CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年05月14日

宮崎大学の講座受講

11219252_848065325285987_8782665845045007460_n.jpg

宮崎大学の講義を本日受けさせていただきました。

その講義の最後で

宮崎大学のあるこの木花地域の課題は?

木花であなたたちのできることは?


この二点について小グループで学生とはなす時間があり
少しファシリテーターとしてはいりました。

この自分事に置き換える考え方はとても大事だとかんじます。
自分の強みはなに?弱みは何?それをどうやって強みにするのか?
それを知ることが大きな第一歩!

社会は甘くない
大学生である時間をもっと大切に貪欲にすごしてほしい!

あー私もその時代にもっと勉強していろんな経験しておきたかった!

2015年05月10日

食べる力は生きるちから



我が義父
よく食べます。
食べる力は、生きる力ですね!

かあさんの家 2015お花見会

昨日の雨が見事にあがり晴れ、本日はお花見日より

かあさんの家の花見会も開催イベント
開催場所は近場できれいなフローランテ宮崎

IMG_20150510_105925402.jpg

IMG_20150510_105528999.jpg

宮崎市内にあるかあさんの家の住人・家族・スタッフ全員集合〜

IMG_20150510_105938155.jpg

お出迎えは、みやざき太鼓です!

かあさんの家 花見会

本日,我が家の車の助手席に座っているのは、舅さん
興奮気味の義父です!
IMG_20150510_101830592.jpg

本日は「かあさんの家」合同の花見会です。
舅と入居している「かあさんの家檍(あおき)」に夫婦(長男と妻である私)がお迎えに行くと、いつもより大きな声でおでむかえ演劇
とても楽しみにしていたのか・・もうそわそわ
かあさんの家でゆっくりしてから行きましょう!一緒に行きましょう!
なんてことはできませんちっ(怒った顔)
もういくことに集中している舅。
会場で待てばいいさ〜で、本日参加する入居者の女性を置いて先に会場に向かうことに

まぁ〜そこそこの介助しかできてない夫婦
車いすで右半身マヒで失語症の父を車に乗せてシートベルトかけるまでに
手順間違えると、足が動かない
体重は重いので持ち抱えるのは無理
介護側がおちついて、対応
車の「このレバーもって」と声かけ
次は介助者である旦那の肩に手をかけてもらい
そして、体重移動
はい!足を一歩だして・・・違うーつ(汗)右足〜
順番まちがえる二人でつっ立ったままになります。こうなるとふらふら

父は「痛~い!」の連呼
「痛くないっ(笑)!」の連呼は旦那と私
言葉が出にくいけど、喜怒哀楽すべてにおいて「馬鹿」と「痛い」だけは常に出てこれで表現している感じ・・・
他人が聞いたら、びっくりするよ〜

舅を助手席に座らせると、麻痺側に体が傾かないようにチェック!
よし!
次は車いすの足部分をはずし、たたみ
よっこらしょとトランクに持ち上げて
完了!

わが子どもが小さいころ、ベビーカーを担ぎ込んで
泣くこどもをとりあえずチャイルドシートに縛り付けて
運転する前に飲み物、よだれを吹き、お気に入りのおもちゃを準備して
汗だくになり移動していたのを思い出さいました。
おんなじことしています…笑っちゃいます!



IMG_20150510_102241722.jpg

2015年05月06日

実父の体調が・・

IMG_20150506_121426829.jpg


昨年夏から、毎月一度は
入院中の父のお見舞に実家に帰省しています。

いつも、後ろ髪引かれる思いで
「また来月、会いに来るね!」
と、帰っていましたが

今回はゴールデンウィークを利用して三泊四日
毎日毎日お見舞いにいけました。
息子のアドバイスもあり、
父にたくさん触れることできました。