目を閉じてみると、いろんな秋の音が聞こえます。

11月7日土曜日、「五感で楽しむ公園あそび」イベントを開催しました。
五感といえば、視覚・聴覚・味覚・触覚・嗅覚。
視覚はその中でも、およそ8割以上の情報を得ている感覚なのだそうですが、今回のイベントでは、目だけに頼らず、耳と手と鼻の感覚を研ぎ澄ませながら、いつもと違った秋を参加者に楽しんでもらいました。

DSC_0003.JPG
まずは深呼吸をしてからスタート

たとえば、香り。
「カツラは、今、お菓子屋さんのようです。とても甘い香りがしています」と話してくれたのは、講師の金澤さん。小さい頃からの全盲の方で、樹のかおりや鳥のさえずりに関しては、誰よりも早くキャッチできる、いわば嗅覚と聴覚のスペシャリスト。
DSC_0007.JPG

袋に集めてあったカツラの葉を、参加者一人ひとりが片手に持って、その芳醇な香りと手触りを頼りに、持ち主の樹を探すゲームをしました。

そして男の子が発見した、モコモコで、巨大なねこじゃらしのような植物(チカラシバ)を触っているのは、もうひとりの講師、内藤さん。
DSC_0028.JPG

普段は盲導犬と行動されることの多い内藤さん(この日はお留守番でしたが!)から、犬の嗅覚についてのお話。「人間の嗅細胞が切手の大きさだとすると、犬は新聞の半面くらいあるそうですよ」とのお話しには、参加者みんな「へぇ〜」と、声を上げて驚き! 鼻の長い犬(犬の鼻を「のずる」というそうです)は、とりわけ嗅覚に優れているとのこと。盲導犬や救助犬を思い浮かべていただくと…、納得ですね。


途中、子ども達が拾い上げた葉っぱや実が、次々と講師のお二方に届きます。(そして怪しげなキノコも発見!大人はおよび腰でした…)
DSC_0048.JPG
カラスウリの実の割って香りを楽しむ金澤さん。見つけた女の子が「ねばねばしてる〜」と伝えていました。

イベントの後半は音を使った遊びです。
その様子はまた後日紹介します!
出会って交流、学んで行動、「気づき」でまちを変える! [2010年09月13日(Mon)]

様々な体験・交流・学びの機会を提供します

<講座、研修の開催>
 区民向け普及啓発講座(年3〜5回)
 事業者向け研修(年1〜2回)

写真:講座会場風景


<普及啓発誌の発行>
 ユニバーサルデザインについて知っていただくためのニュースを発行します(年1回)

<その他支援>
 地域や学校等の体験・交流・学習機会のサポート
 学習や体験のための機器貸し出し(車いす等)
写真:UD体験教室でワークシートに書き込む子どもの後姿