CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«こんな○○はイヤだ − 手すり編2 | Main | みんなが使いやすい建物・公園をつくろう!〜ユニバーサルデザインの整備事例と設計のヒント集〜を発行しました»
カテゴリ
最新記事
リンク
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タググラウド
プロフィール

ねりまUD推進ひろばさんの画像
ねりまUD推進ひろば
プロフィール
ブログ
QRコード
http://blog.canpan.info/udsquare/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/udsquare/index2_0.xml
小学生のためのユニバーサルデザイン体験教室ハンドブック Part2を発行しました [2017年04月24日(Mon)]

今年度も小学生のためのユニバーサルデザイン体験教室を実施し、平成27年度に作成したハンドブックpart1に続き、平成28年度は、体験教室の内容や講師への配慮等をまとめたハンドブックpart2を発行しました!

小学生のためのユニバーサルデザイン体験教室とは
 車いす使用者、視覚障害者、聴覚障害者、高齢者、子育て経験者などに講師として参加していただき、講師と児童の交流に重きを置いたプログラムです。交流を通して多様な人の存在を知り、だれもが暮らしやすくなるための方法を考えるきっかけを与えることを目的としています。

UDblog_1704_1.JPG

【内容】
いろいろな人が参加できる授業づくりを紹介しています。
・小学生ユニバーサルデザイン体験教室のねらい
・授業メニューのご紹介
・講師をお願いするときの必要な配慮
・一緒に体験教室を運営しませんか?(ご案内)

■PDFでもご覧いただけます!
↓ダウンロード<PDF形式(1.5MB)>はこちらから
UDハンドブックpart2〈PDF形式〉

■テキスト版はこちらからご覧ください
↓ダウンロード<テキスト形式(9KB)>はこちらから
UDハンドブックpart2〈テキスト形式〉

■配布先
区内の図書館、保健相談所、区民事務所、高齢者センター・敬老館などで配布しています。


UDblog_1704_3.JPG

講師(車いす使用者)と公園トイレを見学

UDblog_1704_2.JPG

ユニバーサルデザインの工夫がされたグッズ紹介



総合的な学習の時間を活用した、
ユニバーサルデザイン体験教室を一緒に運営しませんか?


体験教室を実施した小学校の子どもたちからは「いろいろな生活の工夫を知ることができました」、「困っている方を見かけたら進んで声をかけたいです」等の感想が聞かれました。また、先生からは「普段接する機会の少ない方と触れ合うことができました」等の感想をいただいております。
この体験教室が子どもたちにとって、ユニバーサルデザインのまちづくりを考え気づきを得るきっかけになればと考えています。少しでもご興味・ご感心のある方は、ぜひご連絡ください。

★講師を募集しています
子どもたちに自身の体験談を話したり、ふれあったりする講師を募集しています。地域でユニバーサルデザインや福祉のまちづくりなどに関わる活動をしている団体さんも大歓迎です。

■ユニバーサルデザイン体験教室についてのお問い合わせ
練馬区福祉部管理課 ひと・まちづくり推進係
TEL:03-5984-1296
FAX:03-5984-1214
コメントする
コメント